マーベルの新リランチ"フレッシュスタート"

今回は遂に始まった、マーベルの2018年のリランチ"フレッシュスタート"の解説です。

最初にお断りですが、今回の記事は管理人がTwitterでやっている情報アカウント「アメコミ通信社(@amecomi_tsushin)」のツイートを極力再利用する形で作成しています。




とこのようなアナウンスで始まったマーベルの今年のリランチ。
ちょっとだけ補足をすると、この動画の名称以外でマーベルが"フレッシュスタート"という言葉を使ったことはなく、この名前はあくまでファンやニュースサイトがつけた通称に過ぎません。
(このため、アメコミ流通の大手ダイアモンドコミックスのカタログ上のタイトルにも、フレッシュスタートを示す3文字略語は付いていません。ちなみにマーベル・レガシーは"LEG"。)

とはいえ、名前がないのも極まりが悪いので、本ブログでもこの"フレッシュスタート"という名前で今回のリランチを呼ぶこととしましょう。

2012年に行った大規模リランチ『Marvel Now!』の大成功を受け、マーベルは近年、年に1回大規模なリランチキャンペーンを行い大量の#1を発売することで売り上げを伸ばす戦略をとってきました。






この間にライバルのDCが行ったリランチが、
2011年のNew52、2015年のDC YOU、2016年のDCリバースだけだったことを考えると、
1年に1回という頻度が、どれほどのものかわかるでしょう。

ただ、当初はかなり上手く機能していたこの"短期リランチ戦略"ですが、リランチを繰り返すうちにその効果にも陰りが見えてきました。

特に直近のリランチである『マーベル・レガシー』は大失敗といってもいい結果。
20180520_01.jpg

「マーベルの歴史の全てを全肯定する」、「全タイトルの導入としてワンショット『マーベル・レガシー』を刊行する」など、当時大成功を収めていた『DCリバース』の雰囲気にそのまま乗っかる様なプロモーションを展開し、「今回の発表で業界の歴史が変わる」と大見得を切り、散々ファンの期待感を煽ったのですが、
肝心の発表の後で読者が目にしたものは、「制作陣はそれまでと変わらないけれど、号数は通算表記に戻してなんとなく"リランチ感"だけは醸した作品群」と、「過去作品をオマージュしたヴァリアントカバーを、リランチの目玉であるかのように激押しする出版社」、そして「そのヴァリアントカバーの過酷な仕入れ条件に苦しむ小売店の怨嗟の声」でした。

というわけで、そんな商業的にも評判的にも振るわなかったレガシーの開始から、4ヶ月後という超短期間で発表されたのが今回の"フレッシュスタート"。

「ここまで悪し様に書いたのだから、さぞやフレッシュスタートに対しても思うところがあるに違いない」と思われた方もいると思いますが、さにあらず。
実は、管理人は今回のリランチに今までにないくらい期待しているのです。

その理由は、今回のリランチの骨太さ。
今までのリランチは短期間で新味を出さないといけない関係上、どうしても飛び道具的な設定や展開を前面に押し出していくタイトルが多かったのですが、今回はそんな小細工は一切なし。
ひたすら「人気キャラを人気ライターの手にゆだねる」というストロングスタイルのタイトルばかりで、なおかつそのキャラとライターの組み合わせが、ファンに新たなケミストリーを感じさせずにはいられない絶妙な配合なんですよね。

というわけで、前置きが長く、そしてネガティブになってしまいましたが、以降はフレッシュスタートの注目タイトルとそのポイントを見ていきましょう。

【アベンジャーズ】






まずは、今回の旗艦タイトルとなるアベンジャーズ誌。
最近はその時々の"旬"のメンバーで構成されることが多かったアベンジャーズですが、今回はビッグ3のオリジナルメンバーが中心となっており、ぐっと正統派な雰囲気があります。
ライターのジェイソン・アーロンも、壮大で王道なストーリー展開に定評のある人気ライターで、そんな彼がアベンジャーズを再びユニバースの中心に戻すというのですから、そりゃ期待は高まります。

物語は、『マーベル・レガシー』で提示された、紀元前100万年のアベンジャーズに、彼らが戦った謎のセレスチャルが絡むらしく、やはり相当スケールのでかい話になりそうです。

【ソー】



そんなアーロンが、6年以上続けているソーの物語の新章。
引き続きダークエルフの戦争狂マレキスが仕掛ける"ウォー・オブ・ザ・リアルムス"を中心に、銀河中の全文明の神を殺す男ゴッド・ブッチャーのネクロソードの行方、未来世界のキング・ソーと彼の孫娘3姉妹と様々な要素の絡む壮大な話になりそう。
ちなみに現在のファンの関心ごとは、ムジョルニアを持つ資格を失ったソーの新たな武器が何かという事。
前作のラストで、ソーがムジョルニアの破片を使って何かを創ろうとしていましたが、果たして何がでてくるのか…
ちなみに、ライターがかぶっていることもあり、『アベンジャーズ』と将来的には絡んでいくことになりそう。

【イモータル・ハルク】










久しぶりにバナー博士が主人公となるハルクのタイトル。
見ての通り、「バナー博士が、緑の怪物という正体を隠しながらアメリカを放浪する」という、ハルクの原点回帰ともいえる内容。
ライターのアル・ユーイングは、『USアベンジャーズ』や『アルティメッツ』などSF系のタイトルで大評判のライター。
管理人は彼の担当する作品を読むのはこれが初めてですが、その評判を常々聞いているので、これまた楽しみな作品。

【アメイジング・スパイダーマン】





『ブラン・ニュー・デイ』で始まり10年間もの長期政権となったダン・スロットのスパイダーマンが遂に終了。
これだけでも大ニュースですが、その後を継ぐのは『キャプテン・アメリカ』や『スペリアーフォーズ・オブ・スパイダーマン』
のニック・スペンサー!
シリアスながらユーモア溢れる物語が大得意なスペンサーは、スパイダーマンの担当にうってつけ。
先日公開された予告編で、既に彼の持ちキャラであるスパイダーマンのC級ヴィラン、ブーメランと、ピーターとの同居が始まっており、早くもシチュエーションコメディの様相を呈してきました。
そして、何といっても、今回は10年ぶりに来たスパイダーマンの本当の意味での"読み初めポイント"!
これは読むしかないですね。

【ファンタスティック・フォー】




こちらは『シークレットウォーズ』以降、久々に表舞台に帰ってきたファンタスティックフォー。
『マーベルレガシー』、『マーベル・2 in One』と散々復活が仄めかされてきたところに、満を持しての登場となります。
ライターは『アメイジング・スパイダーマン』を終えたばかりのダン・スロット。
実は彼のタイトルを読んだことはあまりないのですが、「10年間アメスパを任されてきた」という事実を前に考えると、そこは寧ろ楽しみな要素です。

【トニー・スターク:アイアンマン】


そしてダン・スロットはアイアンマン誌も担当。
こちらに至っては、管理人はアイアンマンの個人誌も読んだ経験がありません。
しかし、マーベル的にかなり力が入った作品となることは間違いないので、こちらもこれを機に読んでみるつもりです。

【キャプテン・アメリカ】



キャプテン・アメリカ誌を担当するのは映画公開に先駆けてブラックパンサーを大スターに押し上げたタナハシ・コーツ。
ポリティカルな内容をエンターテイメントに昇華するのが非常にうまく、管理人はポリティカルなキャプテン・アメリカが大好きなので、この組み合わせは非常に楽しみ。

…だめだ、書ききれない。
他にもたくさん紹介したいタイトルはあるのですが、今回はこれまで。
とにかく、今回のリランチは今までとは違う、超本気、超王道のリランチとなりそうですので、原書デビューを考えている方は是非どうぞ!

【宣伝】
(今回はさらっと)

『バットマン:アイ・アム・ベイン』DCリバース期のバットマンの第1章ともいえる、「アイ・アム三部作」の完結編。
一部で話題の「バットマンバーガーでのロビンたちの雑談」もこの本に収録されるので、ロビンズファンも見逃すな!
またスパイダーマンの最新タイトルである『スペクタキュラー・スパイダーマン:イントゥ・ザ・トワイライト』の翻訳も決定。
こちらは、独自路線を行くアメスパ誌に対して"普通の"スパイダーマンを目指し、非常に評判のいいタイトルなので、翻訳去れるのも納得のセレクト。
徐々に翻訳にエンジンがかかってきたトランスフォーマー関連では、『トランスフォーマー:メガトロン・オリジン』が発売。管理人が子供の頃に持っていたサウンドウェーブの短編が収録されるという事で、ぐっと興味がわいてきました。
厳密には持っていたのは、カセット型の方ですが…

今週のアメコミ 2015/05/16

今回はいつもと趣向を変えて、今週発売のアメコミの中から気になるタイトルを軽く紹介。

じつは、自分は毎週日曜日、備忘のためにその週に購入予定のタイトルをしたみたいな感じで、呟いてます。




今回の記事はこの中から、気になるタイトルを1行レビューするような感じで、できれば毎週続けていけたらなと考えています。

というか、実はこの記事、最近、個人的に大注目しているアメコミブログ『VISUAL BULLETS』さんの企画をまるパクリしてます。
だからヨイショするわけじゃないのですが、『VISUAL BULLETS』さんは更新も早いし、書いてる記事も非常に"アメコミの今"に迫る内容が多いしで、最高のブログです!

『アベンジャーズ#2』
20180514_01.jpg
先日リランチされてはじまったジェイソン・アーロンによるアベンジャーズの第二話。
キャップ/アイアンマン/ソーをトップに据えた手堅いメンバー構成と、『マーベル・レガシー#1』で登場した"紀元前100万年アベンジャーズ"の謎が絡むスケールのでかそうな話で、ヒット間違いないしの作品。

『ノージャスティス#2』
20180514_03.jpg
大好評で終わったイベント『ダークナイツ:メタル』と、ジャスティスリーグ系列の新時代『ニュージャスティス』をつなぐ週刊イベント第二話。
メタル事件の結果破られたマルチバースの壁の向こうから襲来する敵に、4つの性質ごとにグループ分けされたヒーローとヴィランの混成チームが立ち向かう!
ちなみに、今回の表紙はチーム"エントロピー"。性格の悪いメンバーが集まる中に混ぜられたビーストボーイが可哀そう…


『バットマン#47』
20180514_02.jpg
バットマンの結婚を彩るべく気の利いたプレゼントを用意しようとしたブースターゴールが生み出した悪夢の世界を舞台にした「ザ・ギフト」の最終話。
前号のラストがどうしようもない修羅場だったので、そこからどうなるのかが本当に楽しみ。
自分の予想は、「今回の件で心を病んだブースターゴールドがヒーローたちの心のケアセンター"サンクチュアリ"の住人となる」です。


【宣伝】(使いまわし)
前も書きましたが、更新が滞ると書くのが一番おっくうになるのがこの欄。
これだけ次から次に翻訳本がでるなんて、本当にいい時代になったもんです。

個人的に今一番気になる作品は『スパイダーメン』。正史世界のピーター・パーカーと、アルティメット世界のマイルズ・モラレスとという2人のスパイダーマンの次元を超えたチームアップを描き非常に評判が高い作品です。
また"コミック界のアカデミー賞"ともいえるアイズナー賞で、今年5部門もノミネートされている『モンストレス』の第二巻が早くも翻訳され、こちらも気になるところです。



また、5月6月はデッドプールの翻訳が目地押し。
スパイダーマンとデッドプールの"娘"が登場する『スパイダーマン/デッドプール:イッツィ・ビッツィ』に、デッドプールがハワード・ザ・ダックと融合してしまう『デッドプール・ザ・ダック』。
比較的単行本が売れない傾向のあるマーベルにおいて異例のヒットを跳ばした作品の続編企画『デッドプール・キルズ・マーベルユニバース・アゲイン』。
デッドプールの最近の個人誌である『デッドプール:エンド・オブ・エラー』から、彼のキャラクターの礎を築いたともいえる往年の名作『ケーブル&デッドプール:こんにちは赤ちゃん』とその数なんと5作品。

近年のマーベルの人気者の面目躍如ですね。


バットマン#44

バットマン#44
(作:トム・キング、画:ミケル・ハニン、ジョエル・ジョーンズ)

ウェイン邸の深夜2時、世紀の結婚を控えたセリーナ・カイル(キャットウーマン)は、隣で婚約者が眠るベッドを抜け出し"最高のウェディングドレス"を求め、ゴッサムの街へと向かう。
20180513_10.jpg
彼女の心に去来するもの。それは遂に終わりを迎えるバットマンとキャットウーマンの永遠の追いかけっこの思い出であった…

というわけで、一話完結の非常に読みやすくロマンチックな作品。
作中に挿入される回想シーンはミケル・ハニンがアートを担当し、80年にわたる2人の歴史を称えるかのように、過去の作品を完全に再現。
20180513_03.jpg
20180513_02.jpg


現代のパートでは個人的に最近注目しているアーティスト、ジョエル・ジョーンズがその腕を振るっており、
こっそりと持ち帰ったドレスを前にキャットウーマンがアルフレッドに送った、いたずらっ子のような目くばせを見て、誰もが彼女に恋をすることでしょう。
20180513_09.jpg

7月発売のバットマン#50にて結婚する2人を祝福するかのような、可愛らしい一遍ですので、未読の方は是非!

…と思わずいつものまとめをしてしまいましたが、果たして本作は本当に2人を祝福するような内容なのでしょうか?

確かに、『アイ・アム・ベイン』でのプロポーズ以降、バットマン誌では二人の結婚に向けた準備と言えそうな話を順調に展開しています。
また、7月の結婚号に向けて、バットマンの仲間たちがそれぞれヴィラン達と対決する連作『バットマン:プレリュード・オブ・ウェイディング』も発表され、コミックファンの間ではすっかり「ついにバットマンが結婚するんだ」という雰囲気になっています。
20180513_01.jpg

しかし、管理人は本作こそ、バットマンとキャットウーマンの未来に破局が待っていることを暗示した物語に思えてなりません。

20180513_05.jpg
セリーナ:「豹はその身の柄を変えられない(注:人の本質は変えられないという意味のことわざ)」…
そして豹は猫科の動物なの。
バットマン:…キャットウーマンとしての過去を忘れなければ、お前に未来はない。

20180513_07.jpg
セリーナ:それが猫の習性よ。誇り高く、自由気まま!

20180513_06.jpg
セリーナ:盗むの?それとも結婚するの?



一件、ただの2人の歴史をたどる回想シーンに見える本作の過去編(台詞はどれも過去作のままです)。
しかし、そこで描かれている姿はどれも、、「セリーナはけして盗みをやめない。スリルを求め気ままに盗み、バットマンを翻弄し続けることこそが彼女の性質である」ということを物語っています。

20180513_08.jpg
そして、現代パートについても、その美しくロマンチックな描写に思わず流されてしまいそうですが、深夜の高級店に忍び込み、ウェディングドレスを盗み出すセリーナの行動はまぎれもなく窃盗行為であり、世界有数の資産家の婚約者となった彼女には行う必然性のない悪徳なのです。


また、そもそもの問題として、「バットマンが結婚を決意する」という現在の状況を、トム・キングは密かに異常事態として描いている節もあります。
バットマンがバットマンとしてではなく"ブルース・ウェインとしての幸せ"を念頭に入れるようになったきっかけは、『ザ・ボタン』において、父であるトーマス・ウェインと出会ったからです。
しかし、この出会いは決して偶然の奇跡ではありません、DC世界から歴史を奪ったDCリバースの黒幕が全てをおぜん立てしたのです。
事実、『ザ・ボタン』以降、バットマン誌において、バットマンがゴッサムのためにヴィランと戦う様子が描かれる回数は、ひっそりとしかし確実に激減。
遂には先日発売の『フラッシュ』誌においても、バットマンがヒーロー活動よりもセリーナとの生活を優先している(と思われる)描写が入りました。

そういう目で見れば、本作の冒頭に描かれた「深夜2時に婚約者と共に眠っているブルース・ウェイン」という描写がそもそも異常な描写なのです。
夜こそがバットマンの時間なのですから。

…というわけで、管理人の予想は「バットマンとキャットウーマンは破局する。仮に結婚したとしても、トム・キングの在任中に別れる」。
皆さん。当たったら何かください!


【宣伝】(使いまわし)
前も書きましたが、更新が滞ると書くのが一番おっくうになるのがこの欄。
これだけ次から次に翻訳本がでるなんて、本当にいい時代になったもんです。

個人的に今一番気になる作品は『スパイダーメン』。正史世界のピーター・パーカーと、アルティメット世界のマイルズ・モラレスとという2人のスパイダーマンの次元を超えたチームアップを描き非常に評判が高い作品です。
また"コミック界のアカデミー賞"ともいえるアイズナー賞で、今年5部門もノミネートされている『モンストレス』の第二巻が早くも翻訳され、こちらも気になるところです。



また、5月6月はデッドプールの翻訳が目地押し。
スパイダーマンとデッドプールの"娘"が登場する『スパイダーマン/デッドプール:イッツィ・ビッツィ』に、デッドプールがハワード・ザ・ダックと融合してしまう『デッドプール・ザ・ダック』。
比較的単行本が売れない傾向のあるマーベルにおいて異例のヒットを跳ばした作品の続編企画『デッドプール・キルズ・マーベルユニバース・アゲイン』。
デッドプールの最近の個人誌である『デッドプール:エンド・オブ・エラー』から、彼のキャラクターの礎を築いたともいえる往年の名作『ケーブル&デッドプール:こんにちは赤ちゃん』とその数なんと5作品。

近年のマーベルの人気者の面目躍如ですね。

プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター