Justice League Dark #9

ジャスティス・リーグ・ダーク
(作:ジェフ・レミーレ、画:マイケル・ジャナン)

今回は久々にJLDの紹介です。

*********
いつものように、ぼろアパートの一室で二日酔いで苦しんでいるコンスタンティンの下に、1人の男が訪れる。
男の名前はトレバー大佐、米国軍人にてジャスティス・リーグとの調整役である。
20120529_2.jpg


トレバー大佐  :コンスタンティン。話がある起きるんだ。私はトレバー。米軍の秘密部隊A.R.G.U.Sで働いている。
コンスタンティン:知ってる。TVでみた顔だ。ワンダーウーマンの愛人だろ?

(トレバー大佐は、マスコミからワンダーウーマンの元彼として扱われることにほとほと嫌気がさしています。
さらっと、本人が一番嫌がることを言ってのけるあたり、さすがコンスタンティンです。)

トレバー大佐  :単刀直入に言おう。こんなことを言いたくはないのだが、君たちの助けが必要だ。
コンスタンティン:他を当たってくれ。俺はお役人とは仕事をしないんだ。特にアメリカ政府のとはな。
トレバー大佐  :わかっている。だが君が興味を引きそうな報酬を準備した。"ブラックルーム"について聞き覚えは?
コンスタンティン:米軍が管理する魔力・霊力・その他に関連するアーティファクトの保管庫。単なる与太話だろ?
トレバー大佐  :いや、ブラックルームは実在して、今はA.R.G.U.Sの管理下だ。信じられないなら、なんで私がこれを持っているか説明できるかな?
コンスタンティン:Dr.デスティニーの夢石?どうやってこれを?
20120529_1.jpg

(Dr.ディスティニーは夢を操るヴィラン。実はその力の源である夢石は、コンスタンティンともかかわりの深いドリーム(モルフェウス)の持ち物です。ここら辺のくだりは、インターブックスから邦訳されたサンドマンに詳しいです。)

トレバー大佐  :これはまだ氷山の一角だ。もし君が協力をしてくれるならば、君をブラックルームに招き、10分間だけ独りにしてあげよう。。
トレバー大佐  :仮にその間、アーティファクトが数点"謎の消失"を遂げたとしても、、、

コンスタンティン:わかった。何をすればいい?

トレバー大佐はコンスタンティンに、A.R.G.U.S.の魔術顧問が南米でフェリックス・ファウスト(DCの古典的悪役)を調査している最中に、謎の失踪を遂げたことをつげ、その救出を依頼します。

トレバー大佐  :そうそう、我々は君たちのチームに"ジャスティス・リーグ・ダーク"というニックネームをつけ、監視させてもらっているよ。
コンスタンティン:最低のネーミングセンスだな。いずれにせよ俺たちはチームじゃない。
コンスタンティン:だからまず、連中を説得するところから始めないとな。


トレバー大佐  :君の検討を祈ってるよ。そうそう、それは返してもらうぞ。
(コンスタンティンが隠し持ったDr.ディスティニーの夢石を指しながら)
20120529_3.jpg



こうして、再びメンバーを集めるコンスタンティン。しかし、コンスタンティンはメンバーから蛇蝎のごとく嫌われているため、誰ひとり協力を申し出ません。
そこで、一計を案じたコンスタンティンはメンバーからの信頼が最も厚いザターラを、こっそりと口説きにかかります。
20120529_4.jpg


コンスタンティン:そういえば、トレバーにブラックルームの写真を見せてもらった。(嘘です)
コンスタンティン:はっきりとは見えなかったが、部屋の片隅になにがあったと思う?
コンスタンティン:お前の親父さんザターラの帽子さ。(嘘です)
コンスタンティン:お前が他のメンバーを説得してくれるならば、親父さんの帽子を真っ先にもってくるぜ。(もちろん嘘です)


・・・こんなことしてるから、嫌われるんだよ。

薄々は騙されていると気づいていながらまんまと口車に乗ってしまったザターナは、見事メンバーの説得に成功。
一行は一路アマゾンへの向かいます。そこで彼らが見たものは。。。
*********

というわけで、ライターを現在アニマルマンが大人気のレミーレに変更し、仕切り直されたJLD。
正直、前任者ピーター・ミリガンが担当する話は、最初の話も、I,Vampireとのクロスオーバーも、
「メンバーが思わせぶりな態度で右往左往するも状況は変わらず。最後にデウスエクスマギナが全て解決。」という、割としらけるパターンでした。
このため、ちょっと紹介を避けていたのですが、今回の話はなかなか楽しいですね。
(主にコンスタンティンの小悪党っぷりが(笑))

【新メンバー】
今回からJLDに加わったメンバーの紹介。

アンドリュー・ベネット
「I,Vampire」の主人公。前号までのクロスオーバー「Rise of Vampire」にて、地球最初の犯罪者にして魔の起源であるケインを打倒し、吸血鬼の王となった。
前回の事件でコンスタンティンに借りができ「困った時はいつでも呼んでくれ」と言ったのが運のつき、一緒にアマゾンに行ってくれる仲間がいないコンスタンティンに無理やり連れてこられます。
20120529_6.jpg

ブラックオーキッド
ARGUSより、JLDのお目付け役として派遣されてきたシェイプシフター。
20120529_5.jpg


ちなみに、シェイド・ザ・チェンジングマンはいろいろあって、チームから(というか現実世界から)脱落。
マインドワープは行方不明。マダム・ザナドゥはお留守番です。

【今回のお気に入り】
前回までの事件を振り返ったマダム・ザナドゥがコンスタンティンに放ったのひとこと。
「(前回の事件も)あなたの周囲の人間が犠牲になっただけ、あなたにとっては、いつものストーリーでしょ?」
これって、ヘルブレイザーの典型的ストーリーパターンを皮肉ったメタメタしいジョークですよね?

今回の話は、このメタジョークや、Dr.ディステニーの夢石のように、過去のヴァーティゴをリスペクトした描写が多くてなかなか楽しいです。
好きなキャラクターが多いシリーズですので、できればこのまま盛り上がってほしいものです。
スポンサーサイト

フラッシュポイント邦訳版発売記念 小ネタ

遂に邦訳版が発売された、DCの2011年の大型クロスオーバー「フラッシュポイント」。
「初めてまともに訳されるDCのクロスオーバーがいきなり改変世界もの?」という、疑問の声も一部で挙がっていますが、以前も書いたように、
改変世界物は、古参読者にも初心者読者にも等しく馴染のない世界が舞台なので、背景世界の説明が丁寧に入るという利点があり、意外にも初心者にとっては非常に読みやすい作品になっています。
(少なくとも管理人は読みやすかったです。)
20120521_2.jpg


確かにDC世界に馴染がないうちに読むと、"あの人が改変後はあんなことに…"的な楽しみがスポイルされることは否定できませんが、
過去のコンテュニティを知らないとわからない細かいくすぐりが分らないのは、邦訳アメコミではよくあること。
管理人はヴィレッジブックスの選択を断固支持します。
(改変世界のバットマンとスーパーマンは必見です!!)

というわけで、今回はそんな「フラッシュポイント」がらみの小ネタをひとつ。

「フラッシュポイント」のラストで元の世界のバットマンに届けられた改変世界のバットマンからの手紙が、バットケイブに飾られていることが、今月のJustice League(#9)にて確認されました。
(細かくは述べませんが、手紙のくだりは、思わずほろりと来るこの作品の見どころです。)
20120521_1.jpg


ということは、やはりフラッシュポイントのラストでバリーが戻った先は、リランチ後のDCnUだったんですね。
バリーが帰還する直前にはっきりと、パンドラによる世界の改変が描写されているので、当たり前といえば当たり前なんですが、そうなるとフラッシュは
 ・リランチ前のDCユニバース
 ・フラッシュポイントの改変世界
 ・リランチ後のDC ニューユニバース
の3つの世界の記憶を保持してるっていうことですかね?

もし覚えているとしたら、バリーはリランチ前の妻アイリスの記憶を持ちながらも、新恋人パティを作ったことになるので、ちょっと無理があると思いますし、
時間軸の自浄作用でリランチ前のことを忘れてしまったのだとしたら、あれだけフラッシュポイントのなかで「前の世界を忘れたくない。妻を忘れたくないんだ!」と頑張っていたのに、結局忘れてしまったバリーが哀れでなりません。
20120521_3.jpg
("元妻"アイリスと"新恋人"パティとの3ショット)

Green Lantern #9

グリーンランタン #9
(作:ジェフ・ジョーンズ、画:ダグ・マーンケ)

*********
ついにインディゴ・トライブの秘密が明かされる!
ということで、ハルはインディゴ・トライブのホームグランドを彷徨ううちに、リングの作成者ナトロモと出会います。
20120520_1.jpg



彼はアビン・サーの盟友であり、ハルがアビン・サーの仲間であることを知ると、インディゴ・トライブの秘密を明かします。
その秘密とは、
 ・この惑星に貯まる藍色の光には、人から慈悲の心引き出す力がある。
 ・その力を知ったアビン・サーはナトロモと共に、使用者を慈悲深い聖人に変えるインディゴ・リングを作成。
 ・アビン・サーは凶悪犯罪者を捕まえる度に、リングを着けさせ、密かにトライブを組織していた。
 ・つまりインディゴ・トライブは強制的に改心させられた極悪人の集団だった!
そこまで知ったハルはナトロモに尋ねます。
「つまり、アビン・サーは奴らに罪を償わせる為に、トライブを組織したのか?」
「いや、トライブはただの実験台だ。」
「アビン・サーはブラッケストナイトの後に控えるコァの破滅を避けるために、リングを作成した。」
「コァの破滅を引き起こす元凶、ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーにリングを着けさせる計画だったのじょよ。」
「ブラッケスナイトが終わったのであるならば、もう猶予はない、アビン・サーが帰ってくる前に、残りの指輪を作らなければ。」

アビン・サーが生きていると勘違いしているナトロモ。そんなナトロモにハルはアビンの死亡を伝えます。
その事実を知ったナトロモは「アビンがいなければ、彼らと戦うことはできない…」と絶望。
インディゴのパワーバッテリーを破壊してしまいます。

直ちに力を失うインディゴ・リング。
それはインディゴ・トライブの面々、宇宙最悪の悪人たちの解放を意味していた。
20120520_2.jpg

*********

遂に明かされたインディゴトライブの秘密。
どおりで悪人顔が多いと思ったよ。

って、ニューガーディアンズのメンバーのモンクも解放されちゃったけど、良いのかな?
最近、グリーンランタン本誌の内容が、ニューガーディアンズ誌にも影響を及ぼしてきているので、モンクの離反も影響を与えてくるのかな?
ニューガーディアンズ誌はかなり楽しみにしているタイトルなので、気になるところです。
(そのうち書くかもしれませんが、アルキロが恰好いいんだこれが。)

クロスオーバー"Third Army"に向けて、そろそろ、GLC誌やRed Lantern誌も押さえた方がよい気がしてきました。

【オマケ】
ちなみに、もうひとつ明かされた謎がひとつ。
・謎のインディ語"NOK"の意味は「慈悲と共にあらんことを」
プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター