フラッシュ #21(ザ・ボタン第二話)

フラッシュ #21(ザ・ボタン第二話)
(作:ジョシュア・ウィリアムソン、画:ハワード・ポーター)

【科学捜査官バリー・アレン】
第一話にて、バットケイブに現れ、「神を見た」という言葉を残し死亡したリバースフラッシュ。
その現場に遅れて到着したフラッシュは、リバースフラッシュ死亡の瞬間に何があったかを探るために、綿密な科学捜査を開始していた。
20170702_01.jpg

リバースフラッシュの遺体に残されたスピードフォースを検査したバリーは不思議なことに気が付く。
遺体から検出されたスピードフォースの一部が、リバースフラッシュのものではなく、自分のものであることが判明したのだ。

つまり、リバースフラッシュは死の直前に自分と合っていた。という事は事件の第一容疑者は自分自身…

【遺失物預かり所】
捜査に行き詰まりを感じたバリーが向かった場所、それはジャスティスリーグが様々な事件で手に入れたアイテムの保管庫、通称"遺失物預かり所"であった。
20170702_02.jpg
(こちらが保管庫の全景。アワーマンの時舟や、ブースターゴールドの相棒スキーツなど、New52での存在があやふやだったアイテムが多数)

バリーがここに来たのは、自身のスピードフォースを増幅しその力で時空を超えることを可能にする宇宙的ルームランナー、コズミック・トレッドミルを使い、リバースフラッシュの身体から検出されたスピードフォースの痕跡を追うためであった。
20170702_03.jpg
かくしてバリーは(バリーの後をつけてきた)ブルースと共に、時間流の中に身を投じる!

【失われた時間】
20170702_04.jpg
バットマン:クラブか協会をつくろう。
フラッシュ:悪と戦うためのリーグだね!


バリーとフラッシュが時間流の中で見たもの、それは身に覚えのないリーグ誕生の瞬間であった。

バットマン:これは別の次元の出来事か?
フラッシュ:いや僕にはそうとは思えない。これは僕らの世界での出来事。これこそウォリーの言っていた"奪われた歴史"に違いない。


20170702_05.jpg
見知らぬ歴史の中をひた走る2人。
そんな2人を突如謎の衝撃波が襲う。

トレッドミルから投げ出された2人が降り立ったのは、最新機器が一切存在しない不思議なバットケイブ。
そして戸惑うバットマンの前に現れたのは…
20170702_06.jpg

自分の事を"息子"と呼ぶ、初老のバットマン。
フラッシュポイント世界のバットマン、トーマス・ウェインであった!

*****************************
というわけで、ザ・ボタンの2話目の紹介でした。

New52世界創立の切っ掛けとなったクロスオーバー『フラッシュポイント』から6年越しの対面を果たした父と子。
2人が語り合ったその内容は、バットマンのみならずDC世界全体に大きな変革をもたらすことになります。

そして、DCは全四話のザ・ボタンの完結と同時に新たなイベントを発表。
その名は『ドゥームズデイ・クロック』。
20170702_07.jpg

『DCユニバース:リバース』で始まった一連のストーリーの"終わりの始まり"となることが明言された本シリーズは、そのロゴマークが示す通り、ウォッチメンとスーパーマンの両方に焦点があたるシリーズとなる見込みです。
紋切り型の結びですが、DCの歴史が大きく動いている今、皆さんも歴史の目撃者となるべく、ぜひ本作をリアルタイムで読んで盛り上がりましょう!
(余談ですが、『ドゥームズデイ・クロック』のライターであるジェフ・ジョーンズは、本当に簡単な英語を使うことでも有名なので、そういう面でもお勧めです!)

【宣伝】
近日発売のアメコミでお勧めしたいのは、なんといっても『DCユニバース:リバース』!
その内容の素晴らしさは、当ブログでも繰り返し述べてきたのでいまさら書くことはしませんが、とにかくこの数年の業界のありようを1冊のコミックで変えてしまった傑作ですので、未読の方はぜひ!
そして、この作品に続くDCの新時代"DCリバース"傘下のタイトルも、続々と翻訳が決定。
『スーパーマン:サン・オブ・スーパーマン』は"父としてのスーパーマン"という新機軸を打ち出した作品で、管理人のお勧めです。(というか単純にスーパーボーイ、ジョン・ケントが可愛い!)
そして『ワンダーウーマン:ザ・ライズ』は、ヒーローとしてのワンダーウーマンの有り様に迫った作品で、ハードボイルド作家としても有名なグレッグ・ルッカの硬質なライティングがかっこいい作品です。
また『バットマン:エターナル』の下巻も今月発売。
ヒーロー/ヴィランが総登場のお祭り的な企画ですが、New52のバットマン誌のテーマである"バットマンの永続性"に深く切り込んだ作品のため、『バットマン:エピローグ』を読まれた方はこちらもぜひ!



マーベルでは映画『スパイダーマン:ホームカミング』の公開に合わせて、大スパイダーマン祭りが開催。
映画同様スパイダーマンの学生時代の活躍を現代の視点で描いた2016年の作品『スパイディ:ファースト・デイ』や、
マーベルの生ける伝説スタン・リーが担当したスパイダーマンの初期の作品を集めた『マーベルマスターワークス:アメイジング・スパイダーマン』、
そしてスパイダーマンとデッドプールの友情譚(?)を集めた『スパイダーマン/デッドプール:プロローグ』などが立て続けに刊行されます。
また、マーベルユニバースの巨悪サノスの地球侵攻を真正面から扱ったアベンジャーズ系のクロスオーバー『インフィニティ』も、早くも第二巻の予約が開始されています。


スーパーサンズ #1

スーパーサンズ #1
(作:ピーター・J・トマシ、画:ジョージ・ヒメネス)

20170619_01.jpg
本作については「"スーパーマンの息子"ジョン・ケントと、"バットマンの息子"ダミアン・ウェインがコンビを組む」という粗筋だけで、もう他に言うことなし!
というわけで、今回は気に入ったシーンの紹介のみで。

【まずは顔見世】
どこかの森の中で謎の敵に追われる2人の少年。

ジョン:君のせいだぞ!
ダミアン:全部知ったうえで参加することを決めたのはオマエだ。
ジョン:君がウソをついて巻き込んだんだ!
ダミアン:ウソじゃない。全てを話さなかっただけだ。・・・もういい、逃げるのは止めだ。ここからは…

20170619_02.jpg
ロビンとスーパーボーイの力を見せてやる!


ジョン:なんでキミの名前が先なんだよ。
ダミアン:年上だからな
ジョン:背は僕の方が高い
ダミアン:黙れ



【スーパーボーイ、ジョン・ケント】
メトロポリス郊外ののどかな田舎町、ハミルトンシティにて理想的な少年時代をおくるジョン・ケント。
小学校に向かうスクールバスで、いつも通り幼馴染のキャシーの隣に座るジョン。
20170619_03.jpg

しかし、そんなジョンの目に入ったのは、クラスメイトをイジメる悪ガキの姿。

20170619_04.jpg
キャシー:ジョン、座ってた方がいいんじゃ…
ジョン:ダメだよ、あんなの見て黙ってられないよ。

父親譲りの正義感の持ち主のジョンくん、いい子に育ってます。
(余談ですが、まるで少年漫画の正統派ヒロインのようなキャシーですが、最近の『スーパーマン』誌ではあんなことやこんなことに…)

【ダミアン先生】
学校内で自分を見張る怪しい男に気が付くジョン。
その男の正体はジョンの学校に赴任してきた先生…の皮をかぶったダミアンであった!

ジョン:なんてこった!君は13歳のくせに全校生徒に地球科学を教えるふりをしてたの?
ダミアン:"ふり"なんかじゃない、馬鹿にしてるのか。俺は7歳のころに地質学の博士号を取りかけてた。
ジョン:なんで取らなかったの?
ダミアン:お袋が途中で俺の教授を殺して、海に捨てたからな。

20170619_05.jpg
ジョン:はは!先生を殺す、そいつはいいね。
(冗談だと思ってる)
ダミアン:…
ジョン:……う、運転は何歳から?


【チームアップ!】
何だかんだで、ダミアンの挑発に乗せられて、ダミアンの"ヒーロー活動"の調査を手伝わせる羽目になったジョン。
20170619_06.jpg

その目的地は、メトロポリスのレックスコープ本社。
そしてレックスコープといえば当然現れるのは…
20170619_07.jpg

というわけで、始まった『スーパー・サンズ』誌。
実はタイトルの発表からなかなか実際の発売日が決まらなかった本作ですが、『スーパーマン#10』にて本作に先んじてジョンとダミアンの活躍を描いたピーター・J・トマシが担当。

そのおかげもあってか、ご覧の通り、DCの未来を担う少年二人の掛け合いが非常に楽しい「DC世界に希望と楽観主義を復活させる」といDCリバースのコンセプトを体現するような娯楽作に仕上がっています。
個人的には、翻訳されたら人気が出ること間違いなしの作品だと思っていますので、皆さんも是非出版社に邦訳希望を!

【宣伝】
遂に2016年のアメコミシーンを話題をさらった"Game Changer"である『DCユニバース:リバース』の予約が開始!
当ブログではこの作品の素晴らしさについて何度も買ったてきましたので、いまさら紹介は良いでしょう。
未読の方はぜひ本作を読んで、自分同様、その素晴らしさに度肝を抜かれてください!
そしてここから始まるDCの新展開DCリバースのトップバッターとなるのが『スーパーマン:サン・オブ・スーパーマン』と『ワンダーウーマン:ザ・ライズ』。
前者は今回の記事でも紹介したフラッシュポイント以前のDC世界からやってきたスーパーマンとその息子の活躍を描き、
後者は過去編と現代編が交互に刊行されるという変則的な発刊スタイルをとったワンダーウーマン誌の現代編となります。



また映画の公開をまじかに控えたワンダーウーマンについては他にも翻訳本が発売予定。
『ワンダーウーマン アンソロジー』は往年の名作から最新作までワンダーウーマンの様々なストーリーを集めた傑作選で、75年を超えるその歴史の中で常に"業界を代表する女性ヒーロー"としての座を守り続けてきたワンダーウーマンの歴史そのものを楽しむことができる作品です。
続く『ワンダーウーマン:ベストバウト』、ワンダーウーマンと様々なヒーロー/ヴィランの戦いを集めたアンソロジー集。
こちらはお手頃な値段が魅力ですね。
そして映画が近いといえばスパイダーマン!
こちらの方も、映画に合わせてピーターの学生時代の活躍を描いた『スパイディ:ファースト・デイ』が早くも翻訳です。


【海外マンガフェスタ2017】来日アーティスト紹介とコミッション募集

[17/6/6追記] ラーマット・ハンドコさんへのコミッション依頼はいったん打ち切らせていただきます。ありがとうございました

すっかり秋の定番として定着した感のあるアメコミ・BDなど海外コミックの祭典「海外マンガフェスタ」。
今年もその開催に合わせて3人のアーティストの来日が決定しました。

今回はその3人の紹介と事前コミッションの受付をさせていただきます。

アリオ・アニンディト(Ario Anindito)
ario.jpg
[アーティスト来歴]
MarvelにてHouse of M(2015年)、Hyperion(2016年)、Venom(2016年)、Uncanny Inhumans(2017年)のペンシラーを担当する。今年はXMスタジオより発売されたベータレイビルのスタチューのデザインを手掛けるなどコミック以外の仕事でも高い評価を受ける。

ラーマット・ハンドコ(Rahmat Handoko)
RAHMAT (2) (1)
[アーティスト来歴]
2014年に『Ironman Special』でMarvelよりデビュー
2016年からウェブで始まったGuardians of the Galaxy: Awesome Mix Infinite Comicではカバーアーティストとしてアートを提供。

アルティ・ファーマンシヤ(Alti Firmansyah)
alti.jpg
[アーティスト来歴]
MarvelのStar-Lord&Kitty Pryde(2015年)にてデビュー後、X-Men '92(2016年)、All-New Wolverine&X-Men(2016年)と立て続けにペンシラーを担当する作家。最新作はThe Unbelievable Gwenpoolの#13(2017年)。
画業の傍ら女性総合格闘家としても活躍。

【価格表】

[アリオ・アニンディト & ラーマット・ハンドコ]
(サイズが大きい用紙の方がより詳細なディテールを描きこみます)

サイズ11x17インチ - (鉛筆)
-簡単な背景 (1 キャラ) : $210
-背景描き込み (1キャラ) : $280
-ペン入れ : プラス$60
-キャラ追加 : $120

A4 サイズ (インク・ペン入れ込み)
-背景なし (1 キャラ) - $140
-背景有り (1 キャラ) - $210
-キャラ追加 : $60
-コピック追加 : $120 (Rahmat のみ)

[アルティ・ファーマンシヤ]
サイズ11x17インチ - (鉛筆)
-簡単な背景 (1 キャラ) : $180
-背景描き込み (1キャラ) : $240
-ペン入れ : プラス$60
-キャラ追加 : $120

A4 サイズ (インク・ペン入れ込み)
-背景なし (1 キャラ) - $120
-背景有り (1 キャラ) - $180
-キャラ追加 : $60
-コピック追加 : $120 (グレートーン)

【申し込み事項】
以下の事項を記載の上、yoshimichicomicarttrade@gmail.comへメール
・お名前
・電話番号
・住所
・希望のキャラとオプション

【お支払い時期】
 ・イベント会場でコミッションと受け渡し
 ・後日郵送の方は口座振り込み

【米ドルの日本円での正確な支払金額】
来日数日前に代理人のyokkun氏がみずほ銀行などの金融機関で換金予定で、その際に掛かった換金レートに基づいて算出。(新聞やニュース等で公表されるレートよりも金融機関が換金する際に手数料がかかるので数円分レートがアップする事をあらかじめご了承ください)

【作例】
アリオ・アニンディト(Ario Anindito)
ARIO (2)
ARIO (3)
ARIO (4)
ARIO (5)
ARIO (6)
ARIO (7)
ARIO (1)

ラーマット・ハンドコ(Rahmat Handoko)
RAHMAT (7)
RAHMAT (8)_2

RAHMAT (6)
RAHMAT (5)
RAHMAT (4)
RAHMAT (3)
RAHMAT (2)
RAHMAT (1)


アルティ・ファーマンシヤ(Alti Firmansyah)
Pencil 3
Ink Full (New)
Copic Grey
Pencil Old
pencil old (3)
Pencil old (2)
Pencil Full (New)
Pencil 1
プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター