バットマン#44

バットマン#44
(作:トム・キング、画:ミケル・ハニン、ジョエル・ジョーンズ)

ウェイン邸の深夜2時、世紀の結婚を控えたセリーナ・カイル(キャットウーマン)は、隣で婚約者が眠るベッドを抜け出し"最高のウェディングドレス"を求め、ゴッサムの街へと向かう。
20180513_10.jpg
彼女の心に去来するもの。それは遂に終わりを迎えるバットマンとキャットウーマンの永遠の追いかけっこの思い出であった…

というわけで、一話完結の非常に読みやすくロマンチックな作品。
作中に挿入される回想シーンはミケル・ハニンがアートを担当し、80年にわたる2人の歴史を称えるかのように、過去の作品を完全に再現。
20180513_03.jpg
20180513_02.jpg


現代のパートでは個人的に最近注目しているアーティスト、ジョエル・ジョーンズがその腕を振るっており、
こっそりと持ち帰ったドレスを前にキャットウーマンがアルフレッドに送った、いたずらっ子のような目くばせを見て、誰もが彼女に恋をすることでしょう。
20180513_09.jpg

7月発売のバットマン#50にて結婚する2人を祝福するかのような、可愛らしい一遍ですので、未読の方は是非!

…と思わずいつものまとめをしてしまいましたが、果たして本作は本当に2人を祝福するような内容なのでしょうか?

確かに、『アイ・アム・ベイン』でのプロポーズ以降、バットマン誌では二人の結婚に向けた準備と言えそうな話を順調に展開しています。
また、7月の結婚号に向けて、バットマンの仲間たちがそれぞれヴィラン達と対決する連作『バットマン:プレリュード・オブ・ウェイディング』も発表され、コミックファンの間ではすっかり「ついにバットマンが結婚するんだ」という雰囲気になっています。
20180513_01.jpg

しかし、管理人は本作こそ、バットマンとキャットウーマンの未来に破局が待っていることを暗示した物語に思えてなりません。

20180513_05.jpg
セリーナ:「豹はその身の柄を変えられない(注:人の本質は変えられないという意味のことわざ)」…
そして豹は猫科の動物なの。
バットマン:…キャットウーマンとしての過去を忘れなければ、お前に未来はない。

20180513_07.jpg
セリーナ:それが猫の習性よ。誇り高く、自由気まま!

20180513_06.jpg
セリーナ:盗むの?それとも結婚するの?



一件、ただの2人の歴史をたどる回想シーンに見える本作の過去編(台詞はどれも過去作のままです)。
しかし、そこで描かれている姿はどれも、、「セリーナはけして盗みをやめない。スリルを求め気ままに盗み、バットマンを翻弄し続けることこそが彼女の性質である」ということを物語っています。

20180513_08.jpg
そして、現代パートについても、その美しくロマンチックな描写に思わず流されてしまいそうですが、深夜の高級店に忍び込み、ウェディングドレスを盗み出すセリーナの行動はまぎれもなく窃盗行為であり、世界有数の資産家の婚約者となった彼女には行う必然性のない悪徳なのです。


また、そもそもの問題として、「バットマンが結婚を決意する」という現在の状況を、トム・キングは密かに異常事態として描いている節もあります。
バットマンがバットマンとしてではなく"ブルース・ウェインとしての幸せ"を念頭に入れるようになったきっかけは、『ザ・ボタン』において、父であるトーマス・ウェインと出会ったからです。
しかし、この出会いは決して偶然の奇跡ではありません、DC世界から歴史を奪ったDCリバースの黒幕が全てをおぜん立てしたのです。
事実、『ザ・ボタン』以降、バットマン誌において、バットマンがゴッサムのためにヴィランと戦う様子が描かれる回数は、ひっそりとしかし確実に激減。
遂には先日発売の『フラッシュ』誌においても、バットマンがヒーロー活動よりもセリーナとの生活を優先している(と思われる)描写が入りました。

そういう目で見れば、本作の冒頭に描かれた「深夜2時に婚約者と共に眠っているブルース・ウェイン」という描写がそもそも異常な描写なのです。
夜こそがバットマンの時間なのですから。

…というわけで、管理人の予想は「バットマンとキャットウーマンは破局する。仮に結婚したとしても、トム・キングの在任中に別れる」。
皆さん。当たったら何かください!


【宣伝】(使いまわし)
前も書きましたが、更新が滞ると書くのが一番おっくうになるのがこの欄。
これだけ次から次に翻訳本がでるなんて、本当にいい時代になったもんです。

個人的に今一番気になる作品は『スパイダーメン』。正史世界のピーター・パーカーと、アルティメット世界のマイルズ・モラレスとという2人のスパイダーマンの次元を超えたチームアップを描き非常に評判が高い作品です。
また"コミック界のアカデミー賞"ともいえるアイズナー賞で、今年5部門もノミネートされている『モンストレス』の第二巻が早くも翻訳され、こちらも気になるところです。



また、5月6月はデッドプールの翻訳が目地押し。
スパイダーマンとデッドプールの"娘"が登場する『スパイダーマン/デッドプール:イッツィ・ビッツィ』に、デッドプールがハワード・ザ・ダックと融合してしまう『デッドプール・ザ・ダック』。
比較的単行本が売れない傾向のあるマーベルにおいて異例のヒットを跳ばした作品の続編企画『デッドプール・キルズ・マーベルユニバース・アゲイン』。
デッドプールの最近の個人誌である『デッドプール:エンド・オブ・エラー』から、彼のキャラクターの礎を築いたともいえる往年の名作『ケーブル&デッドプール:こんにちは赤ちゃん』とその数なんと5作品。

近年のマーベルの人気者の面目躍如ですね。

スポンサーサイト

バットマン #33-34 (婚約の掟)

バットマン #33-34 (婚約の掟)
(作:トム・キング、画:ジョエル・ジョーンズ)

ジェイソン:ほら!放せっていってるだろ!
20180311_02.jpg
ディック:どうした?犬に負けそうだぞ?
デューク:ホントかよ
ジェイソン:ざけんな!勝ちそうなのは…俺だ…


ダミアン:…ガキどもが

ウェイン邸に久しぶりに集められ、実の兄弟のように団欒を楽しむロビンたち。
そんな彼らの前に姿を現したのは、ウェイン家につかえる忠実なる執事アルフレッドであった。
アルフレッドはロビンたちに、ブルースが中東の小国カーディムへ向かい不在であることを告げると、改まった雰囲気で今日の要件を切り出す。

アルフレッド:これからわたくしがする事を、ブルース様は望んではおられません。
しかし、ブルース様の現在の状況を皆さまは知っておくべきだと、勝手ながら判断させていただきました。


ディック:分かった。また何かやばい秘密を隠してるんだろ?
デューク:それも、彼を信頼する家族やリーグに対して。
ジェイソン:で、その秘密が、全世界の全生命を危険にさらしてる…と。
ダミアン:いつもの事だな


アルフレッド:ブルース様はセリーナ様に結婚を申しで、セリーナ様がこれをお受けになりました。
一同:…

20180311_03.jpg

一様に言葉を失うロビンたち。
そんな中、最初に沈黙を破ったのはジェイソンであった。

20180311_04.jpg
ジェイソン:これはお前の責任だからな、デューク。
直近のロビンであるお前が"バットマンの陰を照らす"っていう役目を怠ったから、ブルースがヴィランにプロポーズするなんて事態になるんだ。
デューク:はぁ?現役時代におっ死んでヴィランとして復活したような奴が、どの面下げて"バットマンの陰を照らす"とかぬかすんだ?
だいいち、俺はロビンじゃねぇし! 今のロビンはあいつだろ?


ダミアン:デュークの言う通り…ロビンは俺だ…
これは俺の…俺のせいなんだ…

20180311_05.jpg

ジェイソン:マジかよ、ダミアンが涙って…
オーケー、みんな落ち着け。こりゃ世界の終わりが来るぞ。


ただならぬダミアンの雰囲気に動揺する一同。

ダミアン:俺、知ってるんだ。
ディック:知ってるって何を?
ダミアン:なんで、親父が結婚の…あの女と結婚の前にカーディムに向かったのか。
カーディムにはアイツがいる。タリア・アル・グール…悪魔の娘…俺のおふくろ…


ちょうどそのころ、カーディムでは…
20180311_06.jpg
タリア:さぁ始めましょうか?
キャットウーマン:ミャーオ…

***************************
というわけで、今回はバットマン誌の紹介でした。
全アーク『ウォー・オブ・ジョークス&リドルス』にてキャットウーマンとの婚約というの展開を迎えたバットマン誌ですが、ライターのトム・キングがその後最初に取り掛かったこと、それは長年"バットマンの恋人"役をキャットウーマンと競り合っていたタリアとの決着でした。

急に個人的な話をすると管理人は、キャットウーマンよりもタリアの方を推してたんですよね。
「奔放で性的な仄めかしを好むキャットウーマンと、それを仏頂面で受け流すバットマン」といういつもの構図が、バットマンがキャットウーマンがくっついてしまうと、「仏頂面をしながら内心ドキドキしているバットマン」というニュアンスを帯びてしまう気がして。

それよりはタリアとの「内心では激しく惹かれながらも、それぞれ為すべき使命が先に立ち仮面が取れずにいる」という抑制のきいた恋愛の方がバットマンには似合ってると思っていました。
(まあモリソンのせいで、最近はタリアもすっかり"猛女"のイメージになってしまいましたが)

ある意味、今回の物語の狙いは自分のようなファンに対して、「なぜキャットウーマンこそがバットマンの相手に相応しいのか?」という事を納得させる事で、実際に読んでみるとその試みは大成功であったと言わざるを得ません。

少なくとも自分は、本作で繰り広げられたキャットウーマンとタリアの直接対決が終わった後で、「確かにブルースの恋人はキャットウーマンだ」と強く思うに至りました。

そして「"キャットウーマンとの婚約"を補助線に、バットマンと周囲の人物との関係を再確認していく」という今回の物語の路線は、その後のバットマン誌の一つの主題となっており、トム・キングはその確認対象を

スーパーマン、
20180311_07.jpg

ワンダーウーマン、
20180311_08.jpg

と次々と広げていっています。

そして、5月に発売されるDCの今後を紹介する特別誌『DCネーション』では、ついに2人の結婚をジョーカーが知ることに!
20180311_01.jpg

おそらく一番"バットマンの結婚"について思うところがありそうなジョーカーが、果たしてどんな反応を示すか?
そもそも二人は本当にこのまま結婚を迎えることができるのか?
まだまだ、興味は尽きそうもありません。


【宣伝】
まずは先日翻訳が発表されたタイトルの紹介。
DCから『ティーン・タイタンズ:ダミアン・ノウズ・ベスト(仮) 』が発売。
"史上最強の悪ガキ"ダミアンが、自分のチームを作るためにお馴染みの面々を誘拐まがいの方法で集めて来る、キャラ同士の掛け合いが楽しい作品です。
そして、デッドプールは『スパイダーマン/デッドプール:イッツィ・ビッツィ』と『デッドプール:エンド・オブ・エラー』の2冊も発売。
前者は「スパイダーマンとデッドプールの前に、2人の娘を名乗る怪人が現れ…」という、なんというか、ファンの期待することをよく知ってる粗筋になっています。
また、渋いところではフランク・ミラーの不朽の名作『300(スリーハンドレッド)』が新訳版で登場。
ミラーの到達点ともいえる硬質なアートに支えられたむせ返る様なマッチョイズムを是非!



あとは気になっている作品をいくつかピックアップして紹介。
まずはDCリバース初の大型クロスオーバー『ジャスティス・リーグ VS. スーサイド・スクワッド』。これタイトルだけ聞くと「勝負になるのか?」と思うのですが、作品の序盤でデッドショットがセリフ一つでその懸念を吹き飛ばす、大変かっこいいシーンがあるんですよね。そのセリフを日本語で読むためだけに買ってしまうかも…
また『グリーンランタン:シネストロ・コァ・ウォー Vol.2』も発売を控えています。こちらはグリーンランタンを一気にDCの稼ぎ頭に変えたジェフ・ジョーンズによるグリーンランタンの最初のクライマックスと言える作品で、ランタン以外のヒーローも大集合です。
そして、マーベルの『インビンシブル・アイアンマン:リブート』も4月に発売。
圧倒的な人気のわりに翻訳の機会に恵まれないアイアンマンのオンゴーイングが遂に翻訳ということで、これも要チェックです。



バットマン#25-32 (ウォー・オブ・ジョークス&リドルス)

久々の更新ですみません。11月はプライベートが人生で一番といってもいいくらい忙しかったもので…
おかげで、海外マンガフェスタも東京コミコンも行き逃してしまいました。
今後も更新は不定期になると思われますが、引き続きよろしくお願いします。

バットマン#25-32 (ウォー・オブ・ジョークス&リドルス)
(作:トム・キング、画:ミケル・ハニン)

バットケイヴに残された謎のスマイルマークを巡るフラッシュ誌とのクロスオーバー『ザ・ボタン』にてフラッシュポイントの世界へと導かれ、その世界におけるバットマン――つまりは父であるトーマス・ウェインと再会を果たしたブルース。

崩壊する世界に取り残されたトーマスは、ブルースに最後の言葉を贈る。
20171125_1.jpg
トーマス:バットマンとなるな。私や母のためにそんなことをする必要はないんだ。
父になれ、お前自身の幸せを見つけるんだ。

かくして自身を突き動かす強迫観念じみた使命感に対する赦しを胸に、自分の世界に帰還することとなったバットマン。
そんな彼が次に行ったこと、それは自分と同じ心の傷を抱えお互いのトラウマを理解しあえる唯一の女性、キャットウーマンへの求婚であった。
20171125_2.jpg

しかしキャットウーマンからの回答を聞く前に、バットマンには彼女に伝えなければならないことがあった。
それは彼が過去に犯した罪の告白。バットマンは、彼が今までの人生でひた隠しにしてきた罪を知った上で求婚の是非を考えるよう、キャットウーマンに懇願する。
バットマンがキャットウーマンに告白した"バットマンの最大の恥"、それは彼がバットマンとして活動を始めた最初期に起こったジョーカーとリドラーの抗争、「ジョークとリドルの戦争」として人々に記憶される事件に遡る…
20171125_6.jpg

・・・というわけで、『アイ・アム・ゴッサム』、『アイ・アム・スーサイド』、『アイ・アム・ベイン』の"アイアム三部作"の後に続くバットマン誌のストーリー、それはジョーカーとリドラーをそれぞれ筆頭におきゴッサムヴィランを二分する大抗争劇でした。

今回の物語の肝、それはこの抗争劇の主軸はあくまでもジョーカーとリドラー、そして彼らの部下として激しく争うヴィラン達であり、バットマンでさえ、ゴッサムの市民同様、強大な力同士の激突に翻弄される第三者でしかないということです。

それを象徴するかのように、作中ではジョーカーとリドラーの戦いの全体像が語られることはなく、戦争に巻き込まれた人々の視点から断片的なあらましが語られるにすぎません。

ジム・ゴードン…
20171125_3.jpg

ブルース・ウェイン…
20171125_5.jpg

そしてバットマン。
20171125_4.jpg

ゴッサムの守護者たちはそれぞれ持てる力を駆使して戦争を止めようとしますが、互いのプライドをかけて全力で争い続けるヴィラン達を前に、彼らの奮闘も蟷螂の斧に過ぎません。
(いつもならば全てを解決する筈のバットマンの活躍も、"POW""CLNNN"などの滑稽な擬音で飾り立てられ、本当の戦争を前にどこか作り物めいたものとして描かれていることに注目)

そんな中、この戦争を止めるために密かに立ち上がった一人の男がいます。
男の名前はカイトマン。
20171125_7.jpg

DCリバース期のバットマン誌に何度も登場し存在そのものがジョークのように扱われるB級ヴィランですが、何を隠そう彼こそがこの物語の陰の(いや、表のかも…)主役なのです。

果たして、凧揚げが好きなだけのさえない中年男がコスチュームヴィランとなったのは何故なのか?
彼の口癖"Hell Yeah"に秘められた本当の意味とは?
彼の登場が2人の大物ヴィランの戦争に何をもたらすのか?
そして、"ジョーク"と"リドル"の違いとは?

個人的には今年読んだアメコミの中のベストストーリーに挙げたい本作。
翻訳が出ることはほぼ確実だと思いますが、皆さんも是非どうぞ!

【余談】
冒頭に書いたように、父との出会いでトラウマを解消し、自身の幸せを模索しはじめたバットマン。
しかし読者としてはこのことを手放しで喜ぶことはできません。
なんといってもこの出会いを演出したのは、DCリバースの黒幕と目される謎の存在でなのですから…
20171125_8.jpg


【宣伝】
最近の注目作の初めは「インフィニット・クライシス」。初代クライシスで次元の彼方へ消えていったゴールデンエイジのスーパーマンが、不審と欺瞞が渦巻く現代のDC世界に帰還するという粗筋だけで、興奮が止まらない作品です!
(実は管理人は未読。楽しみ!)
また、人気者ハーレクインがDCを代表するキャラクターやアーティストたちと共演する「ハーレイ・クイン:リトル・ブラック・ブック」も楽しみです。
続いて個人的に押したいのが「スーパーマン:アメリカン・エイリアン」!
以前当ブログでも紹介しましたが、まだスーパーマンと呼ばれる前のクラークがゆっくりと大人へと成長していく姿を情感たっぷり(そしてユーモアもたっぷり)に描いた作品で、名作ぞろいのスーパーマンの新たなマスターピースとの呼び声も高い傑作です。


プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター