DC個人誌待ちキャラクターリスト

今回は「DC個人誌待ちキャラクターリスト」と題しまして、リランチ後に再登場が匂わされ個人誌の開始が期待されながらも、なかなか個人誌の開始がアナウンスされないキャラクター達を軽く紹介します。
(ちょっと手抜きです)

【SHAZAM】
ジャスティスリーグ誌の巻末コミックとして好評を博し、続くトリニティ・ウォーでは物語の発端となるキーパーソンとして扱われ、最近では遂にジャスティスリーグの正式メンバーとなったシャザム。
20140629_01.jpg
ぶっちゃけ2年くらい前から、新刊が発表されるたびに個人誌開始を期待しているのですが、これがなかなか・・・
来年2015年は生誕75周年のメモリアルイヤーということで、個人誌開始には申し分ない状態なので、そこに期待!

【ドゥームパトロール】
フォーエバーイービルでちらりと登場しながらも、そのメンバーが"史上最も不人気なドゥームパトロール"とニュースサイトで揶揄されるくらいファンから愛されていない70年代バージョンを元にした物であったため、悲鳴が上がっていたドゥームパトロール。
20131223_3.jpg
しかし、無事(?)この不人気バージョンのパトロールはクライムシンジケートにやられ全滅。
先日、人気のあるモリソン期をベースにした形で再登場しました!
(14/7/3追記)
一部キャラのコスチュームがモリソン期なだけで、メンバー自体は60年代のオリジナルメンバーだそうです。

20140629_05.jpg
ここら辺さすが熱心なファンの方が「"全滅"で始まり、"全滅"で終わる」と評するだけあります。
(それにしてもかませ犬にされた旧メンバーが哀れ…)

個人誌の獲得は不明ですが、ジャスティスリーグの最新のお話しで活躍しそうな雰囲気です。

【プラスチックマン】
伸縮自在の身体とその軽薄な性格で、DC界のギャグ担当であったプラスチックマン。
こちらもフォーエバーイービルにて、「シンジケートによるスーパーヴィラン解放で商売あがったりの"まっとうな"マフィア」として登場し、オウルマンの襲撃により能力に目覚めそうな描写がされました。
20140629_02.jpg
ちなみに、プラスチックマンに関しては、リランチ後に開始された「ジャスティスリーグ・インターナショナル」にて、1コマだけ登場し、既にヒーローとして活躍しているような描写もありましたが、そんな細かいことは忘れましょう(笑)
20140629_04.jpg


【ブルービートル】
といっても、New52開始直後に個人誌が始まった3代目のハイメくんではなく、ブースターゴールドとのデコボココンビで有名なテッド・コードの方。
20140629_03.jpg
こちらはフォーエバーイービルの最終話で、若き天才発明家として登場。レックス・ルーサーの後見の下で家業を継ぎ、コード社のCEOとなりました。

相棒のブースターゴールドは、スーパーマンとワンダーウーマンが付き合ったことで(?)歴史が変わり、この世界から消えてしまっていたのですが、今年の10月に遂に個人誌を獲得と共に復活するようなので、そちらで活躍すると予想。
20131223_6.jpg
(また張ってしまった…)
ちなみにブルービートルは今年が生誕75周年記念だったりします。
あれ?特別アニメや祝福バリアントカバーが作られたスーパーマンやバットマンと比べると、お祝い度合いが低いような(笑)

【メタルメン】
同じくフォーエバーイービルで華々しいデビューを飾ったメタルメン(活躍の詳細はこちら)
20140322_06.jpg
そのデビュー戦で彼らの事が一気に気にいった管理人ですが、各種サイトをみていると同様の人は多そうですね。
ジェフ・ジョーンズ氏のインタビューでは「サイボーグ&メタルメン」として企画進行中とのことなので、発表に期待。

以上、「DC個人誌待ちキャラクターリスト」でした。
今回紹介したのは、管理人が把握しているキャラだけですので、他にも色々といそうな雰囲気はあります(ワンダーウーマン誌に途上したらしいオライオンとかね。)
それにしても、これだけ魅力的なキャラクターが舞台脇に控えているのですが、DCが直近で発表したタイトルは
20140629_06.jpg
「STAR-SPANGLED WAR STORIES FEATURING G.I. ZOMBIE」

全国のSTAR-SPANGLED WAR STORIES FEATURING G.I. ZOMBIEファンには申し訳ないですけれど、何故このタイトル…

【宣伝】(使い回し)
そして翻訳本。
もうこちらはたくさんあり過ぎて全部紹介するのを諦めました(笑)
オリジナル・シンで陰影の効いた美麗なアートを見せてくれるマイク・デオダートJr。じつは今月発売の『ダークアベンジャーズ:アセンブル』も担当しています。
オリジナル・シンの絵も非常に素晴らしいですが、彼のアートが一番魅力を発揮するのは自身がインカーも務めたときですので、そういう意味でもダークアベンジャーズはお勧めです。
また先日、映画「Superman V Batman」への登場も決定したアクアマンがメインを張る「ジャスティス・リーグ:ジャスティス・リーグ:アトランティスの進撃」も今月発売です。こちらはアクアマンの宿敵オーシャンマスターのリランチ後デビューにもなっています。ジェフ・ジョーンズの手によって、"悲劇の美系悪役"に生まれかわった彼の活躍を是非!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私のやって欲しいのは

個人的にはドクターフェイトの個人誌がやって欲しいですね。ケント・V・ネルソンの時にはライターの重病(その後お亡くなりに・・・)の関係でミニシリーズ扱いだし、個人誌作ってもイマイチな事が多いですからねぇ・・・。後はハルが依代の時に個人誌のあったスペクター、先ほど挙げたドクターフェイトとEARTH2でひとまとめ扱いでリランチ前もJSAでひとまとめだった初代フラッシュや初代グリーンランタンの個人誌がみたいですね。

いつもアメコミ記事を書いてくれて、ありがとうございます。楽しく読んでいます(=゚ω゚)ノ

今日、アトランティスの進撃を買ったのですが、33ページに翻訳不能部分がありました。
フラッシュが逃げたチーターを見つけた次のパネルで、族長のような人のセリフです。
英文では何と言っていたか教えてくれませんかm(_ _)m?

Re: 私のやって欲しいのは

>>星羅さん
たしかにアース2は非常に人気が高いのに、各キャラの個人誌ってないですね。
今後、アース2の世界自体がどうなって行くかは不明ですが、ここら辺は強化してもらいたいものです。

Re: タイトルなし

>>レイさん
コメントありがとうございます!

ご質問の件ですが、英文でも同じく"<UNTRANSLATABLE>"です。
つまり、「サイボーグの自動翻訳機能では翻訳不可能な、部族独自の概念」を族長さんは語ったってことだと思われます。

そうだったのですかΣ(゚д゚lll)!

てっきりミスかなと思っていました。丁寧な解説ありがとうございますo(^▽^)o
プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター