Justice League Dark #15-18

ジャスティス・リーグ・ダーク #15-18
(作:レイ・フォークス&ジェフ・レミール、画:マイケル・ジャナン)

いろいろあって最近紹介が滞っていたジャスティス・リーグ・ダークですが、今回は魔法が禁じられた世界を舞台にしたストーリーアーク「Death of the Magic」から気に入ったシーンを。

【前回までのおさらい】
前回の紹介からずいぶん時間が空いたので、簡単におさらい。
伝説のアーティファクトBooks of Magicを見事に奪還した一行、しかしBooks of Magicには魔術的な力は一切なく、地球とは別系統の科学によって作られた一種のテレポーターであることを知る。
Books of Magicの力で異世界に連れ去られたザターナとティム・ハンターを追い、自らもテレポーターを起動する一行。
一行が辿り着いたのは"エポック"と呼ばれる魔法が禁じられた世界であった。
エポックの地に降り立った一行は、自らの調子に違和感を覚える。
地球以上の魔力に溢れながらもその力を利用する物がいない世界エポックでは、行き場を失った魔力が暴走しており、地球からきたJLDのメンバーたちの魔力を捻じ曲げたのだ。

【捻じ曲げられた結果】

エポックの歪んだ魔力にさらされたその結果として、
ザターナの魔力をかつてないほど増大され、
20130414_01.jpg

"永遠の貴婦人"マダム・ザナドゥは老いさらばえ、
20130414_02.jpg

ブラックオーキッドは怪物に変身し、
20130414_03.jpg

フランケンシュタインはそのまま(フランケンシュタインの存在は魔法によるもではなく、異端の科学技術の結晶なので。)。
20130414_05.jpg

そして、その名の通り"死人"であったデッドマンは、自らに起きた異変に気付き思わず叫ぶ。
「生きてる」
20130414_04.jpg
と思ったらまた死んだ!

そして、我らがコンスタンティンは...
20130414_06.jpg
正直者になっていた。
コンスタンティン最大のピンチ(笑)!

【最後に】
全てを終えエポックから地球に帰還したJLDの面々。
コンスタンティンは待ちかまえていたARGUSの長官トレバー大佐(元々は彼からの依頼が全ての始まりでした)に声をかけます。

コンスタンティン:トレバー!お前とARGUSの"魔法使いごっこ"につきあうのはうんざりだ。好きなようにBooks of Magicをもっていけ!それでお前との関係はおしまいだ。
トレバー:ちょっと待ってくれ。話が...
コンスタンティン:さて、この世界の"本当の"ピンチに興味がある奴は、俺と一緒に来てくれ。来ない奴は、政府の手下になるなりなんなり勝手にするがいいさ。
トレバー:戻ってくるんだ!ジャスティス・リーグと敵対することになるんだぞ?
コンスタンティン:そうだな、俺たちがお前達といっしょにやらないってことは、俺たちは敵同士ってことになる。

20130414_08.jpg
コンスタンティン:…で、その結果どうなるって?


うーん、かっこいい。このシーンは最近一番のヒットですね。
正直、いきなりロード・オブ・ザ・リングみたいになってしまった今回のお話は、自分的にはいまいちでしたが、この最後のシーンはそれを帳消しにするくらいのかっこよさでした。

【Trinity War】
DCの夏の新作イベント"トリニティ・ウォー"の詳細が明かされました。

そのイメージイラストがこれ。
20130414_07.jpg
(クリックで大きくなります)

とりあえず現状分かっていることは、

・大イベントでは一般的な「メインストーリー用のミニシリーズを出す」という形式は取らず、Justice League /Justice League of America/Justice League Darkの3誌でメインストーリーを展開する。
(上の画像は3誌の表紙をつなげたもの)

・キャプテン・マーベルは3陣営の何処にも属さない。

・ジェフ・レミーアはフランケンシュタインがお気に入り(だから活躍する?)。

の3点のみです。

JL&JLAとJLDが同列に扱われて、ニュースサイトで「ジャスティスリーグ系3誌」とまとめられるのは、ファンとして非常に嬉しいのですが、JLDよりもずっと売れていながら「期待していたほど売れていない」という理由で、打ち切りになったJusetice League Internationalの事が頭をよぎり、不安にもなります(笑)。
が、まあJLD勢にも脚光があたりそうなので、楽しみは楽しみです。なによりも、リランチ後初の大型イベントですもんね!

【宣伝】
のっけからブログの記事と関係ないですが、アイアンマン:エクストリミス読みました。
読んでみて、有名なヴィランがでるわけでも、派手な展開があるわけでもないこの作品が何故「アイアンマンの近年随一の名作」といわれるかわかりました。
とにかく「トニー・スタークとはどんな男なのか?」「トニーにとってアイアンマンは何なのか?」ということに焦点があてた作品で、台詞の一つ一つが非常に読ませるものになっています。
(特にトニーが「軍需産業を非難するドキュメンタリー監督」と会話するシーンが気に入りました。地味ながらトニー・スタークという男を再定義する上で欠かせない、非常によくできた会話が繰り広げられます。)


JLDの関係者が多数説明しているサンドマンの翻訳本を、先日ブログにて紹介したところ、結構な人数の方が興味を持ってくださったみたいです。
2巻は品薄ですが、元々、続き物というよりは連作集といった感じの作品ですので、2巻を読まずに3巻を読んでも、おそらくほとんど問題ありませんので、未読の方は是非!


またクリス・バチャロが担当した「Death:High Cost of Living」にもコンスタンティンは登場しており、デスと共に"正しいコンドームの付け方"を実演してくれています。


発売日の迫ったJLAの翻訳2冊もどうぞ。
スポンサーサイト

Justice League Dark #14

ジャスティス・リーグ・ダーク #14
(作:ジェフ・レミーレ、画:グラハム・ノーラン)

久々にJLDの紹介です。今回は軽めで

ちなみに#14はストーリーアーク間の幕間劇(フィラーって言うんでしたっけ?)。
ザターナとティモシー少年の行方についてコンスタンティンとトレバー大佐が喧々諤々とやり合っている間に、すっかり退屈したブラックオーキッドとアメジストがコンスタンティンのアジトであるHouse of Mysteryを探検するという趣向です。(彼女たちのお守役にフランケンシュタインも帯同。)
20130120_01.jpg

【House of Mysteryの秘密】
そんなわけでHouse of Mysteryを探検する3人は、新たな部屋に入るたびに様々な怪異とであることとなります。
今回の話で明言はされませんが、House of Mysteryには、自身の図書室に集められた無数の邪悪な本の数だけ部屋があり、各部屋の中は、本の内容が実現した異空間となっているようです。
20130120_02.jpg

ここら辺、House of Mysteryが元々はDCのホラーオムニバス誌のタイトルであったことを踏まえた、気のきいた設定だと思います。

【コンスタンティンの私室】
逃げまどうブラックオーキッドが辿り着いたのはコンスタンティンの私室(おそらくですが)。
20130120_03.jpg

意外に研究熱心なのね。。。

【Trinity War】
突如、コンスタンティンの前に現れたファントムストレンジャー。
彼はザターナ捜索の協力を求めるコンスタンティンを制止し、語り始める。
20130120_04.jpg

ファントムストレンジャー:この世界は間もなく大きな危機にさらされる。
             :まもなく三つ巴の戦争が始まる。
             :どの勢力にくみするのか?お前たちはその答えを出さなければならない。


という訳で、DCの2013年のビックイベント"トリニティウォー"の足音がついにJLDでも聞こえてまいりました。
JLDも今回のイベントの中核を担うようで楽しみな限りです。
まだ、どんなストーリーになるのか皆目見当もつきませんが、とりあえず3者間での戦いということで、
 ・Justice League陣営
 ・トレバー大佐やアマンダ・コナーが設立のために暗躍しているJustice League America
 ・ブラックアダムやRock of Eternityなどの魔術師たち
が戦うことになるのでは?と予想しておきますね。
20130120_05.jpg

また"三人の罪人(Trinity of Sin)"と呼ばれる、パンドラ/ファントムストレンジャー/クエスチョンがキーパーソンになりそうなので、クエスチョンの渋さにやられた自分としては嬉しい限りです。

ちなみに当ブログ一押しのJLDもTPBが出てます。紹介記事ではあまり触れていませんが、DC屈指の"イケメンチーム"として女性の間でも人気な印象。(イケメンであれば性格が多少クズでもよいのであれば、なおのことお勧めです・・・)









Justice League Dark #13-Annual

ジャスティス・リーグ・ダーク #13-Annual
(作:ジェフ・レミーレ、画:マイケル・ジャナン)

ごめんなさい。今回はストーリー説明はすっ飛ばして、面白かったシーンだけ。

【手癖の悪いことに定評のある…】
前回の最後ファイアトロールの王ブラックボリスと相対したコンスタンティンとブラックオーキッド。
しかしあわてず騒がず、懐から小さな鳥かごを模型をとりだすコンスタンティン。
コンスタンティン:ラッキーだな。ブラックルームからちょろまかした魔具の中に「妖精の檻」があったんだった。
201201111_01.jpg

トロールも妖精の一種ということであわれブラックボリスは檻の中に…
トレバー大佐、この後でもう一度コンスタンティンをブラックルームに招待する約束なんですけど、ホントにいいの?

【コンスタンティンとザターナ】
地獄から甦り、コンスタンティンとザターナに復讐を誓うニック・ネクロ。
コンスタンティンの命と引き換えに、ニックに自らの身を差し出すザターナ。
引きとめるコンスタンティンにザターナが最後の別れを告げる。
201201111_02.jpg

べたな展開ですが、グッときます。
ところでヴァーティゴの『ヘルブレイザー』ではコンスタンティンは結婚済みですが、こちらの世界ではフリーなのかな?


【ゲスト】
今回のストーリーアークの最終話であったAnnualには大団円に相応しく、2人のキャラがゲスト出演しました。
1人目は、先日打ち切りが決まった"DC版ヘルボーイ"こと『フランケンシュタイン:エージェント・オブ・シェイド』の主人公、フランケンシュタイン。
201201111_03.jpg

もう1人は10月から始まった新タイトル『ソード・オブ・ソーサリー』の主人公、アメジスト。
201201111_04.jpg

今回、終了したタイトルの受け皿にも、開始するタイトルのお披露目にも使われたというあたり、JLDの人気の現れでしょうか?(売上ランキング的には"まあまあ"といったところですが。)

あっ、ちなみに#10でコンスタンティンに愛想を尽かしてチームを去った吸血鬼アンドリュー・ベネットですが、コンスタンティンの予告通り、無理やり呼び出され協力させられてました。

【次号】
というわけで、いろいろあって(主にコンスタンティンの騙しのテクニックによって)ニック達を倒しBooks of Magicを手に入れた一行。
Books of Magicの所有者たることが運命づけられた"約束の子"ティモシー・ハンターがついに、伝説の本を開く。

しかし、表紙を開くとそこには魔術とはかけ離れた、異世界の機械が埋め込まれていた。
Books of Magic:ヨウコソ。マスター・ハンター
          :コレヨリ、帰還ノ準備ヲ開始シマス。シバラクオ待チクダサイ。

201201111_05.jpg
突如現れた光のゲートに呑み込まれるティモシー少年とそれを止めようとするザターナ。
光が消えた後、二人の姿は消えていた。

次回のタイトルが「The Death of Magic」ということで、どうしても死神デスの登場を期待してしまう管理人です…

【ヘルブレイザー終了、そして…】
Vertigoレーベルで長年刊行されているコンスタンティンが主人公のコミック『HELLBLAZER』が来年2月に刊行される#300で遂に終了します。

そして翌3月から新たにNew52に加わる新タイトルの主人公が


201201111_06.jpg
コンスタンティン!
というわけで、コンスタンティンのファンはとりあえず一安心と言えそうですが、実際のところどうでしょうか?
HELLBLAZERは、DCの大人向けレーベルであるVertigoで連載していた強みを活かしたハードなストーリー展開も魅力の一つでしたが、New52に加わることでその魅力が損なわれないか、心配している方も多そうです。

実は、管理人はなんだかんだ言って、そこまで熱心にHELLBLAZERを追いかけていたわけではないので、
「コンスタンティンの個人誌を読み始めるいいきっかけになるなぁ。」
くらいの感想ですが。
ただ、コンスタンティンの結婚や、バイセクシャルの設定は無かったことになりそうだなー
プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター