FC2ブログ

アクションコミックス #1022

アクションコミックス #1022
(作:ブライアン・マイケル・ベンディス、画:ジョン・ロミータJr.)

【孤独の要塞にて】
スーパーボーイ:もう一度ですか?OKわかりました。
俺はコナー・ケント。スーパーマンとレックス・ルーサーのDNAを組み合わせたクローン体だって事になってます。
で、どうも俺はこのアースの別バージョンからやってきたらしくて。いや、そうじゃなくてあくまで"このアース"の別バージョン。
もうなくなったっぽいけど……
すみません、ちょっと思い出しちゃって。

スーパーマン:こちらこそすまなかった。


20200614_01.jpg
ここ、孤独の要塞ではスーパーマンとコナー・ケントの対話が続いていた。
ルーサー率いるリージョン・オブ・ドゥームとの戦いで初めてヤングジャスティスと共闘したスーパーマンは、そこで出会った自分のクローンを名乗る少年の素性を調べるべく、あらゆる検査機器がそろった孤独の要塞へと連れてきたのだ。

スーパーマン:そんなにナーバスにならなくていいんだ。私は君の言ったことを信じてる。
ただ、君をどう扱えばいいのかわからないだけなんだ。

2人の間に漂うどこかぎこちない雰囲気を破ったのは、要塞の中で突如あらわれた光球であった。
20200614_02.jpg
ブレイニアック5:それがやつの仇名の由来ってわけさ。
ジョン:そんな馬鹿な事ってありえるの!? てっきり能力に関係してるんだと思ってたよ!

光球の中から現れたのは、和やかに笑いあう2人の若者。
未来世界にいったスーパーマンの息子ジョンが、リージョン・オブ・スーパーヒーローズの参謀役と一緒に里帰りをしてきたのだ。

スーパーマン:ジョナサン!いったいどうした?
ジョン:父さん!いや、ブレイニーが21世紀のトイレを見てみたいっていうから……おっと、ごめんなさい。
はじめまして。ジョン・ケントです。

コナーの存在に気が付き自己紹介をするジョン。

ジョン:で、僕が31世紀に行っている間に、父さんは新しくイケてる息子を作ったってこと?
コナー:イケてるかな?
ジョン:もちろんだよ!その革ジャンとか…

一瞬で打ち解ける、2人のスーパーボーイ。

20200614_03.jpg
それから数時間。やがてスーパーマンによるコナーの調査は、ジャスティスリーグ全体を巻き込んだものに。
しかし、コナーの生い立ちを確認するうちに、スーパーマンはコナーに合せなければいけない人物が、もう2人存在することに気が付く。

【ケント家集結】
スーパーマンたちが向かった先、それはカンザス州にある田舎町、スモールヴィルであった。

20200614_04.jpg
マーサ:まぁジョン!すっかり大きくなって!ちゃんと食べてる?
あなた、すぐにリンゴを持ってきて。

ジョナサン:かあさん、馬じゃないんだから。
で、そちらの方は?


コナーに水を向けるジョナサン。
スーパーマン:実はこの子こそがここに来た理由なんだ。変なことを聞くけど、彼に見覚えはない?

クラークのお願いを聞き、不思議そうにコナーの顔を見つめるマーサとジョナサン。
20200614_05.jpg
ジョナサン:コナー?
マーサ:もっと近くで顔を見せておくれ。
ジョナサン:オマエさんがわしのトラクターを無くした時…
コナー:……本当は池に沈めちゃってた。
ジョナサン:やはりコナーだ。 クラークいったい何が起きておる。
スーパーマン:僕にもよくわからないんだ。
マーサ:いいのよ。こうしてみんなが帰ってきた。それだけで。

20200614_06.jpg

互いに抱きしめあう"ケント家"の面々。
しかしスーパーマンはこれから訪れる苦難の到来を察知していた……

*********************************
というわけで、今回は久しぶりのスーパーマン系列の紹介でした。
とはいえ、今回紹介した内容については少々面食らった方も多いでしょう。
なので、以下はそこら辺の補足を。

【疑問1】マーサとジョナサンの復活
New52でのリブートでスーパーマンに起きた一番の設定変更。それは、両親であるマーサとジョナサンの死亡でした。
(シルバーエイジの設定に戻ったともいえます)
5次元人の攻撃の結果や、Dr.マンハッタンによる実験の結果など、その原因については様々な解釈がされてきましたが、「マーサとジョナサンは、クラークのプロムパーティの日に交通事故で死んだ」というのがNew52以降のスーパーマンの基本設定だったのです。
それがなぜ、今回、何事もなかったかのように登場したのか?
その原因は先日完結した『ドゥームズデイクロック』に遡ります。

本作のクライマックスにおいて、DC世界におけるヒーローの本質を知ったDr.マンハッタンは、1940年7月の鉄道事故現場で緑色のランタンの位置を数センチ動かし、あるべき位置に戻します。
これにより、初代グリーンランタン――アラン・スコットは復活を遂げたのです。
20200614_08.jpg
そして、Dr.マンハッタンの行動の影響はグリーンランタンだけにとどまりません。グリーンランタンの登場は、彼が発起人であるヒーローチーム、ジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカの設立へとつながり、世界はジャスティスリーグの登場のずっと前に"ヒーロー"という概念を発見することとなったのです。
(忘れないでください。New52の本来の歴史では、『ジャスティスリーグ:誕生』で描かれたスーパーマンたちがヒーロー第一世代なのです)

そしてそんなヒーローがいる世界で育ったクラーク・ケント少年にとって、自らの持つ強大な力を社会のために役立てることは自然な事でした。
こうして"スーパーボーイ"としての少年期を送ることになったクラーク少年の経験は、彼の高校のプロムパーティの夜に生きます。
ヒーローとして日ごろから周囲の危険を見守る習慣を持っていたクラーク少年は、両親の事故を素早く察知。
間一髪のところで、両親を護ることに成功したのでした。
20200614_07.jpg

というわけで、クラークたちも気が付かないまま復活を遂げたマーサ&ジョナサン。
超人たちが闊歩する世界における市井の人々の持つ"強さ"を象徴する存在である彼らの不在は、New52の設定の中で個人的に一番残念なものであったので、彼らの復活は大歓迎です。

【疑問2】なぜマーサとジョナサンはコナーの事を思い出したのか?
この疑問については、まだ答えは出ていません。
ただ言えることは、フラッシュポイント前の世界の記憶を取り戻す現象は、マーサとジョナサン個別の事象ではありません。
以前、この記事でも書いた通り、様々なDCタイトルで起こっている共通の現象なのです。


【宣伝】
今回紹介した号の電子書籍がこちら。



コナー・ケントが帰ってくる経緯が読みたいのであれば『ヤングジャスティス』誌がお勧めです。


(以下は使いまわし)
DCは最近本国で、1冊完結のグラフィックノヴェルに力を入れているのですが、そんな作品群が続々と翻訳される模様。
『ハーレイ・クイン:ガールズ・レボリューション』はいわゆる"学パロ版ゴッサム"!ハーレクインを主人公に、ブルース、ジョーカー、ポイズン・アイヴィがみんな10代の若者として登場。
同じくハーレイが主人公の『ハーリーン』は打って変わって、アダルトな雰囲気が漂うロマンス。ジョーカーがセクシーすぎて鼻血出そう…
『ワンダーウーマン:ウォーブリンガー』は、ワンダーウーマンの少女時代を描いたグラフィックノベル。こちらは"Wonder Woman Warbringer comic"ちょっと検索してほしいのですが、とにかくアートが美麗です。ワンダーウーマンを主人公としたベストセラー小説が原作で、内容も折り紙つきです。




また、最近はヒーローコミック以外のコミックの翻訳も盛んになってきました。
『アメリカン・ボーン・チャイニーズ:アメリカ生まれの中国人』は現在DCで活躍中のライター、ジーン・ルエン・ヤンの出世作。
彼が『スーパーマン』に抜擢されたのは、アメリカ移民2世の悲哀を描いた本作がDC編集部の眼に止まったからではないかと、管理人は思っています。
またピュリッツァー賞を獲得した名著『完全版 マウス――アウシュヴィッツを生きのびた父親の物語』が久しぶりに発売。
こちらも一生モノのコミックですので、未読の方は是非。


スポンサーサイト



ジミー・オルセン #1-2

ジミー・オルセン #1-2
(作:マット・フラクション、画:スティーブ・リーバー)

デイリープラネットの編集長ペリー・ホワイトは怒っていた。
同新聞のカメラマン、ジミー・オルセンがWeb動画のために行った体当たり企画による損害賠償額が、彼の我慢の限界を超えたのだ。
保険会社からの請求書をジミーに突きつけるペリー。
20191201_01.jpg
ジミー:この"オルセン特約"ってなんなのさ?
ペリー:会社にお前がいることに対する、保険会社の上乗せ分だ!

ジミー:大げさだなぁ。いったい僕が何をしたって……
20191201_02.jpg
ジミー:……

20191201_03.jpg
ジミー:……まぁ確かに。


しかし、ペリーは保険会社からの請求金額にだけ目を奪われ、大事な数字を計算に入れていなかった。
新聞社という斜陽産業の中で、いまやジミーの動画による公告収入のみがデイリープラネット社の唯一の黒字事業であったのだ。
しかし、社会の木鐸として、これ以上ジミー・オルセンによるメトロポリスの破壊を看過しては置けないのもまた事実。

かくしてプラネット社の特派員となったジミーは、同社の収益を護るため、メトロポリス以外の別の街に特ダネを求めて旅立たせられたのだ!
*************

…という感じで始まった『ジミー・オルセン』誌。
マーベルの人気者ホークアイのそれほどスーパーではないヒーロー生活を描き一世を風靡した『ホークアイ:マイ・ライフ・アズ・ア・ウェポン』のマット・フラクションが、スーパーマンの友人ジミー・オルセンの活躍を飄々とした雰囲気で描く本作。

「ジミーの命を狙う謎の存在」、「オルセン家とルーサー家の西部開拓時代から続く確執」など、気になる要素はありながらも、ひとまずはそのオフビートなジョークだけでも楽しめる快作となっています。

今回はそんな中から気に入ったシーンをいくつか紹介。

【対策会議】
ジミー・オルセンによる破壊を止めるべく対策会議を開く、デイリープラネット。
同社の現在の社主であるミス・レオーネ(その正体はスーパーマンさえその存在を知らないメロトロポリスの裏の主"見えないマフィア"のボス)は、クラーク・ケントに語り掛ける。

ミス・レオーネ:ケント。ジミーがやり過ぎないように、あなたが見張ってればいいんじゃない?
20191201_04.jpg
クラーク・ケント:おや大変。そんな難業は、スーパーマンでも呼ばないとね。

20191201_05.jpg
ミス・レオーネ:…あっそ



【スーパーマンの新能力】
20191201_06.jpg
メトロポリスを去る前夜。ジミーの"親友"であるスーパーマンは、メトロポリスの摩天楼の上で、自分の隠された秘密の能力を打ち明ける…

ジミー:すごい!特ダネじゃないか!
スーパーマン:じゃあいくよ。

20191201_07.jpg
親指がこう曲がる。
ジミー:スーパー柔軟性か…続けて。


20191201_08.jpg
スーパーマン:お願いすれば、たいていホットドッグを奢ってもらえる。

20191201_09.jpg
スーパーマン:カツラが似合わない。

20191201_10.jpg
スーパーマン:あなたの選んだカードはこれですね!

20191201_11.jpg
スーパーマン:あれ?じゃあこれかな?



【最後の別れ】
そうして訪れた別れの瞬間。スーパーマンはジミーを引き留める。

20191201_12.jpg
スーパーマン:やっぱり君はプラネットに必要な人間じゃないかな?
ジミー:いいよいいよ、ペリーの言うことは正しい。所詮僕は馬鹿げたことをしてるのがお似合いなのさ。
スーパーマン:そんなこと、今までだって……

20191201_13.jpg
スーパーマン:……

20191201_14.jpg
スーパーマン:……寂しくなるね


【宣伝(使いまわし)】

まずは個人的にうれしいのが、"ヒーローたちのメンタルヘルス"というアメコミのタブーを扱った名作『ヒーローズ・イン・クライシス』の翻訳決定。
個人的には今年のベストに上げたい作品ですので、未読の方は是非。
同じ作者が手掛けているバットマン誌も順調に翻訳が継続。
遂に中盤の山場ともいえる『バットマン:ウェディング』までが刊行リストに載りました。

そして、ジョーカー殺害の謎を前に、バットマンとジョン・コンスタンティンが手を組む読み切り作『バットマン:ダムド』の刊行も発表。
(ちなみにリー・ベルメホ先生の筆が滑ってバットマンのxxxが描かれてしまったことで有名な本作ですが、おそらく今回の翻訳は修正版となると思われます……残念です。)



そしてこれまた嬉しいニュースが、角川のアメコミ翻訳参入。
不動の人気を誇るTRPG『ダンジョンズ&ドラゴンズ』の各種コミカライズ作品を、TRPGのシナリオ付きという面白い形態で刊行するとのこと。個人的には非常に評判の高い『バルダーズゲートの伝説』から読み始めてみようかと思っています。



また最後にぜひ皆さんに紹介したいのが、管理人の大好きな『アメコミ・ヒーロー スーパーグラフィック インフォグラフィックで拡がる 海外コミックの世界』の翻訳決定!

「5人のロビンの在任期間」、「バットマンのテーマの歌詞における"Da!"と"バットマ~ン♪"の割合」、「パニッシャーが悪人を前にした時のフローチャート」など、アメコミ界の様々なデータをインフォグラフィックの手法で提示する愉快な統計集です。
疲れた時に拾い読みするだけでも楽しめる管理人の愛読書なので、未読の方は是非!
また、同じ出版社から『ジャック・カービー アメコミの"キング"と呼ばれた男』の翻訳も決定。
こちらは、マーベルとDCを股にかけ、今日のヒーローユニバースの礎を築いたアメコミ界の"キング"ジャック・カービーの伝記となります。
伝記と言いながらも、当時のコミックやラフスケッチを多数収録したヴィジュアル的にも見どころの多い本のようなので、こちらも楽しみです。
ついでにスタン・リーの伝記も読んで、皆さんも「スタンとキング、マーベルユニバースを真に生み出したといえるのはどちらなのか」という、マニアたちの不毛な百年戦争に参加しましょう!(笑)


スーパーマン#14-15(または最近のジョン・ケント)

スーパーマン#14-15
(作:ブライアン・M・ベンディス、画:アイヴァン・レイス)

惑星クリプトンの跡地で繰り広げられたロゴル・ザーとの最終決戦。
20191020_02.jpg
クリプトン星の破壊者であるロゴル・ザーと対峙したのは、スーパーマン、ジョン・ケント、Mr.オズ(スーパーマンの父ジョー・エル)、スーパーガール、名犬クリプト、すなわちエル家の生き残り全員であった。

20191020_01.jpg
途中、エル家の仇敵ながら誰よりもクリプトンに忠誠を誓った男ゾッド将軍の加勢により、クリプトン人最後の抵抗ともいえる闘いは、スーパーマンたちの勝利に終わる。

しかし、全ての問題がそれで解決したわけではなかった。

Mr.オズの行いにより、銀河は全星間国家による戦争が勃発する間際となっていたのだ。
各国の首脳陣が集まり互いに挑発を繰り返す中、彼らを説得しようとするスーパーマンは、直前に息子が思いついた単純なアイデアを披露する。

スーパーマン:…つまりは、何か問題が起こった場合は、国の代表たちが対等な立場で話し合いで解決するんです。
ジョン:これって僕の故郷では国連とかって呼んでるんだけど……誰か加盟しない?

20191020_04.jpg

あまりにも素朴で、あまりにも夢想的なその提案に、絶句する各文明の首脳たち。
その気まずい沈黙は、意外な形で破られた。

20191020_05.jpg
サターンガール:こんにちは!私たちリージョン・オブ・スーパーヒーローズです。
この記念すべき日を祝うために、31世紀からやってきました
コズミックボーイ:皆さんの決断が、銀河を救ったんです。今日この日は、"連盟の日"として広く銀河に知られることとなります。

突然の能天気な闖入者に唖然とする一同。
初めに事態を把握したジョンは、恐る恐る口を開く。

ジョン:…もしかして少し来るのが早かったんじゃない?
君たちがもう起こったと言ってることは、まだちっとも起こってないんだけど…


20191020_07.jpg
サターンガール:ちょっとどうなってるのブレイニアック5?
ウルトラボーイ:早すぎたって言ってるぞ?
ブレイニアック5:少しだけだって!
サターンガール:もしかして出直した方がいいじゃない?
ブレイニアック5:でも、もうこうして会っちゃったし…



20191020_09.jpg
タマラン人代表:…つまりは、銀河連盟は成功するということか?
ドミネーター代表:それも今から1000年経ったあとでも。

呆気に取られた各国首脳陣であったが、彼らの登場が意味することを知ると、態度を一変。
我先にと、銀河連盟への加盟を表明していく。

この瞬間、未来からの使者たち、リージョン・オブ・スーパーヒーローズの言葉は真実となった。
20191020_08.jpg
有史以来初めて銀河は1つとなったのだ!

銀河連盟の誕生を見届けたリージョンは、スーパーマンたちを振り返り、彼らが現代にやってきたもう一つの要件を切り出す。

サターンガール:"連盟の日"を称えるために一番良い方法。それはこの時代と我々の時代が互いの事を学びあうことだと、私たちは確信しています。
そこであなたには、ぜひ我々と一緒に31世紀に来ていただきたいのですが…

20191020_06.jpg

スーパーマン:君たちに加わる!?
お気持ちは嬉しいが、私にはこの時代でやるべきことが…

ウルトラボーイ:あの…気を悪くしないでください。彼女はあなたを誘ったんじゃないんです。
サターンガール:ジョン・ケント、銀河連盟の発案者…リージョンにあなたをお迎えできれば、これ以上光栄なことはありません。

20191020_10.jpg
ジョン:ぼく!?

******************************
ということで、今回はいつの間にかハイティーンに成長してしまったジョンくんの状況を紹介してみました。

この後で、ジョンくんはリージョン参加を決心。
成長後に一度も会っていなかった相棒のダミアンとの別れをすませ未来へと旅立ち、
20191020_11.jpg
(『スーパーマン#16』より。めちゃくちゃエモい話なので、ぜひ!)

1人の不死者の視線で語られるDC世界の一大未来史である『リージョン・オブ・スーパーヒーローズ:ミレニア』のラストでは、
31世紀にやってきた瞬間の様子を見ることが出来ます。
20191020_13.jpg

ちなみに、ベンディスのインタビューによれば、これから始まる『リージョン・オブ・スーパーヒーローズ』誌は、数少ない例外を除いてタイムトリップは行わず、31世紀の未来でのみ物語を展開するそうです。
20191020_12.jpg
(ちなみにその"数少ない例外"がこれ。やっぱり来るのかよ!)

管理人はリージョンについては全く知らず、正直今回のブログも検索を駆使しながら各キャラの名前を調べたような状態なのですが、これを機に読んでみることにします。

【宣伝】
今回、ぜひとも紹介したいのが『アメコミ・ヒーロー スーパーグラフィック インフォグラフィックで拡がる 海外コミックの世界』。
その名の通り、「ワンダーウーマンのコスチュームの変遷と太ももの露出度」、「『バットマンのテーマ』における"Da!"と"バットマ~ン♪"の割合図」、「ヒーローたちの政治信条分布図」などアメコミに関する面白い統計をインフォグラフィック形式でまとめた図録集です。
たまたま存在を知って購入して以来、密かに翻訳されないかと思っていた管理人の愛読書が遂に翻訳!
続いて翻訳が決定したのが、『ウィンターソルジャー:セカンド・チャンス』。人気者ウィンターソルジャーを主人公とした個人誌ですが、特筆すべきはその翻訳スピード。
本国での単行本発売から殆ど間を置かずの発売です。このブログで繰り返し書いていますが、本当にいい時代です。
またトランスフォーマーのサムライ、ドリフトの個人誌『トランスフォーマー:ドリフト』も翻訳決定。管理人はトランスフォーマーは門外漢ですが、これまた翻訳が盛り上がってますね。


またDCでは、歴史に残る名作となりそうなトム・キングのバットマンの中盤の山場、『バットマン:ウェディング』の翻訳が決定。業界を揺るがした結婚回ですよ!
また、来年のクライシス級の大型イベントに向けて加速を始めたスコット・スナイダーのジャスティスリーグの2巻目にあたる『ジャスティス・リーグ:グレイブヤード・オブ・ゴッズ』も翻訳決定。噂に上り始めた2020年のDCの大型リランチに直接続いていきそうなタイトルということで、こちらもお勧めです。

プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター