FC2ブログ

ソー #9-10

ソー #9-10
(作:ドニー・ケイツ、画:ニック・クレイン)

【ドナルド・ブレイクの休日】
20210503_01.jpg
ドナルド・ブレイク医師は、日課の散歩を楽しんでいた。

20210503_02.jpg
空は澄み渡り、太陽の日が優しく降り注ぐ住宅地。
隣人たちはドナルド・ブレイクを尊敬し、散歩中の彼を見つけると陽気に声をかける。
永遠に続くかのような安らぎのなか、ブレイクは今日も完璧な町を歩き続ける……

【ソーの基本設定の振り返り】
足の不自由な医師として人々を救い続けるドナルド・ブレイク。しかしそれは、乱暴者の雷神に腕力に依らない"強さ"を学ばせるため、オーディンが与えた仮の姿であった。
ひとたび事件が発生したならば、ブレイク医師は魔法の杖で地面に打ち鳴らし、無敵の雷神の人格を解放。マイティ・ソーとして人々を救うために飛び立つのだ!
20210503_03.jpg

…しかし、そうなると1つの疑問がわいてくる。
「ソーの人格が解放されているとき、ブレイク医師の人格はどうなってしまうのか?」

その答えこそが、ドナルド・ブレイクが散歩する"完璧な町"であった。
オーディンは、ドナルド・ブレイクに報いるため、ソーが現実世界で活躍する間に彼が魂を休める理想郷を創り給うたのだ。

しかし、そんなブレイク医師と雷神ソーの2重生活は遠い過去のものとなった。
いまや、ソーの事を"乱暴者"となど思うものはどこにもいない。オーディンの試みは成功し、ソーは慈愛と勇気に満ちた立派な神へと成長。父の地位を継ぎ、十世界の全てを護るアスガルドの主神となったのだ。

【ドナルド・ブレイクの休日、その後】
20210503_04.jpg

ソーがドナルド・ブレイクの姿を必要としなくなってから長い月日がたった。
永遠に陰ることのない太陽の下で、終わりのない住宅地をさまよい続けるブレイク医師は、やがて気が付く。
この世界は理想郷などではなく、彼を閉じ込める無間地獄であることに。
20210503_05.jpg

永遠に続く彷徨の中で、ゆっくりと正気を失っていくブレイク医師。
そんな彼に、チャンスが訪れる。

とある事情によりソーが再び、ブレイク医師の人格を現世に呼び出したのだ。
20210503_06.jpg

十数年ぶりに現実世界に戻ったブレイク医師は、ソーに変身するための魔法の杖を叩き折り、彼に偽りの生命と地獄を与えたアスガルドの全てに対する復讐を開始する。
そして、そんな彼が最初に向かった先は、ブレイク医師のかつての同僚であり恋人であった女性、"先代ソー"ジェーン・フォスターの下であった…
20210503_07.jpg

******************************
というわけで、今回は現在のマーベルの看板ライター、ドニー・ケイツによる『ソー』の紹介でした。

今回、悪役として復活を果たしたドナルド・ブレイクは、上述の通り、ソーの"世を忍ぶ仮の姿"。アメコミ用語でいえば"シークレットアイデンティティ"というべき存在です。
歴史的な話をすると、ソーが登場した当時は、ヒーローといえば誰もがこのシークレットアイデンティティを持っているものでした。
そして、クラーク・ケントが臆病な田舎者の新聞記者、ブルース・ウェインが責任感のないプレイボーイであったように、シークレットアイデンティティとは、ヒーローの時の姿とは似ても似つかない、少し情けない性格であることもまたお約束でした。

ドナルド・ブレイクも同様で、危険が起きるとすぐに逃げ出してしまうブレイク医師は、その臆病さを度々ソーと比較されては、ヒロインであるジェーンから呆れられる存在だったのです。
(ここら辺、スーパーマン→ロイス・レーン→クラーク・ケントの疑似三角関係とほぼ同じ構図ですね)
20210503_08.jpg

しかし時代が進むにつれて、「ヒーローの正体を隠すための少し情けない隠れ蓑」としてのシークレットアイデンティティは次第に流行らなくなり、ヒーローたちも、ある者は表の顔でもより良い世界の実現のためにまい進したり、またある者は正体を公表したりと、昔ながらのシークレットアイデンティティを捨て始めたのです。
そして、そんな流れの中でソーもまた、ドナルド・ブレイクとしてのアイデンティティを使うことはなくなり、その名前が語られることも滅多になくなってきていたのです。

そんなドナルド・ブレイクの復活劇となった本作。
ライターが、いまやマーベルのトップライターとなったドニー・ケイツが担当していることもあり、今後の展開が非常に楽しみな作品でもあるので、気になった方は是非!

【宣伝】
今回、紹介したドニー・ケイツの『ソー』のTPBはこちら。
今回の紹介分は、2巻の冒頭にあたります。


また、本文では触れませんでしたが、ドニー・ケイツのソーは今後「サノスが全てのヒーローたちに勝利した世界」を描いた『サノス・ウィンズ』の内容と絡んできそうな雰囲気です。
こちらは邦訳があるので、予習したい方は併せてどうぞ。


マーベルからは、今回紹介した作品と同じライターによる『アブソリュート・カーネイジ』が翻訳予定。こちらは先日完結した大型イベント『キング・イン・ブラック』へと繋がる物語となっています。
またドラマの興奮が冷めやらぬ中、『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』も5月に発売予定。
またコミックではありませんが、画集『マーベル・コミックス 特別版カバーアート集』が刊行予定。
こちらは、アメコミの華、ヴァリアントカバーをテーマにした画集となり、マーベルが過去に刊行したヴァリアントカバーをその制作秘話と共に収録する内容となっています。


続いて、DC関係では『バットマン:スリー・ジョーカーズ』が5月に発売!
「この世界にはジョーカーは3人いる」という衝撃の暴露を受けての作品となりますが、物語はジェイソン・トッドとバットガールがジョーカーから受けた心の傷を巡る、非常に内面的な方向に… DCファンは必見の内容なのでぜひ!
そしてジョーカー絡みのもう1冊が『バットマン:ジョーカー・ウォー』。
最新のバットマン系列誌のクロスオーバー作品となり、現行のバットマンを取り巻く状況は、全てこの作品に端を発していますので、現行を追いかけるつもりの方にもおすすめです。
最後に個人的に嬉しいのが『スーサイド・スクワッド:バッド・ブラッド(仮)』の邦訳。当ブログでも紹介させてもらいましたが、近年のDC作品の中でも屈指の面白さの作品です(ちなみにライターは、現在のDCの看板ライターの1人トム・タイラー)


スポンサーサイト



ファンタスティック・フォー #25  (その2)

ファンタスティック・フォー #25(その2)
(作:ダン・スロット、画:R.B.シルヴァ)

今回は前回の続き。

【リードの隠し事】
というわけで、宇宙を破滅させる可能性がある物質を、家族に内緒でバクスタービルディングの地下に保管していたことが発覚したリード・リチャーズ。
彼はその物質を、内外問わず全ての干渉を遮断する保管庫に封じ込め、ニューヨークのど真ん中に隠していたのだ。
そしてこの保管庫が全ての元凶であった。Drドゥームすら恐れをなす宇宙的存在は、銀河の中で彼らが観測できない数少ないポイントであるその保管庫に彼らが求める"何か"があると見定め、地球に降り立ったのだ。

【フランクリンの最後の一撃】
謎の敵がバクスタービルに狙いを定めたことを知り駆け付けるリード達。
しかし到着した彼らを待っていたのは、バクスタービルの跡地にできた巨大なクレーターであった。

20201207_02.jpg
スー:あなた!なんでこんなところにフランクリンを連れてくるの!?
Dr.ドゥームと共に、バクスタービルにたどり着いたスーは、息子の姿を見るなりリードに詰め寄る。

リード:すまない。我々に勝機があるとすれば、ユニバースすら創りだすあの子の力だけなのだ。
スー:でも…
Dr.ドゥーム:黙るのだインヴィジブルウーマンよ。我々の優先事項はそこではなく、目の前のあやつだ。そしてリードよ、悪くない判断だ。

Dr.ドゥームが指し示した先には、バクスタービルディングを破壊した張本人がたっていた。

20201207_03.jpg
ファンタスティックフォーをあたかも路傍の虫けらであるかのように無視し、黙々とバクスタービルの瓦礫を掘り進む謎の敵は、先手必勝と飛びかかったシングをハエでも追い払うように吹き飛ばす。

リード:息子よ、これがお前を連れてきた理由だ。準備はできてるか?
フランクリン:やってみる。
自分に残された力の全てを使って大事なものを護る。僕は今までこの時を待っていた。
ベンおじさんの言葉を借りるならば…

20201207_04.jpg

しかし、フランクリンに残された全ての力を乗せたパンチも、謎の敵をわずかにたじろがせたに過ぎなかった。
コズミックパワーを失いただの少年となったフランクリンを、リードはすぐさま戦場から脱出させる。

唯一の勝機を失い絶望的な戦いへと突入した家族を前に、フランクリンができること。
それは、フランクリンのもう1つの"家族"であるミュータントたちに助けを求めることであった。

20201207_05.jpg
セントラルパークにあるミュータント国家クラコアへのゲートに走るフランクリン。
フランクリン:まだ僕にやれることはある! コズミックパワーは失ったかもしれないけど、僕はチームで唯一のミュータントなんだ!

しかし、いつもならフランクリンの中に存在するX遺伝子(ミュータント遺伝子)に反応するゲートは、何故か今回は反応しない。
それが意味する事実に思わずへたれこむフランクリン。
そう。理由は定かではないが、彼は今やミュータントですらない名実ともにただの少年となったのだ……

【ヴァレリアの発明】
一方でバクスタービルディング跡地では事態は新たな展開を見せていた。
20201207_06.jpg
謎の敵はファンタスティックフォーをあっさりと蹂躙し保管庫を破壊。しかし保管庫の中に安置されていたものが、彼らが探し求める何かではないことを知ると、全てに興味を無くし地球を去ったのだ。

しかしそれですべてが解決したわけではない。リードがバクスタービルの地下に隠していた"ユニバースを破壊しうる物質"が、解放されてしまったのだ。
彼が隠していた物質とは、このユニバースの原初の力、通称"ゼロフォース"であった。
古いユニバースを消し去り、新しいユニバースをキックスタートさせる力をもったゼロフォースを実験中に精製してしまったリードは、それを長年隠し持ってきたのだ。

再び活性化し、世界を新たなユニバースへと変換し始めたゼロフォースと対峙するリード・リチャーズとDr.ドゥーム。

20201207_07.jpg
Dr.ドゥーム:このエネルギーは私がギャラクタスを倒したビッグバン砲のエネルギーと類似性が見られるな?
リード:その通り。なので君がビッグバンの力を制御した方法を教えてくれないか?
Dr.ドゥーム:長年の精密な計画のたまものだ。
リード:ならダメだ。僕たちには数分しか残されてない。
Dr.ドゥーム:貴様こそ、ゼロフォースを破壊する方法を10年近く研究してきたのであろう?
何かないのか?

リード:残念ながら何も……
???:私にはあるわ!


地球上で最も頭の良い男たちが、全てを諦めた時、救いの声が上がる。

声の主は、リードの娘ヴァレリアであった。
空飛ぶ車、ファンタスティックカーに乗って現れた彼女は、空輸してきた巨大な機械を作動させる。
彼女が持ってきたのは、ファンタスティックフォーが普段使っているテレポーターであった。
彼女はそれを、ゼロフォースの放つエネルギーを中和しその動力とできるように調整したのだ。
20201207_08.jpg

そしてそれは、全ての時間軸/全ての多次元世界に自由に行き来ができるゲートが、ニューヨークのど真ん中に出現したことを意味していた……

【それぞれの夜】
事件が片付き自宅へと帰った子供たち。
20201207_10.jpg
ヴァレリア:パパが10年以上解決できなかった問題を解決するなんて、私ってばちょっとすごいのかも。さて次は何をしてみようかな?
浮かれ気味に、自分の目の前に広がる無限の可能性に思いをはせるヴァレリア。
一方、フランクリンは……
20201207_09.jpg


【エピローグ】
そのころ月面では、1人の男が地球を見つめていた。
男の名は"アンシーン"。世界の観測者ウォッチャーを殺害した罰として、その観測者として役割を担わされたることとなった男である。
世界にどのような危機が迫ろうとも、ただその成り行きを見守ることしかできない観測者として役割は、かつてニック・フューリーと呼ばれた彼にとって、耐えがたい罰であった。
しかし、彼の罪が遂に贖われる時が来たのである。

ニック・フューリーの前に現れたのは復活したウォッチャー。
20201207_11.jpg
ウォッチャーは自身が不在の間に、ニックが観測した全ての事象を満足げに確認し、ニックに語り掛ける。

ウォッチャー:戦争が始まる。古い…原初の戦争が。
全ての者、全ての場所、そして全ての時代に危機が訪れる。
ニコラス・フューリーよ、お前は私の見えざる手となれ。
今世界に必要なのは観測者ではない、戦士だなのだ!


20201207_12.jpg


***************************
というわけで、2回にわたるファンタスティックフォー誌の紹介でした。

フランクリンについての補足ですが、彼がクラコアのゲートを通れなかったのは、彼が元々ミュータントではなかったからです。
次号で行われた解説によれば、彼がミュータントと思われていたのは、彼が生まれながらに保持していたわずかなコズミックパワーの仕業ということになりました。
彼は「自分も特別な存在でありたい」と願う気持ちから無意識にコズミックパワーを使用し、自分自身の遺伝子をミュータントのそれに書き換えていたというわけです。
そのため今回の戦いで全てのコズミックパワーを使い果たした結果、フランクリンは彼の本来の姿であるごく普通の人類に戻ることとなりました。

この(無理やりな)設定変更にファンからは非難の声も上がったんですが、自分的にはウェルカムです。
「家族の中で自分だけが"特別"ではない」という状況は、思春期を迎えたフランクリンが直面する試練にぴったりですし、この展開につながる布石として、父親の才能を受け継いだヴァレリアに対してフランクリンが抱える劣等感が以前から匂わせており、けして唐突な展開でもありません。

多くの読者が思春期に体験したであろう「何者でもない自分を受け入れる」という通過儀礼を、フランクリンはどのように潜り抜けるのか?
そして、そういった凡人の悩みから最も遠いところで生きてきたリードが、父親としてどのようにふるまうのか?
今回の展開で、そういった非常に魅力的な物語の種がまかれたんじゃないですかね。

そして続いては、今回、ヴァレリアが作ってしまった"フォーエバーゲート"についてです。
物語じゃこれ以降、この全ての時間と全てのユニバースと行き来を可能とする扉を中心に進んでいくのですが、管理人はその影響はファンタスティックフォー誌に留まらないのではと予想しています。

実は先日、マーベルは『アベンジャーズ#38』の発売に先駆け、ある予告を発表を打ちました。

20201207_01.jpg

その予告によれば「マーベルは2021年に、ユニバースの現在/過去/未来の衝突を描く大イベントを実施する」というのです。
実際に発売された『アベンジャーズ#38』では、太古の昔から遠い未来まで全ての時制で暗躍し、アベンジャーズの敵であり続けたメフィストの姿が描かれたのですが、どうでしょうか?
マーベルの次なるイベントで、世界の現在/過去/未来が問題になるならば、その全てと行き来ができるゲートが『ファンタスティック・フォー』誌で誕生したのは偶然ではないのではないでしょうか?

……というわけで、今回は密かに今後のマーベルユニバースの中心になっていきそうな『ファンタスティック・フォー』の紹介でした。

【宣伝】(使いまわし)
今回紹介した作品のTPB1-4巻。
ヒーローというよりは、冒険家族という側面を前面に出した冒険活劇に仕上がっています


DC関連では遂に、『ドゥームズデイクロック』の発売が決定!
"DC世界とウォッチメン世界の衝突"というDCリバースをけん引した謎の集大成です。
またゾンビ禍に襲われたDC世界を描く『ディシースト』の予約も開始。管理人は読んでないのですが、とにかく面白いらしく次から次に続編やスピンオフが出ている作品なので、気になっています。
陰惨な『ディシースト』と対照的に明るく可愛らしい作品が『スーパーマン・スマッシュ・ザ・クラン』。
「スーパーマンが人種差別団体KKKと戦った」という"実話"をベースとした作品で、アーティストは人気者のグリヒルの希望溢れる物語となっています。





マーベル関連では大型イベント『シークレット・エンパイア1』が発売。「キャプテン・アメリカは実はシールドの工作員であった」という衝撃の展開から始まったヒドラ・キャップの最終章。サム・ウィルソンがとにかくかっこいい話なので、キャプテン・アメリカとしてのサムの活躍を見たい方にもおすすめ。
また『Ms.マーベル』の新刊の発売も決定。ヒーローオタクの少女カマラ・カーンの冒険がとにかく楽しいのは勿論ですが、コミック史的な観点でもマーベル世界の方向性を新たに作った21世紀のマスターピースともいえる重要シリーズなので、邦訳の続刊は嬉しいところ。


ファンタスティック・フォー #25  (その1)

ファンタスティック・フォー #25(その1)
(作:ダン・スロット、画:R.B.シルヴァ)

前回の紹介から時間も過ぎ、夏の大型イベント『エンパイア』も終わったことですし、各自の状況を整理しながら、物語の紹介。

【フランクリン・リチャーズ】
『シークレットウォーズ』の中で得た創世の力も残りわずかになったフランクリン。
当初は、父親から天才的頭脳を継いだ妹と自分を比較し、力を使い果たすことを極端に恐れた彼だが、だいぶ吹っ切れた様子。
今はミュータント国家クラコアの中に自分の居場所を見つけ、暇を見つけてはミュータントだけに使えるゲートを通ってクラコアの仲間たちと交流を深めている。

また年齢的には反抗期に差し掛かり、髪を染めたり、ピアスを明けたりしては、母親のスーと口論になっている。

20201115_02.jpg
ジョニー:おう、クソガキ。何を聴いてるんだ?
フランクリン:ライラ・チェイニーとダズラーのリミックス。ミュータント向けだから、ジョニーおじさんにはわからないよ。



【ベン・グリム】
長年の恋人であったアリシアと遂に結婚。
新婚旅行で不死の怪物となったハルクの襲撃を受けたり、新婚早々新居にファンタスティック・フォーが引越してきたり(リードがマンションの内部の次元を歪めてスペースを確保)とトラブル続き。

20201115_03.jpg
『エンパイヤ』事件では、クリー人の少年とスクラル人の少女を救出。色々あって、2人を養子として迎えることに。
というわけで、新婚ホヤホヤから一気に2人の子持ちとなったグリム夫妻だが、マーベル随一の善男善女ぶりをいかんなく発揮し、全てを受け止めた上で幸せな家庭生活を満喫している。

ちなみにベン達の子供となったクリー人の少年ジョーとスクラル人の少女ニッキーは、幼いころに銀河カジノに買われ、クリー/スクラル戦争の再現ショーの見世物として人々の前で毎夜殺し合いを続けてきた。
このため、互いに相手の命の奪うことを人生の目的としながらも、人生において"絆"と言える存在もお互いしかいないという非常にエモい関係を築くことに。(現在は和解済み)

ベン:さぁそろそろおねむの時間だ。明日はお前さん方にとって、大事な日なんだぞ。
なんぜ、学校が始まるんだからな。
アリシア:そうよ、2人とも心の準備はできてる?

人間社会の中で生きていくために学校に通うこととなったジョーとニッキーを励ますベンとアリシア。

20201115_06.jpg
ニッキー:大丈夫!この日のためにTVでこの文明の生活を学んできたんだから。
いじめっ子、オタク、体育会系。
私ならあらゆるグループに溶け込むことが出来るし!


20201115_07.jpg
ジョー:潜入工作とは悠長なことだな、スクラル人よ!
俺に任せてください。俺が4年生となったあかつきには、必ずや敵たちを殲滅。
一息に10年生…いや20年生へと駆け上り、グリム家の家名を轟かせてみせます!


ベン:……その意気だぞ、ジョー。ただちょっと母さんと話させてくれ。
アリシア、計画変更だ。
アリシア:そうね…
ベン/アリシア:家庭学習にしよう



【スー・リチャーズ】
最近のミニシリーズで、長年家族に内緒でシールドのエージェントとして活動していたことが明かされたスー。
そんな彼女は、ニック・ヒューリーJr.の命を受け米国にあるラトヴェニア大使館に潜入していた。

20201115_01.jpg
今回の彼女のミッションは大使館に隠された秘密金庫。
秘密金庫の中身ではない、金庫そのものを見張ることが彼女のミッションなのだ。

実はこの数日、世界各地の最重要機密施設が立て続けに襲われる事件が発生。
強大な力を持った何者かによって地面に空いた黒い穴となった各施設はその目的もため込んでいる機密情報も多種多様。
共通点はただ一つ、世界に数個しかない最新鋭ステルス金庫を保持していることであった。

ニック・フューリーJr.は謎の襲撃者の次なるターゲットが、ステルス金庫を設置する国内最後の施設であるラトヴェニア大使館であるとあたりをつけ、スーを派遣したのだ。

20201115_04.jpg
そしてニック・フューリーの予想は見事に的中。
謎の襲撃者は、まさに大使館にあるDr.ドゥームの執務室のど真ん中に現れたのだ。
咄嗟にドゥームを庇い、反撃に出ようとするドゥームの腹心ヴィクタリウス。
しかし、それを制したのは他ならぬドゥーム本人であった。

Dr.ドゥーム:捨て置け、ヴィクタリウス。この者の襲撃は予測しておった。
こやつを止める術はこの地球には存在しない。

襲撃者は、金庫の中身が目的のものではないことを知ると、ドゥームたちなど存在しないかのようにその場を飛び去っていく。
その様子を見守っていたスーは驚愕していた。
ギャラクタスがラトヴェリアの地を荒らすことすら許さなかったあのドゥームが、自国の領土の一部ともいえる大使館への侵入を見逃した。
つまり敵はより強大で、事態はより深刻なのだ。

20201115_08.jpg
Dr.ドゥーム:スーザン・リチャーズ、いるのは分かっている。
事態は一刻を争い、地球上の全生命が危機にさらわれている。
リードの持つステルス金庫の中身を、何としてでも守るのだ。



【リード・リチャーズ】
自身の研究室で研究にいそしむリードの下に妻からの連絡が入る。

スー:わたしよ。いまドゥームと一緒にいるんだけど、彼ったら変なことをいうの。
貴方が秘密の金庫を隠し持っていて、その中身のせいで地球が滅ぶかもしれないって。
……今、敵がその金庫に向かってるらしいんだけど、身に覚えは無いわよね?

リード:"地球"?ならば知らないな。
スー:……ユニバースなら?
20201115_05.jpg
リード:今すぐ、チームを集めよう。



*******************************
今回はここまで、この後で今後もマーベルユニバースの展開を占うような内容があるのですが、そちらの紹介はまた来週あたりに!


【宣伝】
今回紹介した作品のTPB1-4巻。
ヒーローというよりは、冒険家族という側面を前面に出した冒険活劇に仕上がっています


DC関連では遂に、『ドゥームズデイクロック』の発売が決定!
"DC世界とウォッチメン世界の衝突"というDCリバースをけん引した謎の集大成です。
またゾンビ禍に襲われたDC世界を描く『ディシースト』の予約も開始。管理人は読んでないのですが、とにかく面白いらしく次から次に続編やスピンオフが出ている作品なので、気になっています。
陰惨な『ディシースト』と対照的に明るく可愛らしい作品が『スーパーマン・スマッシュ・ザ・クラン』。
「スーパーマンが人種差別団体KKKと戦った」という"実話"をベースとした作品で、アーティストは人気者のグリヒルの希望溢れる物語となっています。





マーベル関連では大型イベント『シークレット・エンパイア1』が発売。「キャプテン・アメリカは実はシールドの工作員であった」という衝撃の展開から始まったヒドラ・キャップの最終章。サム・ウィルソンがとにかくかっこいい話なので、キャプテン・アメリカとしてのサムの活躍を見たい方にもおすすめ。
また『Ms.マーベル』の新刊の発売も決定。ヒーローオタクの少女カマラ・カーンの冒険がとにかく楽しいのは勿論ですが、コミック史的な観点でもマーベル世界の方向性を新たに作った21世紀のマスターピースともいえる重要シリーズなので、邦訳の続刊は嬉しいところ。






プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター