Trinity War 直前のまとめ

今月からリランチ後初の大型クロスオーバー「Trinity War」開始ということで、関連誌の現状をまとめておきます。



【ジャスティス・リーグ】
新メンバーとして新たにエレメントウーマン、ファイアストーム、アトムの3人を迎えたジャスティスリーグ。
まだ経験の浅い3人に、早々と試練の時が訪れる。リーグの宿敵デスペロが、新人3名しかいないウォッチタワーに襲撃をかけたのだ。

宇宙最強レベルの催眠能力を操るデスペロになすすべもなくやられる3人。
しかしエレメントウーマン、ファイアストームが気を失った瞬間、突如として救いの手が現れる。

彼らをすくったのは...
20130701_3.jpg

ジャスティス・リーグ・オブ・アメリカのメンバー、マーシャン・マンハンターことジョン・ジョンズだった。
ジョン・ジョンズは圧倒的なテレパシー能力でデスペロを無力化すると、アトムに「私がここに来たことは他言無用だ。」と言い残し、その場から消え去る。

その夜、ARGUSの長官、アマンダ・ウォラーのオフィスにて…

アトム:もうこれ以上、あんなすばらしい人たちを騙すことなんてできない!
まるで悪人になった気分だわ。

トレバー大佐:君は悪人なんかじゃない。JLAの最重要メンバーだよ。
さぁ、もう一度、君の能力でエレメンタルウーマンの原子変換能力を制する方法を検討しよう。
それが終わったら、ファイアストームの事を報告してくれ。

20130701_5.jpg



【クリプトナイトの行方】
何者かの手によってバットケイブから盗まれデスペロの手に渡ったクリプトナイトの指輪も、無事リーグの下に戻りメデタシメデタシとおもいきや、戻ってきたクリプトナイトは、何者かによって僅かに削り取られていた...
20130701_4.jpg
スーパーマンに対抗する唯一無二の手段であるクリプトナイトを手に入れたのは、どこの誰なのか?



【リーグの死者】
#20で大団円を迎えたグリーンランタン。
特大号として発売された#20は、はるか未来の惑星オアにて、グリーン・ランタン・コァの語り部が、新人ランタンにハルやガイといった"伝説のランタン"達のその後を語るシーンで幕を閉じます。
その中に、気になる描写が...

語り部:ジャスティス・リーグのメンバーの死をきっかけに指輪を手に入れ、地球人最初の女性ランタンとなったジェシカ・クルズ。「あのジェシカ・クルツの教育を担当した」という点で、サイモン・バズの責任は重いと言わざるをえない。

20130701_1.jpg
って、リーグのメンバー死ぬの?個人誌を持ってるメンバーはなかなか殺せないだろうから、xxxあたり怪しいな。



【Secret Societyの謎の首領】
ジャスティスリーグに対抗すべく、アメリカ政府が組織したジャスティス・リーグ・オブ・アメリカ。
その最初の相手となった、Secret Society of Super Villainsの首領を、JLAはすんでのところで逃してしまいます。

その後、Secret Societyのアジトにて...

首領:JLAはSecret Societyの存在を知った。しかし奴らは我々の目的を知らん。
謎の男:それに私の存在もな。
首領:そうだな。知った時の奴らの顔が見ものだ...


よかった。まだまだ隠し玉がいるみたいで。いくらなんでも、1年以上引っ張ったSecret Societyのメンバーがあれだけなんて、読者が許しません!
20130519_1.jpg
また、このやたらジョーカーに似た首領にしても、名前が思わせぶりに伏せられていたり、自ら「ジョーカーが今のワシをみたら…」と言ったりしていて、まだまだ秘密がありそうです。
(バットマンの正体を知っていることを匂わせたりして、妙にバットマンを意識している節があるので、ゴッサム系の方だったりして。)



【Justice League Dark】
JLDの方ですが、こちらは特にTrinity Warに関連した動きは無し。
強いて言うならば、ザターナがイベント中に新コスチュームを着ることが予告されていたり、Constantine誌でコンスタンティンとレックス・ルーサーの同盟が示唆されたくらいでしょうか?

こちらがザターナの新コスチューム。ステージマジシャンっぽくなって、リランチ前に近づきましたね。
20130701_2.jpg



【Trinity Warチェックリスト】
Trinity Warの関連タイトルのチェックリストは以下のとおりとなっております。

[7月発売]
PRELUDE: TRINITY OF SIN: PANDORA #1
PART 1: JUSTICE LEAGUE #22
PART 2: JUSTICE LEAGUE OF AMERICA #6
PART 3: JUSTICE LEAGUE DARK #22
TIE-IN: CONSTANTINE #5
TIE-IN: TRINITY OF SIN: PANDORA #2

[8月発売]
TIE-IN: TRINITY OF SIN: PHANTOM STRANGER #11
PART 4: JUSTICE LEAGUE OF AMERICA #7
TIE-IN: TRINITY OF SIN: PANDORA #3
PART 5: JUSTICE LEAGUE DARK #23
PART 6: JUSTICE LEAGUE #23

幸い本編であるジャスティスリーグ系3誌は全て普段から購読しているタイトルなので、そのまま読むとして、
タイインをどうしようかを管理人は検討中です。
これくらいの量なら読んでも良いかな?



【宣伝】
好調なNew52の翻訳。今月は「バットマン 梟の街」、来月には「バットマン 梟の夜」が刊行されます。
前者は大好評のスナイダー&カプロのBatman誌を収録しており「梟の法廷」の直接の続編となります。
(あの大物ヴィランのNew52版が登場するのでお見逃しなく。)
後者は「梟の法廷事件の間、その他のゴッサムの住人は何をしていたか?」を描く番外編となります。
個人的にはウェスタンヒーロー、ジョナ・ヘックスの初翻訳に期待。


その他の近刊で注目といえばここらへんでしょうか。
長年絶版の状態が続きプレミアが付いていたアレックス・ロスの名作「マーベルズ」が遂に新装版で再版!
(全編この表紙と同じクオリティで描かれています!)
どうも以前の翻訳本になかった、アレックス・ロスのスケッチ集が30ページ近く追加されているらしいで、管理人も買ってしまうかも。
また鬼才ガース・エニスの「ヒットマン」は普段はアメコミを出さないエンターブレインからの出版なので、自分も珍しくアマゾンで買う予定。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

マーシャン・マンハンターの動きが不可解ですねえ
魔性の旅路での独白を見るに、どうも独自の目的を持って複数のチームを渡り歩いているように見えます
ストームウォッチ誌でも「目的によってかぶる仮面を使い分けているにすぎない」と言っていましたし

No title



ジョンジョンズにはなにか個人の目的があるみたいですね。


地球人初の女性ランタンの教育係ってことはバズも大分出世したみたいですね(笑)

Re: No title

>初心者さん

まいどコメントありがとうございます。
バズはどうなんですかね?"新たな地球人ランタン!"ということで鳴り物入りで登場したのに、直ぐに"新たな地球人ランタンしかも今度は女性!"なんてのが出てきてしまって、地位が脅かされないか心配です(笑)
プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター