アクアマン#49

アクアマン#49
(作:ダン・アブネット、画:ヴィセンテ・シフェンテス)

はるか昔にアトランティスから分離した邪悪な魔導士たちの王国との戦いを終えたアーサー。
彼は激闘の疲れを癒すために、アムネスティベイの灯台で最愛の妻と共に夫婦水入らずの時間を過ごしていた。
20160508_1.jpg

おりしもアムネスティベイでは年に一度のフェスティバルが到来。
地上とアトランティスの融和を目指すアーサーはこれを好機ととらえ、アトランティスから腹心の部下たちを呼び寄せ、自分たちと共にフェスティバルへの参加を命令する!

20160508_2.jpg
初めは嫌々だったガース、テュラ、ムークの近衛兵3人組だが、初めて目にする地上の文化に興味津々。

ちなみに一番地上になじんだのがこの人
20160508_3.jpg
ガース:陛下!次はバナナボートとやらを試したく存じます。なにとぞ更なる"お楽しみ券"をわたくしに!

そしてアーサーとメラも記念写真をパチり。
20160508_4.jpg


存分にフェスティバルを楽しんだアーサーとメラ達。
その晩、アーサーはかねてより温めていた地上との融和策をメラに打ち明ける。

その政策とは地上の国々にアトランティスを知ってもらうために、地上世界に大使館を作るというもの。
そしてアーサーは、メラに全権大使として地上世界に赴いてくれないかと頼む。

散々迷った末、これを了承するメラ。
そして、自分に与えられた"アトランティスの顔"という新しい役割を察した彼女が選んだ道…

20160508_5.jpg
それはアクアウーマンを名乗り、世間が自分に持っているステレオタイプなイメージを最大限に活用することであった!

…というわけで始まった、新ライターであるダン・アブネットによるアクアマン譚。
物語は親善大使として活躍するメラと、それを陰ながらサポートするアーサーの戦いを描くことになりそうですが、比較的ハードな雰囲気であった前任者と比べて、ユーモアに富んだ活劇が中心となりそうで、今のところかなり面白いです。
ダン・アブネットは「DC:リバース」後もアクアマン誌を担当することが確定してていますが、これはかなり期待できそうです。

【宣伝】(使いまわし)
めぼしい翻訳はこちら。
まずは映画公開も控え飛ぶ鳥を落とす勢いのデッドプールからは、
レギュラータイトルである『デッドプール VS. シールド』と『ウェディング・オブ・デッドプール』。後者はデッドプールの関係者が制作陣まで含めて参加する結婚式で話題になった号を収録。
またミニシリーズである『デッドプール:ドラキュラズ・ガントレット』も6月に発売予定。
そしてなんといっても重要なのは、ファンから翻訳が熱望されていたタイトル『ケーブル&デッドプール:青の洗礼』が遂に翻訳!
ケーブルとデッドプールの絆を描いた話題作です。


そして管理人がぜひともお勧めしたいのが『グレイソン』!コスチュームを高級スーツに着替えジェームス・ボンド張りの活躍をスルディック・グレイソンのスパイアクションで、その凝った物語構成は一読の価値があるはずです!
また他にもマーベル屈指の人気兄弟として上り詰めたソーとロキの確執を描いた「ソー&ロキ:ブラッド・ブラザーズ」や、
過去様々なコミックやメディアに登場したあらゆる世界のスパイダーマンが一同に会した話題作『スパイダーバース』など、相変わらず話題作が目白押しです!
スポンサーサイト

アクアマン #28-34

アクアマン #28-34
(作:ジェフ・パーカー、画:ポール・ペルティエ、他)

前回の紹介からずいぶんと期間が空いたので、アクアマンの現状を説明。

20150111_02.jpg
"死せる王"として復活した古代アトランティスの賢王アトランを退け、あらためてアトランティスの玉座に着くこととなったアーサー。
アトランティスの進撃」事件の直後は、王国の追放者たちが築いた隠れ里ゼベルの出身であることがアーサーの治世の妨げにならないようにと、身を引くことを決意したメラも、アーサーの熱意にほだされて正式に王妃としてアトランティスで暮らすことに。

(と、ここまでがリブート後から続いたジェフ・ジョーンズ担当分となり、これ以降は『X-MEN:ファーストクラス』などを担当したライター、ジェフ・パーカーの担当となります。)

国王として新たなスタートをきったアーサーですが、

20150111_01.jpg
…アトランティスの守護獣として語り継がれてきた伝説の怪獣と戦ったり、

20150111_03.jpg
…時のアトランティス王の裏切りにより地獄に幽閉され錯乱したヘラクレスその人と戦ったり、

20150111_06.jpg
…法律&倫理上、国内では許されない違法な研究を公海上で大手を振って行うために作られた海底研究所「トリトンベース」と対立したり、

20150111_04.jpg
…そのトリトンベースが培養したあらゆる海洋生物の遺伝子をその身に保持するキメラ人間「モンスターキング」と戦ったり

と国内を留守にしがち。


そんな王の不在を補佐するのが王妃であるメラ。
「王が突如連れてきた何処の馬の骨とも知れない女」と批判的な声に囲まれながらも抜群の政治手腕を発揮して、アトランティスの近代化、地上との融和政策を推進していく。
20150111_09.jpg
先王オームの復帰を望む過激派によって自身が襲撃された際も、暗殺計画を見抜けなかった評議会の不手際を襲撃の事実も含めてアーサーには秘密にしておくことで評議会を味方につけるなど、硬軟織り交ぜながら自らの(ひいてはアーサーの)影響力を高めるその手腕はさすがの一言。


そんなこんなで様々なトラブルを乗り越えながらも、王族としての平穏な日常を築きつつあるアーサー&メラ。
しか、そんな2人の幸せを、アトランティスを襲う新たな大災禍(メイルストローム)が待ちかまえていた…

というのが、昨年11月より始まったアクアマンのストーリーライン「メイルストローム」の導入となります。
20150111_07.jpg

この「メイルストローム」は、アクアマンの担当となってから比較的小規模な物語を続けアーサーたちの日常描写に力を入れてきたジェフ・パーカーが放つ初めての大規模ストーリーとなり、この物語のなかでアクアマンの人生が大きな転換点を迎えることが示唆されています。

ジェフ・ジョーンズによる超弩級のクライマックス以降、種蒔きに徹してきた感のあるアクアマン誌がいよいよエンジンをかけてきたといったところでしょうか?
(『X-men:ファーストクラス』読めば分かるように、ジェフ・パーカーは何気ない事件を活き活きと描くのが非常に上手なので、種蒔き期間は種蒔き期間で面白いのですが。)

20150111_08.jpg
敢えて引き合いに出させてもらえば、ジェフ・ジョーンズによる超絶クライマックス後の脱力感に苦しんだアクアマン誌とグリーンランタン誌のうち、グリーンランタン誌が前任者に負けないくらいのクライマックスを畳みかける事で読者をつなぎ止めようとしたのに対して、アクアマン誌は前述のように種蒔き期間を置いて読者のクールダウンを促しました。
どちらが正解であったのかなかなか判断が付けづらい面もありますが、少なくともアクアマン誌についていえばジェフ・パーカーの取り組みは成功しているように思えます。

ライターのジェフ・パーカーは「メイルストローム」に関するニュースサイトのインタビューの中で、記者から発せられた「あなたは(新任ライターがよく使う)“そして○○に大きな変化が訪れる!”カードを中々使いませんでしたね?」という質問に対して、「そうだね。大きな変革をもたらす前に、まずは読者に自分の事を信頼してもらう方が先だと思ってね」と回答しており、個人的には非常に高印象です。

【宣伝】
小プロからはジェフ・ジョーンズの『シャザム』や、米国の各賞を総なめにする"いまアメリカで最も売れているアメコミ"『サーガ』や、弱小出版社ながらその面白さが話題となっているヴァリアントコミックスの『クァンタム&ウッディ』など、比較的キャラ人気に重きを置いていた今までの翻訳作品とは一味ちがった"実力派"タイトルが販売されますので、この機会に是非どうぞ。
ちなみに『サーガ』については、アメコブログさんが詳しいのでどんなコミックか知りたい方はこちらを参照ください。


その他の翻訳で気になるところは以下の通り。
まずは、現在のバットマン系列誌の旗艦誌となっているスナイダーのNew52バットマンの最新作「バットマン:ゼロイヤー 陰謀の街」が早くも発売になります。
また、アベンジャーズ系列の一つの節目となる大イベント『シージ』や、飛ぶ鳥を落とす勢いのデッドプールの新刊『デッドプール:デッド・ヘッド・リデンプション』なども気になるところです。

Aquaman #18-22

アクアマン #18-22
(作:ジェフ・ジョーンズ、画:ポール・ペルティエ)

ジャスティス・リーグとのクロスオーバー「Throne of Atrantis」にて再びアトランティスの王となり、お話が一段落したアクアマン誌。
その後なんとなくトリニティーウォーやWrath of the First Lanternなどの、派手なクロスオーバーの紹介ばかりになってしまい、あまり紹介できていませんでしたが、相変わらず面白いです。

今回のストーリーアーク「Death of a King」で特筆するべきは、その登場人物の多さと、「物語の着地地点」の見えなさ。
数々の登場人物が其々の思惑を胸に行動していくうちに、壮大な物語が紡がれていく様は、大ヒットドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を思わせます。
(小説派の管理人的には「氷と炎の歌」や「七王国の玉座」って名前の方がしっくりくるのですが(笑))

米国のブログなどを見ていても同様の感想を抱く人は多いらしく、ジェフ・ジョーンズ本人も「映画化するなら『ゲーム・オブ・スローンズ』みたいな雰囲気で」なんて語ったりしていますね。

というわけで、今回はアクアマンの最新のアーク「Death of a King」の登場人物を紹介することで、現在アクアマンが置かれた状況を整理させてもらいます。

【アトランティス陣営】

20130804_04.jpg
アクアマン
言わずと知れたアトランティスの新王。地上世界との融和政策の一環として、先の戦争のどさくさで流出したアトランティスの超兵器の回収を指示する。
しかし、そんな彼の行動は、一部の国民の不満を招くこととなる。

20130804_01.jpg
ムーク
先王オームの忠実な部下であった近衛兵の古兵。
アクアマンの王権を認めず、オームを再び王位につけることを画策している。
現在は、テュラ、スワットと共に地上世界へ侵入。ベル・ルーヴ超人刑務所に捉えられているオームの脱獄を狙う。

20130804_02.jpg
テュラ
アトランティスの近衛兵にして先王オームの妹。
アトランティスの法を重んじ、アクアマンに忠実につかえていたが、
ムークにそそのかされ刑務所襲撃の企てに加わる。

20130804_03.jpg
スワット
人里離れた海底で地上世界の研究を続ける隠者。(ステファン・シン教授の海底版!)
アトランティス人であるにもかかわらず水中で呼吸ができないため、常に専用の呼吸機具を身につけている。
地上への興味とムークの脅しにより、刑務所襲撃の案内役を務めることに。

【エグゼベル陣営】
エグゼベルとはバミューダ・トライアングルに存在するアトランティスとは異なる海底王国のこと。
遥かな昔にアトランティスと袂を分かち、独自の発展を遂げた。
彼らは「アトランティスはエグゼベルの敵であり、エグゼベルの破滅を狙っている」と思い込んでいる。
(しかし、アトランティスは彼らの存在を忘れ去っており、歴史書にも記載されていない。)

20130804_07.jpg
ネルエウス
エグゼベルのリーダー。
エグゼベルの王女メラの不在の間、王女の許嫁(=次期王)として王国を治めていた。

20130804_05.jpg
メラ
アクアマンの妻。元々はエグゼベルの王女であり、アトランティスの王であるアクアマンの暗殺をもくろみ彼に近づいたことが、2人の馴れ初めであることがこの度明かされた。
その出自ゆえアクアマンと共にアトランティスに帰還することができず、現在はを地上に残っている。

【その他の陣営】
20130804_08.jpg
スカベンジャー
潜水艦隊を率いる海賊の首領。
アトランティスの武器流出事件の黒幕だが、彼の本当の目的はアトランティスそのもの。
卑劣な計略によりアトランティスの座標を手に入れ、遂に自慢の潜水艦隊でアトランティスへの侵攻を開始する。

20130804_06.jpg
死せる王(The Dead King)
長い眠りから覚めた、アトランティスの初代国王。
アクアマンの三叉矛やオームの王錫など、アトランティスの神器の作製者。冷気を発し、周囲の物を氷漬けにする能力を持つ。
今のところ目的は不明だが、彼のみが知るアトランティス建国の謎が、今後の展開に大きく関わってくると予想。


以上、ざっと挙げただけですが、これだけのキャラクターが自由気ままに(物語としてのお約束を感じさせずに)動き回る様はなかなかに壮観です。
このまま上手く物語として着地できれば、歴史に残る傑作になりそうな予感がします。

【宣伝】
アクアマンのTPBは今のところ2巻まで発売。
何度か書いていますが、ジェフ・ジョーンズの作品は英語が本当に簡単なので、これから原書を読み始める人に強くお勧めします。


8月の翻訳はここら辺。今月末に期待の映画「マン・オブ・スティール」が公開されるだけあって、スーパーマン関連が充実しています。
「スーパーマン:ラスト・サン」は未読なのですが、ライターがジェフ・ジョーンズで映画にも登場するゾッド将軍がヴィランということで、管理人は非常に期待してます。
「スーパーマン:アクション・コミックス Vol.1」は、グラント・モリソンが携わったNew52のスーパーマン誕生譚ということで、これまたお勧め。(ルーサーが良いキャラしてるんだよね、これ)

プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター