ジャスティスリーグ #40

ジャスティスリーグ #40
(作:ジェフ・ジョーンズ、画:ジェイソン・ファボック他)

DC世界の神ニューゴッズの1人、メトロン。
マルチバースの観測者として、時空を超える神の椅子"メビウスチェア"に鎮座したままその務めを遂行する彼は、マルチバースの危機を察知し、旧友を訪ねていた。
20150704_01.jpg

メトロン:久しいな、メビウス
メトロンがメビウスと呼びかける存在。彼こそはマルチバースの破壊者にして『クライシス・オブ・インフィニティアーシズ』の元凶アンチモニターであった。

アース3を喰らい再び力を集め始めたアンチモニターに対してメトロンは、クライシスの再現を止めるように要請する。
『クライシス・オブ・インフィイティアース』、『ゼロアワー』、『インフィニットクライシス』、『フラッシュポイント』と、短期間で繰り返される破壊と再生成によってマルチバース自体が限界を迎えており、次のクライシスを乗り越えることは難しいのだと。
20150704_02.jpg

世界の破壊者というアンチモニターに与えられた宿命に共に抗い、彼が元の姿に戻れるように最大限の協力を約束するメトロン。

しかしかつて自身も世界の観測者であり、メトロンの前任者であったと思わしきアンチモニター・メビウスは、メトロンにはそれだけの力がないことを看破し、彼の申し出を拒否。
"かつての姿"に戻るための手段は、既に見つけていることを告げる。

20150704_03.jpg
メトロン:お前が進もうとするその道には、ダークサイドの怒りが待っているのだぞ!

半ば脅すようにダークサイドの名前を挙げるメトロン。

アンチモニター:それこそが我が望み。ダークサイドの死こそが全ての鍵なのだ。
そしてお前は目撃することになる…
「ニューゴッズの時代」が終わり、「アンチゴッズの時代」が始まるのを!


メトロンの脅しを一笑に付すアンチモニター。そしてその陰から、フードの女が姿を現す。

20150704_04.jpg

謎の女:そうよ、メビウス。私の父に死を! ダークサイドに死を!

******************
というわけで、6月にはじまったジャスティスリーグの新ストーリー『ダークサイドウォー』の予告編の紹介でした。
今回の『ダークサイドウォー』を、DC社は「New52開始から続くジャスティスリーグの物語のクライマックス」と位置づけており、そのスケールは上記の通りかなりの物。
20150704_05.jpg

通常ならば「フォーエバーイービル」に続く大イベントとして、様々な関連誌を刊行して全社を挙げて盛り上げていってもおかしくない内容なのですが、「イベントではなく各誌それぞれでの読書体験の向上をはかる」というDCの方針を反映し、敢えてジャスティスリーグ誌のみで展開する模様です。
(ここら辺の経緯はこちらを参照)

実は既に本編に当たる#41は刊行されているのですが、こちらがもう抜群の出来栄え!
英語も非常に簡単ですので、これを機に原書に手を出すのも良いのではないでしょうか?

【宣伝】
今月発売のアメコミでなんといってもお勧めしたいのが「フォーエバー・イービル」。NEW52始まって以来の大型イベントとなった本誌は、まさに"NEW52の最初の頂点"と言う言葉が似合う面白さです。
また面白さといえば、裏世界にその名をとどろかせる暗殺者養成学校を舞台にした青春コミック「デッドリー・クラス」もかなりの物。(こちら一般書店には並ばない商品になっています)


また映画アベンジャーズ2の公開を前にしてか、マーベル系列のラインナップも凄い。
「A+X:アベンジャーズ+X-MEN=最強」と「AVX:アベンジャーズ VS X-MEN VS」は、共にアベンジャーズとX-MENの共演をモチーフにし、前者は"共闘"、後者は"闘争"がテーマとなっています。通常のコミックの半分の長さの短編で、人気キャラどうしの掛け合いが楽しめるので、個人的にはかなり楽しみ。
「エイジ・オブ・ウルトロン コンパニオン」は、マーベルのイベント「エイジ・オブ・ウルトロン」の関連誌を集めた物。


そして、前述の「デッドリークラス」だけでなく、非ヒーロー系のコミックが多数発売されるのも今月の特徴。
管理人のお勧めは「サーガ 2」。先月発売された1巻を貪るように読んだのですが、"米国で一番売れているコミック"の異名は伊達ではありませんね!
また人気作家ジョー・ヒルの「ロック&キー」や、マーク・ミラーの「キングスマン:ザ・シークレット・サービス」なども発売され、ヒーロー物以外の話題作も着実に翻訳される流れができているようで、ファンとしては嬉しい悲鳴です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター