New52版ウォリー・ウエスト

以前の記事で4月のNew52での復活をお伝えしたした"3代目フラッシュ"ことウォリー・ウエスト。
20140127_05.jpg

このカバーが発表された当時、アーティストであるブレット・ブースが「ウォリーをカバーに描いたよ。」という談話をだしたため、「新しいウォリーは青いし、なんか悪人ぽいけど大丈夫?」という心配の声がファンの間で盛んに交わされました。

が、5月以降の販売予定が公開されるうちに、ある噂が流れるようになりました。
つまり、4月から登場するウォリー・ウエストとは、中央のフラッシュではなく、

20140330_01.jpg

まちがえた、


20140330_02.jpg
この少年の事ではないか? という噂です。

うーん。そうであって欲しい...

[宣伝](使い回し)
3-4月の怒涛の翻訳ラッシュはこちら。
「月刊バットマン」の最終話『ブルース・ウェインの選択』に『マイティ・アベンジャーズ:シークレット・インベージョン』など人気シリーズに加え。『シンシティ』や『キックアス』など映画原作も多数発売されます。。



スポンサーサイト

DC Comics 4月の新刊

2011年10月から始まったDCのリランチプロジェクトNew52
その成功(1冊あたりの売上およそ1.5倍)に気を良くしたDC Comicsは次なる一手として、New52初の大型クロスオーバー『フォーエバー・イービル』が終了する2014年4月以降を『New 52 second Phase』と名付け、新規タイトルを大量投入することを決定しました。
以下は4月の開始タイトルの紹介。

【バットマン:エターナル】
バットマンの生誕75周年を記念した週刊タイトル。
詳細はこちら
20131125_01.jpg
ナイトウィング誌、ティーンタイタンズ誌と2人のロビンが活躍すタイトルが4月にて終了となるので、そういう意味でも同行が気になるタイトルです。

【ジャスティス・リーグ・ユナイテッド】
以前は『ジャスティス・リーグ・カナダ』としてアナウンスされていたタイトルが、名称変更。
カナダを本拠地にした宇宙系ヒーローチームとなります。
ライターを務めるジェフ・レミーアは最近の管理人のお気に入りライターなので、非常に楽しみ。
20140127_01.jpg
#1の表紙に描かれたメンバーはマーシャン・マンハンター、スターガール、グリーンアローのJLA組に加えて、スーパーガールにアダムストレンジと宇宙が似合うヒーローが参加。
また、ライターのジェフ・レミーアのNew52での出世作『Animal man』よりアニマルマンも参加しています。


【シークレット・オリジンズ】
New52の開始当初にあった「DCユニバース・プレゼンツ」誌のように、様々なヒーローを紹介するオムニバス誌。
20140127_02.jpg
数か月かけて特定のキャラにスポットをあてる「DCユニバース~」と対象的に、シークレット・オリジン誌は1号の中にショートショート形式の話を複数で載せ、1冊で色々なヒーローを楽しめる形式になりそう。
DCユニバースの入門用に是非!

【シネストロ】
なんとグリーンランタン#20にて、部下ともども深宇宙に姿を消したシネストロが個人誌を持つことに!
少しホラーテイストの話になるとのこと。
20140127_04.jpg


【アクアマン・アンド・ジ・アザーズ】
個人的には今回一番の驚き!
20140127_03.jpg
New52開始当初は「ジャスティス・リーグいちの不人気キャラ」と、作中でもネタにされていたアクアマンが、なんと2つ目の個人誌を獲得。
1人で複数の個人誌を持つキャラクターは、現在、スーパーマン、バットマン、おまけでワンダーウーマンだけなことを考えると大出世です。
「~アンド・ジ・アザーズ」誌では名前の通り、アトランティスの秘宝の継承者によって形成されたヒーローチーム、アザーズに焦点が当たります。
アザーズはリランチ前から登場していたキャラクターが1人もいないという、アメコミの世界では稀有な完全新規のチームなので、管理人は密かに応援してます。
(各メンバーを近日中に紹介予定)

【遂に帰ってきた!】
以前お伝えしたように、New52世界への復帰が渇望されていたキッド・フラッシュことウォリー・ウェストが遂にフラッシュ誌に帰ってきます!
その雄姿がこちら!
20140127_05.jpg
背景などを見ていると次元を超えてきそうな佇まいですが、どういった形で復帰するのか、目が離せません。


【宣伝】
年末年始で新刊が少なかったせいか、今月来月の翻訳は凄いことになっています。
まずはバットマンからは、人気ライター、グラント・モリソンの作品が翻訳されます。
ブルース・ウェインの死亡に端を発する後継者争い「バトル・フォー・ザ・カウル」と、新バットマンの活躍を描く「バットマン&ロビン」


また、映画「キックアス:ジャスティス・フォーエバー」の公開に合わせて、原作であるキックアス2と、スピン・オフ「ヒットガール」が翻訳されます。両タイトルともマーク・ミラー本人がライティングを担当。


これだけではありません。"犬溶接マン"で一世を風靡した(?)ヒットマンの新刊に加え、DC Comicsの伝説的レーベル「Vertigo Comics」から刊行され、アイズナー賞受賞など様々な栄誉を欲しいままにしたファンタジックなヒューマンドラマ「デイトリッパー」も刊行されます。
どうなってしまうんだ、俺の財布は!


[お知らせ]海外マンガフェスタ アメコミ関連情報

2013年10月20日に開催される海外マンガフェスタにて、現役アメコミアーティストの参加が予定されています。
これらの方々はアーティスト・アレーに席を構え、イラスト集・原画販売/サイン/ファンとの交流などを行う予定です。

-ショーン・ギャロウェイ(Sean Galloway)
  ・グリヒルさんとの共作コミック「Gumshoes for hire」の販売
    -通常版(\3,000)
    -資料集付き(\5,000)
  ・イラスト集販売(予価\2,500~\3,000)
  ・グッズを購入された方へのスケッチサービスあり
  ・当日コミッションを受け付けるか否かは未定
-ライアン・ベンジャミン(Ryan Benjamin)
  ・イラスト集販売(\1,500)
  ・オリジナルコミック「Pancratia」販売(1-2巻\2,500、4巻\3,000)
  ・オリジナルポスター販売(予価\1,000)
  ・当日コミッション受付(¥5,000)
  ・グッズを購入された方へのスケッチサービスあり
-ピーター・グウェン(Peter Nguyen)
  ・オリジナルポスター販売(1枚\1,000、3枚\2,500で販売)
    ※3枚買われた方にはスケッチをサービス
-クレイ・マン(Clay Mann)


また、同様に下記の方のアーティスト・アレー参加もアナウンスされています。
  -スティーブン・カミングス(Steven Cummings)
  代表作:デッドショット、Ame-Comi Girls
その他にもアーティスト・アレーにはBD・オルタナ系などのアーティストが多数参加される予定です。
詳細は「ゼロゼロボックス」さんの記事をどうぞ。

アメコミ関係者としては以下の方々の来日も、アナウンスされています。
 -アディ・グラノフ(Adi Granov)
   代表作:「アイアンマン:エクストリミス」、他
 -ジョシュア・ミドルトン(Joshua Middleton)
   代表作:「Super Girl」、「New Mutants」、他

  ※残念ながら、ミドルトン氏の来日は中止となったとのこと。
 -C.B.セルブスキー(C.B. Cebulski)
   Marvel Comicsの役員にして、アーティスト育成部門のトップ

【アメコミ関連のイベント】
また、当日のアメコミ(ヒーロー系)関係のイベントは以下の通り。

(1)アメコミ合同スペースサイン会
今年も以下のアーティストによるサイン会が開かれます。(詳細は「アメコミnightブログ」さん参照)
 11:30~12:30 タケダサナ
 13:00~14:00 フィリップ・タン
 14:30~15:30 グリヒル

(2)ヴィレッジブックス主催イベント(詳細はヴィレッジブックス公式ページにて公開予定)
 11:30~ ヴィレッジブックス新作発表会
 13:45~ アディ・グラノフ ライブペインティング+トーク
 15:00~ アディ・グラノフ・サイン会(参加条件あり)

(3)海外マンガフェスタ本部主催トークライブ(詳細は公式ページ参照)
 12:20~13:20 アディ・グラノフ & 内藤泰弘

10月19日(土)のライブ・ペインティング・イベントについてはこちらを参照お願いします。
 ※このイベントは完全招待制となっておりますこと、ご了承ください。
プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター