FC2ブログ

バットマン#101

バットマン#101
(作:ジェイスム・タイニン4世、画:ギレン・マーチ)

ブルース・ウェインの資産を合法的に我がものとし、ゴッサムの財力・権力・暴力の全てを支配したジョーカーによる統治。
イベント『ジョーカーウォー』で描かれたその事件を終えたゴッサム市は、ジョーカーの残した爪痕からの復興の道を辿っていた。

20201226_01.jpg
そしてそんなゴッサムの全てを見下ろす高層ビルのペントハウスには、謎の人影と戦うバットマンの姿が。
闘いの相手はコール・キャッシュ。生身の人間ながらこの世界有数の傭兵"グリフター"として恐れられる男である。

互いの体術の限りを尽くして死闘を続ける"世界一の探偵"と"世界一の傭兵"。

20201226_02.jpg
ルーシャス・フォックス:キャッシュ、止めたまえ。彼が来るかもしれないことは伝えておいたはずだ!
グリフター:すまねぇ、忘れてた。というか、「奴とやりあったことあるぜ」っていう武勇伝が欲しくてな。


ルーシャスの制止に悪びれる様子もなく、構えを解くキャッシュ。

バットマン:あの男をボディガードを雇ったのか?
ルーシャス:知合いですか?
バットマン:自分自身をグリフター(詐欺師)と名乗る様な男だ。
ルーシャス:彼に払っている額を考えれば、納得の名前だ。
ただボディーガードの1人も雇いたくなりますよ、あなたの彼女が私にしでかしたことを考えれば。


バットマンを連れて愚痴りながら階段を降りていくルーシャス。
階段を下りた先は、豪勢なペントハウスの一部を改築したゴッサム最新鋭にして最高層の研究室であった。
20201226_03.jpg

実は『ジョーカーウォー』で奪われたウェイン家の資産がキャットウーマンの手で取り返された時、複雑な事情により、その資産はブルースではなくルーシャスに振り込まれ、フォックス家はゴッサム1の資産家となったのだ。

研究室に腰を落ち着かせたルーシャスは、ブルースに現在の状況を淡々と説明する。
・バットマンが密かに街中に配備していた(そしてジョーカーに奪われた)武装の出資者がブルースであることを、世間は重く見ていること。
・そのため、ゴッサム再建計画をウェイン社が進めるためには、ウェイン社がブルース・ウェインと手を切ったことを世間に示す必要があること。
・ウェイン社の役員会は、十分な金額と引き換えにブルースから経営権をはく奪する方向で検討が進んでいること。
・今回の事件で、(いまやルーシャスの物となった)ウェイン家の資産には金融の専門家たちの厳しい目が注がれるようになり、仮に資産がブルースの手に戻ったとしても、今までのようにバットマンの活動に注ぎ込むのは実質不可能になること。
・上記の事を認識したうえで、それでも資産と経営権を取り戻したいならば、ルーシャスは協力を惜しまないこと。

つまり、ブルースに提示された選択肢は2つ。
1つ目は「ルーシャスから資産と経営権を返してもらい、ゴッサムの復興支援とバットマンとしての活動を諦めること」、
2つ目は「ルーシャスに資産をあずけゴッサム復興支援につくしてもらい、自分はバットマンとして活動すること」。

20201226_04.jpg
ルーシャス:これはあなたの家族の会社と未来についての選択です。どちらを選ぶにせよ、私は全力でサポートします。
ただよく考えてください。確かに資産を受け取らなければあなたに向けられる監視の目も和らぎ、バットマンとして活動できる。
でもそれは"よりスリムなバットマン"としてです。
宇宙船も人工衛星もなし、バットモービルをウェイン社の最新3Dプリンタから出力することもできません。
もし車を壊したならば、その時は自分で直す必要があるんですよ?

資産家としての生活と、クライムファイターとしての生活。2つの選択を突きつけられたブルースは、事も無げに答える。
バットマン:ならばもう答えは出てる。


ルーシャスとの会話を終え、再び屋上から立ち去ろうとするバットマン。そんな彼にグリフターが声をかける。

20201226_06.jpg
グリフター:さっきの件、恨んでないよな?スパーリングだったとでも思ってくれや。
バットマン:……お前のボスに言伝がある。
グリフター:おいおい、俺のボスとはいま話してきたばかりだろ?


とぼけるグリフターを無視し、バットマンはグリフターの"本当のボス"への伝言を残す。

バットマン:私はHALO社の正体を知っている。
そしてもう1つ。何が変わろうとこの街は私の街だ。いつでもお前たちの事は見張っているぞ。


*******************************

というわけで、今回はイベント『ジョーカーウォー』終了後のバットマンの状況を整理してみました。
一番最後に名前の挙がったHALO社とは、イメージコミック設立当時の看板チーム『ワイルドキャッツ』の出資会社の名前。
20201226_08.jpg
今回のグリフター登場からも見て取れるように、どうやら来年はDCユニバースに編入以降いまいち影の薄かったワイルドストーム勢が次々と登場する雰囲気です。

20201226_09.jpg
ちなみに、スーパーマン系列には、"ワイルドストーム版バットマン"ことミッドナイターが登場予定で、スーパーマンが"ワイルドストーム版ジャスティスリーグ"ともいえるヒーローチーム、オーソリティのリーダーとなるなんていう噂もあったりします。

またバットマン誌の今後を占う上で、もう一つの重要なキャラが、今号に登場したルーシャス・フォックスの3人の子供たち。
20201226_05.jpg

フォックステック社の若き天才社長であるルークは、バットウィングとして活動中で、DCファンにはお馴染みのキャラ。
そしてその妹であるタムも、兄のサポート役としてよくに目にする名前なのですが、注目なのが長兄のティム・フォックスです。
ルーシャスの息子として1970年代に登場するもその後数回しか登場していない忘れられたキャラであるティムですが、2021年1-2月で行われるイベント『フューチャーステイト』では、近未来のゴッサムのバットマンとして登場することが確定。

20201226_07.jpg
『フューチャーステイト』というイベントは、今後のDC各誌の展開(の方向性)を予告するような内容であるため、今後のバットマン誌においてもティム・フォックスが台風の目となっていくことが予見できます。
ここら辺、あえて読者にとって馴染みのあるルークではなく新キャラに等しいティムにその役割を与えるあたり、DCの自信を感じさせますね。
余談ですが、「フォックス家のメンバーを黒人初のバットマンとするという展開の脚本の出来が素晴らしいらしい」という噂は、昨年の冬あたりから様々なメディアで囁かれており、そういう意味でも楽しみです。


【宣伝】
今回した物語の直前となるバットマン誌のイベント『ジョーカーウォー』の単行本がこちら。
1冊目はバットマン誌で繰り広げられた本編、2-3冊目はその関連誌となっています。


続いて最近の翻訳本ですが、米国での大ヒットをうけすっかり"ホワイトナイト・ユニバース"を形成しつつある『バットマン:ホワイトナイト』の続編である『バットマン:カース・オブ・ホワイトナイト』が1月に発売。今回はアズラエルやバットガールが登場!!
そして現在のDC正史世界の旗艦タイトルであるジャスティス・リーグ誌関連では、そのクライマックスである『ジャスティス・リーグ:ドゥーム・ウォー』が発売。『ダークナイツ:デスメタル』へと繋がる重要タイトルでDC世界の未来と過去のヒーローたちが集結するさまは一見の価値あり。
そして先日発表された嬉しいサプライズが『ゴッサム・セントラル』の翻訳。なんの特殊能力も持たず、職業的倫理観だけに突き動かされてゴッサムの狂人たちと戦うゴッサム市警の活躍を描いた本作。グレッグ・ルッカ(ワンダーウーマン)や、ブルベイカー(ウィンターソルジャー)といったハードボイルドな作風で知られる人気ライターが手掛け、非常に高評価な作品なのですが、とにかく地味なタイトルであるのでまさか翻訳されるとは。



また嬉しいサプライズといえばマーベルの『スーペリア・フォー・オブ・スパイダーマン1』。シニスターシックスを名乗る5人組のC級ヴィランたちが、マーベルユニバースの底辺で繰り広げるドタバタ劇がまさかの翻訳です。その評判だけ聞いていつか手を出したいと思っていた本作が日本語で読めるとあって、管理人はすぐさま予約しました。

またマーベルからは『チャンピオンズ:チェンジ・ザ・ワールド』と『ウエスト・コースト・アベンジャーズ:ベスト・コースト』の翻訳も発表。前者はカマラ・カーン(Ms.マーベル)やマイルス・モラレス(スパイダーマン)、後者はケイト・ビショップ(ホークアイ)やグウェンプールを中心とした、若手ヒーローたちのチーム誌。明るいキャラ同士の掛け合いが魅力のタイトルですので、そういうのが好きな方は是非!


スポンサーサイト



バットマン #86-90

バットマン #86-90
(作:ジェイムス・タイニン4世、画:トニー・S・ダニエル他)

【家族の死】
バットマンの心身の粉砕と屈服を目論んだベインとトーマス・ウェインによるゴッサム侵攻を退けたバットマンたち。
しかしその代償は余りにも大きかった。バットファミリーによるゴッサム奪回作戦の邪魔になることを恐れたアルフレッド・ペニーワースは、自らの命をベインに捧げたのだ。
20200426_01.jpg

父親同然の存在であるアルフレッドの死に打ちひしがれたバットマン。しかし、彼はその悲劇を振り払うかのように、資産家ブルース・ウェインとして、また闇の騎士バットマンとして、ゴッサムシティの再建に没頭していく。

そんなある日、「世界最高の職業暗殺者たちが何者かによって雇われ、ゴッサム入りした」という情報が、裏社会に流れる。

20200426_02.jpg
チェシャ、マーリン、ガンスミス、Mr.ティース、一人また一人と雇い主が指定した酒場に現れるDC世界最高の暗殺者たち。
そして最後に現れたのは、当然"世界最高の傭兵"であった…
20200426_03.jpg


【ヴィランたちの動揺】
5人の暗殺者の噂を聞き、その身柄の確保のために動き出したバットマン。
しかし動き出しのたのは彼だけではなかった。
20200426_04.jpg
ペンギン、リドラー、キャットウーマン。
バットマンの最古参の敵である彼らもまた、それぞれ独自の動きを見せ始める。
そう、彼らは知っていたのである、「5人の暗殺者の到来」は、彼らが忘れようとしていた過去の亡霊の復活を意味することを…

ヴィラン達があわただしい動きを見せる中、バットマンの内縁の妻となったキャットウーマンは、バットマンに彼女たちの"完全犯罪計画"を告白する。

【デザイナー登場】
キャットウーマンの告白は、バットマンが活動を始めて間もないころの時代に遡る。
20200426_06.jpg
それは物事が今よりもずっとシンプルで大らかな時代であった。颯爽とゴッサムに現れたバットマンとその相棒である"驚異の少年"ロビンはゴッサムの屋上を駆けまわり、彼らとの知恵比べを楽しむかのように、カラフルなコスチュームに身を包んだ悪人たちは、より大仰でより奇妙な犯罪の準備にいそしむ。

そんなある日、ゴッサムを代表する4人のヴィランに招待状が届く。
差出人の名として書かれているのは、"D"の飾り文字。その頭文字は、ヴィラン達に犯罪界に伝わるある都市伝説を思い起こさせるのであった。

20200426_05.jpg
ジョーカー:はてなマークの杖の男と一緒なんて笑えるぜ。
キャットウーマン:ジョーカーも呼ばれたなんて心外だわ。TV局の事件の時なんて、本当に犠牲者がでたのよ?

軽口へと交わし、招待状の示す館へと向かうヴィラン達。
そして、館のドアをあけ、一人の男が彼らを出迎える。

20200426_07.jpg
デザイナー:ようこそ。私が今宵の晩餐の招待者、デザイナーと呼んでくれたまえ。

彼の名はデザイナー。
「そんなわけでデザイナーはまんまと犯罪をやり遂げたってわけさ」、「そのブツなら20年前にデザイナーが盗んで、今あるのは贋物だぜ」…
ゴッサムの犯罪者たちの間で交わされる法螺話にしか登場しない、伝説の犯罪プランナーである。

ジョーカー:はっ!
ペンギン:少しは敬意を見せんか、ジョーカー。我々はいま、生ける伝説を目の当たりにしてるだぞ。

その名を聞いてせせら笑うジョーカーをいさめるペンギン。

20200426_14.jpg
デザイナー:"犯罪界の道化王子"。君の名声はいささか独り歩きが過ぎるようだ。
ジョーカー:勝手に独り歩きするから名声っていうのさ。お前さんの名声だって、まだその裏付けを見せてもらってないんだぜ?


ジョーカーの愚弄を悠然と交わし、4人の若きヴィランを晩餐の席に座らせたデザイナーは、自身の過去の物語と4人を呼び寄せた目的を語りだす。

【デザイナーの過去】
彼がまだデザイナーと呼ばれる前の時代、既に凄腕の犯罪者として知られていた彼には1人の宿敵がいた。
その宿敵とは、バットマンが登場するずっと前に"世界最高の探偵"と呼ばれた男。

20200426_08.jpg
犯罪者と探偵との戦いはまるで永遠のいたちごっこのようであった。
敗北の度により周到を計画立てる犯罪者と、そのたびに一歩先をいく捜査術で犯罪者を捕まえる探偵。
再戦を重ねるたびにその複雑さを増していく彼らの戦いはしかし、いずれも犯罪者の敗北で終わった。

ある日、犯罪者は自分の過ちに気が付く。
このまま、少しずつ自分の計画に改良を加えていっても、更なる敗北を重ねるだけだと。
彼が探偵に勝つためには、「このまま探偵との戦いを20年間続けた末にたどり着くであろう自分の最終形」に、一足飛びでならなければいけないのだ。

かくして自分の犯罪計画を練り直すために自室に引き籠った犯罪者。
一年後、その部屋から出てきたのは今までの彼ではなかった。犯罪者は彼自身の最終形、"デザイナー"となったのだ。

自身の究極の犯罪計画をもって探偵との再戦に臨むデザイナーだが、既に探偵は彼の敵ではなかった。
一度は"世界最高の探偵"として称えられた男は、歴史の影でその生涯を閉じたのであった。


【究極の犯罪計画】
自身の過去を4人のヴィランに語り終えたデザイナーは、本題、つまりは彼が4人を招待した目的を明かす。
バットマンが登場したゴッサムで日夜バットマンとの知恵比べを続ける4人に、かつての自分の姿をみたデザイナーは、彼らを"最終形"へと引き上げるための協力を申し出たのだ。

バットマンを打倒し彼らの最終目的を達成するための"究極の犯罪計画"を授けるため、4人それぞれと順番に面談を始めたデザイナー。
面談相手として最初に選ばれたのはキャットウーマンであった。

デザイナーの執務室の中で、じっくりと語り合う2人。
20200426_09.jpg
その中でデザイナーは、気に入った美術品を狙う盗人であるキャットウーマンに、より大きなスケールで物事を考えることの必要性を説き、彼女が最終的に狙うべき獲物を定義し、それを盗み出すための計画を作り出す。
面談を終え執務室から出てきたキャットウーマンは、新たな獲物と新たな計画のことで頭がいっぱいであった。

彼女の後に続いたリドラーとペンギンも、同様であった。
いずれもデザイナーとの対話で、自分が心の奥底で臨んでいた自分の"最終形"を見出したのだ。

最後に、デザイナーの執務室に招かれたのはジョーカーであった。
20200426_10.jpg
しかし、彼だけは違った。ジョーカーの"最終形"を引き出すデザイナーのセッションはいつまでたっても終わらなかったのだ。
執務室の前で終了を待つ3人。ジョーカーのセッション開始から数時間たったのち、執務室の扉がはね明けられる。


20200426_11.jpg
デザイナー:この者たちを殺せ!
抜き身の剣を持ったデザイナーは、部下たちにそう命令する。
デザイナー:奴は私に、ゴッサムがどのような街なのか、どのような街になろうとしているのかを示した。奴は……
しかし、デザイナーの口からその続きが語られることはなかった。
ジョーカーが隠し持っていた拳銃で、デザイナーを射殺したからである。

ジョーカー:どうも俺のジョークが奴の気に障ったらしい。

燃え落ちるデザイナーの館を尻目に、そそくさとゴッサムへと帰還する4人。
彼らは、この日の事はなかったこととし、バットマンと知恵比べを繰り返す日常に帰っていくことを決めたのだ。

しかし、キャットウーマンは気が付いていた。
あの部屋の中で、ジョーカーは確かに変わったことを
その眼の中で、彼の"最終形"が確かに生まれたことを……
20200426_12.jpg

******************************

というわけで、遂に完結したトム・キングによるバットマン・サーガの後を受けて伝統ある『バットマン』誌のライターに就任したのは、ジェイムス・タイニン4世。
最近で言えば、DCリバース期の『ディテクティブコミックス』や、『ジャスティスリーグ・ダーク』などを担当しており、今回のバットマン誌の起用は名実ともに彼がDCのトップライターであることをDC社が宣言したといっても過言ではないでしょう。
またバットマン誌の前担当であるトム・キングや、その前の担当であるスコット・スナイダーと比べると非常にエンタメ志向の強いライターであるため、そういう意味でも先が楽しみであります。

今回、紹介した内容で管理人が気に入っているのは、「バットマンがゴッサムでデビューした当初、バットマンもヴィラン達も、実際のコミック同様に牧歌的な戦いを繰り広げていた」という設定。
実際の出版史とユニバースの歴史を重ねる面白い設定だと思います。

そういう意味で言えば、今回の4人のヴィランの人選にも納得がいきますよね、つまりはこれです。
20200426_13.jpg

【宣伝】
今回紹介した作品の単行本はこちら。


続いてマーベルのクロスオーバー『モンスターズ・アンリーシュド』が邦題『マーベル怪獣大進撃』として翻訳決定。
ヒーローたちが登場する以前のマーベル社の顔であった怪獣たちが、日系人の少年"キッド・カイジュウ"を筆頭とするヒーローたちと共に宇宙怪獣に立ち向かう痛快娯楽作です。
日本人漫画家によるマーベル公式コミック『スパイダーマン/偽りの赤』は既に発売済み。映画ではなくコミック版をベースとした、様々なヴィランが登場する物語で、アメコミ読者の評判も上々ですので、気になる方は是非。
また1200人以上のキャラクターを紹介する事典『マーベル・エンサイクロペディア』は発売が8月に延期。
10年前に発売した『マーベル・キャラクター大事典』は、速攻で売り切れてプレミア本になってしまったので、買い逃した方は是非。
この手の事典系の書籍は、翻訳がツボを外した微妙なものになることも多いのですが、本作はアメコミ翻訳の一線で活躍する翻訳者が集結しているので、そういう意味でも安心して手を出せるタイトルですね。



続いてDCからは『スーパーマン:イヤーワン』が翻訳決定。『バットマン:イヤーワン』のフランク・ミラーと巨匠ジョン・ロミータJr.によるダークナイト・リターンズ世界におけるスーパーマンのオリジンです。
『ハーレイ・クイン:ブレイキング・ガラス』は、若者向けレーベルから発売された"学園パロディ版ゴッサム"ともいえる作品。
『バットマン/ミュータント タートルズ 2』は今回紹介したジェイムス・タイニン4世による企業間クロスオーバー。非常に評価の高い作品で、本国では既に3度目のクロスオーバーが刊行済み
そして最後は、翻訳コミックに新規参入したワイズ・パブリッシングさんの参入第一弾『ソニック・ザ・ヘッジホッグ①フォールアウト!』。その名の通り、ゲーム、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のコミックとなります。
管理人は門外漢なので詳しくないのですが、ソニックのアメコミは米国では非常に人気があり、既にゲームを離れコミック独自のユニバースを形成していると聞いているので、そんな作品が遂に日本に上陸するのは非常に喜ばしいところです。


ホークアイ:フリーフォール #1-4

ホークアイ:フリーフォール #1-4
(作:マシュー・ローゼンバーグ、画:オットー・シュミット)

【フードvsホークアイ】
ホークアイ:人が馬鹿げたことをするのには、いろんな理由がある。
悪いツレに誘われた奴、やけっぱちの奴、スリルを求めてるだけの奴、そしてそれしか生き方を知らない奴…
おっと、最後の"奴"とは俺の事だった。


20200320_01.jpg
ニューヨークのうらびれた倉庫で行われた麻薬売買の現場に、何の変装もせずに飄々と現れたホークアイ。
彼が狙うターゲットはただ1人。ニューヨークの裏社会で裸一貫から暗黒街の顔役にのし上がった男、フードである。

チンピラ時代に手に入れた悪魔の頭巾によって世界最強クラスの魔力を持ちながらも、その力を「裏社会での勢力拡大」というひたすら世俗的な目的のために使うフード。
単身で立ち向かうにはいささか強大過ぎるこの男を相手に大立ち回りを演じたホークアイは、見事フードとその部下たちを逮捕することに成功する。

しかし、よかったのはそこまでであった。
政財界への太いパイプを持ち、腕利きの弁護士を雇う資産を持つフードは、裁判であっさりと無罪となる。

20200320_02.jpg
結局、ホークアイのしたことは、フードのような犯罪者の下で働くしか生きる術を持たない食い詰め者を、更なるどん底へと送り込んだだけであったのだ。

自分の無力さを噛みしめるホークアイ。
そしてその翌日、フードの組織を標的にした過激なヴィジランテがニューヨークに現れる。
その名はローニン…
20200320_03.jpg



【ローニン追跡】
フードの裏金を運ぶ現金輸送車がローニンによって襲われた翌日。
ニューヨークの高級カフェで優雅な朝食を楽しんでいるホークアイの前に2人の男が現れる。
バッキーとファルコンだ。

20200320_04.jpg

ファルコン:$20のオムレツだって?
ホークアイ:ブルックリンの高級住宅地化には、俺も頭を痛めているとこだよ。
で、何の用かね?


急に羽振りがよくなったホークアイを訝しみつつも、要件を切り出すバッキーとファルコン。
2人がホークアイを訪ねた理由は、もちろんローニンであった。
2人は、かつてホークアイが名乗っていた名前を使い、現在ホークアイが住むブルックリンを中心に活動するローニンの正体が、他でもないホークアイその人ではないかと疑っているのである。

自分にかかった嫌疑を晴らすために、バッキー&ファルコンと共に、ローニンの追跡を行うこととなったホークアイ。
そんなある夜、張り込みを続ける3人の前に、ローニンが現れる。
20200320_05.jpg

ローニンを捕まえようと襲い掛かる3人。
ホークアイ:人のコスチュームを盗みやがって、後でじっくりと話を聞かせてもらうぜ。
バッキー:クリント!俺の射線をふさぐな!

急造チームゆえの連携の悪さをつくように、3人を手玉に取るローニン。
ローニンを取り逃した後、クリントはバッキーにつぶやく。

20200320_06.jpg
ホークアイ:…な?俺がローニンじゃなかったろ


【ローニンの正体】
ローニンとの初対決以降も、ホークアイの前には様々なヒーローがやってくる。

スパイダーマン、
20200320_08.jpg

トニー・スターク、
20200320_07.jpg

ブラックウィドウ、
20200320_10.jpg

ルーク・ケイジ…
20200320_09.jpg

言い方は違えど、彼らがホークアイにかける言葉はみな一緒。
「ホークアイこそローニンの正体に違いない。なぜ彼がそんな馬鹿げたマネをするか?それはホークアイが馬鹿げた男だからである。」

しかし、そのたびに絶妙なタイミングでローニンが現れホークアイのアリバイは証明される。

そしてそんなある日、フードのアジトの1つに侵入したローニンは、フードの下でハッカーとして働く1人の少年に刀を突きつける。
20200320_11.jpg

ローニン:パスワードを教えろ。さもなくば…殺ス。
少年:えぇっと殺すわけないよね?
ローニン:何故ダ?
少年:だってお前ホークアイだろ?
ローニン:違ウ…
少年:声色でごまかしてもだめ。これを見てみな。
これがお前のパンチの映像。こちらは1年前のホークアイの映像。
ほらそっくりだ。
同じ背丈、同じスピード、同じ動き。
ってことはお前はホークアイってことだ?

ホークアイ:くそったれ…

20200320_12.jpg

【ホークアイの秘密】
ローニンの正体は勿論ホークアイであった。
フードと対決するための隠れ蓑として、ホークアイが過去のコスチュームを引っ張り出したのである。

20200320_13.jpg
政府から盗み出したカーンの携帯式タイムマシーン、シールドの倉庫から盗み出したポンコツLMD…
あらゆる手段をつかってヒーロー達から向けられる疑惑のまなざしをかわそうとするホークアイは、やがて抜き差しならぬ事態へと追い込まれていく。

デアデビルによって編成されたローニン追撃隊のメンバーに、なし崩し的に加わることとなったホークアイ。
20200320_14.jpg

彼はアリバイ作りのために、地球で大道芸人として暮らすスクラル人を無理やり仲間に引き込み、アリバイ工作を図る。

しかし、頼りのスクラル人は約束の場に遅刻。
さらには、命令を聞き間違えたポンコツLMDが現場に現れ、計画は一気に破綻を迎える。
20200320_15.jpg

計画を諦めいつも通り行き当たりばったり(ホークアイ曰く"即興")でこの場を切り抜けることを決めたホークアイ。
彼はすかさず、ローニンのコスチュームで自分の顔をさらし続けるLMDを破壊。
20200320_16.jpg

スクラル:マジか!殺しやがった!
ホークアイ:こいつはロボットだ。
スクラル:お前にはロボットの友人だっているだろ?
ホークアイ:…こいつは友達じゃない。こいつを海に沈めたら、コスチュームを交換するぞ。お前がホークアイの振りをしろ。
スクラル:それでお前のお友達の中に紛れ込めって?無理に決まってるだろ!
ホークアイ:じゃあ、お前がローニンになって、世界最高の格闘家4人と戦うか?
いいか、とにかくクールでいろ。それが俺に成りすますコツだ。
スクラル:お前はちっともクールじゃないだろ。
ホークアイ:…奴らはまだそれに気が付いてない。


かくして泥船で激流を渡るような計画を進めることとなったホークアイとスクラル。
しかし、その様子をすべて見ていた男がいた。スパイダーマンである。
ホークアイ扮するローニンと一戦交えたスパイダーマンは、密かにローニンを尾行し、彼の正体がホークアイであることを突き止めていたのだ。
20200320_17.jpg

スパイダーマン:いったいぜんたい、何を考えてこんなことをやってるんだい?
ホークアイ:これは……極秘任務なんだ。俺と……そう、俺とキャプテン・アメリカの。

咄嗟にキャップの名前を持ち出し言い訳するホークアイ。

スパイダーマン:そんな言い訳、信じるとでも?キャップがこんなことをさせる訳ない。盗んだ金はどうした?
ホークアイ:それも言えない。信じてくれ。俺と…キャップを。

それでも信じようとしないスパイダーマンを前に、ホークアイは最後の、そして最低の切り札を切る。

ホークアイ:お願いだ。今日だけは信じてくれ。キャプテン・アメリカをじゃない、お前の友人である俺のことを…

ホークアイが戻ることが出来ない一線を越えたその時、彼の振りをしてパトロールに戻ったスクラル人も別の男に遭遇していた。
その男とは…
20200320_18.jpg

**********************
というわけで、今回は新進気鋭のライター、マシュー・ローゼンバーグによるミニシリーズ『ホークアイ:フリーフォール』の紹介でした。

「ローニンのコスチュームでフードに嫌がらせをする」という軽いノリで始めたジョークのような作戦を進めるうちに、いつしか後戻りできない地点へと追い込まれてしまったホークアイ。
嘘で嘘を塗り固めていった先で彼を待つのは、タイトル通りの"フリーフォール"なのか?

ヒーローたちが次々現れてはホークアイと軽妙な掛け合いを行う展開も面白いし、オットー・シュミットによるアートも最高。
単行本1巻で終わるコンパクトなミニシリーズなので、何かの間違いで翻訳されないかな。

【宣伝】
今回紹介した作品はこちら。(1つ目が単行本、2つ目が該当号の電子書籍となります)



最近の翻訳はこちら。
マーベルからは日系人ヒーローキッド怪獣くんが登場するイベント『Monsters Unleased』が『マーベル怪獣大進撃』として翻訳決定。
また同じくマーベルの大型イベントとしては、アイアンマンとキャプテン・マーベルを筆頭としてヒーロコミュニティが2分する戦いを描いた『シビルウォー2』も翻訳決定。


DC作品では、ワンダーウーマンとバットマンの対決を描く『ワンダーウーマン:ヒケテイア』が発売。こちらは管理人は未読なのですが、ライターを務めるグレッグ・ルッカは『バットウーマン:エレジー』や『ワンダーウーマン:イヤーワン』などを手掛けた超実力派。
同作者の大ファンの管理人としてはマストバイですね。

プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター