マーベルの新リランチ"フレッシュスタート"

今回は遂に始まった、マーベルの2018年のリランチ"フレッシュスタート"の解説です。

最初にお断りですが、今回の記事は管理人がTwitterでやっている情報アカウント「アメコミ通信社(@amecomi_tsushin)」のツイートを極力再利用する形で作成しています。




とこのようなアナウンスで始まったマーベルの今年のリランチ。
ちょっとだけ補足をすると、この動画の名称以外でマーベルが"フレッシュスタート"という言葉を使ったことはなく、この名前はあくまでファンやニュースサイトがつけた通称に過ぎません。
(このため、アメコミ流通の大手ダイアモンドコミックスのカタログ上のタイトルにも、フレッシュスタートを示す3文字略語は付いていません。ちなみにマーベル・レガシーは"LEG"。)

とはいえ、名前がないのも極まりが悪いので、本ブログでもこの"フレッシュスタート"という名前で今回のリランチを呼ぶこととしましょう。

2012年に行った大規模リランチ『Marvel Now!』の大成功を受け、マーベルは近年、年に1回大規模なリランチキャンペーンを行い大量の#1を発売することで売り上げを伸ばす戦略をとってきました。






この間にライバルのDCが行ったリランチが、
2011年のNew52、2015年のDC YOU、2016年のDCリバースだけだったことを考えると、
1年に1回という頻度が、どれほどのものかわかるでしょう。

ただ、当初はかなり上手く機能していたこの"短期リランチ戦略"ですが、リランチを繰り返すうちにその効果にも陰りが見えてきました。

特に直近のリランチである『マーベル・レガシー』は大失敗といってもいい結果。
20180520_01.jpg

「マーベルの歴史の全てを全肯定する」、「全タイトルの導入としてワンショット『マーベル・レガシー』を刊行する」など、当時大成功を収めていた『DCリバース』の雰囲気にそのまま乗っかる様なプロモーションを展開し、「今回の発表で業界の歴史が変わる」と大見得を切り、散々ファンの期待感を煽ったのですが、
肝心の発表の後で読者が目にしたものは、「制作陣はそれまでと変わらないけれど、号数は通算表記に戻してなんとなく"リランチ感"だけは醸した作品群」と、「過去作品をオマージュしたヴァリアントカバーを、リランチの目玉であるかのように激押しする出版社」、そして「そのヴァリアントカバーの過酷な仕入れ条件に苦しむ小売店の怨嗟の声」でした。

というわけで、そんな商業的にも評判的にも振るわなかったレガシーの開始から、4ヶ月後という超短期間で発表されたのが今回の"フレッシュスタート"。

「ここまで悪し様に書いたのだから、さぞやフレッシュスタートに対しても思うところがあるに違いない」と思われた方もいると思いますが、さにあらず。
実は、管理人は今回のリランチに今までにないくらい期待しているのです。

その理由は、今回のリランチの骨太さ。
今までのリランチは短期間で新味を出さないといけない関係上、どうしても飛び道具的な設定や展開を前面に押し出していくタイトルが多かったのですが、今回はそんな小細工は一切なし。
ひたすら「人気キャラを人気ライターの手にゆだねる」というストロングスタイルのタイトルばかりで、なおかつそのキャラとライターの組み合わせが、ファンに新たなケミストリーを感じさせずにはいられない絶妙な配合なんですよね。

というわけで、前置きが長く、そしてネガティブになってしまいましたが、以降はフレッシュスタートの注目タイトルとそのポイントを見ていきましょう。

【アベンジャーズ】






まずは、今回の旗艦タイトルとなるアベンジャーズ誌。
最近はその時々の"旬"のメンバーで構成されることが多かったアベンジャーズですが、今回はビッグ3のオリジナルメンバーが中心となっており、ぐっと正統派な雰囲気があります。
ライターのジェイソン・アーロンも、壮大で王道なストーリー展開に定評のある人気ライターで、そんな彼がアベンジャーズを再びユニバースの中心に戻すというのですから、そりゃ期待は高まります。

物語は、『マーベル・レガシー』で提示された、紀元前100万年のアベンジャーズに、彼らが戦った謎のセレスチャルが絡むらしく、やはり相当スケールのでかい話になりそうです。

【ソー】



そんなアーロンが、6年以上続けているソーの物語の新章。
引き続きダークエルフの戦争狂マレキスが仕掛ける"ウォー・オブ・ザ・リアルムス"を中心に、銀河中の全文明の神を殺す男ゴッド・ブッチャーのネクロソードの行方、未来世界のキング・ソーと彼の孫娘3姉妹と様々な要素の絡む壮大な話になりそう。
ちなみに現在のファンの関心ごとは、ムジョルニアを持つ資格を失ったソーの新たな武器が何かという事。
前作のラストで、ソーがムジョルニアの破片を使って何かを創ろうとしていましたが、果たして何がでてくるのか…
ちなみに、ライターがかぶっていることもあり、『アベンジャーズ』と将来的には絡んでいくことになりそう。

【イモータル・ハルク】










久しぶりにバナー博士が主人公となるハルクのタイトル。
見ての通り、「バナー博士が、緑の怪物という正体を隠しながらアメリカを放浪する」という、ハルクの原点回帰ともいえる内容。
ライターのアル・ユーイングは、『USアベンジャーズ』や『アルティメッツ』などSF系のタイトルで大評判のライター。
管理人は彼の担当する作品を読むのはこれが初めてですが、その評判を常々聞いているので、これまた楽しみな作品。

【アメイジング・スパイダーマン】





『ブラン・ニュー・デイ』で始まり10年間もの長期政権となったダン・スロットのスパイダーマンが遂に終了。
これだけでも大ニュースですが、その後を継ぐのは『キャプテン・アメリカ』や『スペリアーフォーズ・オブ・スパイダーマン』
のニック・スペンサー!
シリアスながらユーモア溢れる物語が大得意なスペンサーは、スパイダーマンの担当にうってつけ。
先日公開された予告編で、既に彼の持ちキャラであるスパイダーマンのC級ヴィラン、ブーメランと、ピーターとの同居が始まっており、早くもシチュエーションコメディの様相を呈してきました。
そして、何といっても、今回は10年ぶりに来たスパイダーマンの本当の意味での"読み初めポイント"!
これは読むしかないですね。

【ファンタスティック・フォー】




こちらは『シークレットウォーズ』以降、久々に表舞台に帰ってきたファンタスティックフォー。
『マーベルレガシー』、『マーベル・2 in One』と散々復活が仄めかされてきたところに、満を持しての登場となります。
ライターは『アメイジング・スパイダーマン』を終えたばかりのダン・スロット。
実は彼のタイトルを読んだことはあまりないのですが、「10年間アメスパを任されてきた」という事実を前に考えると、そこは寧ろ楽しみな要素です。

【トニー・スターク:アイアンマン】


そしてダン・スロットはアイアンマン誌も担当。
こちらに至っては、管理人はアイアンマンの個人誌も読んだ経験がありません。
しかし、マーベル的にかなり力が入った作品となることは間違いないので、こちらもこれを機に読んでみるつもりです。

【キャプテン・アメリカ】



キャプテン・アメリカ誌を担当するのは映画公開に先駆けてブラックパンサーを大スターに押し上げたタナハシ・コーツ。
ポリティカルな内容をエンターテイメントに昇華するのが非常にうまく、管理人はポリティカルなキャプテン・アメリカが大好きなので、この組み合わせは非常に楽しみ。

…だめだ、書ききれない。
他にもたくさん紹介したいタイトルはあるのですが、今回はこれまで。
とにかく、今回のリランチは今までとは違う、超本気、超王道のリランチとなりそうですので、原書デビューを考えている方は是非どうぞ!

【宣伝】
(今回はさらっと)

『バットマン:アイ・アム・ベイン』DCリバース期のバットマンの第1章ともいえる、「アイ・アム三部作」の完結編。
一部で話題の「バットマンバーガーでのロビンたちの雑談」もこの本に収録されるので、ロビンズファンも見逃すな!
またスパイダーマンの最新タイトルである『スペクタキュラー・スパイダーマン:イントゥ・ザ・トワイライト』の翻訳も決定。
こちらは、独自路線を行くアメスパ誌に対して"普通の"スパイダーマンを目指し、非常に評判のいいタイトルなので、翻訳去れるのも納得のセレクト。
徐々に翻訳にエンジンがかかってきたトランスフォーマー関連では、『トランスフォーマー:メガトロン・オリジン』が発売。管理人が子供の頃に持っていたサウンドウェーブの短編が収録されるという事で、ぐっと興味がわいてきました。
厳密には持っていたのは、カセット型の方ですが…
スポンサーサイト

サノス#13-15

サノス#13-15
(作:ドニー・ケイツ、画:ジェフ・ショウ)

数多の驚異と力に彩られたこの世界において、最強と目される指折りの強者たち。
彼らの心の奥のさらに奥を覗くことが出来たとしたら、そこには共通の思いが秘められているのを知ることが出来る。
20180430_02.jpg
彼らが胸に秘めた秘密。それは、彼らがいかに強く、勇気に溢れていようともいつか全てが終わる日が訪れるという事。

そして彼ら(それが神々であれ、破壊神であれ、アベンジャーズであれ)に「全てが終わる日が来るとして、それはどのように訪れるのか?」と聞くことが出来たとしたら、帰ってくる答えは一つであろう。

20180430_03.jpg
「サノスが勝つ」と…

というわけで今回紹介するのは、現在本国でリプリントにリプリントを重ねる大ヒット作品『サノス』です。
いきなり大仰なモノローグで紹介を初めて見たのですが、実は本編はずっとこんな塩梅。
大仰すぎて笑ってしまうようなモノローグと、かつ丼の上にカレーをかけていくような盛り過ぎな展開を照れるそぶりもなく推し進めていく本作の魅力を言葉で説明するのは非常に難しいのですが、「最近の『刃牙』のような作風」といえば、伝わる人には伝わるのではと思います。
(なんてことを書いてたのですが、先日、サノス誌の最終話が刊行。予想に反するセンチメンタルで抒情的でしかも壮大なラストに管理人は度肝を抜かれ、あまりの高低差に感情のジェットコースターに乗せられたような読書体験でした)

今回はそんな壮大なホラ話『サノス』誌から、とあるサブキャラクターの紹介をしていきます。

【初めに】
愛する女性へのプレゼントとして、自分以外の銀河中の全ての生命を捧げることを決意した未来世界のサノス。

20180430_04.jpg
マーベル世界の最強存在である彼が"決意した"という事は、宇宙的時間感覚でみればそれは"実現した"という事と同義。
数人の例外を除き、あっさりと世界の生命を死滅させたサノスは、彼に立ち向かうただ1人の敵を倒すために、過去へと使いを送る。

使いの名はゴーストライダー。
宇宙と時を駆けるバイクに跨った彼は、群体宇宙人チタウリ達が見守る中,、彼らの王である過去世界のサノスの前に降り立ち、その用向きを伝える。

20180430_01.jpg
ゴーストライダー:よぉ相棒。ちっとばかし用があるんで、一緒に来てくんない?


【未来世界にて】
ゴーストライダーの贖罪の眼、ある者はそれを"悪魔的なまでの平等"と呼ぶ。
彼の双眸を見つめた者は、その罪がいかほどであろうが、その力がいかほどであろうが、等しく"絶望"と"後悔"の意味を知るのだ。
20180430_05.jpg
サノス:すると、貴様はこれを毎朝の日課としておるのか?
老サノス:そうだ。
サノス:なるほどこりゃ良い。お前がこいつを侍らしてるのも納得だ。
ゴーストライダー:傷つくわ…

無事、過去世界から連れてきたサノスを、主人である未来世界の老サノスに引き合わせたゴーストライダーは、主人の命を受け、彼の居城を案内することに。

サノス:わからん。貴様たちゴーストライダーはみな、罪なき者の復讐などと言っていたはず。お前はやらんのか?
ゴーストライダー:そりゃ俺だって昔は「処刑!」とかやってたよ?
でも、お前さんみたいな奴と長年付き合ってみ? ちゃちな罪とかどうでも良くなるってもんよ。
昔の俺に会ったとしても、お前さんはきっと俺だって気が付かないんじゃないかな?

サノス:…? もしや私は貴様と会ったことがあるのか?


ゴーストライダー:おっと、これは失礼。そういえば自己紹介をするのを忘れてた。

20180430_06.jpg
ゴーストライダー:フランク・キャッスルだ。
サノス:…知らん名だ。

********************
というわけで、意外過ぎる正体が発覚したコズミックゴーストライダー。
彼がこのような姿とそして性格になってしまった深い事情(ごめんなさい。本当は深くないです)については別の機会に譲るとして、この異様に軽薄でノリの軽いフランク・キャッスルがまさかの大うけ。
なんと彼を主人公にしたミニシリーズが発表されるまでになりました!
20180430_07.jpg

ライターは本作を担当したドニー・ケイツ。
管理人はもちろん読みますよ!

ところで今回紹介した異形のコミック『サノス』ですが、実は#13からライターが変わっています。
ですので号数は#13となっていますが、#1-12は別のライターが担当した別の話であり、今回紹介した話は#13-18の全6話で完結しています。
この1年で一躍トップライターへと躍り出たドニー・ケイツの語り口を堪能するには最適の1冊となっていますので、興味のある方は是非!

【宣伝】
前も書きましたが、更新が滞ると書くのが一番おっくうになるのがこの欄。
これだけ次から次に翻訳本がでるなんて、本当にいい時代になったもんです。

個人的に今一番気になる作品は『スパイダーメン』。正史世界のピーター・パーカーと、アルティメット世界のマイルズ・モラレスとという2人のスパイダーマンの次元を超えたチームアップを描き非常に評判が高い作品です。
また"コミック界のアカデミー賞"ともいえるアイズナー賞で、今年5部門もノミネートされている『モンストレス』の第二巻が早くも翻訳され、こちらも気になるところです。



また、5月6月はデッドプールの翻訳が目地押し。
スパイダーマンとデッドプールの"娘"が登場する『スパイダーマン/デッドプール:イッツィ・ビッツィ』に、デッドプールがハワード・ザ・ダックと融合してしまう『デッドプール・ザ・ダック』。
比較的単行本が売れない傾向のあるマーベルにおいて異例のヒットを跳ばした作品の続編企画『デッドプール・キルズ・マーベルユニバース・アゲイン』。
デッドプールの最近の個人誌である『デッドプール:エンド・オブ・エラー』から、彼のキャラクターの礎を築いたともいえる往年の名作『ケーブル&デッドプール:こんにちは赤ちゃん』とその数なんと5作品。

近年のマーベルの人気者の面目躍如ですね。



インフィニティ・カウントダウン:プライム

インフィニティ・カウントダウン:プライム
(作:ジェリー・ダガン、画:マイク・デオダードJr.)

カナダの大森林の奥深く、缶ビールを片手に座り込んだ1人の男が、獲物を狙い現れた野生の狼に話しかける。
20180327_01.jpg
男:あっちに行きな。俺に近づくとろくな事にならないぜ…オマエらもな。

男の正体は、ウルヴァリン。そして気が付けば彼の周りを、ウルトロンの軍団が取り囲んでいる。
20180327_02.jpg

人里離れた大自然の中で突如始まったミュータントとアンドロイドとの死闘。
野生の獣そのままに激しく戦うウルヴァリンであったが、そこは多勢に無勢。やがてウルトロンの攻撃がウルヴァリンを捉える…
かに見えたその瞬間、ウルヴァリンの姿はその場から消え驚く攻撃者の背後に現れる。
20180327_03.jpg

ウルヴァリン:"BAMF"ってのは楽しいもんだな。
(注1."BAMF"はウルヴァリンの長年のチームメイトであるナイトクローラーが瞬間移動するときの音で、彼のトレードマークともいえる擬音語。)
(注2.ウルヴァリンが瞬間移動をするのは、彼が所持するスペースストーンの能力。『マーベル・レガシー』での復活以降、ウルヴァリンはその力を使って、様々なコミックの巻末にカメオ出演しています)

瞬間移動の力を使い、瞬く間に全てのウルトロンを破壊したウルヴァリンは、戦いの一部始終を陰から見守る存在に気が付く。

20180327_04.jpg
ロキ:やぁローガン…だよな?いや、最近はキミの偽物がウジャウジャいるもんでね。
場違いなまでの陽気さで声をかけるロキを前に、ウルヴァリンは問答無用で彼の顔面を串刺しにする。

ウルヴァリン:おっとすまねぇ。本当にお前がここにいるか確認したくてな。
ロキ:まてまてまて、今日は交渉に来たんだ。"交渉"意味わかるかい?
キミの持つインフィニティ・ストーン、それはキミにとっても重荷だろう。良ければ私があずかろうか?
ウルヴァリン:はっ!パスだ。
ロキ:ローガン。今の状況は少しばかり複雑なんだ。もしそのストーンの扱いを間違えたら、またユニバースの改変が行われるかもしれない。
ウルヴァリン:かもな。
ロキ:なぜわからない?もしも、他のストーンの所有者が来たらどうするつもりだ!
20180327_05.jpg
ウルヴァリン:心配すんな。俺のポケットにゃまだ空きは充分ある。


…というわけで、今回は先日始まったイベント『インフィニティ・カウントダウン』の序章に当たる『インフィニティ・カウントダウン:プライム』の紹介です。

繰り返しになりますが、2014年のイベント『デス・オブ・ウルヴァリン』での死亡後、しばらく表舞台から退場していたウルヴァリンですが、2017年の後半に発売された『マーベル・レガシー』でインフィニティ・ストーンと共に謎の復活。
しかしその後ウルヴァリンは表舞台の現れることはなく、各誌の巻末に着けられたオマケコミックで世界中を当て所なくさまよう姿が描写されるのみでした。
そんなわけで、そんなウルヴァリンに遂にスポットが当たったのが、今回の『インフィニティ・カウントダウン』となります。

『インフィニティ・カウントダウン』のポイントはそれが「複数所有者たちによる争奪戦である」というもの。
いままで行われたインフィニティ・ジェム絡みの話は、どちらかと言えば、「何者かがユニバースに散らばったジェムを集める」というプロットが多かったのですが、今回は所有者同士が互いにストーンを奪い合う展開になりそうです。

そんなわけで、以降は本作の中心となるインフィニティ・ストーンの現在の所有者を見ていきましょう。

[パワーストーン]

所有者を肉体的に強化する力を持つパワーストーンの現在の所有者は、マーベル世界の銀河警察ノヴァ・コァ。
他のストーンと異なり、岩山のようなサイズでこの世界に現れたパワーストーンをノヴァ・コァは密かに確保。
20180327_08.jpg
その事実を知るガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーと共に、警護に当たっています。

[マインドストーン]
マインドストーンの所有者はニューヨークのケチなチンピラ、ターク・バレット。
(管理人は未見なのですが、どうもコミックよりもNetflixのドラマで活躍しているキャラのようです。)
20180327_06.jpg
彼は自分の所有する宝石がマインドストーンであることに気づかず、本人の知らないうちにその力を使用。
ストーンがもたらすテレパシーと超知覚力によって、カジノで稼ぎまくっています。

[リアリティストーン]
リアリティストーンを所有するのは、キャプテン・マーベルことキャロル・ダンバース。
ただし彼女の見つけたリアリティストーンは、このユニバースのストーンではなく他のユニバースに所属するもの。
しかし、彼女が異世界のストーンを見つけ首をひねっているその瞬間、あらゆる多次元世界のキャプテン・マーベル達も同様に、異世界のリアリティ・ストーンを手に首をひねっているのです!
20180327_07.jpg
白いコスチュームの女性は、"2代目キャプテン・マーベル"ことモニカ・ランボー、そしてその隣は初代のマー・ヴェルになります。

そしてその隣にいるのは…なんとDCのキャプテン・マーベルJr.!
作者の軽いお遊びですが、久しぶりにマーベルとDCのクロスオーバーが実現!
20180327_14.jpg

ちなみにJr.ではなく、シャザムことキャプテン・マーベル本人だという説もあります。(色が青いのはマーベルの自主規制。)
もしそうであれば「現キャプテン・マーベル→二代目→初代→オリジナル(?)」と世代順にきれいに並んだ絵になるんですよね。

閑話休題、所有者の紹介を続けましょう

[タイムストーン]
時を操る力を持つタイムストーンの現在のありかは、惑星サカー。
イベント『プラネット・ハルク』にて焦土と化したはずのサカーですが、タイムストーンの力によってなのか、何故かかつての姿を取り戻しています。
20180327_09.jpg
そしてその土中からタイムストーンを見つけだしたのは、ファンタスティック・フォーの4人の能力の全てを自身の身体に宿すスクラル人の戦士、スーパースクラルことクラート!

[ソウルストーン]
ソウルストーンの所有者それはもちろん、ソウルストーンと数奇な絆で結ばれた"究極人類"アダム・ウォーロック…ではなく、彼の悪の鏡像ともいえる存在であるメイガスであった。
20180327_10.jpg
長い探求の末、ついに"生ける惑星"エゴの上でソウルストーンを見つけ悦に入るメイガス。
しかし、その瞬間、背後から忍び寄ったウルトロン/ハンク・ピムがメイガスの身体を刺し貫く。
(余談ですが、現在のウルトロンは自らの想像主であるピムと融合。不気味なまでに快活でエキセントリックな性格となっています)

20180327_11.jpg
ウルトロン:残るは5つ!ユニバースを書き換えてくれよう!

以上で、今回の記事を終わりたいのですが、実は今回紹介した『インフィニティ・カウントダウン』にはもう1つ大きな謎が残されています。
その謎とは『インフィニティ・カウントダウン』というタイトルそのもの。
"カウントダウン"と銘打つからには、その先にはより大きな何かが待っているはず。しかし現在のところマーベルはこのカウントダウンが何に対するカウントダウンであるかは一切明かしていないのです。

ただし唯一、手掛かりになりそうなものは本作の前週に発売された『インフィニティ・カウントダウン:アダム・ストレンジ』誌にありました。
こちらの作品の中で遥かな未来で目覚めたアダム・ストレンジは、征服者カーンが"インフィニティズ・エンド"と呼ぶ瞬間を目の当たりにし、その到来を避けるため過去(つまりはマーベル世界における"現在")へと旅立つことになります。
その"インフィニティズ・エンド"を描いたシーンがこちら。
20180327_12.jpg
ヒーローたちが倒れる絶望的な状況を描いた図ですが、右下にいるガモラだけは意識を保っており、ヒーローたちを全滅に追いやった驚異の到来を見据えています。

そしてそんな彼女の身体には、特徴的な形をした影が…
20180327_13.jpg

【宣伝】
最近翻訳が発表された中で気になるのは『オリジナル・シン』。月面世界で起きたウォッチャー殺人というSFマインドあふれる不可能犯罪をミステリータッチで描いたマーベルの大型イベントです。
続いてグリヒルさんのキュートなアートと、「自分がコミック世界に転移してしまったことに気がついているアメコミ好き少女」というマニア心をくすぐる設定が魅力的なグウェンプールの第二巻『グウェンプール:イカしたやつらが攻めてきた! 』が早くも翻訳決定。
そして対照的に久々の続巻となるのが『スーペリア・スパイダーマン:ノー・エスケープ』。Dr.オクトパスに体を乗っ取られたスパイダーマンが主人公のアレです。


他には悪ガキ、ダミアンが晴れてティーンとなったの自分へのご褒美に、世界中から自分のためのチームを誘拐してくるぶっ飛んだ導入の『ティーン・タイタンズ:ダミアン・ノウズ・ベスト(仮)』や、スパイダーマンとデッドプールの"娘"が登場する『スパイダーマン/デッドプール:イッツィ・ビッツィ(仮)』など、バラエティに富んだ作品が各種発売です。


プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター