スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Earth 2 #1

アース2 #1
(作:ジェームス・ロビンソン、画:ニコラ・スコット)

*********
DC世界の”今”から5年前の世界。
突然地球に現れ侵略を始めたアポコリプス軍、しかしそれに敢然と立ち向かうヒーロー達の姿があった!
…と、Justice Leagueと全く同じ幕開けで始まるEarth2ですが、この世界は本来のDCユニバース(Earth1が正式名なのかな?)とは微妙に異なる部分があり、そのせいかその後の展開もJustice Leagueとは異なり悲劇的なものでした。
20120510_01.jpg

まずは二つの世界の違いを簡単に列挙。

・ロイス・レーンはアポコリプス軍の侵攻の中で命を落とし、スーパーマンに深い後悔を残す。
・パラダイスアイランドのアマゾン達はワンダーウーマンを残し全滅、ワンダーウーマンはアポコリプス軍に復讐を誓う。
・アクアマン、フラッシュ、サイボーグ、グリーンランタンは存在せず、代わりにスーパーガールとロビンが、アポコリプス軍と戦っている。
・ちなみにロビンは女性であり、なんとバットマンの娘。
・アポコリプス軍は電撃作戦に成功し、各地に橋頭堡を建設。戦いは人類とアポコリプス軍の全面戦争の様を呈している。

このように絶望的な雰囲気が世界に蔓延する中、バットマンは逆転の鍵となる新兵器を開発する。
それは、アポコリプス軍の拠点をターゲットにするコンピューターウイルス。
ひとたびアポコリプス軍のネットワークに侵入させれば、瞬く間に世界中の拠点を無力化するそのウイルスは、まさに起死回生の一手であった。

しかし、そのためには、バットマンが拠点内でウイルスを仕込んでいる間、誰かが囮となって、拠点内の全てのパラデーモン達を相手にしなければならない。

自殺行為といえるその作戦に自ら囮役を買って出るスーパーマンとワンダーウーマン。
こうして、人類の存亡をかけた作戦がついに始まった。

作戦通りパラデーモン達の気を引くことに成功したスーパーマン&ワンダーウーマンは、雲霞のように押し寄せる敵を次々と倒していく。

無敵に見えた2人にも段々と疲れの色が見えてきたそのとき、突如ワンダーウーマンの胸が槍で刺し貫かれる。
20120510_02.jpg
アポコリプス軍の司令官ステッペンウルフがひっそりと背後にワープしてきていたのだ。

そのまま倒れるワンダーウーマンに駆け寄ろうとするスーパーマンしかし、その隙を突かれて、スーパーマンもパラデーモンの自爆攻撃に巻き込まれ、消滅。
(なのかな?見方によっては何処かに連れ去られたようにも見えます。)

20120510_03.jpg


そのころ、バットマンは2人が命を懸けて作り出した隙を利用し、拠点への侵入に成功していた。
アポコリプス軍のコンピューターにウイルスを感染させながら、愛娘ロビンに無線で語りかける。

「伝えていなかったが、この拠点には防御装置が付いている。」
「私のウィルスが感染した瞬間、それが作動し、拠点は自爆するだろう。」
「勇敢で素敵な我が兵士よ、私のために生き延びてくれ。愛しているよ。」

20120510_04.jpg


バットマンのウイルスは見事に作動し、各地の拠点は自爆。アポコリプス軍は地球侵略の足掛かりを失い、地球は危機を脱した。

しかし、3人の偉大なヒーローを失った代償は大きく、世界は”スーパーヒーローの時代”を迎えることなく5年の月日が流れた…

*********

というわけで始まったEarth2、その趣旨を乱暴に言ってしまえば、「リランチで消えてしまったJSAを別アースで活躍させよう。」と言ったところでしょうか?
今回はJustice Leagueメンバーの最初で最後の戦いに焦点があたりましたが、次号以降は”新世代ヒーロー”であるJSAに焦点があたっていくはず。
今月号にも後のJSAメンバーが登場してますので、簡単に紹介。

20120510_05.jpg
アラン・スコット(後のグリーンランタン)
美人秘書を侍らせながら、社長業にいそしむ男前。

20120510_06.jpg
ジェイ・ギャリック(後のフラッシュ)
学校卒業を機に彼女から「あなたといるのは楽しいけど、将来性がない人とは。。。」と三行半を叩きつけられ傷心の若者。


20120510_07.jpg
アル・プラット(後のアトム)
いさましいチビの米国軍人。5年前のアポコリプスとの戦いにも参加。

・・・若い!!

いや、JSAって”年寄りヒーローが「まだまだ若い物には負けん!」とばかりに頑張る”というイメージだったので、この若さにはびっくりです。

個人的にはJSAはそのうち(パンドラが中心になるらしい来年のDCのイベント"Trinity War"辺りが濃厚かな?)、
アース1に復帰するのでは?と思っているのですが、これでは、アース1のヒーローチーム達との差別化が難しいのでは?と先走り過ぎな心配をしてしまいます。
心配事といえば、いままで初代フラッシュ、初代GLと呼ばれていたジェイとアランの呼び方も心配ですね。

ちなみに、スーパーガールとロビンは、アポコリプス軍壊滅のさなか、謎のブームチューブに飛び込み行方不明に。
彼女たちの冒険は、同じく先週発売した新タイトル"World Finest"にて続きます。
そう。いままでDC世界の"ワールドファイネスト"といえば、言わずと知れたスーパーマン&バットマンだったのですが、リランチ後はパワーガール&ハントレス(異世界に飛ばされて、スーパーガール&ロビンから改名)なのです!!

つまりは、、、、

20120510_08.jpg
20120510_09.jpg

これがWorld Finestだということ。
確かにタイツのおっさん二人より。断然、説得力がある!まさに世界最高峰!!



そして、栄えあるWorld Finest#1の表紙がこれだ!!
20120510_10.jpg


…いや、ジョージ・ペレス好きですよ自分も。
でも世の中には適材適所ってものが・・・

なによりも"穴"がない…
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。