スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[海外マンガフェスタ2014]マット・フランク氏来日!!

11月23日に同人イベント「コミティア」の一角で開催される、アメコミ・BDをはじめとする海外漫画文化の祭典「海外マンガフェスタ」。

このイベントに参加しアーティストアレーに出店予定のマット・フランク(Matt Frank)氏を紹介させていただこうと思います。
profilepic.jpg

IDW社を活動の拠点としているフランク氏の特徴は何と言っても、"怪獣オタク"であること!
mat_3.jpg
彼がメインアーティストを手掛ける「Godzilla:Rulers of Earth」は、モスラやラドンといった人気怪獣は勿論のこと、ジェットジャガーや、サンダ&ガイラ、エビラといったマイナー怪獣が縦横無尽に暴れまわるその内容が日本の特撮好きの間でも「オタク過ぎる!」と、評判となっているもよう。
また、米国発売の怪獣カードゲーム(コンピュータ版もあり)「Colossal Kaiju Combat」のキャラクターデザインを務めるなど、まさに「米国で怪獣といえばこの人」といっても過言ではない、怪獣アーティストです。

mat_1.jpg
(ちなみにこのアート、歴代のゴジラを描いているそうなのですが、ゴジラに暗い私にはどれがどれやらさっぱりです・・・)

また彼はゴジラだけではなくSF映画全般の造詣も深く、映画関連の版権を多く持つIDWの秘蔵っ子として「トランスフォーマー」や「マーズアタック」など様々な作品の担当をしています
mat_2.jpg
mat_4.jpg

20141112_1.jpg
中には「マーズアタック:トランスフォーマーズ」なんていう作品も…

そんな彼ですが、今回の海外マンガフェスタでは、
・自身の担当した『Godzilla: Rulers of Earth』、『Transformer』の販売
・映画『Godzilla(2014)』をテーマとしたスペシャルポスター含む各種プリントの販売
・余裕があれば何点かの当日コミッションの受付
とのこと。

また「可能であればプレオーダーも受け付ける」とのことですので、興味のある方は直接フランク氏(mattzilla1985”アットマーク”gmail.com)に連絡を取ってみてください。
ちなみにプライスリストは以下のとおりとのこと。
 ・ヘッド/バスト:\6,000
 ・全身:\12,000

ヒーロー畑だけではなく、映像原作系からも多数のアーティストが参加する今年の海外マンガフェスタ。
当ブログでも極力情報を収集し、こちらのページで情報展開を行っていく予定ですので、盛り上がって行きましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。