Green Lantern : Rise of Third Army その5

グリーンランタン系クロスオーバー、ライズ・オブ・サードアーミーの紹介の第五回目。

まだまだ終わりません。
そもそもライズ・オブ・サードアーミー自体が次なるクロスオーバー"Wrath of the First Lantern"の序章に過ぎないので、 話は盛り上がる一方でちっとも終息していきませんね。

というわけで、まだまだブログの読者の方にはお付き合いいただきます。

グリーンランタン #16
(作:ジェフ・ジョーンズ、画:ダグ・マーンケ)

****************
ピンチのバズを救った男(?)、彼はサラーク(前回の紹介ではサララックと書いてました。完全なる勘違い。あぁ恥ずかし)の命を受け、地球までハルを探しに来たリス型宇宙人バッジであった。
バッジは戸惑うバズを落ち着かせ、グリーンランタンとしてのいろはを教える。
20130211_01.jpg

バッジの教えをうけ、グリーンランタンの責務を果たすことを決意するバズ。
しかし、地球を離れる前に彼にはしなければいけないことがあった。

バズがバッジを連れて向かった先、そこはバズの親友にして義弟でもあるナジールの病室であった。
バズと共に行った公道レースでの事故により昏睡状態におちいった義弟、バズは事故の原因は自分にあると自身を責め、地球を離れる前にどうしても指輪の力で義弟を癒したかったのだ。

「思い描いたものは何でも実現できる」バッジからそう説明を受けたバズは、指輪の力で義弟を包み込む。
しかし、義弟は一向に意識を回復するそぶりを見せない。

バッジ:すまない。リングの力にも限界はある。
    :リングの力をもってしても、死者をよみがえらせることと病気を治すことはできないんだ。


しかし、バズは義弟に力を注ぐことを止めるどころか、さらに意志の力を振り絞る。
20130211_02.jpg

バズ:魔法の指輪、空飛ぶ超人、エイリアン、この2日間で今までなら信じられないものを目の当たりにした。
   :それなのにどうして「指輪には限界がある」なんて事だけを信じることができる?
   :俺の望み、それはこいつを助けることのみなのに。
   :この男を。
   :妹の旦那を!
   :甥っ子の父親を!
   :俺の親友を!!


力を出し切り、崩れ落ちるバズ。

バッジ:本当にすまない。だが...
ナジール:…いったい何があったんだ?


意識を取り戻したナジール。
バズは、今まで誰も成し得なかった"緑の力で人を癒す”ことに成功したのだ。

バッジ:なんてこった。ハルやシネストロですらやれなかったことを、お前はやっちまったんだぜ?
    :もしかしたら、お前は思った以上の大物になるのかもな。


その時、つけっ放しだった病室のTVに「ガイ・ガードナー捕まる」のニュースが流れる。

バッジ:ガイが地球にいるだって?バズ、どうやら地球を離れる前にやらないといけないことができたようだ。
20130211_03.jpg


場所は変わって、死後の世界のハルとシネストロ。
ハルは自らを友と呼ぶフードの男を問い詰める。

ハル:お前が「俺の事を信じろ」というならば、そもそもお前が何者か名乗るべきじゃないのか?
フードの男:もっともだな。私はお前が初めて出会ったグリーンランタンだった。
      :そしてシネストロ、お前に殺されたのだ。

      :私はトマ・レー。我々はファーストランタン"ヴォルゾーム"の計画を阻止しなければならない。
20130211_04.jpg
****************

最近、ブログにかけられる時間が減っているせいもあり、なかなか紹介が追いつきません。
はたして、管理人は今回のクロスオーバーを全て紹介できるのか!

【宣伝】
グリーンランタン系の話が追いたければ、とりあえずハル&シネストロが主人公のGreen Lantern誌とガイとジョン・スチュアートが主人公のGreen Lantern Corps誌を抑えるのが基本でしょう。
(私は後者はクロスオーバーまで読んでませんでしたが。)



また、多少ランタンサーガの中心からは外れるのかもしれませんが、New Guardians誌は、橙色のラフリーズや黄色のアーキロなど登場キャラのバラエティに富んでいるので、お勧めです。


ちなみに今回のラストで現れた"トマ・レー"ですが、彼が言及した「ハルとトマ・レーの出会い」については、翻訳本が出ています。グリーンランタンのオリジンを現在の設定にそって語りなおしたものなので、未読の方はどうぞ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

〉チーズファミリーはシャザム!ファミリーになるかもしれないですね



まさかトマー・レーが来るとは・・・驚きです
トマー・レーについてはあまり詳しくないのでDC大辞典を読み返してみようかなと思います
バズの回復能力もカッコいい設定でいいですね

No title

リスは大きいとリアルすぎて、顔が怖いですね。
話は変わりますが、先週CSが無料放送だったんですが初めて「ヤング・スーパーマン」を観たらザタンナ(ザターナ)がゲストで登場しました。(原作と同じセクシーなタキシード衣装)
コミコンが舞台だったので、ロイス・レインがスターウォーズのストームトルーパーやアマゾン族の衣装(ワンダーウーマンの兜と鎧姿)のコスプレをしていました。

No title

こいつが愛らしいチップのかわりに登場したリス型ランタンか……。
あまり可愛くないな。

>初心者さん
トマ・レーは驚きでした!しかも他にもフードの男がたくさん出てきたので、死んだキャラの大量登場がありそうな雰囲気です。

>サイ吉さん
ザターナ登場ってまじですか?
しかもコスプレ。自分、スモールヴィルは殆ど観ていないのですが、やたらと評判良いですよね。
グリーンアローもスモールヴィルでの人気がドラマ化に繋がったって噂も聞きますし。

>Muguさん
確かにアップにするとちょっと怖いですよね。
ちなみに彼のおかげで「地球のリスも高い知能と豊かな精神性を備えているが、人間が彼らの知性を認識できる段階にきていない」と言うことがわかりました(笑)
プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター