フォーエバー・イービル #5-6

Forever Evil #5-6
(作:ジェフ・ジョーンズ、画:画:デビッド・フィンチ)

ご無沙汰してます。4月に入ってから仕事がアホみたいに盛り上がってしまい、すっかり更新が疎かになってしまいました。
今回は久しぶりの更新なので、ゆるゆると。

遂に始まったクライムシンジケートとルーサー達の激闘。
しかし、いざ始まってしまうと我らがヴィラン達は


強い...
20140428_2.jpg


強い!
20140428_1.jpg


強い!!
20140428_3.jpg


あっという間に3人のメンバーを屠るルーサー達。
このイベントが始まってから、ずっと余裕綽々のシンジケートのメンバーばかりを見ていたので、ルーサー達の快進撃にはちょっと胸が躍ってしまいました(グロイですけれど)


そしてシンジケートの基地の奥深くに侵入したコールドとマンタは、シンジケートがアース3から連れてきた"虜囚"を見つける。
「なんだ?コイツは?」と、男の拘束を解くコールド。
20140428_4.jpg
遂に解放された"虜囚。

彼はかすれた声で、ある言葉を口にする。
その瞬間、黒い稲妻が走り……
20140428_5.jpg


**********

フォーエバー・イービルが始まってから、ファンの間で様々な予想が囁かれていた"虜囚"の正体が遂に明らかに!
彼の登場を予想していたファンは多かったのですが、そこはジェフ・ジョーンズ。
我々が予想もつかないひとひねりを加えてきました。

"虜囚"の正体に度肝を抜かれた管理人は、コミックを読みながら思わずリアルにうなってしまいましたよ(笑)
そして、この話が発売されたのは3月なのですが、完結編である#7は発売が遅れに遅れて、5月までお預け。
非道い!!


【宣伝】
5月も山のように新刊が出ます。
管理人は嬉しい悲鳴。

まずは「バットマン:ブラックミラー」。管理人は未見ですが、確か管理人が大好きなヴィランが誕生する話だったはずなので楽しみ。ライターは「梟の法廷」、「バットマン:エターナル」で居間をと決めるスコット・スナイダー!!


またヒーロー系ではありませんが、ハードボイルドコミックの金字塔「シンシティ」と、アラン・ムーアのファンタジー(?)「プロメテア」も発売されます。
「シンシティ」は今まで何回か翻訳はされているものの全巻がセットで翻訳されるのはこれが初めて!
これを逃すとあと20年は手に入れられないかも。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

虚像と実像を知る悪

更新ご苦労様です。自分も今年から社会人で色々不安に思います。
ところで皆さん強いですね。ブラックアダムがウルトラマンにボコられていたので苦戦するのかなと思いきやブラックマンタはジョークスター(あってますかね?もしくはジョーカー?)を、シネストロはパワーリングをコールドはジョニークイックを圧倒的にボコっていてびっくりしました。コールドとクイックに関しては足を砕いたというのは前のコマの絵を見た事があったので知ってたのですが、実際見るとすごいですね。ただこのふたりに関しては誰よりもフラッシュの事を尊敬しているコールドとコールドの事を尊敬せず、舐めていたクイックの差が明確にされていた感じがしました。そしてシネストロもパワーリングに対して圧倒的ですけどこれは恐怖の根源とも言うべきパララックスを支配しているシネストロとそれを跳ね除けたハル・ジョーダン、恐怖に支配され、それから逃れるためにリングの力を使うパワーリングと明暗が分かれてる感じがしました。コールドもシネストロも好きなのでこれからの活躍を期待したいです。後もう一人好きなブラックアダムはどうなったのでしょうか?個人的にはウルトラマンにリベンジでして欲しいのですが。

そして「虜囚」の彼ですが、あれってどうやって読めばいいのかわからないのとなんで彼があの名前を名乗っているのか気になる事がたくさんですね。

そしてウォーリーが帰ってきてとっても嬉しいです。ステファニーもエターナルで帰還し、ドナも何故かEARTH-2に行きそうなのでワンダーガールを名乗るのかなと思うのとアース2も10月で崩壊してアース1にお引越しらしいのでJSA好きの自分としてはこれからの展開を楽しみにしたいです。

Re: 虚像と実像を知る悪

>>星羅さん
いつもコメントありがとうございます。

>ジョークスター(あってますかね?もしくはジョーカー?)
実は彼は、"悪のアルフレッド"であるところのアウトサイダーさんとなります。
ジョーカーのような姿をしているのは、クライムシンジケートの先遣隊として、この世界でヴィランとして活動することを決めた際に、アース3で主人であるオウルマンと戦ったジョーカーの姿をまねたのではないかと思っています。

それと遂にウォーリーが帰ってきましたね!
ちょっと(いや、かなり)外見は変わってしまいましたが、今後、どんなキャラへと育っていくか、非常に楽しみです。

編集おつかれさまです

あっ、そうか。ジェフ・ジョーンズの脚本・構成だったか。そういえばいくつかこの人が担当した話、他にも読んだな。の

たしか「フラッシュポイント」もそうだったような?

本場アメコミではヴァイオレンス描写に定評のある人だ。

Re: 編集おつかれさまです

>notyouさん
そうです。「フラッシュポイント」もジェフ・ジョーンズの作品ですね。

とりわけヴァイオレンスが多いイメージはありませんが、一時期やたらと登場人物をさらっと殺していた時期があり、その印象が強く残っている方も多いようです(笑)
プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター