FC2ブログ

ワンダーウーマン #31

ワンダーウーマン #31
(作:ジェイムス・ロビンソン、画:カルロ・パグラヤン)

ここはオレゴンの山村。
大自然に囲まれた田舎町に、1人の木こりが数か月ぶりに山から下りて来る。

「よぉポール!元気か?」、「ポール!お前さんに会えるたぁ、ラッキーな日だ。」
町の住人たちは、ポールと呼ばれる男を見かけるたびに、親し気に声をかける。
住人たちの挨拶を受け流し、雑貨屋へと入っていく木こり。

20171009_1.jpg
木こりの来店に気が付いた雑貨屋の女店主は、やはり親し気に彼に声をかける。
女店主:あら、山から下りてきたのね。欲しいものはいつも通り?
木こり:大体そんなところだ、細かいリストはこの紙に…
女店主:いま揃えるわね。あなたももう少し降りてきなさいよ。
この町のみんなもそれを望んでるわ。みんなであなたをポールと呼ぶことにしたの、気に障らなければよいけど…
木こり:別に俺もここが嫌いなわけじゃない。ただ独りでいるのが性に合ってるんだ。

ぶっきらぼうに返事をして町を去り、再び山へと帰っていく木こり。

その晩、巨大な大木の前で、大木とはあまりにも不似合いな小さな手斧を振りかぶる木こり。
20171009_2.jpg
しかし予想に反して木こりは、圧倒的な膂力で木を切り倒す。

謎の声:さすがゼウスの子ね…
そんな木こりを密かに見張っていた女が、物陰から姿を現す。
姿を現したのは、『ダークサイドウォー』にて登場したダークサイドの娘グレイル。
20171009_3.jpg
グレイル:古き神(オールドゴッズ)の息子よ。ニューゴッズの娘としてその命もらい受ける!

姿を見せるや否や、木こりに飛びかかるグレイル。
しかし、木こりは百戦錬磨の戦士の動きでその攻撃をいなし、その真の姿――ヘラクレス:アンバウンドとしての姿を見せる。
20171009_4.jpg
(少しだけ突っ込みをしておくと、本当はヘラクレス:アンバウンドは第三次世界大戦後の崩壊した世界を舞台にしたコミックの主人公の名前。DC世界におけるギリシャ神話のヘラクレスは、通常アマゾンを迫害したマッチョイズムの権化としてヴィランとして描かれることが多く、New52ではアクアマンとワンダーウーマンの手でミノタウロスの迷宮に幽閉されています。)

激しく切り結ぶグレイルとヘラクレス。
しかしダークサイドの力とアマゾンの戦闘技術に裏打ちされたグレイルの体術がやがてヘラクレスを凌駕していく。

遂にはグレイルのオメガビームの餌食となるヘラクレス。
20171009_5.jpg
グレイル:古き神よ、お前たちの時代は終わった。

ニューゴッズの象徴であるマザーボックスで、ヘラクレスのエネルギーを奪い取るグレイル。
そして、グレイルはその力を傍らの少年に注ぎ込む。

20171009_6.jpg
グレイル:まだ足りません。あなたが元の年齢に戻り、力を取り戻すには…
ダークサイド:耐えるのだ、わが娘よ。ゼウスはこの地に多くの子を残した。それらを順に狩っていくのだ!


**********************
というわけで、新ライターを迎えて始まったワンダーウーマンの新ストーリー『チルドレン・オブ・ザ・ゴッズ』の紹介でした。
New52のダークサイドウォー、そしてDCユニバース:リバースの直接の続きとなる本編では、ゼウスの娘であるワンダーウーマンと彼女と同じくゼウスの血を引く存在である彼女の双子の兄弟に物語の焦点が当たっていくこととなります。

細かくは触れませんが、アクションコミックス誌とディテクティブコミックス誌において、スーパーマンとバットマンの物語が一つの山場を迎えている今、トリニティの一角であるワンダーウーマンの物語もまた今回のストーリーが一つのターニングポイントになりそうですね。

【余談】
本当に余談ですが今回登場したダークサイド、少し成長しすぎじゃないですか?
この号が発売した日の1週前に『ダークナイツ:メタル』に登場し、カワイイ好きの読者を魅了したばかりだったのに…
20171009_7.jpg


【宣伝】(使いまわし)
一番気になるのはアイズナー賞も受賞した『絶対無敵スクイレルガール:けものがフレンド』と、日本人アーティストであるグリヒルさんのポップなアートが素敵な『グウェンプール:こっちの世界にオジャマしま~す』。
この2冊と先日発売した『Ms.マーベル:もうフツーじゃないの』の3冊を購入すると『ギャラクタ:パパは宇宙魔神』が貰えるといういう特典付き。商売がうまいんだから。
そして最近はマーベルの屋台骨となりつつあるスターウォーズレーベルからは『スター・ウォーズ:ダース・ベイダー シュー=トラン戦役』が発売。
じつはスターウォーズシリーズの中で管理人が一番楽しみにしてるのがこのシリーズ。皇帝の陰に隠れて自らの陰謀を進めるダース・ベイダーが最高にかっこいいピカレスクロマン!


そして毎月の恒例となりつつあるデッドプールについては早くもAll-New All-Different Marvelレーベルの作品『デッドプール ワールズ グレイテスト:ミリオネア・ウィズ・ア・マウス』が発売。
シークレットウォーズ後の"空白の8か月"の間に、デッドプールが世界一愛される世界一の金持ちに!?
続いて気になるのが『イヤー・オブ・マーベルズ』。こちらは「マーベル世界の祝日」をテーマに様々なタイトルから作品を持ってきた選集となっており、父を亡くしたノヴァを励ますトニー・スタークや、春の祝日にあくせく働かざるを得ないアントマンの悲哀など、コミックでは珍しいヒーローたちの日常が読めるのが魅力。
そして短編集と言えばこちらも楽しみなのが『ハーレイ・クイン:リトル・ブラック・ブック』。
DCの人気者ハーレイが、一話交代でDCの様々なキャラクターと絡むのが楽しい一冊。


スポンサーサイト



ダークナイツ:メタル #1

ダークナイツ:メタル #1
(作:スコット・スナイダー、画:グレッグ・カプロ)

【斗え!ジャスティスリーグ】
モンガル:皆の者とくと見よ!我らがジャスティスリーグの雄姿を!
さて、次なる対戦相手を選ばせてもらおうか…

20171001_2.jpg

ここは宇宙の誇大妄想狂モンガルの支配する要塞惑星の闘技場。
そこでジャスティスリーグは血に飢えた観客の前で終わり無き戦いを強いられていた。

弱体化装置によって普段の実力を発揮できず、じりじりと消耗していくヒーローたち。
彼らの次なる相手は、彼ら同様モンガルによって攫われてきた"トイマン"こと天才少年ヒロが造らされた戦闘ロボット"ファルカン・アボニウス"であった。
20171001_13.jpg
自らの姿をモチーフとした巨大な機械に絶望的な戦いを挑むジャスティスリーグ。
しかし、リーグの参謀であるバットマンだけは気が付いていた、トイマンがロボットの名前に仕込んだリーグへのメッセージに。

トイマンからのメッセージに従い、ロボットに仕込まれた秘密のスイッチを押すバットマンたち。
するとロボットはリーグの面々を取り込み…
20171001_1.jpg
(これがファルカン・アボニウスの真の姿。オタクのトイマンらしくボルトロン風…)

かくしてヒーローたちは今日も勝利を収めた。
これはジャスティスリーグにとっては取るに足らない日常的な事件の筈だった…彼らが地球に戻るまでは…


【未知への挑戦者】
地球に帰ったジャスティスリーグが目にしたもの、それはゴッサムシティの中央に一夜にして現れた巨大な山であった。
20171001_3.jpg
山の名前はチャレンジャーズマウンテン。
かつて"チャレンジャーズ・オブ・ジ・アンノウン"と呼ばれた冒険者たちの研究所があったこの山は、チャレンジャーズの最後の未踏地への挑戦で起こった事故で虚空へと消失。
その消え去った山が突然、ゴッサムの中央に現れたのだ。
20171001_4.jpg
(ちなみにこちらが元々のチャレンジャーズ。シルバーエイジに活躍したヒーローチームです。)

チャレンジャーズの残した研究所を調査するリーグ。
そんな彼らの前に現れたのは、世界の危機と戦う特殊航空部隊ブラックホークのリーダーを名乗る女性。
彼女は、チャレンジャーズマウンテンの出現が意味するものと、このユニバースではない"未知の世界"からの侵略者の存在をリーグに警告しにヒーローの前に現れたのだ。
20171001_6.jpg
(彼女がブラックホークのリーダー"レディ・ブラックホーク"。本名をケンドラ・サンダーズといい、かつてはホークガールを名乗っていました)


【メタル】
レディ・ブラックホークの説明によれば、実は今回の侵略は突然始まったものではなく、何世紀も昔から周到に準備されたもの。
しかし侵略者が潜む"未知の世界"の存在を、はるか昔に予測していた人物がいた。

20171001_5.jpg
その男の名前はカーター・ホールまたの名をホークマン。
古代のエジプトで謎の金属エンスメタルと接触し輪廻転生を繰り返す不死能力を手に入れたホークマンは、その繰り返される人生をエンスメタルの研究に費やしたのだ。

やがて彼は、エンスメタルはこの世ではないどこか別の世界から、無限ともいえるその力を引き出していることを発見。

その未知なる世界の正体を探る道をもとめ、ホークマンは世界中から、
ヒーロー(スターマン)や、
20171001_7.jpg

パイロット(オリジナルのブラックホーク)、
20171001_8.jpg

科学者(ウィル・マグナスとメタルメン)、
20171001_9.jpg

冒険者(チャレンジャーズとレッドトルネード)、
20171001_10.jpg
など様々な才能を集める。

その結果、ホークマンはエンスメタルの無限の力の源泉となる場所を特定。
冒険を求め、長年の伴侶であるケンドラ(レディ・ブラックホーク)の制止を振り切りそこに旅立ったのだ。

突然、壮大な話を聞かされて唖然とするリーグの前で、突然見慣れぬ(読者にとっては見慣れた)地図を広げるケンドラ。
20171001_11.jpg
ケンドラ:これは我々の住むアースも含まれたマルチバースの地図。
しかし、ホークマンはいずれのアースもエンスメタルの力の震源地でないことを突き止めたの。


ケンドラが広げたのは、マルチバーシティ発表時に公開されたDCユニバースに存在する52のアースを載せた地図。

その地図に誰よりも早く反応したのは、リーグで一番マルチバースと関連の深い人物フラッシュであった。
フラッシュ:そんな筈は…。僕もマルチバースを研究したからわかるけど、ちゃんと52個のすべてのアースが載ってる。
ここじゃないならば、いったいどこから…

ケンドラ:ここよ!

20171001_12.jpg
フラッシュからの問いに、やおら地図をひっくり返すケンドラ。
ケンドラ:ここダークマルチバースから来るの
そこに広がるのは何も描かれていない、ただの漆黒であった…

*********************
というわけで、夏から始まったDCの大型イベント『ダークナイツ:メタル』のさわりの部分の紹介でした。

で本当は、ここからいつも通り今回のイベントの魅力だとか位置づけだとか、そんなことを語りたかったのですが、
正直、私の筆力が及ばないせいで、今回の記事ではこの作品のテーマである、
"DC世界の拡大"と"やけくそなまでのエネルギー"を紹介することはできませんでした。

というわけで、次回の記事で"DC世界の拡大"を、その次の記事で"やけくそなまでのエネルギー"を紹介する記事を書かせてもらって、そこで改めて語らせてください。

【宣伝】
一番気になるのはアイズナー賞も受賞した『絶対無敵スクイレルガール:けものがフレンド』と、日本人アーティストであるグリヒルさんのポップなアートが素敵な『グウェンプール:こっちの世界にオジャマしま~す』。
この2冊と先日発売した『Ms.マーベル:もうフツーじゃないの』の3冊を購入すると『ギャラクタ:パパは宇宙魔神』が貰えるといういう特典付き。商売がうまいんだから。
そして最近はマーベルの屋台骨となりつつあるスターウォーズレーベルからは『スター・ウォーズ:ダース・ベイダー シュー=トラン戦役』が発売。
じつはスターウォーズシリーズの中で管理人が一番楽しみにしてるのがこのシリーズ。皇帝の陰に隠れて自らの陰謀を進めるダース・ベイダーが最高にかっこいいピカレスクロマン!


そして毎月の恒例となりつつあるデッドプールについては早くもAll-New All-Different Marvelレーベルの作品『デッドプール ワールズ グレイテスト:ミリオネア・ウィズ・ア・マウス』が発売。
シークレットウォーズ後の"空白の8か月"の間に、デッドプールが世界一愛される世界一の金持ちに!?
続いて気になるのが『イヤー・オブ・マーベルズ』。こちらは「マーベル世界の祝日」をテーマに様々なタイトルから作品を持ってきた選集となっており、父を亡くしたノヴァを励ますトニー・スタークや、春の祝日にあくせく働かざるを得ないアントマンの悲哀など、コミックでは珍しいヒーローたちの日常が読めるのが魅力。
そして短編集と言えばこちらも楽しみなのが『ハーレイ・クイン:リトル・ブラック・ブック』。
DCの人気者ハーレイが、一話交代でDCの様々なキャラクターと絡むのが楽しい一冊。


プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター