Justice League of America #1

ジャスティス・リーグ・オブ・アメリカ #1
(作:ジェフ・ジョーンズ、画:デヴィッド・フィンチ)

今回はあっさり目で。

*****************
トレバー大佐:ジャスティス・リーグは唯一無二の存在だ!
アマンダ  :チームメイトに肩入れする悪癖は相変わらずね。
トレバー大佐:そして、君がチームメイトを、電球みたいに換えのきく工業製品だと思ってるのも相変わらずだ。
      :もう一度言っておこう、スーパーマン、ワンダーウーマン、バットマンの代わりなんていない。
      :だからジャスティス・リーグ・オブ・アメリカなんて上手くいきっこないんだ!


政府高官にして、新たなジャスティス・リーグとの連絡係であるアマンダ・ウォラーと、元連絡係となったトレバー大佐は、アマンダのオフィスで激論を交わしていた。
議論の内容は、アマンダの新たな計画、ジャスティス・リーグ・オブ・アメリカの設立について。

そのコーディネーターを務めるように命じられ盛んに反対していたトレバー大佐も、一枚の写真を見せられ遂に折れる。
20130309_08.jpg

アマンダ:ワンダーウーマンは常に、世界の"変革"を求めていた。もしその考えにスーパーマンが感化されたら?
    :もし2人が手ひどい破局を迎えたら?
    :はたまた2人に子供が生まれでもしたら?
    :わかったでしょ?我々にはジャスティス・リーグが必要なの、それも我々が制御できるリーグが。
トレバー大佐:…君の選んだメンバーのファイルを見せてくれ。


*****************

という訳で、始まったジャスティス・リーグ誌のジェフ・ジョーンズとダークナイト誌のデヴィッド・フィンチという、豪華な布陣で始まった新タイトルジャスティス・リーグ・オブ・アメリカ。
今回はリクルート編ということで大きく話は動きませんが、紹介も兼ねてメンバーの美味しいシーンが次々と移り変わる構成は単純にワクワクします。
以下は気になったシーン

【これがJLAだ!】
今回の計画にあたり、アマンダが選び出したメンバーは以下の通り。
ジョン・ジョンズ
20130309_06.jpg

ホークマン
20130309_01.jpg

ヴァイブ
20130309_03.jpg

カタナ
20130309_02.jpg

スターガール
20130309_04.jpg

サイモン・バズ
20130309_09.jpg

キャットウーマン
20130309_05.jpg


じつはこれらのメンバーは、本家ジャスティス・リーグを分析しつくしたアマンダが、ジャスティス・リーグの各メンバーに対応させて選んだメンバーとなっています。
誰が誰と対応しているかわかりますか?

答えは・・・

これだ!
20130309_10.jpg

ってなんでスターガールがサイボーグのポジション?

【スーパーヴィラン】
5年前のロンドン。

怪しい男1:ジャスティスリーグに、グリーンアローに、ザターナ。次から次に新しい奴が出てきやがる。
     :彼らは"スーパーヒーロー"なんだとさ。
怪しい男2:それなら我々は"スーパーヴィラン"といったところか。
     :さあ行こう。プロフェッサー・アイヴォ。
     :私には成すべき計画があり、君には作るべき作品がある。

というわけで、「ジャスティス・リーグ:誕生」のラストシーンで暗躍していた謎の男の片割れが遂に正体を現しました。
20130309_11.jpg

その正体はプロフェッサー・アイヴォ。邪悪な野望に取りつかれた天才技術者でA.R.G.U.S.の技術部門Red Roomにも所属していたようです。

【最後のメンバー】
そして、忘れちゃいけない最後のメンバー。ジャスティスリーグ誌#8でトレバーと組むこととなった、兵器の天才グリーンアロー!
20130309_07.jpg

…って、しっ死んでる!

【宣伝!!】
JLA誌の姉妹誌、Justice League誌はDCユニバースの中心に居座るタイトルなので、DCに興味があるなら必須です。



またメンバーの中には個人誌を持っているキャラも多いので、気になるキャラがいたら読んでみるのもいいかも。
(キャットウーマン誌は内容がセクシー過ぎて、一時期論争になってましたね。)


翻訳本で言ったら、なんといっても発売されたばかりの『New52! ジャスティスリーグ』!
リランチしたDCタイトルの#1のみを集めた本です。
全て#1なので、話は進みませんが、今まで翻訳されていなかった各種タイトルが日本語で読める"ヒーロー総覧"となっています。


あとは「極限までに現実的な世界でのヒーローのありようを考える」というコンセプトの「アースワン」シリーズが今月発売となります。
管理人は「バットマン:アースワン」しか読んでいないのですが、「スーパーマン:アースワン」も発売当初、米国のベストセラーになり話題となりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今となっては...

ジャスティスリーグの各メンバーに対応させたのはいいですが、今となってはハルが死んでアクアマンもアトランティスに帰ってしまいましたねw

このメンバーの対決が見れる日がくるといいですね

また更新楽しみにしてます(^-^)/

No title

ようやくジャスティス・リーグ・オブ・アメリカ本格始動!!
と思ったらグリーン・アロー死んじゃっってますね
マーシャン・マンハンターことジョン・ジョンズもなんかごつい感じでカッコいいですね
個人的には彼がすでにオレオにはまっているのかそうでないのかが気なります(笑

No title

アローさんがオチ担当みたいに…w
自分は知識があまりないのですが、キャットウーマンが政府直属の組織に所属するって
どうなんだろうなぁという感じもします。
スターガール参戦は嬉しいですけど、なんでサイボーグ枠なんでしょうね。
若手枠?

No title

サイモンじゃなく、ガイ・ガードナーでも良かった気がしました。アニメ「バットマン:ブレイブ&ボールド」のグリーン・ランタン隊で一番、出番が多くて活躍していてシネストロをKOしていたので・・・。
でも、ジョン・ジョーンズのレギュラー入りは嬉しいですね。

Re: 今となっては...

> ジャスティスリーグの各メンバーに対応させたのはいいですが、今となってはハルが死んでアクアマンもアトランティスに帰ってしまいましたねw
>
> このメンバーの対決が見れる日がくるといいですね
>
> また更新楽しみにしてます(^-^)/

ありがとうございます。実は今回の話はフラッシュも行方不明あつかい(実際はゴリラ・グロッドと戦争中)だったのですが、彼も脱退扱いされてたらどうしよう...

Re: No title

このゴツさでオレオ好き…確かに気になりますね(笑)。
マーシャン・マンハンターは、既にストームウォッチ誌やGreen Lantern Corps誌にでてるのですが、オレオについてはどうなんでしょう?

Re: No title

スターガールがサイボーグ枠な理由は自分のなかで2つ説があります。

1つは、「テレポーテーション担当説」。(スターガールがテレポーテーションできるかは実は知らないのですが)
もう1つは「情報収集担当説」。
アマンダさん曰く「スーパーヒーロー界でいちばんQ-Score(Webで影響力)が高い」らしいので、ひとたびスターガールがツイッター上で「○○について知りたいな」とか呟いたら、それが10万RTとかされて、続々と情報が入ってくるとか(笑)。

Re: No title

>サイ吉
確かに、バズって、まだユニバースの中での立ち位置が定まってなくて「このキャラならでは」って特色に薄いですよね。

JLAの中でガイとは違った独自性を打ち出してくれることを祈ってます。
プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター