Justice League Dark #13-Annual

ジャスティス・リーグ・ダーク #13-Annual
(作:ジェフ・レミーレ、画:マイケル・ジャナン)

ごめんなさい。今回はストーリー説明はすっ飛ばして、面白かったシーンだけ。

【手癖の悪いことに定評のある…】
前回の最後ファイアトロールの王ブラックボリスと相対したコンスタンティンとブラックオーキッド。
しかしあわてず騒がず、懐から小さな鳥かごを模型をとりだすコンスタンティン。
コンスタンティン:ラッキーだな。ブラックルームからちょろまかした魔具の中に「妖精の檻」があったんだった。
201201111_01.jpg

トロールも妖精の一種ということであわれブラックボリスは檻の中に…
トレバー大佐、この後でもう一度コンスタンティンをブラックルームに招待する約束なんですけど、ホントにいいの?

【コンスタンティンとザターナ】
地獄から甦り、コンスタンティンとザターナに復讐を誓うニック・ネクロ。
コンスタンティンの命と引き換えに、ニックに自らの身を差し出すザターナ。
引きとめるコンスタンティンにザターナが最後の別れを告げる。
201201111_02.jpg

べたな展開ですが、グッときます。
ところでヴァーティゴの『ヘルブレイザー』ではコンスタンティンは結婚済みですが、こちらの世界ではフリーなのかな?


【ゲスト】
今回のストーリーアークの最終話であったAnnualには大団円に相応しく、2人のキャラがゲスト出演しました。
1人目は、先日打ち切りが決まった"DC版ヘルボーイ"こと『フランケンシュタイン:エージェント・オブ・シェイド』の主人公、フランケンシュタイン。
201201111_03.jpg

もう1人は10月から始まった新タイトル『ソード・オブ・ソーサリー』の主人公、アメジスト。
201201111_04.jpg

今回、終了したタイトルの受け皿にも、開始するタイトルのお披露目にも使われたというあたり、JLDの人気の現れでしょうか?(売上ランキング的には"まあまあ"といったところですが。)

あっ、ちなみに#10でコンスタンティンに愛想を尽かしてチームを去った吸血鬼アンドリュー・ベネットですが、コンスタンティンの予告通り、無理やり呼び出され協力させられてました。

【次号】
というわけで、いろいろあって(主にコンスタンティンの騙しのテクニックによって)ニック達を倒しBooks of Magicを手に入れた一行。
Books of Magicの所有者たることが運命づけられた"約束の子"ティモシー・ハンターがついに、伝説の本を開く。

しかし、表紙を開くとそこには魔術とはかけ離れた、異世界の機械が埋め込まれていた。
Books of Magic:ヨウコソ。マスター・ハンター
          :コレヨリ、帰還ノ準備ヲ開始シマス。シバラクオ待チクダサイ。

201201111_05.jpg
突如現れた光のゲートに呑み込まれるティモシー少年とそれを止めようとするザターナ。
光が消えた後、二人の姿は消えていた。

次回のタイトルが「The Death of Magic」ということで、どうしても死神デスの登場を期待してしまう管理人です…

【ヘルブレイザー終了、そして…】
Vertigoレーベルで長年刊行されているコンスタンティンが主人公のコミック『HELLBLAZER』が来年2月に刊行される#300で遂に終了します。

そして翌3月から新たにNew52に加わる新タイトルの主人公が


201201111_06.jpg
コンスタンティン!
というわけで、コンスタンティンのファンはとりあえず一安心と言えそうですが、実際のところどうでしょうか?
HELLBLAZERは、DCの大人向けレーベルであるVertigoで連載していた強みを活かしたハードなストーリー展開も魅力の一つでしたが、New52に加わることでその魅力が損なわれないか、心配している方も多そうです。

実は、管理人はなんだかんだ言って、そこまで熱心にHELLBLAZERを追いかけていたわけではないので、
「コンスタンティンの個人誌を読み始めるいいきっかけになるなぁ。」
くらいの感想ですが。
ただ、コンスタンティンの結婚や、バイセクシャルの設定は無かったことになりそうだなー
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。コンスタンティン、くすねた物がすぐ役立つとはラッキー過ぎる…。
バーティゴレーベルの方ってまだNewユニバースには融合してないんですか?

デスとかがJLDに出てくるとエンドレス達もそのまま連なって出てきそうですね…。ドリームが一番キャラ的にも絡めやすそう。

No title

アニマルマンで連載中の「ロット・ワールド」は、並行世界で悪魔に支配された地球で、ブラック・オーキッド等の生き残った少数のヒーローが、どうにかして元の世界に戻そうとするストーリーが面白いですよ。

Re: No title

>>カーズさん
コメントありがとうございます。

> こんばんは。コンスタンティン、くすねた物がすぐ役立つとはラッキー過ぎる…。
> バーティゴレーベルの方ってまだNewユニバースには融合してないんですか?
コンスタンティンの人気のなせる業なのか、それとも「そもそもリランチ直前にアニマルマンやスワンプシングは刊行中のタイトルがなかった」という単純な理由なのかは分かりませんが、ヘルブレイザーだけはバーティゴレーベルで出続けてたんですよね。
>
> デスとかがJLDに出てくるとエンドレス達もそのまま連なって出てきそうですね…。ドリームが一番キャラ的にも絡めやすそう。

来年の新作に向けてJLDで彼らがお目見えするのは間違いないと思っているので、後は早いか遅いかだけですね!

Re: No title

>>サイ吉さん
いつもありがとうございます。

> アニマルマンで連載中の「ロット・ワールド」は、並行世界で悪魔に支配された地球で、ブラック・オーキッド等の生き残った少数のヒーローが、どうにかして元の世界に戻そうとするストーリーが面白いですよ。

ロット・ワールドってブラックオーキッドも出てるんですか!

今回のJLDで「ブラックオーキッドの変身能力は"赤"に関連する力。実は彼女は"緑"の力で植物を操ることもできる。"赤"と"緑"の力を両方操る彼女はいったい何者なのか?」という伏線がはられていたのですが、この伏線はロットワールドの方で拾われそうですね。
プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター