fc2ブログ

最近のバットマン

最近のバットマン
(作:チップ・ズダスキー、画:ホルヘ・ヒメネス他)

久しぶりの更新になります。
最近は、ポッドキャストの方に手いっぱいで、ブログの方の更新がおろそかになっていました。

今回は、『【第23回】最近のバットマンの紹介、左利きのアメコミキャラっている?』で話した内容をベースに、新展開を迎えたバットマン誌の現状を整理します。


【ゴッサムウォー終結】
先日完結したイベント『ゴッサムウォー』。
20231211_01.jpg

このイベントの中で、キャットウーマンは刑務所にて築いた人脈を元に犯罪者ギルドを設立。
自らの泥棒の技術と高い職業倫理をゴッサムのチンピラたちに叩き込むことで、強盗やヴィランの手下など、他人と自分の命を危険にさらすことしか生きる術を知らない貧者たちを、大富豪や美術館などを専門にした"怪盗"に仕立て上げ、ゴッサムから流血沙汰を伴う凶悪犯罪を一掃することに成功する。

20231211_03.jpg
("手下"がいなくなったことで、大物ヴィランたちの犯罪も激減。こちらはその対策会議の様子)

20231211_02.jpg
ナイトウィングやバットガールらゴッサムの守護者たちは、"凶悪犯罪発生件数の激減"という圧倒的なファクトを突き付けられた結果、口座に唸るほど資産を持つ大富豪の家財を狙う元チンピラたちと戦うことを躊躇。消極的にキャットウーマンの行為を是認する形になってしまう。
とりわけ自らも犯罪しか生活の術のない少年期を送ったレッドフードは、ゴッサムの食い詰め者たちに強く共感を示し、自らも教官として組織に参加することになる。

一方バットマンだけは「あらゆる犯罪は犯罪である」とかたくなにキャットウーマンの活動を断固拒否。
代替案なくキャットウーマンの組織を止めることが無辜の市民の流血や死に繋がるとわかりながら、ゴッサムを自分の下に取り戻すために独り自警活動を続け、結果的に自らのファミリーと対立することとなる。

とりわけレッドフードとは激しく対立。
「ジェイソンに犯罪や自警行為と距離を置いたよりよい人生を与えるため」を口実に、拉致したレッドフードの精神操作を敢行。
レッドフードが荒事などで興奮した際、激しい恐怖に見舞われ身がすくむよう暗示をかけたのである。
20231211_04.jpg

しかしジェイソンは、我が身がどのような状態であれ人々を護ることをやめるような男ではない。結局バットマンが埋め込んだ暗示は、彼を荒事から遠ざける役には立たず、ただ危険な状態に陥った時にジェイソンのパフォーマンスを下げ彼の命を危険にさらすだけの行為であったのだ。

この非人道的とすら言える行いに、ファミリーとバットマンの関係は完全に破綻。
ヴァンダルサベッジの介入によりキャットウーマンの企てが破綻した後も、関係が修復されることはなかった。
20231211_05.jpg

しかし、バットマンはそんな状況を意に介した様子はなかった。むしろ、これで再びゴッサムが自分だけの街なったといわんばかりに、孤独な自警活動に没頭していく。

【ズー・イン・アールのバットマン軍団】
バットマンのこのようなかたくなで酷薄な態度には理由があった。
ゴッサム・ウォー以前から、ブルース・ウェインの心の中ではある戦いが繰り広げられていたのである。
20231211_07.jpg
戦いの相手はズー・イン・アールのバットマン。ブルースが自分が精神攻撃を受けたときに備えて自ら生み出した、第二の人格である。

本来は通常のバットマンと同様の性格となるはずだったズー・イン・アール。しかしその人格にはブルースが想定していなかった異物が混在していた。その異物とはジョーカー。第二人格を生み出すための瞑想期間中にジョーカーと戦いその狂気にさらされたことにより、バットマンより暴力的で、バットマンより強迫観念にかられたズー・イン・アールのバットマンが誕生したのである。

バットマンに不測の事態があった時のバックアップとして、ブルース・ウェインの心の中で眠り続けていたズー・イン・アールに転機が訪れる。
フェイルセーフとの戦いに敗れたバットマンが多次元宇宙に跳ばされた際、ズー・イン・アールはブルース・ウェインの知覚を通して初めて多次元世界のバットマンたちに触れたのだ。
多次元世界の中で新たなバットマンと出会う度に分裂していくズー・イン・アール。

誰よりも奇天烈なガジェットを駆使するアダム・ウエスト版ズー・イン・アール、強酸などダークな武器を使うことをいとわないキートン版ズー・イン・アール……
20231211_06.jpg
かくしてブルース・ウェインの精神世界には、マルチバースのズー・イン・アール軍団が形成されたのだ。
数の力を得たズー・イン・アールたちの次なる目標。それは、ファミリーの絆や犯罪者への同情といった無駄な感情にうつつを抜かすブルース・ウェインの肉体を乗っ取り、バットマンの唯一にして無二の目的"犯罪の消えたゴッサム"にまい進することである。


【新たな仲間】
ズー・イン・アール軍団に半ば肉体を乗っ取られ、ファミリーとの絆を失ったバットマン。
しかし、彼には犯罪と戦う新たな仲間がいた。

20231211_09.jpg
その仲間とはリドラー。
ゴッサム裏社会のライバルたちの一掃を目論むリドラーと、リドラーからもたらされる情報を必要とするバットマン。いつか相手の寝首をかくことを目論み、相手も同じことを目論んでいることを知っている二人の奇妙な共闘関係は、いびつながら一定の成果を見せていた。

そんなある日、リドラーはバットマンにとっておきの情報をもたらす。
"ジョーカーは実は3人いる"。
もったいぶったリドラーの態度とは裏腹に、バットマンは「そんなことは既に知っている」とすげない反応。
そう、ジョーカーの正体が3人いるという情報は既に"神の椅子"メビウスチェアの力によってバットマンは知っているのだ。
そんな中、しばらく世界中を飛び回っていたジョーカーが、再びゴッサムへと帰還する…
20231211_08.jpg

(ちなみにジョーカーが3人いることをバットマンが知ったのはイベント『ダークサイドウォー』でのこと。ここら辺の記事を参照)

*****************
というわけで、今回はバットマンの現状の紹介でした。
今後、この"3人のジョーカー"が1つの話のポイントとなりそうなのですが、ご存じの通りこの話はジェフ・ジョーンズの『スリージョーカーズ』によって解決済み。ただ、どうもDCはブラックレーベルで発売された『スリージョーカーズ』を正史外の物語としたうえで、改めて正史世界でこの謎に取り組むつもりのようです。
20231211_010jpg.jpg

かなりの力技であることは否めませんが、個人的には割と竜頭蛇尾で終わってしまった感のある"3人のジョーカー"の物語を、仕切り直してくれるのは嬉しかったりして……

【宣伝】
マーベルの近刊でおすすめなのは『X-MEN:ヘルファイア・ガラ』。『ハウス・オブ・X/パワーズ・オブ・X』の大ヒット以降、再びマーベルのトップフランチャイズに返り咲いたX-MEN系列の隆盛を誇るかのような、クラコアの国を挙げてのお祭り騒ぎを描いた本作。今後のX-MEN系列の転機となる物語でもあるので必見です。
また同じくX-MEN系列の転機となる作品が『インフェルノ』。こちらはモイラが久しぶりに登場し、クラコア建国の真実が明かされる『ハウス・オブ・X/パワーズ・オブ・X』の直接の続編となります。
また『アイアンマン2020:ロボット・レボリューション』は、トニー・スタークが自身がある意味アンドロイドであることを世間に明かしたことに端を発するマーベル界のロボット総登場イベントの翻訳。ここら辺の記事で紹介しています。


DCは『ダークナイツ:デスメタル』に続くDCの大型イベント『インフィニット・フロンティア』が発売。
あと知らなかったんですけれど、インターブックス社による『サンドマン』の再販って、アマゾンでも買えるんですね。
アメコミ界だけにとどまらない、この50年の幻想文学の歴史を語るうえでも欠かせないド名作。今回は最後まで翻訳されてほしいものです。

スポンサーサイト



ロビン #1

ロビン #1
(作:ヨシュア・ウィリアムソン、画:グレブ・メルニコフ)

20210516_03.jpg
レン:君は下書きをしないのかい?「職業画家にとって一番大事なのは計画と準備だ」って、パパとママは良く言ってるんだけど…
ハナ:だれがそんなこと決めたの!? 私は計画じゃなくて、心を使って筆を走らすの!

ダミアン:やめるんだ、ハナ。どんな時でも計画は重要だ。
20210516_07.jpg

独り埠頭に佇み、漫画を読みふけるダミアン。

その姿はとてもさっきまで地下格闘場で命を懸けて戦っていたとは思えない、年相応の少年の者であった。

20210516_06.jpg
(その晩のダミアンの対戦相手、盲目の格闘家キングスネーク)

DC世界随一の格闘家の1人であるキングスネークを難なく降したダミアンは、埠頭で何者かを待っていた。
20210516_04.jpg
アルフレッド:それが、お父上から隠れてまでして、やりたかったことですか?ダミアン様。
違法の地下格闘の世界に身を置くことが?
もしや、わざわざキングスネークを敵に選んだのは、彼がベインの父親だからでございましょうか?

ダミアン:俺がキングスネークと戦ったのは私怨じゃない、たまたまだ。
だから消えろ、ペニーワース。お前は俺のやましさが生んだ幻影に過ぎない。

ベインによって目の前でアルフレッドを殺されたトラウマを振り払うように、思わず声をあげるダミアン。

そして、アルフレッドの幻影に替わって、ダミアンの本当の待ち人が姿を現す。
20210516_05.jpg
待ち人とは、リーグ・オブ・ラザラスよりの使者であった。
遥か昔にリーグ・オブ・アサシンズから枝分かれした分派、リーグ・オブ・ラザラスが、数百年ぶりに活動を再開したのだ。

そして彼らの"活動"とはただ一つ、数百年に一度格闘トーナメントを主宰し、"当世最強の格闘家"を選出することである。
自暴自棄のようにもみえたダミアンの地下格闘荒らしは、全てリーグ・オブ・ラザラスの眼にとまり、祖父と母ですらその正体を掴めていない謎の組織を内側から探るためであったのだ。

かくして目論み通り格闘トーナメントへの参加資格を得たダミアン。
そして"蝙蝠の子"のトーナメント参加の報は、裏世界に衝撃をもって広まっていく。

そしてその噂は、リーグ・オブ・アサジンズのもう1つの分派、リーグ・オブ・シャドウズの下にも届いていた。

20210516_01.jpg
???:問題ない。
リーグ・オブ・シャドウズの幹部は、ダミアン参戦の報告を一言で切り捨てる。
???:奴が参加するならば、我々が送り込む戦士と戦うだけだ。
そして"小鳥(ロビン)"を狩るのに、"鷹(ホーク)"に勝る者など、居りはしない!


20210516_02.jpg
(こちらグリーンアローの息子、コナー・ホーク。New52以降では初登場となります。)

********************************
というわけで、今回は父であるバットマンの下を離れ、自分が結成したティーンタイタンズの仲間たちとも距離を置き、独自の道を歩み始めたダミアンを主人公とした『ロビン』誌の紹介でした。

それにしてもダミアンってマンガ、それもべたべたのボーイ・ミーツ・ガール物が好きなんですね……

【宣伝】
今回紹介した作品はこちら(電子版です)。
バットマンやファミリーと完全に袂を分かった状態なので、タイトルは『ダミアン』の方がふさわしいと思うのですが、
それが敢えて『ロビン』となっている辺りで今後の展開が予見出来て、楽しみはいや増すばかり。



先日邦訳が発表されたばかりなのが『マーベル:レガシー』。
"紀元前100万年アベンジャーズ"の紹介と共に、リランチされたマーベル世界を紹介する1冊です。
ちなみに、同作の完結編ともいえる現行の『アベンジャーズ』誌も収録された日本オリジナル編集版です。
またマーベルからは、新時代のヒーローたち主体のチーム誌、『チャンピオンズ:フリーランサー・ライフスタイル(仮) 』と『ウエスト・コースト・アベンジャーズ:シティ・オブ・イービルズ(仮) 』の翻訳も決定。
特にウエスト・コースト・アベンジャーズはホークアイ(ケイト)や、アメリカ・チャベスなど、いま一番熱いヒーローたちが所属するチームなので期待してます。


続いてDCからは、DCでいま一番勢いのあるライター、トム・テイラーによる『スーサイド・スクワッド:バッド・ブラッド』が翻訳決定。本作品は当ブログでも紹介済み。紹介した時の最高のテンションを維持したまま、最後まで短期間で駆け抜けた快作なので、非常におすすめです。
また今月は『バットマン:スリー・ジョーカーズ』も発売。「ジョーカーは3人いる」という特大級の秘密の暴露の真相に肉薄する、非常に感傷的な物語。



バットマン#101

バットマン#101
(作:ジェイスム・タイニン4世、画:ギレン・マーチ)

ブルース・ウェインの資産を合法的に我がものとし、ゴッサムの財力・権力・暴力の全てを支配したジョーカーによる統治。
イベント『ジョーカーウォー』で描かれたその事件を終えたゴッサム市は、ジョーカーの残した爪痕からの復興の道を辿っていた。

20201226_01.jpg
そしてそんなゴッサムの全てを見下ろす高層ビルのペントハウスには、謎の人影と戦うバットマンの姿が。
闘いの相手はコール・キャッシュ。生身の人間ながらこの世界有数の傭兵"グリフター"として恐れられる男である。

互いの体術の限りを尽くして死闘を続ける"世界一の探偵"と"世界一の傭兵"。

20201226_02.jpg
ルーシャス・フォックス:キャッシュ、止めたまえ。彼が来るかもしれないことは伝えておいたはずだ!
グリフター:すまねぇ、忘れてた。というか、「奴とやりあったことあるぜ」っていう武勇伝が欲しくてな。


ルーシャスの制止に悪びれる様子もなく、構えを解くキャッシュ。

バットマン:あの男をボディガードを雇ったのか?
ルーシャス:知合いですか?
バットマン:自分自身をグリフター(詐欺師)と名乗る様な男だ。
ルーシャス:彼に払っている額を考えれば、納得の名前だ。
ただボディーガードの1人も雇いたくなりますよ、あなたの彼女が私にしでかしたことを考えれば。


バットマンを連れて愚痴りながら階段を降りていくルーシャス。
階段を下りた先は、豪勢なペントハウスの一部を改築したゴッサム最新鋭にして最高層の研究室であった。
20201226_03.jpg

実は『ジョーカーウォー』で奪われたウェイン家の資産がキャットウーマンの手で取り返された時、複雑な事情により、その資産はブルースではなくルーシャスに振り込まれ、フォックス家はゴッサム1の資産家となったのだ。

研究室に腰を落ち着かせたルーシャスは、ブルースに現在の状況を淡々と説明する。
・バットマンが密かに街中に配備していた(そしてジョーカーに奪われた)武装の出資者がブルースであることを、世間は重く見ていること。
・そのため、ゴッサム再建計画をウェイン社が進めるためには、ウェイン社がブルース・ウェインと手を切ったことを世間に示す必要があること。
・ウェイン社の役員会は、十分な金額と引き換えにブルースから経営権をはく奪する方向で検討が進んでいること。
・今回の事件で、(いまやルーシャスの物となった)ウェイン家の資産には金融の専門家たちの厳しい目が注がれるようになり、仮に資産がブルースの手に戻ったとしても、今までのようにバットマンの活動に注ぎ込むのは実質不可能になること。
・上記の事を認識したうえで、それでも資産と経営権を取り戻したいならば、ルーシャスは協力を惜しまないこと。

つまり、ブルースに提示された選択肢は2つ。
1つ目は「ルーシャスから資産と経営権を返してもらい、ゴッサムの復興支援とバットマンとしての活動を諦めること」、
2つ目は「ルーシャスに資産をあずけゴッサム復興支援につくしてもらい、自分はバットマンとして活動すること」。

20201226_04.jpg
ルーシャス:これはあなたの家族の会社と未来についての選択です。どちらを選ぶにせよ、私は全力でサポートします。
ただよく考えてください。確かに資産を受け取らなければあなたに向けられる監視の目も和らぎ、バットマンとして活動できる。
でもそれは"よりスリムなバットマン"としてです。
宇宙船も人工衛星もなし、バットモービルをウェイン社の最新3Dプリンタから出力することもできません。
もし車を壊したならば、その時は自分で直す必要があるんですよ?

資産家としての生活と、クライムファイターとしての生活。2つの選択を突きつけられたブルースは、事も無げに答える。
バットマン:ならばもう答えは出てる。


ルーシャスとの会話を終え、再び屋上から立ち去ろうとするバットマン。そんな彼にグリフターが声をかける。

20201226_06.jpg
グリフター:さっきの件、恨んでないよな?スパーリングだったとでも思ってくれや。
バットマン:……お前のボスに言伝がある。
グリフター:おいおい、俺のボスとはいま話してきたばかりだろ?


とぼけるグリフターを無視し、バットマンはグリフターの"本当のボス"への伝言を残す。

バットマン:私はHALO社の正体を知っている。
そしてもう1つ。何が変わろうとこの街は私の街だ。いつでもお前たちの事は見張っているぞ。


*******************************

というわけで、今回はイベント『ジョーカーウォー』終了後のバットマンの状況を整理してみました。
一番最後に名前の挙がったHALO社とは、イメージコミック設立当時の看板チーム『ワイルドキャッツ』の出資会社の名前。
20201226_08.jpg
今回のグリフター登場からも見て取れるように、どうやら来年はDCユニバースに編入以降いまいち影の薄かったワイルドストーム勢が次々と登場する雰囲気です。

20201226_09.jpg
ちなみに、スーパーマン系列には、"ワイルドストーム版バットマン"ことミッドナイターが登場予定で、スーパーマンが"ワイルドストーム版ジャスティスリーグ"ともいえるヒーローチーム、オーソリティのリーダーとなるなんていう噂もあったりします。

またバットマン誌の今後を占う上で、もう一つの重要なキャラが、今号に登場したルーシャス・フォックスの3人の子供たち。
20201226_05.jpg

フォックステック社の若き天才社長であるルークは、バットウィングとして活動中で、DCファンにはお馴染みのキャラ。
そしてその妹であるタムも、兄のサポート役としてよくに目にする名前なのですが、注目なのが長兄のティム・フォックスです。
ルーシャスの息子として1970年代に登場するもその後数回しか登場していない忘れられたキャラであるティムですが、2021年1-2月で行われるイベント『フューチャーステイト』では、近未来のゴッサムのバットマンとして登場することが確定。

20201226_07.jpg
『フューチャーステイト』というイベントは、今後のDC各誌の展開(の方向性)を予告するような内容であるため、今後のバットマン誌においてもティム・フォックスが台風の目となっていくことが予見できます。
ここら辺、あえて読者にとって馴染みのあるルークではなく新キャラに等しいティムにその役割を与えるあたり、DCの自信を感じさせますね。
余談ですが、「フォックス家のメンバーを黒人初のバットマンとするという展開の脚本の出来が素晴らしいらしい」という噂は、昨年の冬あたりから様々なメディアで囁かれており、そういう意味でも楽しみです。


【宣伝】
今回した物語の直前となるバットマン誌のイベント『ジョーカーウォー』の単行本がこちら。
1冊目はバットマン誌で繰り広げられた本編、2-3冊目はその関連誌となっています。


続いて最近の翻訳本ですが、米国での大ヒットをうけすっかり"ホワイトナイト・ユニバース"を形成しつつある『バットマン:ホワイトナイト』の続編である『バットマン:カース・オブ・ホワイトナイト』が1月に発売。今回はアズラエルやバットガールが登場!!
そして現在のDC正史世界の旗艦タイトルであるジャスティス・リーグ誌関連では、そのクライマックスである『ジャスティス・リーグ:ドゥーム・ウォー』が発売。『ダークナイツ:デスメタル』へと繋がる重要タイトルでDC世界の未来と過去のヒーローたちが集結するさまは一見の価値あり。
そして先日発表された嬉しいサプライズが『ゴッサム・セントラル』の翻訳。なんの特殊能力も持たず、職業的倫理観だけに突き動かされてゴッサムの狂人たちと戦うゴッサム市警の活躍を描いた本作。グレッグ・ルッカ(ワンダーウーマン)や、ブルベイカー(ウィンターソルジャー)といったハードボイルドな作風で知られる人気ライターが手掛け、非常に高評価な作品なのですが、とにかく地味なタイトルであるのでまさか翻訳されるとは。



また嬉しいサプライズといえばマーベルの『スーペリア・フォー・オブ・スパイダーマン1』。シニスターシックスを名乗る5人組のC級ヴィランたちが、マーベルユニバースの底辺で繰り広げるドタバタ劇がまさかの翻訳です。その評判だけ聞いていつか手を出したいと思っていた本作が日本語で読めるとあって、管理人はすぐさま予約しました。

またマーベルからは『チャンピオンズ:チェンジ・ザ・ワールド』と『ウエスト・コースト・アベンジャーズ:ベスト・コースト』の翻訳も発表。前者はカマラ・カーン(Ms.マーベル)やマイルス・モラレス(スパイダーマン)、後者はケイト・ビショップ(ホークアイ)やグウェンプールを中心とした、若手ヒーローたちのチーム誌。明るいキャラ同士の掛け合いが魅力のタイトルですので、そういうのが好きな方は是非!


プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター