アクションコミックス #957-960

アクションコミックス #957-960
(作:ダン・ジャーゲンス、画:タイラー・カーカム他)

今回は軽めで。

リバース開始前にも書いたように、New52のスーパーマンが死に、フラッシュポイント前のスーパーマンをはじめとする様々なスーパーマンがいっきょに登場したスーパーマン系列。

20160815_4.jpg
そんな中でアクション・コミックス誌は、突如メトロポリスに現れたドゥームズデイと、フラッシュポイント前スーパーマンとレックス・ルーサーの戦いを描いています。

20160815_1.jpg
こちらは新たな"メトロポリスの守護者"を名乗るルーサー。
『ダークサイドウォー』にてダークサイドの後継者となった際に手に入れたマザーボックスをアーマーの動力源としており、何気に強力。
今のスーパーマンは、とにかく悪辣だったフラッシュポイント前のルーサーの姿が頭から離れず、割とまともにヒーローをやろうとしている今のルーサーの姿に若干戸惑っている模様。

そして本作の一番の謎が、ドゥームズデイとスーパーマンたちの戦いの場にひょっこりと現れた"人間"クラーク・ケント。
20160815_3.jpg
見た目はどう見てもNew52世界のクラーク・ケントその人ながら、会う人会う人にされる「あなたスーパーマンでしょ!?」という突っ込み否定し、詳細についての質問はのらりくらりとかわし続けています。

「こんなスクープのチャンスを見逃せないよ!」と何だかんだと理由をつけて、戦いの現場に残り続ける姿は、確かに往年のクラークを思わせるものがありますが、どうも特に超能力はなく本当にスクープ目当てで行動している模様。

いったい彼は何者なのか?そろそろ誰かに核心を突いた質問をして欲しいところです。
(なんせドゥームズデイが暴れている現場なので、皆が「今はその質問は後だ!」と、棚上げしてしまうのです)

20160815_2.jpg
またジェフ・ジョーンズのスーパーマン誌にて暗躍していた謎の男"Mr.オズ"も再び登場。
スーパーマンにかかわるすべての物事を密かに見守りながら、何かを企んでいる様子。

彼が『DCユニバース:リバース』でスーパーマン本人に放った言葉「君は、君が自分で思っているような存在ではないのだよ…」という言葉が、今後のスーパーマン系列を引っ張っていく謎となりそうな雰囲気です。

【宣伝】
DCの翻訳で気になるのはこちら。
まずは外せないのがNew52バットマンの最新作「バットマン:エンドゲーム」!
多くは語りませんが、徐々に明かされていくジョーカーの"正体"に、毎号のたうち回りながら読みふけったあの感動をこれからまっさらな気持ちで読むことができる方が管理人は羨ましくてしかたありません。

そして管理人は未読ながら気になっているタイトルが「バットガール:バーンサイド(仮) 」。
新タイトル立ち上げ前の埋め草的に始まったタイトルの筈が、その面白さから大ヒット。
"バットガーライズ"という流行語すら作ったうえで、DCのみならずマーベルを含めた全女性ヒーローたちの新潮流を築いた記念碑的作品です。

また長らく絶版で入手難の状況が続いていた「バットマン:マッドラブ」が完全版となって発売。
こちらは今やDCの顔となったハーレイのデビュー当初の物語となります。



続いてマーベルの新作ですが、今や飛ぶ鳥を落とす勢いのデッドプールは遂に一昨年の大イベント「アクシス」の関連誌を刊行。
イベントの中でマーベルユニバースを襲った"反転"効果により、禅の心に目覚めたデッドプールが主人公。

また先日、本国で発売されたばかりの「キャプテン・アメリカ:ホワイト」がこちらも早くも登場。
『デアデビル:イエロー』や『スパイダーマン:ブルー』に連なる"カラーシリーズ"の最新作となります。




スーパーマン:ファイナルデイズ・オブ・スーパーマン(そしてリバース後について)

スーパーマン:ファイナルデイズ・オブ・スーパーマン
(作:ピーター・J・トマシ、画:マイケル・ジャニン他)

ヴァンダル・サヴェッジとの戦いの中で、ついに能力を取り戻したスーパーマン。
しかし、この数か月におこった事件、
すなわち「ダークサイド・ウォー」でのファイアピットへのダイブ、
20160501_1.jpg

「サヴェッジ・ドーン」でのクリプトナイト風呂、
20160501_2.jpg

そしてJLA誌で繰り広げたクリプトン星の神であるラオとの激闘を戦い抜いた彼の体は限界に達していた。
20160501_3.jpg



沈黙の要塞に備えられたクリプトン星の超技術を用いたメディカルチェックの結果、自身の死が不可避であることを悟ったクラークは、自らの人生の幕を引くために隣人たちに最後の別れを告げることを決意する…
20160501_4.jpg


というわけで、「DC:リバース」直前に行われるスーパーマン系列のクロスオーバー『ファイナルデイズ・オブ・スーパーマン』が始まりました。本クロスオーバーですが、実は予告時点では『スーパーリーグ』という名前で発表されており、その時は「能力の減退を経験したスーパーマンが、自身の不在でもこの地球を守ることができるよう新たなリーグを結成する」という粗筋が紹介されていました。
しかし本編が始まってみれば先ほどの粗筋も決してウソではないのですが、どちらかといえばスーパーマンの行動は余命を宣告された者にふさわしいウェットで感傷的な自身の人生の再訪問であり、そういう意味でもこの改題は必然であったかなと思っています。

ロイス・レーンとラナ・ラング、スーパーガールやバットマンなど様々なキャラクターが登場する本イベントですが、何といっても注目したいのは本イベントの中で、New52世界のクラークがリブート前のクラークと遂に顔を合わせること!
(リブート前のスーパーマンがこちらの世界にいる理由については、こちらの記事を参照)

20160501_5.jpg
幾多の試練を乗り越え、時には”自らの死”すら経験した歴戦の勇士であるリブート前のスーパーマンが、死を覚悟したこの世界のスーパーマンに何を語るのか、今から興味が尽きません。

そしてリブート前とリブート後の2人のスーパーマンの出会いは、6月以降の新展開『DC:リバース』後のスーパーマンを語る上でも重要な要素となっています。
他の多くのタイトルがそうであるように、スーパーマン系列も『DC:リバース』以後に新しい状況のもと物語が開始するのですが、スーパーマン系列における"新しい状況"、それこそが「New52スーパーマンの不在と、それに替わる複数人のスーパーマンの登場」です。

20160501_6.jpg
まず重要な変化として、アクションコミックス誌とスーパーマン誌、そしてJLA誌に登場するスーパーマンは全てリブート前のスーパーマンとなることが明言されており、今後しばらくはスーパーマンといえば、彼のことを指すことになりそうです。

しかし胸に"S"の文字をつけて戦うヒーローは彼だけではありません。リブート前のスーパーマンの登場に呼応するかのように、リバース後の地球には様々なスーパーマンが登場することになるのです。

それではその"スーパーマン"達を順を追って紹介していきましょう。

一人目はスーパーマンの積年のライバルであるレックス・ルーサー。
20160501_7.jpg
彼はメトロポリスの新たな守護者として、自前のスーツに"S"の字を刻印。アイアンマンのようなメカスーツ系ヒーローとして活躍することになります。

そして次なるスーパーマンは、"スーパー・マン"コン・ケナン君。スーパーマンの力をもった中国人の少年です。
20160501_8.jpg
今回紹介した『ファイナルデイズ・オブ・スーパーマン』の流れを組む作品として開始する新シリーズ『ニュー・スーパー・マン』(SupermanではなくSuper-manであることに注意!)の主人公である彼は、中国政府によって作られた人造ヒーローとして中国版ジャスティスリーグを率いることとなります。
人造人間として培養槽で産まれたその生い立ちと、"コン(孔)"という名前…、どことなく"スーパーボーイ"コン・エルとダブらせようとする編集者の意図を感じるのは管理人の考えすぎでしょうか?

"スーパーボーイ"といえば、リブート前のクラークとロイスの息子であるジョン・ケントも、スーパーボーイの名を継いでダミアンと共にヒーローとして活躍することとなります。
20160419_13.jpg
また「彼の正体をいかに世間から隠すか?」ということが、『スーパーマン』誌の最初のストーリーの主題となることが予告されています。

そしてNew52世界のロイス・レーンもまたコスチュームを身にまとい『スーパーウーマン』として、個人誌を獲得します。
20160501_9.jpg
元来、スーパーウーマンといえばフォーエバーイービルにも登場した"悪のワンダーウーマン"の名前。『スーパーウーマン』誌の最初の物語では、彼女を思わせる名の"ウルトラウーマン"が敵となる模様ですが、果たしてどうなるか?

最後のスーパーマンは、クラークから孤独の要塞の所有権を譲られたスーパーガール。
20160501_10.jpg
彼女は政府機関D.E.O.のエージェントとなる模様。
うがった言い方をしてしまえば、人気ドラマ『スーパーガール』の設定に寄せていくわけですね。

というわけで、最初に紹介したリブート前のスーパーマンも含めれば、実に6人ものスーパーマンが新たにNew52世界の表舞台に現れることになるのですが、それでは肝心のNew52世界のスーパーマンはどこへ消えてしまうのでしょうか?

『ファイナルデイズ・オブ・スーパーマン』の内容や、「重要な人物が『DCユニバース:リバース』にて一人死亡する」というジェフ・ジョーンズの予告を考えれば、死亡すると考えるのが順当でしょう。
しかし、その予想に待ったをかけたくなる登場人物がもう一人。それがアクションコミックスの予告文に現れる謎の人物(?)新クラーク・ケントです。
このクラーク・ケント氏がいったい何者なのかは、今のところは一切明かされていません。しかし多くのファンやニュースサイトが、このクラークこそがNew52のスーパーマンのリバース後の姿だと予想しているのは確かです。


ところで、この「スーパーマンの不在と、それに替わる複数のスーパーマンの登場」という状況に、どこか聞き覚えはないでしょうか?
そう、実はこの状況は90年代初頭に一世を風靡し、その後のアメコミのストーリーテリングに多大なる影響を与えた『Death of Superman』と、その顛末を扱った『Reign of Supermen』とそっくりなのです。
20160501_11.jpg
『Reign of Supermen』ではドゥームズデイとの戦いで死亡したスーパーマンの後継者として、スーパーボーイ、スティール、サイボーグスーパーマン、エラデュケーターという4人のヒーローが登場しましたが、リバースの状況はこれを踏まえていると指摘するファンは多く、その指摘を裏付けるかのように、今までNew52では未登場であったエラデュケーターもスーパーマン誌にて復活することが予告されています。

20160501_12.jpg
さらにはアクションコミックスで開始するストーリー「パス・トゥ・ドゥーム」ではドゥームズデイのメトロポリス襲来が予告されており、さらには『Death of Superman』を思わせるこんな表紙も公開されており、「もしや『Death of~』と『Reign of ~』を同時にやってしまうの?」と思わせるものがあります。

リバース後のスーパーマン系列のストーリーがこの先どこまでこれらの名作エピソードを踏襲するのかはわかりませんが、制作陣がこれらを念頭に入れながら物語を書いていることはまず間違いないでしょう。
そして、個人的にはここがキモだと思っているのですが、今回この状況に直面するスーパーマンはリブート前のスーパーマンであり、読者同様『Death of Superman』事件も『Reign of Supermen』事件も経験しているのです!


【宣伝】
めぼしい翻訳はこちら。
まずは映画公開も控え飛ぶ鳥を落とす勢いのデッドプールからは、
レギュラータイトルである『デッドプール VS. シールド』と『ウェディング・オブ・デッドプール』。後者はデッドプールの関係者が制作陣まで含めて参加する結婚式で話題になった号を収録。
またミニシリーズである『デッドプール:ドラキュラズ・ガントレット』も6月に発売予定。
そしてなんといっても重要なのは、ファンから翻訳が熱望されていたタイトル『ケーブル&デッドプール:青の洗礼』が遂に翻訳!
ケーブルとデッドプールの絆を描いた話題作です。


そして管理人がぜひともお勧めしたいのが『グレイソン』!コスチュームを高級スーツに着替えジェームス・ボンド張りの活躍をスルディック・グレイソンのスパイアクションで、その凝った物語構成は一読の価値があるはずです!
また他にもマーベル屈指の人気兄弟として上り詰めたソーとロキの確執を描いた「ソー&ロキ:ブラッド・ブラザーズ」や、
過去様々なコミックやメディアに登場したあらゆる世界のスパイダーマンが一同に会した話題作『スパイダーバース』など、相変わらず話題作が目白押しです!

スーパーマン:アメリカン・エイリアン #1-4

スーパーマン:アメリカン・エイリアン #1-4
(作:マックス・ランディス、画:ニック・ドラゴッタ他)

20160331_14.jpg
カンザス州のスモールヴィルに暮らすケント一家の1人息子クラーク・ケント。
人とは少し違う力を持った少年は、それでも、両親と町の住人の愛情に優しく見守られゆっくりと大人になっていく…

********
というわけで、今回は完結前から「新たなスーパーマンのマスターピース」との呼び声も高い『スーパーマン:アメリカン・エイリアン』の紹介です。

まずは最初に紹介したいのがライターを務めるマックス・ランディスの人となり。
20160331_11.jpg
一般には映画『クロニクル』などの脚本家として有名な彼は、『ブルースブラザーズ』やマイケル・ジャクソンの『スリラー』のPVなどで一世を風靡した大物監督ジョン・ランディスの息子。幼少のころからハリウッドの社交界で育った彼は、生まれながらに人を(いろいろな意味で)惹きつける"ハリウッドのお騒がせ男"でもあります。

『スターウォーズ:フォースの覚醒』の主人公を「メアリー・スーだ」と切って捨て大論争を巻き起こしたり、盟友ジョシュ・トランクの監督作『ファンタスティック・フォー』の公開に合わせて"自分なりのファンタスティック・フォーの脚本"を公開したりと話題には事欠かない彼。

彼の特異なキャラクターを示すエピソードに、現在公開中の映画『バットマンvsスーパーマン:ジャスティスの誕生』の予告編が公開された際、ルーサーのしゃべり方があまりにもマックス・ランディスにそっくりであったため、ルーサーを演じたジェシー・アイゼンバーグが参考にしたのではという噂が流れた、という物があります。

そんなマックス・ランディスですが、実はかなりのコミック好き。
友人一同(といってもその友人が綺羅星のようなハリウッドスターなのですが)と作ったショートフィルム「The Death and Return of Superman」は、酔っぱらった(という設定の)マックスが大ヒットを記録したスーパーマンの死と復活の物語を、当時の出版社の事情なども交えながら説明するという内容。

基本はしょうもないギャグと適当なコスプレ寸劇で満載のジョークムービーなのですが、ドゥームズデイとの戦いの最中にどこかに消えてしまったガーディアンについて鋭い突っ込みを入れたり、「結局『スーパーマンの死』が殺したものとはコミック界における”キャラの死”という概念そのもの」という考察を入れたりと、かなりのマニアぶりを見せてくれます。

この動画からもわかる通り、どうもマックス・ランディスはスーパーマンについてはかなりの思い入れがあるようで、映画『マン・オブ・スティール』の公開時もそのキャラ解釈について、かなり辛らつに非難をしています。

長くなりましたが、そんな目立ちたがりのお騒がせ脚本家であるマックス・ランディスに対して、DCが「そんなに言うならば、お前がスーパーマンをやってみろよ」とばかりに書かせた作品がこの『スーパーマン:アメリカン・エイリアン』になります。

この物語は基本的に1話完結/全7話のミニシリーズとなり、1話ごとにクラーク・ケントの人生の1ページを切り取る形で、ケント家のクラーク少年がどのように”マン・オブ・スティール”へと成長していくのかを、情感たっぷりに描いていきます。

以下は#1-4の各話と気に入ったシーンの紹介。

【#1:Dove】
小学校に入学し、怪力や浮遊など様々な能力に目覚めつつあるクラーク。
その力を持て余し、トラブルを起こしてしまった帰り道。
クラークは父ジョナサンと語り合う。

20160331_1.jpg
クラーク:僕のこの力は自分じゃ抑えられないんだ。ボクはただ…
ジョナサン:能力のせいにするんじゃない。自分に壊せる力があるから壊すっていうのは、馬鹿野郎のすることだ。
クラーク:でも、あの時は腹がたってて…
ジョナサン:腹がたったからって馬鹿野郎の真似事をしちゃいけない。

(トラックは2人を乗せてコーン畑を進んでいく)
クラーク:パパ。ボクこんなの嫌だよ。ボクは自分が怖い…ボクは普通じゃないんだ。
ジョナサン:そうかもな… 確かにお前は普通じゃないのかも。 でもそれの何が悪い? なんで普通の必要がある?
たぶん普通じゃなくてもいいんじゃないかな。


20160331_2.jpg
翌日から父と子は2人だけで能力を制御するための特訓を開始する!

このコミックで一番ガツンとやられたシーン。
この一連の会話。おそらく映画『マン・オブ・スティール』で、クラーク少年がバス事故から救った時に、ジョナサンがクラークを叱るシーンに対する、マックス・ランディス流の回答になっています。
管理人も自分の境遇をジョン・ケントと重ね合わせて、思わず目頭を熱くしてしまいました。

【#2:Hawk】
地元の高校に進学したクラークは、幼馴染であるピート・ロスやラナ・ラングと共に、のんびりとした青春を送っていた。

20160331_12.jpg
(秘密の溜まり場でこっそりと飲酒。そして猥談。)

そんな彼らにスモールヴィルで起きた殺人事件の知らせが届く。
クラスメイトが犠牲者となり、ショックを受けた彼らがとった行動とは…

というわけで、クラークが初めてその力を”悪との戦い”に使うエピソード。
ここでも、傷ついたクラークを慰める母マーサのセリフが泣ける。

【#3:Parrot】
懸賞でバハマへの旅行を当てたクラーク。
初めて(普通の手段でいく)海外に浮かれるクラークだが、ひょんなきっかけでゴッサムの大富豪ブルース・ウェインと間違われ、彼の誕生パーティに主賓として参加することになる。
20160331_3.jpg
(これだけ参加者がいても、だれもブルースの顔を知らない…)

20160331_4.jpg
(もちろんオリバー・クイーンも知らない…)

20160331_5.jpg
(そして何だかんだで、パーティーではじけるクラーク!)

20160331_6.jpg
その夜。普段人前に姿を現すことのないブルース・ウェインの命を狙う何者かが、世界最高の暗殺者を差し向ける!


【#4:Owl】
メトロポリスへの上京を果たしたクラーク。
大学で勉強する傍らデイリープラネット紙のインターンとして働く彼は、アメリカの未来を担う3人の青年実業家、ブルース・ウェイン、オリバー・クイーン、そしてレックス・ルーサーを取材する機会をえる。

20160331_8.jpg
ちなみにオリバーはずっとクラークの事をブルース・ウェインだと思い込んでいた模様。

20160331_7.jpg
ルーサーとクラークの初顔合わせ。

ブルースとは出会えなかったクラークだが、代りにブルースが後見人を務める少年ディック・グレイソンとであう。
20160331_9.jpg

ディック:バットマンにはそのカウンターパートとなるような存在が必要だと思うんだ。
クラーク:それは・・・イーグルマンとかそういうの?
ディック:イーグルマン?それ本気で言ってるの?
自分はただ、闇には光が、恐怖には希望が必要だって言ってるの。


そして、思わぬインタビューが取れて踊りだすクラーク(笑)
20160331_10.jpg

【宣伝】
更新の間が空くと一番書くのが億劫になるのがこの部分。それだけ、翻訳が充実してるということですね。
今回声を大にしてお勧めしたいタイトルは何といっても『グレイソン』。
コスチュームを脱ぎ、世界を股にかけるスーパースパイとして活動しながらも所属する組織の内情も探る2重スパイ、ディック・グレイソンの活躍を描いた本作ですが、その面白さは折り紙付き。ライターを務めたトム・キングは、メジャーデビュー作となった本作を足がかりに売れっ子ライターの道をひた走り、あれよあれよと今にDCにおけるトップライターの証であるバットマン本誌のライターの座を任されるまでになりました。
そして、これまたおすすめなのが『ゴッサム・アカデミー』。ゴッサムシティの伝統ある寄宿学校を舞台に、文系オタク娘のマップスと恋する銀髪少女オリーブを中心とした少年少女たちが学校の謎に迫る学園探偵もので、こちらも面白さは折り紙付き。
また、映画も大ヒットで飛ぶ鳥を落とす勢いのデッドプールは、『ホークアイ VS. デッドプール』と『デッドプール Vol.4:デッドプール VS. シールド』が発売予定です。


マーベル系で言えば、マーベルNow!でのX-men系列の旗艦誌の一つ『アンキャニィX-MEN:レボリューション』の他に、低迷気味であったパニッシャーというキャラクターをその剛腕で復活させたガース・エニスによる『パニッシャーMAX:ビギニング』や、映画「キャプテンアメリカ:シビルウォー」への登場が決まっている『ブラックパンサー』など、映像化を見据えたタイトルも多数発売予定です。


プロフィール

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター