フォーエバー・イービル #2-3 その2

Forever Evil #2-3 その2
(作:ジェフ・ジョーンズ、画:デビッド・フィンチ)

【ヒーロー紹介】
20131208_7.jpg
前回の記事で予告したように、今回はクライム・シンジケートに立ち向かう"ヒーロー"達の紹介です。
(……が、クライム・シンジケートに比べるとこいつらはあまり紹介することないですね。)

(1)レックス・ルーサー(右)とビザロ(左)
20131223_1.jpg
ヒーロー不在の世界で、いち早くクライムシンジケートに対抗する動きを見せたのは、日ごろから「ヒーロー達のせいで、人類は自分たちの力で道を切り開くことを止めてしまった。」と独自のヒーロー不要論を展開し、来るべき日に備えて"道を切り開く術"を磨き続けていた男、レックス・ルーサーであった。

そんな彼の隠し玉の一つが、一滴のクリプトン人の血から彼が作り上げた、ビザロこと実験体"B-0"(ビーゼロ)。
困った時は「RRR...」と可愛らしく(?)誤魔化すのが得意。

(2)ブラックマンタ
20131223_2.jpg
アクアマンの宿敵であるトレジャーハンター。
父の仇であるアクアマンをシンジケートに殺されたブラックマンタは、生きる目的を失い抜け殻のようになっていたが、とある切っ掛けで、今までアクアマンに向けられていた破壊衝動と憎しみの矛先をシンジケートに向けるようになり、ルーサー達に合流する。

(3)ブラックアダム
20131223_4.jpg
シャザムとの戦いに敗れ、一度は、生まれ故郷カーンダックに遺灰を撒かれたブラックアダム。
しかしとある姉弟が唱えた呪文により、彼は再び復活することとなる。
「虐げられし者の代理人」としてあらゆる権力を否定するブラックアダムの次なる標的は、世界の所有者を標榜するシンジケート達であった。

(4)キャプテンコールド
20131223_7.jpg
一度はシンジケートの勧誘にのり、シークレット・ソサエティのメンバーとなったローグス。
しかし自分たちに下った「見せしめのためにセントラル・シティを壊滅させよ」という指令に、「クライム・シンジケートの命令より、"掟"の方が大事だ。」とあっさりと脱退し、シンジケートに反旗を翻す形に。

ちなみにNew52のローグスは「遺伝子組み換え装置の爆発に巻き込まれ、遺伝子が自分の武器と混じってしまった」というシルバーエイジの大らかさをリスペクトした設定となっているのですが、キャプテンコールドだけデスストームにより、冷凍銃の遺伝子を分離させられ、常人となりました。


【その他小ネタ】
多くの人が読む大型イベントだけあって、今後のDCの展開を匂わす小ネタが端々に出てくるのも、この作品の見どころです。以下は管理人が見つけた2つの小ネタの紹介。

(1)ドゥーム・パトロール登場
20131223_3.jpg
グリッドが世界中の監視カメラを駆使して、地球に残された抵抗勢力を調査するシーンに、ドゥーム・パトロールが映っています。

20131223_5.jpg
ドゥーム・パトロールといえば『生けるダダイズムの権化』とか『"相手が思いつかない全ての能力"を操る日本人』、『意識を持った街並み』のような、奇矯で概念的なキャラたちで知られた、復活を望む声が非常に多いタイトルです。
が、どうも今回再登場したキャラたちはそんなドゥーム・パトロールの独自性が花開いたモリソン担当以後ではなく、ファンから一番人気のない70年代バージョンを元にしているらしく、早くも世界中からブーイングが上がっている模様(笑)

(2)あの人も登場?
シンジケートに対抗するために、対スーパーマン用に開発したパワードスーツを装着するルーサー。
その時にルーサーが聞き逃せないことを呟きます。
ルーサー:このスーツを開発する為に32の企業を買収したが、まだ完成とは言い難い。
本来ならば"コード社"を買収して、そのフラッシュガンを兵装に組み込みたかったのだが……


コード社といえば、リランチ前に独特の"ゆるさ"で人気キャラのあった2代目ブルービートルの経営する会社。
相方のブースターゴールドも、「スーパーマンとロイスの子孫ではないか?」なんていう伏線が張られたまま、現在、存在が消滅したままとなっているので、2人そろっての登場が期待されます。

(ちなみに英Wikipediaの"ブロマンス"の項目では、ブロマンスの典型としてブースターゴールド&ブルービートルのコンビが例示されています。誰が載せたんだ(笑))
20131223_6.jpg


【宣伝】
「バットマン:アンダー・ザ・レッドフード」を読みました。真相も結末も知っているのに大満足の内容。
特に最後のレッドフードの独白にはグッと来てしまいました。再び彼に脚光があたる「バトル・フォー・ザ・カウル」も楽しみです。


また、原書でいえば10月のヴィラン月間の合本が遂に出ました。Forever Evilの前日譚となるお話も多いですし、基本的に短編集で読みやすいので、アメコミの悪役に魅力を感じている人は良いかもしれません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ドゥームパトロールは、アニメ版ティーンタイタンズやバットマンB&Bにも登場したチーム編成ですね。
でも、大口を叩いて気難しかったり面倒臭かったりして、可哀想なのでビーストボーイは早い所タイタンズに移籍してもらいたいですね。
そう言えばPS3とPS VITAの「リトルビッグプラネット」の有料ダウンロードで、NEW52版スーパーマンやスーパーガール、レックスルーサー等のコスチュームが発売してました。
MARVELキャラも売ってますが、好評だったら他の人気キャラも売るみたいですね。でも、ビザロやブレイニアックは人気・・・?

明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。今年も楽しみにしています。DCは翻訳本にグリーンランタンのリランチ版が決まったので早く欲しいですね。(後アンダーザレッドフードもレッドフードが好きなので欲しいです。)これでフラッシュリバースも翻訳して欲しいし、JSAも活躍してくれればいいのですが。

フォーエバー・イービルではブラックアダムとシネストロ、ルーサーが気になります。リランチ前はあまり知らないのですが、現在は圧政から弱き者を救おうと戦うブラックアダム、自分の好敵手にして友であるハルの歪んだ虚像が許せないシネストロ、独自の正義を持ち、自分の信念を貫こうとするルーサーなど魅力的なヴィランが多くて展開が楽しみです。

Re: No title

>>サイ吉さん
返信遅れてすみません、本年もよろしくお願いします。

恥ずかしながら、ドゥームパトロールについて私は全く知らないのですが、兎に角復活を望む声が大きいですよね。
わたしもツイッターなどでファンの方の語りを聞くうちに非常に興味が出てきました。

Re: 明けましておめでとうございます

>>星羅さん
返信遅れすみません。本年もよろしくお願いします。

ブラックアダム格好いいですよね。自分もリランチ前はほとんど知らないのですが、ジェフ・ジョーンズがリランチ後に書いたSHAZAMを読んですっかり気に入ってしまいました。
今回のイベントでは、悪役ながら1本筋の通ったキャラたちが主役をはっており、悪役好きの管理人としては嬉しい限りです。
プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター