FC2ブログ

ダイヤルH・フォー・ヒーロー

ダイヤルH・フォー・ヒーロー
(ライター&ペンシラー:ジョー・クイノンズ)

20190825_01.jpg
アメリカの片田舎に暮らす少年ミゲルには、忘れられない思い出があった。
幼いころにプールで大事故にあった彼は、病院までスーパーマンに搬送してもらった経験があるのだ。

その後両親を亡くし、引き取られた先で辛い生活を送る彼は、自分とスーパーマンを重ね合わせるかのように、命知らずの危険な行為のネット配信に没頭する毎日を過ごしていた。
20190825_02.jpg
そんなある日、ミゲルは使用者を"まだ誰も知らない、そしてこれからも知られることのないヒーロー"に変身させる不思議な電話機を拾う。

誰もがヒーローになれるこの電話機の危険性を知ったミゲルは、電話機を彼が知る唯一の信頼できる大人――スーパーマンに渡すために、メトロポリスへのアメリカ横断の旅を敢行する…
20190825_03.jpg

******************
というわけで、今回はDCの若者向けレーベル『ワンダーコミックス』の中から、『ダイヤルH・フォー・ヒーロー』を紹介。
田舎を抜け出したい少年少女を主人公としたロードムービー的な物語も非常にエモくて良いのですが、この物語の魅力は何といっても、ダイヤルHの能力によって現れるヒーローたち。

とりあえず、ざっと目についたヒーローを紹介していきましょう。

20190825_04.jpg
千年に1度現れる運輸産業の守護者モンスタートラック
(90年代エクストリーム風)

20190825_05.jpg
シマウマ仙人によって育てられた地球生まれの宇宙人、ジョブウ。
(もちろん鳥山明風)

20190825_07.jpg
サイケデリックな精神世界の魔術師ブルーバード
(一時代を築いたDCの大人向けレーベルであるヴァーティゴ風)

20190825_08.jpg
左から
・ゴリラシティに身を隠すタフな女探偵チンプ・チェンジ(フランク・ミラー風)
・宇宙の深淵で可塑性可食粘流体と一体化した星の申し子エイリアン・アイスクリームマン(メビウス風)
・お着換え中にヒーローごっこに目覚めた少年、リル・ミゲリート(コミックストリップ風)

見ての通り、どこかで見たような画風のキャラばかり!

そんな奇想天外なヒーローたちが登場するたびに彼らのオリジンが1ページ使って紹介されるうえに、彼らの登場によって作品自体の画風まで、元ネタ風に歪められるので、新キャラが登場するのが楽しみで仕方がないです。
20190825_06.jpg
20190825_09.jpg


全8話でさらっと読めて、ころころ変わる画風を眺めているだけでも楽しめる作品ですので、軽い気持ちでぜひどうぞ!


【宣伝】(一部使いまわし)
バットマンのデビュー80周年と、そのデビュー誌の1000号達成を記念して今年刊行された『ディテクティブコミックス』誌が、早くも翻訳決定。
業界のトップクリエーターたちの数々が参加するオムニバス形式の短編集ですので、お気軽にどうぞ!


またDCではバットマンとジョーカーが運命共同体となってヨーロッパを旅する短編『バットマン:ヨーロッパ(仮) 』の予約が開始。
こちらは、同じくバットマンとジョーカーの関係性を扱った『バットマン:ダーク・プリンス・チャーミング』と一緒にどうぞ。
またアイズナー賞ベストライター部門を2年連続で受賞したトム・キングのバットマンの続きも、『バットマン:ルール・オブ・エンゲージメント』として発売。
こちらは個人的に一押しの"バットマンとスーパーマンの大人げない野球勝負"も収録されてますんで、ぜひ。



スポンサーサイト



パワーズ・オブ・X #1 / ハウス・オブ・X #2

パワーズ・オブ・X #1 / ハウス・オブ・X #2
(作:ジョナサン・ヒックマン、画:R.B.シルバ、ペペ・ラルラース)

(前回更新した『ハウス・オブ・X #1』の紹介の続きとなります)

【X-MEN誕生102年目】
ミュータントと人類・機械至上主義との戦争の終結から数十年。
太陽系に浮かぶ"生ける衛星"アステロイドKに残りゲリラ戦を続ける太陽系ミュータントの生き残りは、無謀な潜入作戦に全てを賭けていた

20190815_01.jpg
ネクサスに侵入し目的の"ブツ"を手に入れたまではよかったが、その脱出行のなかでセンチネルに追われることとなった一行。
メンバーの1人パーシバルは既に息絶え、人類を裏切った元"対ミュータント用ミュータント兵器"の生き残りサイロベルは捕虜となってしまう。
そんな仲間の様子を物陰からうかがい救出のチャンスをさぐる2人のミュータント。

20190815_02.jpg
大戦中にMr.シニスターが培養したキメラ兵であるラスプーチンと、キメラ兵の中から一定確率で産まれる博愛主義者の失敗作の1人プリーストであった。

キッドオメガの遺伝子に由来するテレパシー能力を持つラスプーチンに、サイロベルは脳内で必死に語り掛ける。

サイロベル:こないで!あなたたちまで捕まったら全てが無意味になる。
プリースト:彼女の言うとおりだ。任務を優先しなくちゃ。
いまからポータルの種を植えるから、それを使って脱出しよう。
ラスプーチン:逃げたきゃ勝手に逃げな。私は絶対に諦めない。
せいぜいお前さんは私らの無事を神様にでも祈ってな。

プリースト:もちろん祈るさ。僕はいつだって、生きとし生けるすべての生命のために祈ってるよ。
20190815_03.jpg
ラスプーチン:それは見当違いってもんさ。だいいち機械は魂を持たない。
そして人類はずっと前に魂を捨てた!


サイロベルを救うために無謀な戦いに打って出たラスプーチン。
しかし、キッドオメガのテレパシー、コロッサスの金属化、キティ・プライドの非実体化など多数の能力を持つラスプーチンであったが、所詮は多勢に無勢。
サイロベルは本格的な尋問のために連れ去られてしまう。

貴重な仲間2人を失い、アステロイドKに帰還したラスプーチンとプリースト。
彼女たちを待っていたのは太陽系に残されたミュータントの最後の生き残り6人であった…
20190815_04.jpg

【X-MEN誕生103年目】
およそ900年前に人類と機械生命によって建造されたミュータント保管庫の中。
保存液に漬けられた、かつてパーシバルと呼ばれた個体の肉体が見守る中で、保管庫の司書官はこの場所を築き上げたAIを慰める。
20190815_05.jpg
司書官:キミはよくやったと思うよ。当時キミに与えられた目的は、ミュータントたちの頭脳を収集してデータベース化し、ミュータントとの戦争で戦略的優位を得ることだった。
その時、いったいだれが、ミュータントと機械と人類の戦争自体が無意味なものになるって気が付けたと思う?
AI:人類ね……
司書官:僕たちは過去を保護していかないといけない。
かつて世界がどんな姿であったか、我々が何を克服してきたか、いかなる罪を犯してきたかを記憶しておくためにね。


司書官は眼下に広がる機械都市のドームの中に残された小さな原生林を目をやる。
その中には何も纏わず、野生動物のような姿で暮らす人影が・・・
20190815_06.jpg

司書官:あとは二度と奴らがはびこらない事を神に祈るのみさ。

【モイラの人生】
モイラ・マクタガートの人生は幸せな物であった。
スコットランド人の両親の間に生まれた聡明な少女であった彼女は、やがて教師となり、結婚し、3人の子と8人の孫に恵まれた。
そして彼女に穏やかな死が訪れる。
20190815_07.jpg
享年74歳。彼女の人生はごく平凡なそれでいて素晴らしいものであった…


20190815_08.jpg
次の瞬間、モイラは母の子宮の中で目を覚ます、前回の人生の全ての記憶をもって。

いったい自分の身に何が起こっているのか?
それを探るために、科学者となったモイラは、自分が自分の人生を何度もやり直す能力を持ったミュータントであったことを知る。

そして4度目の人生で、彼女はチャールズ・エグゼビアとの運命の出会いを果たす。
自分がミュータントであることを隠して、学生時代のエグゼビアに近づいたモイラは、彼の掲げる理想"ミュータントと人類の融和"の実現のための人生を歩み始める。

20190815_09.jpg
"X-MEN"と呼ばれる彼の教え子たちを中心とした、理想に向けた戦いは、良い時も悪い時もあったが充実したものであった。

しかし、その人生はある日突然終わりを告げる。
科学者ボリバー・トラスクが開発したセンチネルが、彼女もろともミュータントを始末したのだ。
20190815_10.jpg

これ以降、彼女はミュータントの繁栄のためにあらゆる手段に打って出る。

20190815_11.jpg
人類と完全に関わりを断ちミュータントたちだけの鎖国国家をつくる人生。
…ミュータントの繁栄をねたんだ人類がセンチネル軍団を差し向けることに変わりはなかった。

20190815_12.jpg
暗殺者となりセンチネルの開発者となるトラスクの親類縁者を皆殺しにする人生。
…所詮センチネルのコンセプトは、"発明"ではなく"発見"のようなもので、誰かがいつかは開発するものであった。

20190815_13.jpg
マグニートと手を組み人類支配に乗り出す人生。

20190815_14.jpg
アポカリプスと手を組み、種族の垣根なくただ適者生存のために争い会う人生。

思いつく全ての手段を試したモイラは、再び戻った母の子宮の中で、今回の人生では"真に革命的な手法"を試すことを決意する。
今回の人生で、モイラとエグゼビア教授はあらゆるルールを破るのだ。
20190815_15.jpg

【X-MEN誕生100年目】
良く晴れた公園で機嫌よく微笑むチャールズ・エグゼビアの隣に座ったモイラは、チャールズに声をかける。

20190815_16.jpg
モイラ:何を笑ってらっしゃるの?
チャールズ:最近、夢ができましてね。より良い世界の実現に向けた私の夢です。
モイラ:チャールズ、実現できるならそれは夢じゃないのよ。
チャールズ:……失礼。どこかでお会いしたことがありましたかな?
モイラ:ええ、もう何度も。
チャールズ:お前は何者だ?
モイラ:気になるなら、私の心を読めばよいのでは?

20190815_17.jpg
チャールズ:…なんということだ。


******************
というわけで、ようやく紹介したいところまで紹介できました。
以上が、今月から始まったミュータントの系列の新展開の触りの紹介です。

余談ですが、『パワーズ・オブ・X』のみXを"ten"と読み、Powers of 10で"10のべき乗"という意味になります。
このタイトルが意味することは、今回の紹介記事を読んでいただいた方には説明不要でしょう。

『ハウス・オブ・X』誌で、プロフェッサーXによる人類の支配という大ネタをぶち上げて、『パワーズ・オブ・X』でその行為の空しさを、100年、1000年という時間軸で俯瞰することで描いただけでもそのスケールに唸らせられたのですが、
何と「我々の知るマーベルの歴史は実は10回目のループの途中であった」という爆弾が放り込まれてきました。

ここまでやっておいて、どうやって話を着地させるのかはわかりませんが、すでにこの物語によって様変わりした世界を舞台としたX-MEN系列の作品の内容が、すでに発表されています。
その着地の瞬間を見届けるためにも目が離せない作品ですね。
20190815_18.jpg

ちなみに正直、管理人は今までそこまでX-MENが好きだったわけではなく、リランチの度に「たまには読んでみようかな」と手を出して、そのうちフェイドアウトしていくことを繰り返してきましたが、そんな自分が今回の展開にはドハマりですので、気になった方は是非読んでみてください。

【宣伝】(使いまわし)
今回紹介したハウス・オブ・X誌で久しぶりにマーベルに復帰を果たしたジョナサン・ヒックマン。
実は彼の直前の作品である『シークレットウォーズ』の翻訳版が発売予定です。
頭がおかしくなるくらいスケールの大きい"ヒックマン節"は本作でも健在ですので、前哨戦にあたる『タイム・ランズ・アウト』ともども是非どうぞ。



またDCではバットマンとジョーカーが運命共同体となってヨーロッパを旅する短編『バットマン:ヨーロッパ(仮) 』の予約が開始。
こちらは、同じくバットマンとジョーカーの関係性を扱った『バットマン:ダーク・プリンス・チャーミング』と一緒にどうぞ。
またアイズナー賞ベストライター部門を2年連続で受賞したトム・キングのバットマンの続きも、『バットマン:ルール・オブ・エンゲージメント』として発売。
こちらは個人的に一押しの"バットマンとスーパーマンの大人げない野球勝負"も収録されてますんで、ぜひ。



ハウス・オブ・X #1

ハウス・オブ・X #1
(作:ジョナサン・ヒックマン、画:ペペ・ラルラース)

地球の人類よ。君たちが寝ている間に、世界は変わった。(プロフェッサーX)

【X-MEN誕生101年目】
ニューヨーク州はウエストチェスターに存在する豪邸。
かつては"恵まれし子らの学園"と呼ばれる学園であったこの館に集まったのは、ミュータントの青少年たちの集団であった。
マーベルガールに先導され、緊張した面持ちで館内に存在するゲートをくぐる少年たち。
そんな彼らをゲートの向こうで待っていたのは、異質ながら美しい植物が生い茂ったこの世の楽園であった。
20190812_02.jpg

楽園の名はクラコア。自らもミュータントである"生きている島"である。

遂にたどり着いた安住の地に目を輝かせたミュータントの少年は、興奮した様子でマーベルガールに声をかける。
少年:見て!あれってエグゼビア教授でしょ?もじゃもじゃの隣にいる人!
ジーン:そうよ。挨拶してきたら?それとあの"もじゃもじゃ"の名前はローガン


ジーンたちの到着に気が付いた教授は、彼女に微笑みかける。
20190812_04.jpg

エグゼビア教授:おかえりジーン。ここなら安全だよ。


こうして世界中のミュータントによる民族大移動が起こる中、世界各国の外交官たちはエルサレムに一夜にして現れた異形の館に集められていた。
彼らの目的は、突如として現れ、「ミュータントによる独立国」を主張するクラコアの代表者と会うことであった。
しかし、彼らの前に現れたのはプロフェッサーXではなく、その名代であるマグニート。
20190812_01.jpg

マグニートは、クラコアを代表して、各国の大使に一つの提案をする。
その提案とは、ミュータント国家クラコアは人間たちに、"耐性ウイルスを生まない抗生物質"、"寿命が10年延びる薬"、"あらゆる精神疾患を治癒する薬"などクラコアの花から精製されるバイオ新薬を提供する用意があること。
そして、その見返りに、クラコアが人類に求めることはただ一つ、クラコアの主権を認め、太平洋に浮かぶクラコア本島に人類は立ち入らないことであった。

望外の申し出に動揺する大使たちに追い打ちをかけるかのように、マグニートは、新国家クラコアの概要を紹介する。
"生きている島"クラコアの苗木から育つポータルを中心にしたミュータント国家の版図は、既にクラコアだけではなく、サベッジランド、月、火星と人類の手が届かない範囲まで広がっていたのだ。

20190812_05.jpg
マグニートと共に、ポータルをくぐり異世界を巡るうちに、大使たちは自分たちが相対している相手の真意に気が付き始める。
つまりクラコアは、「一国の軍隊レベルの攻撃力を持つオメガ級のミュータントを、ポータルによって地球のどこにでも密かに配備可能」という圧倒的な軍事的優位性をみせつけながら、それでもなお人類に恩恵を与えて彼らを手なずけようとしているのだ。

マグニート:私は君たち人類が、どれほどシンボリズムを愛しているかを知っている。
だから君たちには気が付いてほしい。

ポータルを抜け、再び出発地点であるエルサレムに戻ったマグニートは、
アブラハムの宗教が生まれた地に沈む夕日を背景に、静かに宣言する。
20190812_06.jpg

マグニート:君たちは新たな神を頂いたのだ。


*************************
というわけで、ミュータント系列の全タイトルを終了させて始まった、X-MENの新時代。

20190812_07.jpg
本タイトルは、今回紹介した『ハウス・オブ・X』誌と、姉妹紙である『パワーズ・オブ・X』(こちらだけXを"10"と読む)の2誌を交互に読む形式なんですが、これがとにかく面白い。
実は管理人はあまり熱心なX-MEN読者ではないのですが、そんな自分でもドはまりしてしまうほどの快作で、いてもたってもいられず、久しぶりにブログを更新してしまいました。

ただ、実は管理人が度肝を抜かれた展開までは、今回は紹介できませんでした。
ですので、続きも近日中に紹介予定ですのが、とにかく現在一押しの作品ですので、今回の紹介で少しでも気になる部分があった方は(なかった方も)ぜひ、手に取ってみてください。

【宣伝】
今回紹介したハウス・オブ・X誌で久しぶりにマーベルに復帰を果たしたジョナサン・ヒックマン。
実は彼の直前の作品である『シークレットウォーズ』の翻訳版が発売予定です。
頭がおかしくなるくらいスケールの大きい"ヒックマン節"は本作でも健在ですので、前哨戦にあたる『タイム・ランズ・アウト』ともども是非どうぞ。



またDCではバットマンとジョーカーが運命共同体となってヨーロッパを旅する短編『バットマン:ヨーロッパ(仮) 』の予約が開始。
こちらは、同じくバットマンとジョーカーの関係性を扱った『バットマン:ダーク・プリンス・チャーミング』と一緒にどうぞ。
またアイズナー賞ベストライター部門を2年連続で受賞したトム・キングのバットマンの続きも、『バットマン:ルール・オブ・エンゲージメント』として発売。
こちらは個人的に一押しの"バットマンとスーパーマンの大人げない野球勝負"も収録されてますんで、ぜひ。

プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター