fc2ブログ

俺ズナー賞2021 (2021年ベストコミック)

管理人は年末になると、Twitter上で"俺ズナー賞"と称してその年のベストコミックを発表する遊びをやっているのですが、せっかくなので今回はブログ上で発表してみます。

【ベスト・アーティスト賞】
グレッグ・スモールウッド

(ヒューマンターゲット)


20211231_01.jpg
20211231_02.jpg
ベスト・アーティストは秋から始まった新シリーズ『ヒューマンターゲット』の本編とカバーを担当するこの方。
この賞に関しては、アートを見れば一目瞭然。
ヒーローコミック、フィルムノワール、ポップアートの融合が見事。

【ベスト・ライター賞】
ドニー・ケイツ

(ソー[紹介記事]、ハルク[紹介記事]、クロスオーバー[紹介記事]、キング・イン・ブラック他)



今年のベストライターはいまやすっかりマーベルの中心となったライター、ドニー・ケイツ。
唖然とするくらいスケールの大きい話を、王道の英雄譚に仕立て上げ、それにぬけぬけとしたジョークを差し込む独特の読後感が好きです。
20211231_03.jpg
(こちらは『クロスオーバー』に登場したドニー・ケイツ。どうみてもアラン・ムーアなのに、「ドニー・ケイツです」と言い切る人を食った態度こそケイツ節。)

ちなみに最近は毎年のようにこの賞にトム・キングを選んでいて、今年も『ロールシャッハ』、『バットマン/キャットウーマン』、『ストレンジアドベンチャーズ』と、順当に選んだらトム・キングなんだけど今年は殿堂入りってことで除外。

【ベスト・ミニシリーズ賞】
ストレンジアドベンチャーズ

(作:トム・キング、画:ミッチ・ゲラッズ&ドク・シャーナー)
紹介記事

20211231_04.jpg

「(誰も知らない)惑星ランで(誰も知らない)大冒険を繰り広げるヒーロー」というアダム・ストレンジの基本設定に潜むあやしさを、陰謀論とポストトゥルース渦巻く現代の物語に仕立て上げた傑作。

そのあやしい出自にも関わらず人々から愛されるアダム・ストレンジと、卓越した実績を持ちながらも人々から「どこかいけ好かない二線級ヒーロー」とみなされるMr.テリフィクスの対比も鮮やか。

【ベスト・シングルイシュー賞】
スーパーマン:ワールズ・オブ・ウォー

(作:フィリップ・K・ジョンソン、画:ミケル・ハニン)


2021年のDC各誌の展開を、"実現することのない未来"という形で予告するイベント『フューチャーステイト』の中の一編。

20211231_06.jpg
スーパーマンが地球を去った近未来。そこではスーパーマン/クラーク・ケントは信仰の対象となり、学生時代に提出したレポートすら予言書として扱われる始末。
そんな中、スーパーマンに救われた経験のある人々が彼を称える集会に現れた1人の少女は、
「スーパーマンの真の偉大さは、飛行能力でも、超人的に肉体でもない。」と一喝。
懐から1枚の古新聞を取り出し、他愛もない死亡記事を読み上げていく。

20211231_05.jpg
一方そのころ、モンガルによってウォーワールドに囚われ剣闘士となったスーパーマンは、今日も反逆の見せしめとして、勝ち目のない戦いを強いられていた……

ということで、ワールズ・オブ・ウォーという景気のいい名前に反して、非常に落ち着いた抒情的な語り口の物語。
スーパーマンがその"真の力"を発揮し、ウォーワールドの民衆をインスパイアしていく様とクラーク・ケントの新聞記事が重なるシーンは圧巻。

【ベスト・オンゴーイング賞】
アクションコミックス

(作:フィリップ・K・ジョンソン、画:ミゲル・メンドンカ)
(紹介記事)


20211114_03.jpg
今年のオンゴーイングのベストは、なんといってもこちら。
息子であるジョン・ケントがスーパーマンとして個人誌を持ち独り立ちしていくフランチャイズ上の流れを、生まれてきた子供に自らの人生の一部を託し、やがて老いさらばえ子供の下を去っていく父の姿に重ねた本作。
細かい解説は上記の紹介記事に記載しましたが、2児の父である自分には非常に刺さる物語でした。

【特別賞】
スーパーマン:サン・オブ・カル=エル
(作:トム・テイラー、画:ジョン・ティムス)
紹介記事



20211129_03.jpg
最後に、2021年のアメコミ業界を語るうえで外せないのがこちらの作品。
"スーパーマンの息子はバイセクシャルである"というニュースはコミックファンの間だけに留まらず、普段コミックを読まない層にまで広がりました。
多くの人を巻き込みながら人々をインスパイアしていくその様子は、物語上の存在であるジョン・ケントが現実世界に表れたかのようであり、他でもなく"スーパーマン"がLGBTとなることの深い意義を意義を感じさせました。
20211129_07.jpg

今回の更新は以上。来年の面白いコミックに出会えることを期待しつつ筆を置きたいと思います。
みなさん、よいお年を。

スポンサーサイト



ハルク#1

ハルク#1
(作:ドニー・ケイツ、画:ライアン・オットリー)

ブルース・バナーの生涯の目的は、1人の科学者として人類の既知領域を広げていくこと事。
ヒーローになることなどでは、けして無かった。

ヒーローとしての自分と、"ヒーローとしてのブルース・バナー"を自分に押し付けるに世間の両方に見切りをつけたバナー博士は、自身の計画の第一段階を実行に移す。
そしてその第一段階とは、「ハルクを宇宙船にする」ことであった……
20211211_03.jpg

********************************
というわけで、今を時めく人気ライター、ドニー・ケイツを担当に据えて始まった新『ハルク』のテーマは、ずばり"宇宙船ハルク"。
その名の通り、今回ブルース・バナーは、ハルクを宇宙船に仕立て上げ、最後のフロンティアへと飛び立ちます。

……言っている意味が、わかりませんよね?

具体的な手順として、まずブルースはA.I.M.から強奪した機械を自らの身体に埋め込み、その耐久度を向上。
20211211_01.jpg

そのうえで自分の精神世界を宇宙船の内装に再構築。
ハルクの心の艦橋に座り宇宙船のコントロール権を握るのは、もちろんブルース・バナー(の人格)。
20211211_04.jpg

そしてひとたび船に脅威が迫ると、バナー博士は「エンジン全開!」とレバーを倒す。
20211211_02.jpg

すると、エンジンルームに閉じ込められたハルク(の人格)に攻撃が加えられ、
20211211_06.jpg

ハルクが怒ることで、宇宙船(=現実世界のハルクの肉体)がパワーアップする。
20211211_05.jpg

…という仕組みになっています。
つまり、ハルクの無敵の肉体を宇宙船に見立て、それをコントロールするブルース・バナーを乗組員と見立てたわけですね。
うーん、この馬鹿馬鹿しいまでのスケールと強引さ。ドニー・ケイツって感じです。
(ちょっとうん蓄を語らせてもらうと"hulk"という単語は、元々"巨大な廃船"という意味です)


「ハルクの存在理由が、ブルース・バナーの脅威から人々を守るためであったら?」という不穏なテーマから、今後のブルース・バナー船長の暴走が気になるタイトルですが、まだ1話しか発売されておらず、英語も非常に簡単ですので、この奇抜な設定が気になった方は是非!

【宣伝】
今回、紹介した作品はこちら(リンクは電子書籍です)。繰り返しになりますが、まだ1話しか出ていたいので、今から追うのは非常に簡単です。


続いて翻訳本ですが、マーベルは『ヤング・アベンジャーズ:サイドキックス(仮)』の翻訳が決定。
MCUで着々と若手ヒーローたちが登場し「こいつらが登場するのでは?」と予想されているヒーローチームです。
またMCUといえばMCUの人気者、ロキを主人公としたタイトル『ロキ:地球に落ちて来た神』は今月発売予定です。
そして管理人がどうしても推しておきたいのが『ハウス・オブ・X/パワーズ・オブ・X』。
この1冊でX-MENをマーベルのトップフランチャイズに返り咲かせた傑作で、おそらく10年後、20年後になってもX-MENの歴史を振り返るときには名前が出る作品。コミックの間に挟まれる文字資料が、ストーリーを加速させる非常に独特の読書体験をもたらせてくれる作品なのですが、いかんせん文字資料は英語で読むのが大変なので、翻訳は非常にありがたいです。




DCについては、バットマンのオールウェイズベストとして名前の挙がる『バットマン:エゴ』の翻訳が決定。
数々の賞をとり、ファンから愛される傑作を多数手がけながら、53歳という若さで急逝したダーウィン・クックのバットマンがついに日本到来です。
またバットマンについては、欧州、南米、アジア、世界中の実力派アーティストが独自のスタイルでバットマンを描くオムニバス。
『バットマン:ザ・ワールド』の翻訳が決定。日本からは時代劇漫画界の雄、崗田屋愉一が参加しています。


プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター