バットマン#9(その1)

バットマン#9
(作:トム・キング、画:ミケル・ハニン)

【これまでのお話】
今日も独りゴッサムで犯罪との終わりなき闘いを続けるバットマン。
そんな彼の前に突如現れたのは、自らを"ゴッサム"、"ゴッサムガール"と名乗る超人兄妹であった。
20161031_01.jpg

自らの寿命を削ることでスーパーマンにも匹敵する力を発揮することができる兄妹は、幼いころに命を救われたバットマンを慕い、彼と共に自らの故郷――ゴッサムを守るため立ち上がったのだ。

突然の助っ人に戸惑いながらも、少しずつ絆を築いていくバットマンと、ゴッサム&ゴッサムガール。
しかし、その関係は政府によって極秘裏に進められていたゴッサム治安維持計画によって破局を迎える。

政府の高官アマンダ・ウォラーがゴッサムへと送り込んだ戦闘集団タスクフォースXまたの名をスーサイドスクワッド。その一員であるDr.ヒューゴ・ストレンジとサイコパイレートが部隊を脱走、ゴッサム&ゴッサムガールに襲い掛かったのだ。
20161002_13.jpg
(ここで登場するスーサイドスクワッドは、ハーレクインやデッドショットのいる本隊とは異なるいわば"別動隊")

その気になれば神の正気すら奪うことができるサイコパイレートの感情投射能力により、完全に精神を破壊されたゴッサムとゴッサムガール。"怒り"の感情を暴走させられたゴッサムは、ゴッサムシティで起こる全ての犯罪の原因である街そのものを破壊しようと試みバットマンと対決し絶命。
残されたゴッサム・ガールも、かつての快活な姿は見る影もなく、"恐怖"の感情に打ちのめされベッドの上で恐怖に震え続けるのみとなってしまった。

バットマンは、家族を失い恐怖に押しつぶされようとしているゴッサム・ガールとかつての自分の姿を重ね、彼女を救うために何としてでもサイコパイレートを捕まえることを決意する!
(とここまでが、リバース以後のバットマン誌の最初のアーク「I am Gotham」の内容)

【アマンダ・ウォラーの執務室にて】
スーサイドスクワッドの責任者、アマンダ・ウォラーの秘密の執務室。
そこには、今回の悲劇をもたらしたスーサイドスクワッドによるゴッサム治安維持活動の責任者、アマンダ・ウォラーとレーン将軍(ちなみにロイス・レーンのお父さんです)が今回の計画の失敗について話し合っていた。

20161031_03.jpg
レーン将軍「彼のことなど心配する必要はありません」
ウォラー「…」
レーン将軍「今回の事件を我々と結びつけることなど、彼にも不可能。よしんばそれが出来たとしても、この秘密基地の場所はいかなる文書にも記載されておりません」
ウォラー「…レーン」
レーン将軍「また奇跡的にこの場所を知ることができたとしても、この場所は軍部最上級のセキュリティシステムで保護されております。つまりふざけた蝙蝠男は我々には指一本触れることはできんのです。」
ウォラー「レーン。その"ふざけた蝙蝠男"が、あなたの真後ろに立ってるわ」

20161031_04.jpg
バットマン「ウォラー。そろそろ互いに話し合う頃合いだ。」
ウォラー「そうね…」


ウォラーにサイコパイレートとヒューゴ・ストレンジの居場所を訪ねるバットマン。
しかし、サイコパイレートは既にヒューゴ・ストレンジの手を離れていた。
ストレンジは多量のヴェノム(バットマンの宿敵ベインの肉体を強化する毒薬)と引き換えに、ベインの根城、南米の小国サンタ・プリスカに送られていたのだ。
20161031_05.jpg
ウォラー「つまり、サイコパイレートを連れ戻すには、強力な独裁国に出向いて、人類史上最も堅牢な刑務所に侵入する必要があるの。
あなたが望むなら、私に一つ案があるけれど、言っておくけど簡単じゃないわ。
おそらくあなたは戻ってこれないでしょう。別の言い方をすれば、この作戦は、そう・・・
自殺行為(スーサイド)ね。」


******************
というわけで、はじまったリーバス後バットマンの第2アーク「I am Suicide」。
この後、バットマンはサンタ・プリスカに侵入するために、アーカムの囚人たちの中からメンバーを選び、自らの"スーサイドスクワッド"を組織することになります。
本当は、そのアーカムでの選別の様子を描いた#9の内容を紹介したかったのですが、今回はその導入までで息切れしてしまいました。

『グレイソン』、『オメガメン』、『ヴィジョン』と立て続けに傑作を発表し、今回、DCの旗艦タイトルである『バットマン』のライターを担当することになったトム・キングですが、今回も出色の出来栄え。
既に第三アークのタイトル『I am Bane』も発表されており、今後も盛り上がっていくこと間違いなしのバットマン誌を、管理人は楽しみにしています。

【宣伝】
10月に発売された『ジャスティス・リーグ:インジャスティス・リーグ』の興奮も冷めぬうちに、続刊となる『ジャスティス・リーグ:ダークサイド・ウォー 1』が12月に発売されます。
New52のジャスティスリーグの総決算となる、アンチモニター/ダークサイド/ジャスティスリーグの3つ巴の戦いが遂に翻訳!
そして、DCからは他にも「レッドフード:ロスト・デイズ」と「フラッシュ:グロッドの脅威」が刊行。
前者は最近すっかり丸くなったジェイソンのダークヒーロー時代が描かれる作品ということで個人的にたのしみです。
また「フラッシュ:グロッドの脅威」は、New52フラッシュの第三巻となるのですが、フランシス・マナプルという才能豊かなアーティストが、ライターとアートを兼務したからこそできる珠玉の見開きページが含まれるはずですので、そのためだけに買ってもいいくらいです。
そして、こちらも1巻が出たばかりのアクアマンの続刊である『アクアマン:王の遺産』が発売。1巻を読んでその面白さに度肝を抜かれた方も多いと思いますが、実は2巻からが本番。アクアマンの宿敵ブラックマンタと、新たな盟友ジ・アザーズの登場で物語はさらにエスカレートしていきます。


マーベルからは、MCUのラスボスであるサノスを扱った作品である『デッドプール VS. サノス』と『サノス・ライジング』がお目見え。また、映画の公開が待たれるDr.ストレンジのオリジンである『ドクター・ストレンジ:シーズンワン』に、最近の翻訳では珍しい1冊完結の読み切り作品『アベンジャーズ:エンドレス・ウォータイム』など、映像化作品を中心に据えた手堅い作品が並んでいます。

スポンサーサイト

バットマン #47-48

バットマン #47-48
(作:スコット・スナイダー、画:グレッグ・カプロ)
『エンドゲーム』事件でのジョーカーとの激闘で死亡し、記憶と過去のトラウマを完全に失った状態で復活したブルース・ウェイン。
アルフレッドの口から、自身の人生を一変させ"闇の騎士"としての使命に目覚めるきっかけとなった両親の死亡の詳細について聞いた彼は、再び自らの使命に目覚める。
しかしトラウマを無くしたブルースの新たな使命とは、ソーシャルワーカーとして自分のような境遇の子供たちを救う事であった!

20160229_2.jpg
ウェイン家の財力を失った後も、自分を支えてくれる幼馴染と共につつましいながら充実感のある生活を送っていたブルースだが、とある事件をきっかけに、自分がかつて何者であったかを思い出し始める。

池のほとりにある公園のベンチに座り、自分の過去について思いを巡らすブルース。
そんなブルースに急に声を掛けてきた男。それはブルース同様に『エンドゲーム』事件で事故にあい、ブルース同様に記憶を失いながらも、安物のコメディのような自身の境遇を嗤い飛ばす謎の人物であった!
20160229_1.jpg

****
というわけで、昨年の6月から始まったストーリー『スーパーヘヴィ』もいよいよ佳境。
#48で繰り広げられるブルースと"男"の会話、そして続く#49でのブルースとアルフレッドとの会話は4年以上も続いたスナイダー&カプロによるバットマンサーガの集大成ともいえるシーンとなっており、緊張感と寓意に満ちた内容となっています。

3月に発売される「バットマン#50」にて、再びブルースがバットマンとして復帰することが予告されていますが、はたしてどのような形での復活となるのか本当に楽しみですね。


【宣伝】(使いまわし)
3月に公開予定の映画「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」。その翻訳に合わせて、「バットマン VS. スーパーマン:ベストバウト」と「スーパーマン/バットマン:パブリック・エネミー」が発売されます。
前者は過去の名作からスーパーマンとバットマンの対決エピソードを選りすぐったアンソロジーで、各時代の2人が楽しめるのが売り。
後者はアニメ化もされた傑作エピソードで、DC世界の様々なキャラクターが次々登場するのも見どころの一つとなっています。
また対決といえば、ドラマ版「デアデビル」の2ndシーズンに合わせて、2ndシーズンの台風の目となるキャラクター、パニッシャーとデアデビルの対決を描いた作品「デアデビルvsパニッシャー」も気になる作品です。


ヴィレッジブックスから販売される「アンキャニィ・アベンジャーズ:レッドシャドウ」は、「AvX」後のマーベル世界の1つの軸となった作品で、おそらくヴィレッジブックスもその流れに従って翻訳計画を練っているのではと予想。
対する(?)小学館プロダクションは「フラッシュ:ローグズの逆襲」と「クァンタム&ウッディ:あぶないヒーロー、荒野に散る!? 」など、過去に発売した作品の続刊を予定しており、クァンタム&ウッディの続きが気になっていた自分としては、非常にうれしいところ。



ロビンウォー #1

ロビンウォー #1
(作:トム・キング、画:アンドレス・グイナルド、他)

【ロビン法】

20151214_2.jpg
少年:僕はロビンだ!

ジョーカーによるゴッサム襲撃事件以降、SNSを中心に急速な盛り上がりをみせる、正義感に燃える少年少女たちによるロビン運動。
今日もゴッサムの一角にて、手製のコスチュームに身を包んだ"ロビン"が、酒店に押し入った強盗と戦っていた。

危なっかしくも何とか強盗を捕まえた少年。しかし、その直後に起こった警察官の現場への到着が、自体を最悪の展開へと導く…
20151214_3.jpg

20151214_4.jpg

事態を重く見たゴッサム市議会は、世論の高まりと1人の女性市議の強い要請に後押しされる形で、"ロビン法"と呼ばれる条例を可決する。

ロビン法の定めるところは一つ、「ロビンを思わせるすべての活動の禁止」。この法律により、深夜の自警行為はもちろん、ドミノマスクや"R"のロゴマーク、果ては赤や緑の服装までもが処罰の対象となり、ゴッサム市警は社会秩序の名の下に積極的に"ロビンたち"を狩りたてる事となる。

多くの少年たちが警察による苛烈な取り締まりを前に、一時期の流行りとしてロビン活動をあきらめる中、エンドゲームでバットマンが街に灯した正義の火を、それでも燃やし続ける少年たちがいた。

20151214_1.jpg
デューク・トーマス率いる、ミドルタウン・ロビン支部の面々である。
デューク達は、残った"ロビンたち"に決起を促すため、彼らを自らの隠れ家に集める。

【本物のロビン】
そんな"ロビンたち"の行動を陰ながら監視していたレッド・ロビンことティム・ドレイクは、ゴッサムでくだを巻く元ロビンの1人、レッドフード、ジェイソン・トッドに緊急連絡をする。

ティム:ジェイソン、問題発生だ。彼らが今夜集会を開く。
ジェイソン:それのどこが問題なんだ?一致団結して、どうやって闘うか相談するつもりなんだろ?
それでこそ、本物のロビンってもんだぜ。

ティム:僕の話をちゃんと聞け、まさにその"本物のロビン"が問題なんだ!
ジェイソン:・・・!まさかアイツがゴッサムに帰ってきたのか!?


20151214_5.jpg
ロビンたちの集会場に乱入する影、それはバットマンの息子であり、誰よりも"ロビンであること"にこだわる少年、ダミアン・ウェインであった!

…というわけで、今回はロビン誕生75周年である今年の最後を飾るイベント「ロビン・ウォー」の紹介です。
その名に恥じず歴代ロビンが総登場する物語となりそうな本誌ですが、そこで効いてくるのが「ブルース・ウェイン不在」という、ゴッサムシティの現状。
いつもであればロビン達を導く指導者として、いわば「"正解"を知っている存在」として描かれるブルースがいないために、ロビン達は互いに意見を戦わせながら、正解を探していくことになります。
このため、ロビン達の絡みがいつになく新鮮で楽しいものとなっています。

以下は気に入ったシーンの紹介。
 ※一部、2話めにあたる「グレイソン#15」から

【兄弟喧嘩】

20151214_7.jpg
ダミアン:なんだよ、"すぐ殺すロビン"と"すぐ忘れられるロビン"のお出ましかよ。
ジェイソン:おい!
ティム:君たち二人とも"すぐ殺すロビン"だろ! 僕の事は"唯一死んでないロビン"と言ってくれよ。


【遂に対面】
ロビン達を一網打尽にするために現れたゴードン・バットマン。
その前に、ダミアンが立ちふさがる!

20151214_6.jpg
バットマン:私はバットマンだ。
ダミアン:…冗談だろ?


【師弟関係誕生】
ロビン達の生みの親といってもいい過言ではない"初代ロビン"ディック・グレイソンの発案で、素人ロビン達をトレーニングすることになった、オリジナル・ロビン達。
各自が思い思いの手段で少年たちを鍛えるなか、ジェイソンは少年たちに、「ギャング達の車からホイールを盗め」といきなりの実地訓練を課す。
(蛇足ですけれど、ジェイソンはバットモービルのホイールを盗もうとして、バットマンと出会うこととなります)

20151214_8.jpg
ジェイソン:これで誰かが撃たれでもしたら、ディックの野郎カンカンだろうな。なんとかティムに擦り付ける方法を考えないと…
ダックス:“ホイール盗んでこい”って、タイヤホイールのことっすか?それともステアリングホイール? いや、両方盗んで来たんで、実際のところどっちでも良いんすけどね、ただこう聞いた方がイケてるかなと思って…
ジェイソン:お前、見どころあるな!


【宣伝】
最近気になる翻訳タイトルの筆頭は何と言っても「スーパーマン:アンチェインド」。バットマン誌のライターを務め、いまや飛ぶ鳥を落とす勢いのスコット・スナイダーと、DCの最終兵器ジム・リーという、今のDCで考えうる最高のコンビが手を組んだスーパーマン生誕75周年企画です。
また可愛い画風で大人気の日本人アーティスト、グリヒルがマーベルが誇るローティーンのヒーローチームを描いた「パワーパック:デイ・ワン」も今月発売。
DC作品の映像化に合わせ、「グリーンアロー:イヤーワン」や「スーサイド・スクワッド:悪虐の狂宴」など、なかなか翻訳のチャンスが回ってこなかったキャラクターの翻訳本が出るのも嬉しいところ。





プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター