タイタンズ・ハント

タイタンズ・ハント
(作:ダン・アブネット、画:パウロ・シケイラ、ゲラルド・ボルヘス)

ロイ:ああいう給水塔をみると胸騒ぎがするの、なんでだろうな?
20160530_1.jpg
アメリカの片田舎を旅する男、ロイ・ハーパーまたの名をアーセナル。
彼は休憩のために立ち止まった田舎町で、T字型の給水塔を見上げながらそうつぶやき、酒を求めて"氷河期"という名の酒屋に向かう。

20160530_2.jpg
店長:ナーク!お客さんだ。
ロイ:ナークって、それあだ名かなんか?
ナーク:本名だ
ロイ:そうかい。・・・おっと
(落ちかけた酒瓶を素早く拾うロイ)
ナーク:スピーディ…
ロイ:いまなんつった?
ナーク:いや、お前、素早い(Speedy)な
ロイ:そう…俺は素早いよ…


ナークとの会話に、何とも言えない違和感を感じながらも店を去るロイ。
(野暮な解説ですが、ナークの正体は元タイタンズのケイヴボーイ。太古の昔に氷漬けにされ、現代によみがえった正義の穴居人です。)

20160530_3.jpg
一方そのころ、諜報組織スパイラルのエージェント、ディック・グレイソンは裏社会のマーケットに流れたアトランティス人の臓器を追って、臓器販売ブローカーの元へと潜入していた。

厳重な警備をかいくぐり、臓器の取引現場にたどり着いたディック。
しかし、アトランティス人の臓器を追っていたのはディックだけではなかった。

20160530_4.jpg
取引現場に突如乱入してきたアトランティス人の戦士ガースに、全てを台無しにされるディック。
しかし初めて見るはずのアトランティス人の姿に、なぜかディックは親近感を感じていた。

その夜、ホテルでくつろぐディックの頭に、謎の声が響く。
20160530_5.jpg
リリス:ディック、あなたの古い友人リリスよ。奴が動き出したわ。
あなたは今日ガースを行かせるべきじゃなかった…早くみんなを探しだして。


念話の主はとある施設で依存症カウンセラーとして働く女性リリス・クレイであった。
そして、彼女の職場の"T"と書かれたキャビネットには…
20160530_6.jpg

**************
というわけで、今日は先日完結した『タイタンズ・ハント』の紹介です。

本タイトルのテーマはズバリ「オリジナルメンバーのタイタンズの復活」。
少し解説すると、もともとNew52でティーンタイタンズといえば、ティムが率いるこのチームの事。
20160530_7.jpg

New52世界では彼らこそが最初のティーンタイタンズであり、リブート前にいたようなディックが率いたチームは存在しないものと、長らくされていました。

しかし実はディック達による"オリジナルタイタンズ"は存在したのです。

それではなぜ、世界中の人々はもちろん、ディック達本人すらチームの存在を忘れているのか?
そしてなぜ今になって、彼らを再集結させる必要があるのか?

その質問に答え、New52世界にオリジナルタイタンズを組み込む試み、それこそが『タイタンズ・ハント』の物語の目指すところとなります。

実は本タイトルは刊行当初は完全にノーマークだったのですが、「『DC:リバース』で重要な役割を果たす」というインタビューを読んだのと、ライターが『アクアマン』と『アース2:ソサエティ』を担当し、個人的に打率10割を記録しているダン・アブネットであることもあり、最終話である#8が発売された後でまとめて読んだのですが、これが期待にたがわず面白い!

最終話を読み終えたころには、"New52版オリジナルティーンタイタンズ"の過去の活躍はもちろん、「すでに彼らはティーンでもサイドキックでもなく、一人前のヒーローに成長を遂げたんだ!」というNew52世界の歴史の重みすら(本当はどちらも実際は存在しないはずなのに)感じてしまいました。

20160419_02.jpg
また後にダン・アブネットのインタビューで明かされたのですが、そもそもこのタイトルは『DC:リバース』に向けたDC社の実験として企画されたタイトルらしく、実際、先日発売された『DCユニバース:リバース』を読んでみると、『タイタンズハント』のどこら辺が実験であったのか非常に納得のいくものでした。
というわけで、急きょ「DCの今後を占う重要タイトル」となった本タイトル。
リバース後の新タイトル『タイタンズ』に直接つながる内容ですので、ぜひ!

【宣伝】
私が最近何としてでも皆さんに手に取ってほしいタイトルが「グレイソン」。なんとなく女性人気ばかりが取りざたされている感のある本作ですが、その内容は折り紙付き!
マーベルとDCがその才能を取り合ったスーパーライター、トム・キングの出世作をぜひ!
また今回紹介した『タイタンズ』。翻訳本は殆ど出ていないのですが、今回、大ヒットとなったアニメ版をコミカライズした『ティーン・タイタンズGO!』の発売が決まりました。スカパーの無料放送や、飛行機の上映プログラムを観ながら「もっと子の世界観で楽しみたいな」と思っていた矢先の発表だったので、これは嬉しい。



マーベルで気になるタイトルは『デアデビル:イエロー』。『バットマン:ロングハロウィーン』で一世を風靡した制作陣をマーベルが起用した『スパイダーマン:ブルー』に連なる"カラーシリーズ"の一遍が遂に翻訳!
その他、映画公開を控えたデッドプールも翻訳がドカスカでています。

スポンサーサイト

アクアマン#49

アクアマン#49
(作:ダン・アブネット、画:ヴィセンテ・シフェンテス)

はるか昔にアトランティスから分離した邪悪な魔導士たちの王国との戦いを終えたアーサー。
彼は激闘の疲れを癒すために、アムネスティベイの灯台で最愛の妻と共に夫婦水入らずの時間を過ごしていた。
20160508_1.jpg

おりしもアムネスティベイでは年に一度のフェスティバルが到来。
地上とアトランティスの融和を目指すアーサーはこれを好機ととらえ、アトランティスから腹心の部下たちを呼び寄せ、自分たちと共にフェスティバルへの参加を命令する!

20160508_2.jpg
初めは嫌々だったガース、テュラ、ムークの近衛兵3人組だが、初めて目にする地上の文化に興味津々。

ちなみに一番地上になじんだのがこの人
20160508_3.jpg
ガース:陛下!次はバナナボートとやらを試したく存じます。なにとぞ更なる"お楽しみ券"をわたくしに!

そしてアーサーとメラも記念写真をパチり。
20160508_4.jpg


存分にフェスティバルを楽しんだアーサーとメラ達。
その晩、アーサーはかねてより温めていた地上との融和策をメラに打ち明ける。

その政策とは地上の国々にアトランティスを知ってもらうために、地上世界に大使館を作るというもの。
そしてアーサーは、メラに全権大使として地上世界に赴いてくれないかと頼む。

散々迷った末、これを了承するメラ。
そして、自分に与えられた"アトランティスの顔"という新しい役割を察した彼女が選んだ道…

20160508_5.jpg
それはアクアウーマンを名乗り、世間が自分に持っているステレオタイプなイメージを最大限に活用することであった!

…というわけで始まった、新ライターであるダン・アブネットによるアクアマン譚。
物語は親善大使として活躍するメラと、それを陰ながらサポートするアーサーの戦いを描くことになりそうですが、比較的ハードな雰囲気であった前任者と比べて、ユーモアに富んだ活劇が中心となりそうで、今のところかなり面白いです。
ダン・アブネットは「DC:リバース」後もアクアマン誌を担当することが確定してていますが、これはかなり期待できそうです。

【宣伝】(使いまわし)
めぼしい翻訳はこちら。
まずは映画公開も控え飛ぶ鳥を落とす勢いのデッドプールからは、
レギュラータイトルである『デッドプール VS. シールド』と『ウェディング・オブ・デッドプール』。後者はデッドプールの関係者が制作陣まで含めて参加する結婚式で話題になった号を収録。
またミニシリーズである『デッドプール:ドラキュラズ・ガントレット』も6月に発売予定。
そしてなんといっても重要なのは、ファンから翻訳が熱望されていたタイトル『ケーブル&デッドプール:青の洗礼』が遂に翻訳!
ケーブルとデッドプールの絆を描いた話題作です。


そして管理人がぜひともお勧めしたいのが『グレイソン』!コスチュームを高級スーツに着替えジェームス・ボンド張りの活躍をスルディック・グレイソンのスパイアクションで、その凝った物語構成は一読の価値があるはずです!
また他にもマーベル屈指の人気兄弟として上り詰めたソーとロキの確執を描いた「ソー&ロキ:ブラッド・ブラザーズ」や、
過去様々なコミックやメディアに登場したあらゆる世界のスパイダーマンが一同に会した話題作『スパイダーバース』など、相変わらず話題作が目白押しです!
プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター