Justice League #14

最近、更新をさぼっているうちに、書かなければいけない宿題がごろごろとたまってしまいました。
というわけで、しばらくは駆け足進行で……

Justice League #14
(作:ジェフ・ジョーンズ、画:トニー・S・ダニエル)

チーターの呪いを受け、自らもチーターへの変貌を遂げたスーパーマン。
リーグに襲いかかる彼を止めたのは、突然、ジャングルに鳴り響いた角笛の音であった。
角笛の持ち主は古くから"狩りの女神"を信仰する部族であり、彼らは狩りの女神の代行者であるチーターを止める術を知っていた。

とりあえず、スーパーマンの処置をサイボーグとバットマンにまかせチーターを追うリーグ。
彼らはアクアマンの指揮の元、見事チーターを捕まえることに成功する。
201201208_01.jpg


一方、"狩りの女神"を信仰する部族は、バットマンに知られざるチーターの正体を伝える。

本来、"狩りの女神"は部族の守護神であり、チーターとは部族の勇者が継承する彼らの守り手であった。
しかし、先代のチーターは、魔具"ゴッドスレイヤー"で世界中の神々を狩る男により、殺されてしまう。
そうして失われたチーターであったが、やがてミネルヴァとして再び姿をあらわす、同じく失われていたゴッドスレイヤーと共に。
部族はバットマンたちに告げる「チーターがミネルヴァを堕落させたのではない、ミネルヴァがチーターを堕落させたのだ」と。

その後、チーターをDC世界の超人用刑務所ベルレーヴに収容したリーグは、部族の言葉が事実であることを知る。
そもそも、ワンダーウーマンの親友バーバラ・ミネルヴァなる人物は存在せず、彼女は顔と名前を変えながら裏世界を渡り歩く国際的犯罪者の仮面の一つにすぎなかったのだ。

チーターは独房で呟く。
「命令通りベルレーヴに侵入した。これよりブラックマンタの到着を待つ。通信終了。」
201201208_02.jpg

一方、自分が人類社会で初めて感じた友情が、偽りの物だと知ったワンダーウーマン。
そんな彼女を慰めようと、スーパーマンはワンダーウーマンに自らの故郷スモールヴィルを案内する。
親切な老夫婦が切り盛りするダイナー、自分の生家である農場、一通り案内した後でスーパーマンは語りかける。

スーパーマン  :これが自分がスーパーマンでいる理由さ。
ワンダーウーマン:"スモールヴィルを守ること"が?
スーパーマン  :"スモールヴィルのような場所を守ること"がだよ。
ワンダーウーマン:私も昔は、シンプルにそう思えたのに。。。
スーパーマン  :物事はいまもシンプルなままだよ、まるでスモールヴィルのようにね。

201201208_03.jpg


そんなスーパーマン達に盗聴器をつけ、監視する影、その影の持ち主は
201201208_04.jpg
ってバットマンさん何してるんですか(笑)?

それにしても今回気になったのがアクアマンの活躍、宿敵ブラックマンタが今後の伏線に使われたり、OthersのメンバーYAWARAが言及されたりして、今後アクアマン誌の展開とも絡んできそうです。
そういえば管理人は#12以降、何となくアクアマンを読んでないや。これは予習しておかなければ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

何て野暮な事を(笑)ホントに他人を信用してないですね、ブルースは...。

No title

チーターとブラックマンタが手を組んでいるなんて、珍しい組み合わせですね。
スーパーマンとロイス・レーンの関係は、発展していないんでしょうかね?

No title

自分も読んだ時、最後のシーンで大笑いしました。
既にバットマンは全員のことを調査済みなんでしょうけど、
実際に見ると流石にちょっと引きますよね。

Re: No title

>>カーズさん

この時の、バットマンの気持ちを答えよ。

①:困ったことになった。世界のパワーバランスが...
②:困ったことになった。トレバーがこのことを知ったら...
③:僕のダイアナが...
④:僕のクラークが...

Re: No title

>>サイ吉さん

> チーターとブラックマンタが手を組んでいるなんて、珍しい組み合わせですね。
チーターもブラックマンタも誰かに雇われているだけで、さらにその上に黒幕がいそうな雰囲気です。
Justice Leagueの初めのアークのラストで出てきた"スーパーヴィラン"っぽいですね。

> スーパーマンとロイス・レーンの関係は、発展していないんでしょうかね?
Action Comicsを読んでいると、どうもスーパーマンとロイスの関係はケント夫妻の死亡と同様、悪の5次元人VYNDKTVXによって意図的に改ざんされたようです。

現在Action Comicsの話が終わった時に、これらの設定が元に戻されるかは不明ですが、クラーク・ダイアナ・ロイスの三角関係というのもなかなか面白そうですね。

Re: No title

>>こたつさん
コメントありがとうございます。

自分もこのシーンでは思わず笑ってしまいました。
この調子で他のヒーローも調べてるんだと思うと、まさにパラノイアですよね。
プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター