ジャスティスリーグvsスーサイドスクワッド #1

ジャスティスリーグvsスーサイドスクワッド #1
(作:ジョシュア・ウィリアムソン、画:ジェイソン・ファボック)

政府の高官アマンダ・ウォラーによって組織された特殊部隊タスクフォースX――減刑をエサに集められた札付きの悪人たちによって構成され、表沙汰にできない危険な汚れ仕事を密かにこなす"自殺部隊(スーサイドスクワッド)"。
彼らの今日の戦場は、小さな島国バドニシアであった。
20170103_01.jpg
S.T.A.R.ラボから盗み出した地震兵器を使用し島を破壊しようとするカルト教団を止めるために派遣されたスーサイドスクワッド。
もちろんその目的は人命救助ではない。バドニシアの地下に密かに建造されたアメリカ政府の軍事基地が発覚し、国際社会から非難を浴びることを恐れたアマンダ・ウォーラーが先手を打ったのだ。

20170103_08.jpg
教団員の気がハーレイ達にとられている隙に、見事、高所からの狙撃で教祖を射殺したデッドショット。
しかし、教祖が最後に放った地震パルスはデッドショットのいたビルを破壊する。
必死に脱出を試みるも、逃げ場を失ったデッドショット。

20170103_02.jpg
デッドショット:パパも、今回ばかりは弾切れらしい。
デッドショット:地獄でまってるぜ、アマンダ!


愛する娘の写真を目に焼き付け、覚悟を決めて身投げをするデッドショット。

そんな彼を救ったのは、スーパーマンをはじめとするジャスティスリーグの面々であった。

リーグがここに来たのは偶然ではない。
バットマン誌で繰り広げられたサンタ・プリスカの一件で、アマンダ・ウォラーと彼女の築き上げたスーサイドスクワッドの危険性を再認識したバットマンは、その存在をリーグに打ち明けスーサイドスクワッド壊滅のために協力を仰いだのだ。

20170103_03.jpg
(そういえば当ブログでリバース後のジャスティスリーグを取り上げるのは今回が初めてですね。
オリジナルメンバーを踏襲した構成ですが、グリーンランタンがバズとジェシカの二枚看板、スーパーマンはフラッシュポイント前のDC世界からやってきた方になっています)

一触即発の状態で対峙する両チーム。
しかし"地球最高のヒーローチーム"であるジャスティスリーグと、ごろつきの寄せ集めであるジャスティスリーグではその戦力差は明らか。

バズ:こりゃ一方的過ぎないか?あの男なんて武器がブーメランだぜ?
フラッシュ:キャプテン・ブーメランを舐めない方がいい。奴は…
バズ:いや、それでもブーメランはないだろ?


どこか緩んだ空気がリーグの中に漂う中、デッドショットは冷静にアマンダ・ウォーラーに連絡をとる。
20170103_04.jpg
デッドショット:で、俺たちはどうすればいい?
アマンダ:わかっているはず
デッドショット:もう一度、お前の口から聞きたいんだ
アマンダ:リーグに生け捕りにされるな。失敗したときは無線爆弾で殺す。
デッドショット:お前ら聞いたな。俺たちが潜り抜けてきた糞ったれな日々の中で、今日ほど楽な任務はない。
見ての通りリーグの奴らは殺しはできない。だが・・・
20170103_05.jpg
俺たちは殺れる!


遂に始まった現在のDCを代表する2チームの戦い。
しかしその陰で密かに動き始めた第3チームがいた。

カリフォルニアはデスバレーの地下深くにある秘密施設カタコンベ。ほんの数名の囚人のためだけに造られたこの施設に一人の男が入り込み、そこに収監された"この世ならざる者"を解放したのだ。

解放された囚人はこの5人。
20170103_06.jpg
(左から)31世紀からやってきた魔女エメラルド・エンプレス、磁力を操るグリーンランタンの宿敵Dr.ポラリス、宇宙最凶の賞金稼ぎロボ、かつてJSAと戦った無貌の仮面ジョニー・ソロー、スーサイドスクワッドのライバルであった国際テロ組織"オンスロート"の首領ラスタム。

そして彼らを解き放った張本人、マクスウェル・ロードは彼らに語る。
20170103_07.jpg
マクスウェル・ロード:君たちに君たちがいま最も欲しているもの――アマンダ・ウォラーの首を差し上げよう。
見返り?世界を救う手伝いをしてくれればそれで結構。


***************
というわけでDCリバース初の大型クロスオーバー『ジャスティスリーグvsスーサイドスクワッド』の紹介でした。
DCが、本編をミニシリーズでやるような大型クロスオーバーを行うのは久しぶり、『フォーエバーイービル』から数えれば3年ぶり、DC社屋の引っ越し時におこなった『コンバージェンス』から数えても1年半ぶりになります。

上記の通り"vs"とは銘打たれていますが、物語の中心はマクスウェル・ロードと彼の率いるチームとの戦いになりそうなのですが、実はマクスウェル・ロードのチームは非常に興味深い構成でして、ロボ以外のメンバーは全員、NEW52以降初登場。
ロボにしても、New52に登場したロカビリースタイルのロボではなく、彼に殺されたはずのバイカースタイルで、フラッシュポイント前を強く意識させるメンバーです。
(厳密にはジョニー・ソローは『アース2:ソサエティ』に、Dr.ポラリスは『フューチャーズエンド』に、それぞれ"別バージョン"が登場しています。)
またエメラルド・エンプレスは「この世界は時が失われている」と語り、ジョニー・ソローは"聞いたこともないヒーローチーム"についてのたわ言を繰り返します。

彼らが収監されていた施設の職員が、彼らに対して使った"この世ならざる者"という呼び名は、果たして単なる修辞表現なのか?それとも本当にこの世界ではない別の世界、つまりリブート前の世界からやってきた存在であることを意味していたのか、次なる展開が非常に楽しみです。

【宣伝】(使いまわし)
新作の発表が多すぎて、何を紹介したんだかしてないんだか分からなくなってしまった翻訳アメコミ。
今回は目についた作品を片っ端から紹介。

まずはイベント『ジャスティスリーグvsスーサイドスクワッド』も始まり、いまDCが最も力を入れているタイトルであるスーサイドスクワッドから、その主要メンバーに焦点を当てた2作品『スーサイド・スクワッド モスト・ウォンテッド:デッドショット』と『スーサイド・スクワッド モスト・ウォンテッド:カタナ』が発売。
またゴッサムシティのはずれにある名門校を舞台にした学園探偵もの『ゴッサム・アカデミー:カラミティ』が発売。
Twitter上で話題になった"イケメン・ダミアン"が遂に登場。マップス、ダミアン、グラップル銃の三角関係に発展!
そして『アクアマン:王の最期』にてジェフ・ジョーンズ期のアクアマンが遂に完結。オーシャンマスターを倒しアトランティス王位を改めて継ぐこととなったアーサーの前に、古代の王が甦る!


お次は月刊が通常のアメコミ界において、週刊作品を1年間続けるというクレイジーな企画『バットマン:エターナル』の上巻がまさかの刊行。
ジム・ゴードン逮捕の衝撃と共に、ゴッサムで最も危険な"人"――カーマイン・ファルコーネが帰ってくる!
次も大作『バットマン:ノーマンズランド』の3巻が刊行。90年代後半のバットマンの金字塔となったクロスオーバーのいよいよ後半戦。
そして「LOBO ポートレイト・オブ・ア・バスティッチ」で驚異の翻訳デビューを果たしたジュリアンパブリッシングから、『BATMAN LOBO / LOBO AUTHORITY:HOLIDAY HELL』が発売!
容赦のない筋肉描写で一世を風靡したサイモン・ビズレーのアートで、ロボとバットマンが読めるよろこび!



翻訳デビューといえば、誠文堂新光社も翻訳アメコミに参戦。そしてそのチョイスが凄い!
まずはヴァイオレンスグルメコミック界の金字塔(そんな"界"があるならばですが)『GET JIRO!』!
"スシ"の名をかたるまがい物が幅を利かせる悪徳の街ロサンセルスに、硬派な寿司職人ジローが帰ってくる。
色物と侮ることなかれ、著作の映画化も控えた有名グルメライター、アンソニー・ボーデインがライターなだけあって、その寿司描写だけは確か。ほかの設定は頭のネジがかなり飛んでいますが…
続いてはガース・エニスの『ザ・ボーイズ』。ヒットマン、パニッシャーなど、問題作を数多く世に送り出したガース・エニスの作品の中でも一番の問題作である本作。
大手出版社の自主規制の頸木を逃れたエニスが、本当に下世話で下品でハートフルなヒーロー界を描く!
続いては『ウォーキングデッド』で飛ぶ鳥を落とす勢いのライター、ロバート・カークマンの『アウトキャスト』が翻訳。
こちらは管理人は未読なのですが、悪魔祓いをテーマにした話題作の翻訳ということで非常に楽しみです。
最後にエンターブレインから『ヒットマン』の続巻が刊行されることが発表。
てっきりラインが止まったと思っていたヒットマンの復活が大変うれしいです。New52世界にも帰ってこないかなモナハン。


"最後に"と思ったら、まだ重要な作品『ハワード・ザ・ダック』の紹介が漏れていました。
私世代だと、ルーカスによる映画でお馴染みの彼ですが、実は近年マーべス世界で復活を果たし、大人気となっています。
地球と宇宙を股にかけるやや脱力系のコメディですが、その面白さお墨付き。

スポンサーサイト

ジャスティスリーグ #44-45 (ダークサイドウォー その3)

ジャスティスリーグ #44-45 (ダークサイドウォー その3)

20160117_1.jpg
大地を揺るがし戦うダークサイドとアンチモニター。
ジャスティスリーグの眼前で繰り広げられる二人の戦いはしかし、終わりの時を迎えようとしていた。

20160117_2.jpg
果てしない戦いに飽きたダークサイドは、戦闘を終わらせるべく自身が捕らえていた“神々の死神”ブラックレーサーを召喚しアンチモニターに放つ。
しかし、この瞬間こそアンチモニターが周到に用意していた“ダークサイド打倒”の勝機であった。

アンチモニターは、ブラックレーサーの力をその場にいるフラッシュと融合。
フラッシュを新たな"神々の死神"に仕立て上げ、これをダークサイドにぶつけ返したのだ。
20160117_3.jpg

如何に悪神といえども神々を縛る摂理には逆らうことはできず、黒いフラッシュに易々とその身を貫かれ息絶えるダークサイド。
20160117_4.jpg
DCを代表する巨悪同士の戦いは、ダークサイドの死亡によって幕を下ろしたのだった。

戦いに勝利したアンチモニターはいずこかに去り、戦いの跡に残された悪神の亡骸を呆然と見下ろすジャスティスリーグの面々。
しかし、自らもオリュンポスの神の1人であるワンダーウーマンは気が付いていた。

神が死んだということは、世界の理に大きな空白が生まれたということ。
そして世界はその空白の存在をけして許しはしないことを!

ワンダーウーマンの不安を裏付けるかのように、この世界に同時多発的に新たな神々が誕生しようとしていた。

20160117_5.jpg
ブラックレーサーの役割を引き継いだフラッシュは"死の神"としていずこかに走り去り…

20160117_6.jpg
惑星アポコリプスの莫大なエネルギーを吸収したスーパーマンは"力の神"となり…

20160117_7.jpg
座るものに無限の力を与える神の椅子を得たバットマンは"知識の神"となりアンチモニターの正体を探り…

20160117_8.jpg
神の節理の乱れによりソロモン・ヘラクレス・アキレスなど地球の神との繋がりを失ったシャザムは"オールドゴッズ"の力を使役する"神々の神"となり…

20160117_10.jpg
主を失ったパラデーモンの群れと単身立ち向かうために、マザーボックスと自らの指輪を融合させたハル・ジョーダンは"光の神"となり…

20160117_9.jpg
惑星アポコリプスに置き去りにされたレックス・ルーサーは、ダークサイドの死後に放射されたオメガエフェクトをその身に宿すことで"アポコリプスの神"としてアポコリプスに君臨する。

自身の身に突如差し出された強大すぎる力を前に、その力を制御する者、拒否する者、そして溺れる者、三者三様の反応を示すヒーローたち。
そんなヒーロー達を尻目に、「ダークサイド打倒」という共通の目的を成し遂げたグレイルとアンチモニターは、それぞれの計画を次の段階へと進めていた!

******
というわけで、今回はジャスティスリーグのイベント『ダークサイドウォー』の紹介でした。

「ダークサイドvsアンチモニター」という大一番を終えた本ストーリーは、ここでいったん一区切りとなり、物語はアンチモニターとリーグとの新たな戦いを描くAct2へと続いていきます。
様々な経緯で神の力を得たヒーローについては、『ジャスティスリーグ:ダークサイドウォー』と題された読み切り作品がヒーローごとに刊行され、その中で各ヒーロー達が神々の力とどう折り合いをつけていくかが語られることとなります。

20160117_11.jpg
これらの読みきりですが、話のネタとしては、邪悪というよりは"いじめっ子"という言葉が相応しい性格となったクラークが暴れまわるスーパーマン誌や、あらゆる犯罪の発生を未然に防ぐことで、ゴッサムが犯罪件数ゼロの超管理都市に変貌を遂げるバットマン誌もよいのですが、何といっても管理人がお勧めなのはシャザム誌とグリーンランタン誌。

20160117_12.jpg
どちらも"ある日突然神のような力を授かってしまった一般人"という、自身の元々のアイデンティティを余すところなく発揮し、「神の役割とは?そしてそれに祈りをささげる人間の役割とは?」というテーマを掘り下げる素晴らしい作品になっています。

【宣伝】
発売が予定されている作品の中で一番のお勧めは『スーパーマン/バットマン:パブリック・エネミー』。
その名の通り、DCの2大ヒーローのチームアップを描いた作品ですが、スーパーボーイやパワーガール、ハントレスやナイトウィングなど、サポートメンバーを始め、JSAのメンバーやカタナ、トイマン(ヒロくん!)を始めとしたオールスターが登場する賑やかな作品となっています。
また『バットマン:真夜中の事件簿』や『ハーレイ・クイン:ホット・イン・ザ・シティ』など、今DCで一番売れている作品群の翻訳も嬉しいところ。


またマーベル関連では『AVX:アベンジャーズ VS X-MEN アルファ&オメガ』として、「アベンジャーズvsX-men」の前日譚と後日談が翻訳されます。特に後日談に当たる『AVX:コンセクエンス』は、AvX後のX-menの方向性を指し示す重要な作品ですので、X-menファンの方はお見逃しなく!
また、マーベルの『スター・ウォーズ:ダースベイダー 』はEp4とEp5の間を埋める作品として、「如何にダースベーダーが帝国の中で勢力を強めていくのか?」を扱った"悪人vs悪人"のピカレスクロマンということで、個人的に楽しみにしている作品です。


ジャスティスリーグ #42-45 (ダークサイドウォー その2)

ジャスティスリーグ #42-43 (ダークサイドウォー その2)
(作:ジェフ・ジョーンズ、画:ジェイソン・ファボック)

あまりにもいろんな展開がありすぎたので、今回は気になったシーンを紹介する形式で。

【メトロン登場】
ダークサイドの娘グレイルにより、地球へと降臨した"世界の破壊者"アンチモニター。
グレイルによって完膚なきまでに叩きのめされたリーグには、もはやアンチモニターに立ち向かう力は残っていなかった。
20151123_01.jpg

覚悟を決めて、アンチモニターに最後の突撃を仕掛けるワンダーウーマン。
しかしその瞬間にまばゆい光と共にその場に現れた救いの手、それは世界の成り行きの全てを見守る役割を与えられたニューゴッズの1人、メトロンであった。

メトロンは自らの役割の前任者であるアンチモニターに一瞥をくれると、リーグのメンバーを連れてテレポートし、その場を脱出する。
(メトロンとアンチモニターの関係については、こちらを参照)

【新たな知識の神】
メトロンの隠れ家に招かれたリーグの面々。
20151123_02.jpg

ワンダーウーマン:あなたは何者なの?
グリーンランタン:奴の名前はメトロン。きっと「私はお前たちの味方だ」とかぬかし始めるが、信じるんじゃないぞ?


グリーンランタン・コァとニュージェネシスの戦いを描いたイベント『ゴッドヘッド』にて、メトロンを始めとするニューゴッズと面識のあるハルは、メンバーにそう警告する。

メトロン:あの時は、私はただ観測するためにあの場にいた。
そして今もだ。私は君たちがこの世界を守るのを何度も観測してきた。
しかし今回に限ってそれは不可能だ。

ワンダーウーマン:あの怪物は何者なの?
メトロン:あれはアンチモニター。しかし彼に関する知識は秘匿されている。
ワンダーウーマン:答えなさい!
真実の投げ縄で、知識の神メトロンを捕縛するワンダーウーマン
グリーンランタン:無駄だぜ。メトロン本人は何も知らない。その椅子のおかげでウィキペディアを気取ってるだけさ。
ワンダーウーマン:なるほど

20151123_03.jpg
メトロンを神の玉座から力ずくで引き下ろすワンダーウーマン。

主を失いどこかに転移を始める玉座を逃さぬよう、バットマンがすかさずそれに跨る。
玉座から発せられる知識の奔流がバットマンに流れ込む。

バットマン:・・・私の両親を殺したのは? そうジョー・チルだ。それは分かっている。
それではジョーカーの本名は? 馬鹿な!そんなはずは…
ワンダーウーマン:無事か?バットマン
バットマン:…もちろんだ。今や私はこそが神なのだから!

20151123_04.jpg


【一方アポコリプスでは…】
ルーサーの妹、レナの手によりダークサイドの本拠地である惑星アポコリプスに転移させられた、スーパーマンとルーサー。
彼らは雲霞のごとく押し寄せるパラデーモン達の群れと戦っていた。
20151123_05.jpg

力の源である太陽の存在しないアポコリプスでの戦いに疲弊していくスーパーマン。
自らの生き残りのために、どうしてもスーパーマンを復活させる必要のあるルーサーは、覚悟を決めてスーパーマンをファイアピット―アポコリプスの中心から立ち昇る地獄の業火にスーパーマンを突き落とす。

やがてファイアピットから這い上がりパラデーモンの群れを一蹴したのは、
20151123_06.jpg
アポコリプスの"太陽"をその身に宿したスーパーマンであった!

【宣伝】
近日発売のアメコミで一番気になっているのが『スターウォーズ:スカイウォーカーの衝撃』。実はつい最近まではノーチェックだったのですが、とあるトークイベントで「マーベルのスターウォーズが如何に面白いか」という熱の入ったリコメンドを聞いてしまったため購入決定。
また各賞を総なめにしたオフビートハードボイルド『ホークアイ:L.A.ウーマン』と、DCの人気キャラのオリジン(誕生譚)を、トップライター達の手によって紹介させた好企画『DCキャラクターズ:オリジン』の発売も待ち遠しいです。



また"月刊デッドプール"を超える刊行ペースで出版されるデッドプールの近刊は下記の通り。


そして、個人的には最近一番のサプライズがこちらの『スーパーマン:アンチェインド』!
スーパーマン75周年企画として刊行された、スコット・スナイダーがライターでジム・リーがアーティストという夢のような企画です。



プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター