FC2ブログ

バットマン #71

バットマン #71
(作:トム・キング、画:ミケル・ハニン)

【ナイトメア】
バットケイヴに現れたフラッシュポイント世界のバットマン――トーマス・ウェインの手にかかり、ベイン軍の手に落ちたバットマン。
そこで彼を待っていたのは、宿敵スケアクロウによる最新の恐怖ガスによる終わりなき悪夢の世界であった。
20190602_01.jpg

手を変え品を変え繰り返される悪夢の中で自分の置かれた状況に気づいたバットマンは、精神世界の中から反撃の時を探り、遂に現実世界への帰還を果たす。

肉体的な監禁場所であったアーカムから脱したバットマンが最初に向かった先、それはゴッサム市警の屋上であった。
しかし、屋上にある筈のバットシグナルは、手荒に破壊されていた。
キャットウーマンとの破局の後に、ベインの陰謀を暴くために行ったバットマンの人権無視の苛烈な捜査に愛想を尽かせたゴードンが、自らの手で破壊したのである。

20190602_02.jpg
ゴードン:キミはもうここにいていい人間じゃない。
消えろ!今すぐ私の屋上から消えるんだ!


厳しい言葉ながら、バットマンを追うことをせず見逃そうとするゴードンに最後の優しさを意に介さず、悠然と修理したバットシグナルを点火するバットマン。
そして、(いつもの黄色ではなく)赤く染まったバットシグナルがゴッサムの夜空に煌々と灯されたのであった…

【ファミリー集結】
ティム:確かに赤かったんだね。まさか…まさか、本当に現実に起こるなんて。
わかってる。いまちょっと取り込み中なんだけど、すぐに向かうよ。

20190602_03.jpg

"ゴッサムに赤いバットシグナルが灯る"
その報せはバットファミリーの間を驚きと恐怖を持って駆け巡った。

そして数時間後、全ての事件をわきに置きファミリーがゴッサムの街に集結したのだ。
20190602_04.jpg

バットマン:他のメンバーは?
バットガール:ケイト(バットウーマン)は遠くにいて直ぐには無理。ディックはリックだし、ジェイソンは…ジェイソンよ。

(ベインが雇ったKGビーストにより頭部に銃撃を受けたディックは、全ての記憶を失い"リック"として普通の生活を送っている。また殺さずの誓いを破ったジェイソンは、バットマンと袂を分かち、独自の路線で悪との戦争を継続中。)

バットマン:そうか、だが今の面子で大丈夫だ。
ベインがアーカムを占拠した。奴はアーカムの中から密かにゴッサムの全てを牛耳っている。
奴は寝たきりを装っているが、そうじゃない。

奴は俺を捕まえ正気を失わせようとした。

私は奴の計画を知った、奴の手勢も知った。

奴は私の父まで、仲間に引き込んだ。私は実際に見たんだ。

これからアーカムに向かう。奴からゴッサムを、全てを取り返す!

20190602_05.jpg

緊張した面持ちで、ゴッサムへと向かうファミリー。

バットマン:ベイン!
隠れても無駄だ。私は全てお見通しだ、この軟弱で、病弱な愚か者め…

20190602_06.jpg
職員:…どうかしましたか?

【そして…】
平和そのもののアーカムの調査を終えた一行は、深刻な面持ちで状況を確認する。

バットガール:全てのサーバーを探ったけど、なにも見当たらなかった。
ベインは以前にあなたにやられたっきり、今も昏睡状態よ。

バットマン:アルフレッドなら…彼なら父を見たはずだ。
バットガール:さっき確認をとったの。アルフレッドは何も見てないって。
あなたの事をとても心配していたわ。キャットウーマンとああなってから、少し普通じゃないって。

バットマン:彼女は関係ない。
ティム:ブルース。貴方は少し疲れてるんだよ。
僕に…僕たちに手伝わせてくれないか?
解ってる。本当に彼女の事を愛していたんだよね…


20190602_07.jpg
バットマン:彼女は関係ない!


***************************
というわけで、久しぶりにバットマン誌の紹介でした。
#50の結婚記念号から、何処までも落ちていくバットマン。
20190602_08.jpg

恋人は去り、盟友ゴードンからは追われ、ディックは目の前で再起不能となり、遂にはファミリーからの信頼も失ったバットマンの失墜は、次のストーリー『シティ・オブ・ベイン』で遂にどん底を迎えるとのこと・・・って、まだ堕ちる余地があるんですね(笑)

というわけで、相変わらず絶好調のバットマン誌ですが、実は先日「ライターを担当しているトム・キングが#85でバットマンを離任する」という情報が流れ、ファンダムを騒がせました。
これを受け、各種ニュースサイトは
「ウォッチメンを#9で終わらせるような愚行」
「DCは今後100年は再販され続ける傑作の誕生を、目先の(リランチによる)売上増に目がくらんでドブに捨てた」
などの大批判を掲載したのですが、その後、トム・キングの物語は新タイトル『バットマン/キャットウーマン』誌に引き継がれる予定であることを発表。
20190602_09.jpg

初報を聞いて意気消沈していた管理人もこれで一安心です。

【宣伝】
まず、何とも嬉しいのが『バットマン:ホワイトナイト』の翻訳!
正気に戻ったジョーカーが、一人の政治家として、ゴッサムの堕落の源泉であるバットマンに戦いを描くという展開で、昨年の話題をさらった作品が早くも翻訳!

そしてマーベル側で楽しみなのが『アベンジャーズ:タイム・ランズ・アウトII』!
ちょうど今日、1巻にあたる『アベンジャーズ:タイム・ランズ・アウトI』を読んでいたのですが、これがまぁ面白い。
シールドアベンジャーズ、ニューアベンジャーズ、イルミナティ、カヴァルなど様々な陣営が、互いに裏切り者を抱えながら行動する群集劇で、超大型イベント『シークレットウォーズ』の導入ともなっていますので、スケールのでかい話が読みたい方は是非!

スポンサーサイト



バットマン #50 (結婚記念号)

バットマン #50 (結婚記念号)
(作:トム・キング、画:多数)

婚約から数か月、遂に結婚の日を迎えたバットマンとキャットウーマン。
20180930_08.jpg

ブルース・ウェインとセリーナ・カイルとしてではなく、あくまでバットマンとキャットウーマンとしての結婚を選んだ2人が式場に選んだ場所、それは2人が慣れ親しみ、終わらない追いかけっこを繰り広げた場所であるゴッサム市街地の屋上であった

友人たちを呼ぶことも避け、互い1人ずつ選んだ立会人だけを連れ添って、会場で待ち合わせることを決めた二人。

物語は、粛々と式の準備を進める2人の様子と、結婚を前に互いが相手への思いをつづった手紙の内容、そして80年にわたるバットマンとキャットウーマンの歴史を当代一のアーティストたちによるアートで振り返る形で進んでいく。
20180930_07.jpg


【新郎】
ブルースが立会人に選んだのは、"ワールドファイネスト"の片割れスーパーマンでもなく、"ダイナミックデュオ"と呼ばれたディックでもなく、両親を失ったブルースを影になり日向になり見守り続けてきた人物、アルフレッドであった。

式場への向かう車の中でアルフレッドに、結婚に向けた不安を打ち明けるブルース。
20180930_04.jpg

ブルース:アルフレッド...私は幸せになれるだろうか?
アルフレッド:ブルース様。あなたが成し遂げてきた事、耐え忍んできた苦痛を思い出してください。
そんな心配をする必要が何処にありましょう?



【新婦】

一方、セリーナが選んだ立会人は、彼女にとって唯一の肉親ともいえる女性、ホリーであった。
とある事情でアーカムの住人となっている彼女は、密かにウェイン邸に移送され、そこでセリーナの結婚を知る。

20180930_05.jpg
同じ孤児院で育った姉のような存在であるセリーナが、バットマンと結婚することに驚きを隠せないホリーであったが、セリーナから話を聞くうちにふと素朴な感想を口にする。
ホリー:ちょっと不思議よね。バットマンの事は活動を初めた時から知ってるけど、まさかこんなだとは思ってなかった。
セリーナ:"こんな"って?
ホリー:なんていうか、幸せそうってこと。バットマンっていつも自分を追い込んでるように見えたから。それが彼の戦う術なのかなっておもってた。
セリーナ:…

ホリーの何気ないひと言がセリーナの胸に、突き刺さる。
その言葉は、数日前に"バットマンを結婚から救うため"に現れたジョーカーがセリーナに語ったある台詞を、セリーナに思い出させるのであった。

【屋上にて】

20180930_03.jpg
式場となるフィンガータワーの屋上で、セリーナの到着を待つブルース。
しかし、朝になっても彼女は現れない。

その時、セリーナは式場からほど近いケインプラザの屋上にいた。
20180930_02.jpg

セリーナはホリーの感想から、ジョーカーの妄言から、ブースターゴールドの経験した悪夢から、あることに気が付いてしまったのだ。
バットマンがバットマンであるために、彼は不幸でなくてはならない。
ブルースと結婚すること、彼と幸せな家庭を築くことは、ゴッサムの人々から彼らの守護者を取り上げることに他ならないと。

全てを悟ったセリーナはやがて覚悟を決めたように、新婦のベールを打ち捨ててゴッサムの街へと消えていく、
変わらぬ愛情を約束するブルースへの手紙を残して…

【エピローグ】
しばらくして立会人としての役目を終え、再びアーカムへと戻るホリー。

20180930_01.jpg
ホリー:あなた様の想定通り、彼女は独りで去りました。
彼の方は分かりませんが…
ベイン:計画通りだ。"蝙蝠"は壊れた。



******************
というわけで、今回はバットマンの結婚記念号で紹介でした。
美麗なアートの数々と、トム・キングによる丁寧な語りが重なる、記念号に相応しい豪華な内容でしたが、結婚の決着はやはり破局。

が、そんなことよりもなんといっても度肝を抜かれたのは、最終ページで明かされた黒幕の正体と、その協力者たちの布陣でしょう。
ベインを筆頭に、ゴッサム・ガール、ヴェントリロクイスト、ジョーカーとリドラーと、リバース後のバットマンの全てのアークの登場人物が総登場。
リバースの物語は全てはベインの計画だったのです。
そして、さらに衝撃的だったのはベインの協力者に何故かいる、ブースターゴールドの相棒スキーツとトーマス・ウェインでしょう。

20170702_06.jpg
バットマン/フラッシュ:ザ・ボタン』にて感動の再開を果たしバットマンに結婚を決意させたトーマスと、ブースターゴールドに「ブルース・ウェインが幸せな世界線」を作り上げさせセリーナに離別を決意させるきっかけを作った(と思われる)スキーツ。
この2人の協力がなければ、今回のベインの計画は成り立たなかったでしょう。
しかし他のメンバーと異なり、この2人……特にトーマス・ウェインを計画に組み込むことは完全にベインの能力の範疇を超えています。

いったい読者が目にした物語のどこまでが本当で、どこからがベインの策略であったのか?
果たしてバットマンはいつどうやって、黒幕の存在に気が付くのか?
そしてセリーナとブルースの関係は今後どうなるのか?

気になることは山ほどありますが、「100話まで自分で書く」と宣言しているトム・キングの物語のなかで、#50である今号はまだ折り返し地点。
読者としては、まだまだ目が離せない展開が続きそうです。


【宣伝】
DCからは『バットマン・メタル:プレリュード』を皮切りに、早くも『メタル』の翻訳がスタート!
昨年大ヒットを飛ばし、現在のDC世界の大きな流れを作った重大タイトルなのでこれは嬉しいです。
また、久しぶりのDCの事典系の翻訳となる『バットマン・キャラクター事典』も予約開始。
かなりヴィジュアル面を重視した作品のようなので、そういう点でも嬉しいですね

現在、絶好調のバットマン誌からは『バットマン:ウォー・オブ・ジョーク&リドル』の翻訳が決定。
「ジョーカー陣営とリドラー陣営に分かれたゴッサムヴィラン版シヴィルウォー」というキャッチーな設定に留まらない、トム・キングの洗練されたライティングが楽しめます。(トム・キングのバットマンの影の主役である"あいつ"が遂に表舞台に!)



マーベルでは映画の公開を控えて『ヴェノム:リーサル・プロテクター』と『ヴェノムバース』が発売。
前者はヴェノムを主人公誌のマスターピース的作品、後者は「ヴェノム化ヒーロー大集合」といった趣の最新作という、非常に幅のあるラインナップですね。
また、人気タイトル『スパイダーマン/デッドプール』は、ライターを変更し心機一転して再スタートしたタイトルが『続・スパイダーマン/デッドプール:アームス・レース』として刊行予定です。



バットマン#51 (コールドデイズ)

バットマン#51 (コールドデイズ)
(作:トム・キング、画:リー・ウィークス)

【裁判所にて】
ゴッサム市南裁判所に到着した一台のリムジン。
お抱えの執事に付き添われリムジンから降り立った男に、待ち構えた報道陣が殺到する。
20180805_01.jpg

リポーター:ウェインさん!こっちを向いてください。
リポーター:コメントを!
ブルース・ウェイン:単なる市民としての義務さ。私だってゴッサムの市民だからね。

ブルースの語った"義務"とは、陪審員としての務めのこと。
ブルースは、ゴッサムで起こった連続殺人事件の罪を問われている被告人を裁くために、陪審員として招集されたのだ。

【事件のあらまし】
ブルースが参加することとなった事件は、非常に単純なケースであった。
20180805_04.jpg

被告人は幾度となく街を脅かしてきたスーパーヴィラン――Mr.フリーズであり、本人も一度は犯行を自供済み。
そしてなにより、自ら検視を行いMr.フリーズにつながる証拠を見つけ出したのも、保釈中のMr.フリーズを捕まえ自白を引き出したのも、街の守護者にして"世界最高の探偵"バットマンその人であるのだから、Mr.フリーズが犯人であることはもはや自明のことに思えた。

20180805_05.jpg
裁判所の証言台で、陪審員たちが見守る中、Mr.フリーズは自供の経緯をこう語る。
Mr.フリーズ:確かに私は今まで、何度となくバットマンと戦ってきた。
しかし、あの夜は違った。あの時の彼は、私が殺ったかどうかなんて気にしてはいなかった。
彼は、私が犯行を認めるまで、ただただ私を殴り続けた。あの時認めなければ、私はバットマンに殺されていただろう…


【一方そのころ】
裁判所にて数日にわたって裁判が続く中、警察署の屋上でバットシグナルを灯すゴードン署長。

いつものようにゴードンの前に現れるバットマン。
20180805_03.jpg
しかし、ゴードンは一目見る前に、目の前の男がいつものバットマンではないことに気が付く。
(陪審員は、外部との接触を避けるために、裁判中は裁判所が用意した施設で缶詰になる必要があります)

ゴードン:君はいつもの君じゃないな?
ディック:何か問題でも?
ゴードン:別に……で彼は大丈夫なのか?
ディック:……いいや


【評決のとき?】
Mr.フリーズの裁判は大詰めを迎えていた。
別室に集まり、Mr.フリーズが事件の犯人であることが"合理的な疑いを超えて証明"されたかを投票する陪審員たち。
結果を見るまでもなく陪審員たちの心は既に決まっていた、なにせ被告人はMr.フリーズで、捕まえたのはバットマンなのだから。

しかし、バットマンの調査を疑い、反対票を投じた人物がただ1人だけいた。
その人物の名はブルース・ウェイン!
20180805_06.jpg

*******************
というわけで、#51から始まったバットマンの新ストーリーは、ズバリ"ゴッサム版12人の怒れる男"。
その圧倒的筆力から会話劇を得意とするトム・キングにとって、今回の題材はまさにうってつけで、本家に勝るとも劣らない法廷劇を繰り広げてくれています。

また、このアークを単品で読んだ場合でももちろん楽しいのですが、トム・キングのバットマンのテーマである「バットマンとは、ブルース少年の子供じみた逃避行動なのではないか?」という問いかけであったり、トム・キング自体のテーマである「"暴力の経験"が人と社会に与える影響」であったりを踏まえて読むと、また面白い展開もあったりで引き続き目が離せないタイトルです。


……
…で、このブログを読んでくださっている方の中には「それはいいから、バットマンとキャットウーマンの結婚はどうなったの?」と思われる方も当然いると思います。
私も結婚記念号の衝撃の展開はぜひとも紹介したいのですが、あまりにもネタバレが過ぎる内容であるため、翻訳版「バットマン/フラッシュ:ザ・ボタン」が発売するまで、ちょっと紹介を見送らせてもらうことにしました。
何がどう衝撃の展開であったのかはもちろん伏せますが、とりあえず言えることは、結婚記念号の発売当日、管理人のツイッターのタイムラインにはバットマン誌の感想であふれかえりましたが、バットマンとキャットウーマンが結婚したかどうかなんてことを問題にしている人は殆どいなかったという事です。

【宣伝】(使いまわし)
マーベルからは、『デス・オブ・ウルヴァリン』の翻訳が決定。
現在本国で進行中の『ハント・フォー・ウルヴァリン』と、10月から開始する『リターン・オブ・ウリヴァリン』を合わせた3部作の第一弾となる作品です。
またマーベルではキャラクター紹介をメインとした事典『アベンジャーズ大全』の刊行が決定。
こちらの方は、ワスプ(ナディア・ピム)やシビルウォーⅡのあたりの比較的最近の展開まで反映した内容になっているとのことですので、こういう図鑑系が好きな方は是非!




またDCでの一押しはなんといっても『バットマン:アイ・アム・ベイン』と『バットマン/フラッシュ:ザ・ボタン』の2作品。
ただでさえトム・キングのライティングが冴える最高の作品なのですが、先日は発売されたバットマンの結婚記念号で、これらの2作品が非常に重要な意味をもっていたことが判明しました。
管理人も今後のバットマン誌の展開の予習のために、もう一度翻訳版で読んでおこうかと思っています。


プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター