fc2ブログ

最近のDCユニバース(ビーストワールド、グリーンアロー)

最近のDCユニバース(ビーストワールド、グリーンアロー)

【ビーストワールド誕生】
解散したジャスティスリーグに代わり地球の守護者の中心となったタイタンズ。
次世代ヒーローである彼らの資質が試される時は、ある日突然訪れた。
星々を喰らう宇宙生物ネクロスターが、地球に襲来したのだ。

20240331_01.jpg
タイタンズの指示の下でこれを迎撃に出るヒーローたちであったが、ネクロスターはスターファイアの故郷タマラン星の歴史書で"征服者"として怖れられてきた伝説の魔獣。さしものヒーローたちも苦戦を強いられる。

しかしそんな中、タイタンズのムードメイカー、ビーストボーイが起死回生の作戦を決行する。
あらゆる動物に変身可能なその能力を使い、ネクロスターの天敵、タマラン星の歴史書に刻まれたもう一匹の"征服者"スターロに変身を試みたのだ。

20240331_02.jpg

大陸サイズの巨体の隅々にいきわたるように、自身の精神をギリギリの状態まで引き延ばしながらスターロへと変身したビーストボーイは、見事ネクロスターを撃退。こうしてタイタンズは、自分たちがジャスティスリーグの穴を埋める存在であることを証明したのだ。
20240331_03.jpg



しかしその瞬間、ビーストボーイの前に予想だにしなかった敵が現れる。その敵とは『ラザラスプラネット』事件で現れた謎の魔術師Dr.ヘイト。

20240331_04.jpg
彼は、極限までに薄まったビーストボーイの精神に最後の一押しを加え、ビーストボーイの精神を消し去る。
そして、そのあとに残されたのは、理性の消え去った緑色の巨大なスターロであった。

本能に従い世界中に幼体をばらまくスターロ。人々の精神を乗っ取るスターロと、あらゆる獣に変身するビーストボーイの能力が奇妙に融合したその幼体に襲われた人々は次々と獣人へと変貌していく。
20240331_05.jpg


そして誕生する、ライオン・ブラックアダムや
20240331_06.jpg

狼バットマン。
20240331_07.jpg

かくして、一夜にしてこの世界は獣人たちが闊歩する世界"ビーストワールド"となったのだ……


*****************************
というわけで、今回はイベント『ビーストワールド』をきっかけに大きく動き出した最近のDCユニバースの状況を、説明していきます。
(と、この普段ではいれないであろうタイミングで注釈を入れているのは、この後はいきなりビーストワールドが終わった時点に話が跳ぶから。)

【ビーストワールド解決】
タイタンズたちの活躍により、世界は多数の犠牲を出しながら辛くも平穏を取り戻した。
しかし、この状況を快く思わない人物がいた。アマンダ・ウォラーである。
20240331_08.jpg

兼ねてより、何の権限も信任プロセスも経ていない超人たちが、自らの力だけを根拠に気ままに"ヒーロー活動"を行うことに強い不満を抱いていた彼女にとって、今回の一件は彼女の疑念の証左であり、その活動を次の段階に進める格好の機会であったのだ。

全世界に中継をつないでカメラの前に立ったアマンダ・ウォーラーは、世界中の人々に語り掛ける。
彼女のメッセージは明確。
・今回の事件は全てタイタンズのビーストボーイが引き起こしたこと
・経験豊かなジャスティスリーグと違い、タイタンズは無軌道な若者たちの集団であること
・事件の対処のために各国が派遣したドローン部隊はサイボーグによって破壊されたこと
 (この場合の"対処"とは獣人化した市民の殺害です)
の3点。
つまりアマンダ・ウォラーは、タイタンズが地球を守る能力を持たないばかりか、
自分たちの意に沿わない世界のリーダーたちの決定を、力で反故にするならず者集団であることを世間に説いたのだ。

世界中の人々にヒーローたちへの疑念を吹き込んだ彼女は、返す刀で地球の主導権を再び人民の手に取り戻すことを約束、その中心となる組織B.O.S.の立ち上げを宣言する。
かくしてかつてヒーローたちの正義の象徴であった建造物、ホール・オブ・ジャスティスは、アマンダ・ウォラーの権力の象徴"ホール・オブ・オーダー"となったのだ。
20240331_09.jpg


【グリーンアロー潜入】
そんなある日、誕生したばかりのアマンダ・ウォラーの鉄壁の城に、密かに潜入する影があった。
直前のジャスティスリーグの主要メンバーであったグリーンアローである。
20240331_10.jpg

彼の目的はもちろんこの施設の主、アマンダ・ウォラーであった。
生き別れとなったロイが、アマンダ・ウォラーの手駒となっていると聞いたオリーは、真実を確かめるためにウォラーとの直接対決に出たのだ。

リーグ在籍時代にバットマンのやり口を見習い、密かに基地に作ったセキュリティホールを用いて、ホール・オブ・オーダーの最深部へと突立つしたオリーは、だがしかし、ウォラーが別アースを巡って集めた彼女の側近たちにつかまってしまう。
バットマンによって設計された尋問室でウォラーの面前に立つオリー。
20240331_11.jpg

ウォラー:私に会いたいのならば、事務所に電話してアポを取ればいいだけなのに
あっさりとオリーの拘束を解くウォラー。
意外な行動に驚き立ち尽くすオリーに対して、ウォラーは彼とロイの放免を報酬にある仕事を持ち掛ける。

仕事の内容は、サンクチュアリへの侵入とデータの奪取。
つまりウォラーは、ヒーローたちのメンタルケア施設に蓄えられた、彼らのトラウマの記録の取得をオリーに依頼したのだ!
20240331_12.jpg

****************************
というわけで、今回はここまで。
このように現在のDC世界では、『インフィニットフロンティア』以降、暗躍し続けていたアマンダ・ウォラーがついに本格的な活動を開始。
ヒーローたちの善性を信じず、世界の防衛構造を超人から一般人へと取り戻そうと画策する彼女が、ヒーローたちが自分の弱さや傷を吐き出す場所であるサンクチュアリを狙い、そこで得た秘密を使いヒーローたちを神のように妄信する市民の目を覚まさせようとするのは、かなり納得感があります。
(というか正直、超大好きな『ヒーローズ・イン・クライシス』の設定が再び取り上げられるのがシンプルにうれしいです)


また、一連のアマンダ・ウォラーの物語は、夏の大型イベント『アブソリュート・パワー』へとつながっていることが予告されています。
20240331_13.jpg

『アブソリュート・パワー』は、アマンダ・ウォーラー、クイーン・ブレイニアック、ズー・イン・アールの3人の同盟が物語の中心となるらしいのですが、クイーン・ブレイニアックといえば現在の『スーパーマン』誌のメインヴィラン、ズーインアールは『バットマン』誌のメインヴィラン。
そういう意味でこのイベントは、現在のDC世界全体を巻き込む大きなイベントになることは間違いないでしょう。

正直イベント『デスメタル』以降、世界全体の大きなストーリーラインがなくなり活力を失っていたDC世界ですが、ここにようやく"大きな流れ"が生まれてきたように思えます。

本当か嘘か、「DCが"DC版アルティメットユニバース"を企画しており、スコット・スナイダーがその立ち上げに関与する※」という噂もあったりしますし、しばらくはこの流れに乗っかってみようかなと思っています。

※本当に噂ですが、"根も葉もない"とはいえない証言もあったりします。
ここら辺については、
 ポッドキャスト版アメコミ放浪記:第29回.「DCが世界を一新する?」事実ベースで噂を解説
で紹介していたりするのでよろしければどうぞ(はい。宣伝です。)

スポンサーサイト



プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター