fc2ブログ

ビッグゲーム#1-2

ビッグゲーム#1-2
(作:マーク・ミラー、画:ペペ・ララズ)

【初代クライシス】
1986年に起こった善と悪、ヒーローたちとヴィランたちの最終戦争は、悪の勝利で終わった。

20230827_01.jpg
立場の違いを超えて集まったヴィラン連合"フラタニティ"は、自分たちの勝利を恒久のものとするため、ユニバースの歴史を改変。この世界から"スーパーヒーロー"の記憶と記録を完全に消し、自らも社会の表から姿を消し、裏側から支配する道を選んだのだ。
※1986年はDCの『クライシス・オン・インフィニット・アーシズ』が完結し、DC世界がリランチされた年

かくして世界は、空を飛ぶ原色の英雄も、奇天烈な犯罪計画で彼らと知恵比べをする悪役も存在しない、我々が"現実"と呼ぶ灰色の荒野となったのだ。

しかし、ヒーローという概念を抹殺したヴィランたちの目論見は長くは続かない。
この世界にも、様々な形で新しいヒーローが生まれつつあったのだ……

【アンバサダーズ】

そんな"新しいヒーロー"の代表格といえるのが天才科学者チョンヒによって設立された国際救助隊アンバサダーズである。
誰にでも自由に分け与えられるスーパーパワーの配信装置を開発したチョンヒは、世界中の国々から1人ずつ善人たちを集め、配信装置へのアクセス権と出身国の国旗をモチーフにしたコスチュームを与える、国連主義的ヒーローチームを結成したのだ。

20230827_02.jpg

順調に参加者を増やしていくアンバサダーズであったが、彼らにはちょっとした懸念があった。
アメリカ代表がどうしても決まらないのだ。
他の国と異なり、アメリカの場合は、どのような候補者であろうが、その人物は必ず国民の半数から憎まれることが予想され、国の代表となりえないのだ。

しかし、アンバサダーズにとってそんなことは些細な問題であった。
出身国の国力に価値を置かない彼らにとって、所詮アメリカなど世界196か国の中の1つに過ぎないのだから。

かくして、韓国に存在するアンバサダーズの拠点、通称"大使館"には、今日も「俺が俺が」という英雄願望に満ちたアメリカ人からの履歴書が押し寄せる。
そしてその履歴書の山の中には、ある青年のものも含まれていた。

その青年の名前はデイヴ・リゼルスキ。かつて"キックアス"と名乗りヒーロー活動をした少年の成長した姿である。

20230827_03.jpg
その後、職を転々としながらパッとしない人生を歩みつつある彼は、「世界初のヒーローである自分がアメリカ代表になれば、アンバサダーズにも箔が付くのでは?」という手紙を毎月のように送っては、真のスーパーヒーローになる日を夢想するのだ……

【1985年へ】
ヴィラン連合フラタニティによる完全な世界の綻びはヒーローの登場だけではなかった。

20230827_05.jpg
大富豪の起業家、プレイボーイ、ノーベル賞受賞科学者、天才作曲家、オリンピック金メダリストなど様々な側面を持つ"世界一賢い男"エジソン・クレイン(『プロディジー』の主人公)が、この世界の歴史認識に矛盾を感じ始めたのだ。

新たに発掘された先史以前の化石から、歴史を改ざんする何者かの存在に感づいたクレインは、謎の中年女性と出会う。

20230827_04.jpg
ボビー・グリフィンと名乗る赤毛の彼女は、自分がかつてとあるヒーローのサイドキックであったこと、世界改変の特に自分だけ師匠の地下基地に隠れていたため記憶を失わずに済んだことを明かし、クレインに1985年まで存在したヒーローたちが闊歩する世界の存在を打ち明ける。
(野暮な補足をすると、彼女はバットガールのパロディです。頭文字がバーバラ・ゴードンと同じなのもそのせい)

しかし科学の人であるクレインは、ボビーの言葉を鵜呑みにすることはせず、それを証明するための追試を行う。
そしてクレインが追試の手段として白羽の矢を立てたのは、限定的な時間旅行を実現化した2人の天才科学者、通称"クロノノーツ"であった。

NASAからの予算不足であえぐクロノノーツに湯水のように資金援助をしたクレインは、1985年のニューヨークへの数分限りの時間旅行を決行する……

20230827_07.jpg
1985年のニューヨーク。当時は別の名前で呼ばれていたその大都市で、クレインらが目にしたもの。それは街のシンボルである惑星のモニュメントを掲げる高層ビルであった。
"もっとも偉大なヒーローの勤め先"とボビーが呼ぶビルの前には、今となっては珍しくなった電話ボックス。
20230827_08.jpg


そして空から舞い降りるのは……
20230827_09.jpg


【フラタニティ】
この世界を陰から支配するヴィラン集団フラタニティは、もちろんこのような"ヒーロー"たちの活動を手をこまねいてみているだけではなかった。
完全なる世界に再び現れ始めたヒーローたちは、フラタニティにとってみれば庭園に繁茂する雑草そのもの。
雑草から庭園を守る方法はただ1つ。まだ手が打てるうちに、雑草を根絶やしにすることだ。

20230827_06.jpg

再びヒーローの抹殺のために動き始めたフラタニティとそのリーダーであるウェズリーは、この世界に産まれた究極の悪、"あらゆる善の宿敵(ネメシス)"となるべく育てられた最強の殺し屋ネメシスに、ヒーローたちの暗殺を依頼する。

【暗殺開始】
世界中のヒーローたちの抹殺のために動き始めたフラタニティとネメシス。
"世界最初のヒーロー"の一人であるヒットガールもまた、その標的であった。
フラタニティは、重度のコミックオタクであるヒットガールを狩るために、コミックオタクが最も心浮き立つ曜日である水曜日にミシガン中コミックショップにスナイパーを配置する。
何も知らずいつも通り馴染のコミックショップへ向かうヒットガールだが、それを止めたのは洗練されたスーツに身を包んだ1人の英国紳士であった。

20230827_10.jpg
紳士の名前は、ゲイリー・"エグジー"・アンウィン。英国の諜報組織に身を置くエグジーは、世界中の暗殺者たちに出された謎の依頼の1つを解読し、そのターゲットの1人に接触を行ったのだ。

一方、ネメシスもまた依頼を果たすために単独で動き始めていた。

20230827_11.jpg
彼の最初のターゲットは、アンバサダーズ。
ネメシスは、世界最大の超人集団を根絶やしにするために、そのメンバーの1人パキスタンを撒き餌にアンバサダーズをおびき出す……

*******************
というわけで、今回はヒットメーカー、マーク・ミラーの作品群の初のクロスオーバー『ビッグゲーム』の紹介でした。
実は、自分はマーク・ミラーの作品の熱心な読者ではなく、『ウォンテッド』、『キックアス』、『アンバサダーズ』くらいしか読んでないのですが、それでも抜群に面白い。

ヒーローがいない普通の世界を舞台に、ヒーロー文脈の物語を展開することが多いマーク・ミラーですが、それらを全て「フラタニティがヒーローを消し去った後の世界」としてつなげるアイデアは脱帽もの。
でもそうなると『スーパークルックス』のような普通にヒーローが存在する世界のコミックはこのクロスオーバーには参加できないわけで、そこら辺にも何か仕掛けがあることを期待しています。

【宣伝】
マーベル関連の邦訳でまず紹介したいのが『アベンジャーズ/ファンタスティック・フォー:エンパイヤ』。ハルクリングによって統治されたクリー・スクラル二重帝国の地球襲来を描く2020年の大型イベントです。
ファンタスティックフォーが主役を張る作品の邦訳は珍しいので、そういう意味でも楽しみですね。
また業界のトップクリエイターによる短編集『デッドプール:ブラック、ホワイト&ブラッド』や、ヒーローオタクのMs.マーベルがマーベル世界の様々なヒーローと絡む姿が可愛らしい『ミズ・マーベル:チーム・アップ』などもおすすめ。


続いてDCですが、こちらはジェイムス・タイニン4世によるバットマン本誌の翻訳である『バットマン:カワードリー・ロット』が翻訳。スケアクロウがメインのイベント『フィアステイト』に直接つながる作品なので、スケアクロウ好きの方は是非。
また、こちらでは紹介していませんでしたが、インターブックスからはニール・ゲイマンによるファンタジーコミックの金字塔『サンドマン』が新訳で邦訳開始!
ちょっと紛らわしいですが、『サンドマン序曲』は2013年に発売された前日譚『Overture』の邦訳(今回が初邦訳!)、『サンドマン1前奏曲と夜想曲』が第一話にあたる『Preludes & Nocturnes』の新版となります。


スポンサーサイト



クロスオーバー#1

クロスオーバー#1
(作:ドニー・ケイツ、画:ジェフ・ショウ)

【序文】
コミックブックの世界は、強者/冷血漢/嘘つき/詐欺師たちが幅を効かせる世界であり、そこでは人間の尊厳や高潔さが顧みられることはない。(フレデリック・ワーサム『無垢への誘惑』)

子供は鎖とかが超好き。(トッド・マクファーレン)

【クロスオーバー】
2017年、コロラド州デンバーは地獄と化した。
我々の世界が、ヒーローコミックの夏の大型イベントのタイインとなったのだ。

20201231_02.jpg
後に"イベント"や"クロスオーバー"と呼ばれることとなるその日、蝙蝠の扮装をした男や、ハンマーを持った神など、我々がアメコミの中で慣れ親しんだヒーローたちがデンバーに現れ、ヴィランたちとの最終決戦を繰り広げた。
重要ではない人々の犠牲が全てページの外で行われるコミックと異なり、市民の被害は甚大なものとなった。

そしておそらくはヒーローたちの中に、この"アース"の住人に被害が拡散することを重く見た者がいたのであろう。混乱極まるデンバーの街は何者かが張ったと思われる謎のフォースフィールドに覆われ隔離される。

20201231_01.jpg
それから数年の月日がたったが、デンバーはそのままである。
今でも街では絶え間ない戦いや破壊が続いているに違いない、真実やら正義やら、そういった諸々の名の下で……

(というわけで、今回はイメージコミックスで始まったドニー・ケイツの『クロスオーバー』を、登場人物を中心に紹介していきます。)

【エリプセス】
本作の主人公の1人。通称エリ。
20201231_03.jpg

本名であるエリプセスは"…"を意味する単語で、少々エキセントリックな両親が「娘の前に広がる無限の可能性」を願って付けた。

彼女は、コロラド州にあるコミックショップでコスプレ店員として働いている。

しかし、クロスオーバーの日を境に、事件の原因となったヒーロー物のコミックは文字通り"悪魔の書"として忌み嫌われるようになり、DCもマーベルもヒーローコミックの出版を停止。両社とも今では政府の検閲の下で西部劇や刑事物などのコミックを出版している。

20201231_10.jpg
そんな中、エリの勤めるコミックショップは焚書を逃れたヒーローコミックの古本を扱うアメリカ唯一の店となり、店の周りにはプラカードを持った宗教家やPTAなどが常に取り囲んでいる。

【オットー】
エリが働くコミックショップの店長。
20201231_04.jpg
ヒーローコミックを出版しなくなったことを指して「DCとマーベルは死んだ!」と公言するほどのヒーローオタク。

世界中がヒーローコミックを恐れ攻撃する中、敢えて「ワーサムは正しかった!」と書かれたTシャツを着てヒーローコミックを売る、歪んだユーモアセンスの持ち主。
※フレデリック・ワーサムは、悪名高きヒーローコミック排斥運動の切っ掛けを造った医者。

そんなある日、オットーは店内で怪しげな動きを見せる少女を見つける。
20201231_05.jpg
万引きだと勘違いし、少女を取り押さえるオットー。
目深にかぶったフードが取れ、少女の顔があらわになった時、オットーは言葉を失う。

20201231_06.jpg
彼女の肌に浮かぶ画質の荒いカラードット。そう、彼女はただの少女ではない。コミック世界の住人であったのだ!

コミックのキャラクターの登場により、パニックとなる店内。
当たり前である、少女がコミック世界の住人であるということは、彼女は超人である可能性がある。
よしんば超人ではなかったとしても、ひょんなきっかけで能力に目覚める可能性があるのだ。

オットー:エリ、警察を呼べ。「架空のキャラが現れた」って!
狼狽するオットーを、エリは嗜める。

20201231_07.jpg
エリ:彼女は架空のキャラじゃない。小さな子供よ。
ごめんね、怖がらせて。
私はエリ。アナタはどこから来たの?
少女:ごめんなさい。あの…男の人が壁の中から逃がしてくれて…
でも、両親はまだ壁の中で…

エリ:そうあなたのパパとママはドームの中にいるのね。私も一緒。"イベント"の日、私だけはデンバーから避難できたんだけど、両親は逃げ遅れちゃって。


少女を落ち着かせるために、ゆっくりと彼女から言葉を引き出すエリ。

エリ:それで、あなたを逃がしてくれた"男の人"ってどんな人なの?
少女:ごめんなさい。名前を聞く時間もなくって……あっ!でもどんな人だったか、画でなら描けます!


そういうと鉛筆を走らせ始める少女。
少女が描いた似顔絵を見て、エリとオットーは言葉を失う。

なぜならそこに描かれていたのは…
20201231_08.jpg

************************
というわけで、今回はイメージコミックスの『クロスオーバー』の紹介でした。

上記の通り、「現実世界がアメコミの大型イベントのタイインとなってしまう」という大技で始まった本作。
序文からも分かる通り、1950年代に盛り上がったコミック排斥運動のパロディとして、コミックが実際に人々に悪影響を及ぼす世界を舞台としたSF作品となります。

イメージコミックスから出版されている作品ですが、エリたちが作中で語るアメコミヒーローたちは"よく似た別キャラ"ではなく、我々が慣れ親しんだヒーローそのもの。
20201231_09.jpg
(ちなみに#2で登場する架空キャラ収容所はこんな感じ。詳細は割愛しますがスポーン#10のオマージュになってます)


これからどこまで他社のキャラクターが登場するのかは分かりませんが、アメコミオタクあるあるな描写も多い愉快な作品ですので、今後が楽しみですね。

【宣伝】(使いまわし)
最近の翻訳本ですが、米国での大ヒットをうけすっかり"ホワイトナイト・ユニバース"を形成しつつある『バットマン:ホワイトナイト』の続編である『バットマン:カース・オブ・ホワイトナイト』が1月に発売。今回はアズラエルやバットガールが登場!!
そして現在のDC正史世界の旗艦タイトルであるジャスティス・リーグ誌関連では、そのクライマックスである『ジャスティス・リーグ:ドゥーム・ウォー』が発売。『ダークナイツ:デスメタル』へと繋がる重要タイトルでDC世界の未来と過去のヒーローたちが集結するさまは一見の価値あり。
そして先日発表された嬉しいサプライズが『ゴッサム・セントラル』の翻訳。なんの特殊能力も持たず、職業的倫理観だけに突き動かされてゴッサムの狂人たちと戦うゴッサム市警の活躍を描いた本作。グレッグ・ルッカ(ワンダーウーマン)や、ブルベイカー(ウィンターソルジャー)といったハードボイルドな作風で知られる人気ライターが手掛け、非常に高評価な作品なのですが、とにかく地味なタイトルであるのでまさか翻訳されるとは。



また嬉しいサプライズといえばマーベルの『スーペリア・フォー・オブ・スパイダーマン1』。シニスターシックスを名乗る5人組のC級ヴィランたちが、マーベルユニバースの底辺で繰り広げるドタバタ劇がまさかの翻訳です。その評判だけ聞いていつか手を出したいと思っていた本作が日本語で読めるとあって、管理人はすぐさま予約しました。

またマーベルからは『チャンピオンズ:チェンジ・ザ・ワールド』と『ウエスト・コースト・アベンジャーズ:ベスト・コースト』の翻訳も発表。前者はカマラ・カーン(Ms.マーベル)やマイルス・モラレス(スパイダーマン)、後者はケイト・ビショップ(ホークアイ)やグウェンプールを中心とした、若手ヒーローたちのチーム誌。明るいキャラ同士の掛け合いが魅力のタイトルですので、そういうのが好きな方は是非!


サベッジ・アベンジャーズ #1-6

(今回は軽くいかせてもらいます。)

サベッジ・アベンジャーズ
(作:ゲリー・デュガン、画:マイク・デオダートJr.)
"SAVAGE(野蛮な)"という形容詞がぴったりなこのタイトル。
20200711_01.jpg

メンバーは上から、Dr.ブードゥー、パニッシャー、エレクトラ、ヴェノム、ウルヴァリン、コナン。
「コナン?」と疑問に思われた方、想像の通りです。
このコナンは、映画『コナン・ザ・グレート』や『コナン・ザ・バーバリアン』で知られるあの蛮人コナンです。

実は少し前にマーベルはダークホーク社が持っていた蛮人コナンのコミック化権を再取得。
その後しばらくは大人しくコナンの原作世界であるハイボリアを舞台としたコミックを刊行していたのですが、満を持してマーベル世界に引きずり込んだ作品がこの『サベッジ・アベンジャーズ』となります。
(厳密にはコナンがマーベル世界にやってくる話は『アベンジャーズ:ノーロードホーム』です。ですので、本作ではいきなりマーベル世界に居ついたコナンが登場します。)

というわけでマーベル世界において近代文明にもヒーロー文化にも染まらず、あくまで"蛮人"であることを貫くコナンが本作の見どころ。

ちなみにこれがウルヴァリンとコナンの出会い。
20200711_02.jpg

コナン:キンメリアのコナンだ。
ウルヴァリン:……パブストのローガンだ。

 ※パブストは米国のビール会社
このウルヴァリンのしょうもない軽口のお陰で、この後ずっとウルヴァリンはビール会社の広告塔のような扱いに。

20200711_05.jpg
コナン:戦えローガン。パブストの名に懸けて!

それにしても、今回の悪役。いくら邪神復活のために強者を呼び寄せる必要があるからといって、
シンビオートを瓶詰にし…
20200711_06.jpg

ウルヴァリンの旧友を誘拐し…
20200711_03.jpg

パニッシャーの家族の墓を暴き……
20200711_04.jpg
と虎の尾を踏むような行為のつるべ打ち。
物語序盤から「うわ、こいつ死んだな」と、哀れみすら感じちゃいました。




【宣伝】
DC関連では『ジャスティス・リーグ:シックスス・ディメンション』の予約が開始。DCリバースの集大成として先日開始した『ダークナイツ:デスメタル』に直接つながる物語となります。タイトル名で予想が付くように、Mr.Mxyzptlkとバットマイトというコメディ調の物語にしか登場しないキャラクターが、ジャスティスリーグ誌に大真面目に参戦!
続いては『バットマン:アーカム・アサイラム』が各種設定画を追加した増補改訂版となって刊行。現代コミックの魔術師(本物)グラント・モリソンの物語と、現代美術の世界に片足を突っ込んだようなデイブ・マッキーンの画が融合したまさに不朽の名作ですので、未読の方は是非。



マーベル関連では『マーベルスーパーヒーローズ:シークレット・ウォーズ 1』の予約が開始。
こちらは1984年にマーベルが行った初めての超大型クロスオーバー。「玩具メーカーのハスブロとも提携し、絶対に失敗できない企画となったこの作品の勝算を少しでも上げるため、マーケティング調査の結果割り出された子供たちが大好きな単語を2つを組み合わせて"シークレットウォーズ"という名前を付けた」という逸話は有名。
スパイダーマンのブラックコスチューム登場や、ビヨンダーの紹介など、現代のマーベルでも度々引用される物語なので、そういう意味でも気になるタイトル。
続く『ワスプ』は対照的に、現代のコミックシーンを代表するようなタイトル。
初代アントマンの娘、ナディア・ヴァン・ダインと彼女を取り巻く天才科学少女たちを主人公に据えたポップな物語。
「理系の道を選ぶ女の子をエンパワメントする」というテーマがあり、原書では実在の女性科学者のコラムが載ってるらしいのですが、そこら辺が邦訳版ではどうなるのか?


プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター