FC2ブログ

キャプテン・アメリカ #5-9

キャプテン・アメリカ #5-9
(作:タナハシ・コーツ、画:アダム・キューバート)

【キャプテン・ナッシング】
『シークレット・エンパイア』事件で復活し、ヒドラによる支配から米国を救ったスティーブ・ロジャース。
しかしそんな救国の英雄に対して、世間の態度はどこかよそよそしいものがあった。
それもそのはず、ヒドラの首領として米国を踏みにじった男もまたスティーブ・ロジャースと同じ顔をした男、ヒドラキャップであったのだから。
20190509_02.jpg

「ヒドラ・キャップとキャプテン・アメリカが別人という公式見解はキャップをかばう為の陰謀」という説すら流れるなか、それでもアメリカの理想の体現者として活動を続けるキャップに、更なる疑惑が降りかかる。
兼ねてからスティーブとの不仲が話題となっていたサンダーボルト・ロス将軍が何者かに殺害され、その容疑者としてスティーブの名が挙がったのだ。

公正な司法プロセスを信じ大人しく当局に出頭したスティーブを待っていたのは、海底に建設された秘密超人収容所、通称ミュルミドンであった…
20190509_07.jpg

一方、スティーブが監獄に送られるのと対照的に監獄から解放された人物もいた。S.H.I.E.L.D.長官、アメリカ合衆国軍の最高司令官、アメリカ大統領代行を兼任することで、実質的なアメリカ征服を正当なプロセスでもって成し遂げた男。ヒドラ・キャップその人である。
20190509_03.jpg

キャプテン・アメリカがミュルミドンに収監される直前に、ヒドラ・キャップは密かに監獄から解放され、移送されていたのだ…

【ミュルミドンの主】
米国政府によって密かに運営されるミュルミドン収容所の所長、それはスティーブも良く知る人物であった。
20190509_08.jpg

その男の名前はバロン・ストラッカー。"本当のヒドラ"のリーダーとしてキャプテン・アメリカと何度も戦った彼は、ヒドラ・キャップ(とレッドスカル)が築いた"偽りのヒドラ"がアメリカに君臨した際にその支配に抵抗した功績を認められ、政府からミュルミドンの管理を任されたのである。
(補足すると、実はマーベルの歴史上、レッドスカルがヒドラのリーダーとなったのは、ヒドラキャップ編が初めてであり、通常はヒドラのリーダーと言えばバロン・ストラッカーであることの方が一般的。)

米国の領地外に位置し、米国の法ではなくストラッカーの法によって支配されるミュルミドンは、まさにこの世の地獄であった。
日常的に虐待される元ヴィランたちの姿を目の当たりにしながらも、裁判の日まで身を低く保つように自分に言い聞かすスティーブ。
20190509_05.jpg

しかし、スティーブの持ち前の高潔さは、それを許さなかった。
B級ヴィラン、サンダーボールに与えられる看守たちの苛烈な暴行を見かねたスティーブは、力ずくでそれを阻止。
ところがスティーブの行動に勇気づけられた囚人たちは、彼に続き蜂起し、いつしか大規模な暴動へと発展してしまう。

そして、これこそが"敵"の狙いであった。
彼らはこの暴動の様子を映像に収め、都合よく切り貼りしたうえで、世界中のヴァイラルメディアでこれを公開したのだ。
20190509_06.jpg

「キャプテン・アメリカとヒドラ・キャップが同一人物であることを関係者が認めた」というフェイクニュースと共に…

【黒幕の正体】
そのころ、一連の陰謀の全てを仕組んだ黒幕は、祝杯を挙げていた。
彼女の名前はアレクサ・ルーキン。
ウィンターソルジャーを復活させたロシアの大富豪アレクサンダー・ルーキンの妻である。
20190509_04.jpg

愛する夫の悲願である"偉大な祖国の復権"を願う彼女は、怪僧ラスプーチンの助けを借りて夫を復活させ、陰謀を巡らせていたのだ。

しかし、彼女すら気が付いていない事実があった。
彼女がアレクサンダー・ルーキンを蘇らせた時、彼の脳内に潜むもう一人の男もまた復活していたのだ…
20190509_01.jpg

***************************
というわけで、今回はキャプテン・アメリカ誌の紹介でした。

本誌のライターを務めるのは、タイム100(タイム誌の選ぶ世界で最も影響力のある100人)選出、全米図書賞受賞、ピュリッツァー賞ノミネートなど、華々しい経歴を持つ現代アメリカを代表する著作家であるタナハシ・コーツ。
アメリカの"現在"を鋭く切り取るその筆致は、コミック分野でもいかんなく発揮され……なんていうありがちな紹介を抜きにして、とにかくポリティカルな娯楽活劇として抜群に面白いですね。

キャプテン・アメリカの過去作から読者に人気の要素をさらっとひっぱってくるなど、コミックマニアへの目配せも完璧で、まさに管理人が読みたかったキャプテン・アメリカの物語がそこにあります。
意外にも英語も簡単ですので、興味を持った方は是非!

【宣伝】(使いまわし)
現在、一番管理人が楽しみにしている作品がこちらの『アベンジャーズ:タイム・ランズ・アウト I』。
超大型イベント『シークレットウォーズ』に続く物語として、マーベルのオールスターたちが様々な陣営に分かれて入り乱れる作品で、とにかくいろんなキャラクターの活躍が読みたい方にはぴったりの作品。
そういう意味で、こちらは"DCのオールスターたち"が総登場するのが『ジャスティス・リーグ:ノー・ジャスティス』。
こちらは、現在も毎号がクライマックスかというようなテンションでDCの中心を爆走中のスナイダーのジャスティスリーグ誌につながっていく物語。

また同じくスナイダーの『オールスター・バットマン:ファースト・アライ』は5月に発売予定。
そのタイトルの通りバットマンの"最初の仲間"であるアルフレッドに焦点が当たる話…のはず(管理人未読)。



『X-MEN:ダークフェニックス・サーガ』も5月に発売。X-MENの…というよりはマーベルの歴史を語る上では外せない金字塔的作品。例の"下水道のウルヴァリン"のシーンを読みたいがためだけに買ってしまうかも。
『X-MEN VS. アベンジャーズ』こちらは管理人は名前しか知らないイベントですが、アメコミ翻訳の雄ヴィレッジブックスの新レーベル"プレミア・クラシック"の第一弾ということで期待。

すみません、この作品の出版元はアメコミ翻訳のもう一つの雄、小学館プロダクションの作品でした。
しかも"プレミア・クラシック"は、単に底本のタイトルとのこと。
(BBEGさんご指摘ありがとうございます)


スポンサーサイト

バットマン・フー・ラフズ

バットマン・フー・ラフズ
(作:スコット・スナイダー、画:ジョック)

【ブルース・ウェイン連続殺人事件】
ゴッサムモルグ――事件性のある遺体が安置される遺体安置所に忍び込んだバットマンは、ゴッサムを騒がす連続殺人事件の最新の犠牲者の検死を行っていた。
DNAの照合の結果、被害者の正体はバットマンの予想通りの人物、ブルース・ウェインその人であった。

20190429_01.jpg
しかし、このブルースは自分とは全く違っていた。
年齢は42歳前後、庭いじりが趣味であることを示す爪の隙間の土、左手の薬指には指輪の跡があり、肩には娘の名前と思われる刺青。
そして、この世界のブルースと決定的に異なるのはその口元にくっきりと残された皺。幸せな人生を歩む人のみに刻まれる、笑い皺であった。
体に残されたヒーロー活動の傷痕などから、死亡したブルースは、宿敵ベインに背骨を折られた後にそのまま引退し、新たな人生を歩んでいたと結論づけるバットマン。

自らの死体を検死するという奇妙な体験を終えたバットマン。しかし、彼に動揺した様子は見られなかった。
それもそのはず、これは彼にとっての初体験ではない。
一連の連続殺人の被害者はいずれもブルース・ウェイン。
庭師、政治家、教育者、その職業は様々であったが、彼らはいずれもバットマンを引退し、幸せな人生を歩み、そして殺害されてこのゴッサムに遺棄されていたのだ。

【グリムナイト】
一方そのころ、遺体安置所と同様に、アーカムアサイラムにもバットマンが忍び込んでいた。

突然姿を見せたバットマンに驚きながらも、敬意をもって彼を通そうとするアーカムの職員は、バットマンの奇妙ないでたちに気が付く。

警備員:ライフル?

その瞬間、ハリネズミのように銃火器を背負ったバットマンは、それらを次々と使い分けながら、職員と患者たちを殺害していく。

20190429_02.jpg
彼の名前はグリムナイト。『ダークナイツ:メタル』で登場した他のバットマン同様、あらゆる可能性が現れては消える創造の世界ダークマルチバースの一角からやってきた、"悪夢のバットマン"の1人である。
両親が路地裏で殺害された夜、暴漢の銃を奪い両親の仇をとって以来、あらゆる武器/兵器と共に犯罪との闘いに身を投じてきた彼は、容易くアーカムの最深部の部屋――ジョーカーの独房にたどり着く。

20190429_03.jpg
ジョーカー:ようバッツ。「お前を殺しにきた」って訳でもないんだろ?
グリムナイト:…ああ
??:俺がやらせてもらうぜ!

20190429_04.jpg
グリムナイトの影から現れたのは、もう一人の悪夢のバットマン。嗤うバットマンであった。

ジョーカー:まった!俺たちなら、きっと一緒にやれることがあるはず…
咄嗟に命乞いをするジョーカーに鎌をふりおろす嗤うバットマン。
嗤うバットマン:俺の答えは"Ha"だ。


【ゴードンとの会話】
ゴッサム市警の屋上で、真剣な表情で会話するバットマンとゴードン。
話題は勿論、再び姿を現した嗤うバットマンについてだ。

20190429_05.jpg
バットマン:ヤツの故郷の世界では、私はジョーカーを殺し、ジョーカーが自らの心臓に仕込んだ最強のジョーカーガスに侵されたらしい。
つまりヤツは私であり…
ゴードン:「ジョーカーでもある。」そういうことだろ?
しかし、嗤うバットマンが君の身体を持ったジョーカーという事ならば、我々がやるべきことは…

バットマン:いや、ヤツはジョーカーではない。ヤツは私だ。
ジョーカーにはこだわりがあり、我々に見せつけたい何かがある。
しかし、嗤うバットマンにはそれがない。

ヤツはただ勝つために、計画の邪魔者を排除するために行動する。

ヤツは私が持つ全ての、技術、経験、記憶を持ち、
私が持つ、倫理や信条を持たない。
嗤うバットマンはまさに…
ゴードン:"最後はバットマンが勝つ"の化身ってわけか。なんてことだ…


【バットケイブにて】
ゴードンとの情報交換を終え、ケイブでアルフレッドと共に嗤うバットマンの足取りを追うバットマン。
そこに洞窟内の水路を使い侵入者が現れる。

侵入者の正体はジョーカー。嗤うバットマンの襲撃から逃げ延び、過去にも使った隠し通路を使ってケイブにやってきたのだ。
20190429_06.jpg

呆気に取られるバットマンの隙を見逃さず、懐の拳銃をバットマンに向け、引き金を引くジョーカー。

20190429_07.jpg
しかし、その拳銃は後ろに弾が出るトリック銃であった。
バットマン:アルフレッド!止血だ!ジョーカー、なぜこんな真似を…
ジョーカー:…ヤツを倒すには、ヤツになるしかない
心臓を打ち抜かれ、バットマンの腕の中で息絶えるジョーカー。

アルフレッド:ブルース様。ジョーカーは…彼は死にました。
なのに…なのになぜ、ブルース様はお笑いになるのでしょうか…


20190429_08.jpg


*********************
というわけで、始まった嗤うバットマン誌。

大ヒットとなった『ダークナイツ:メタル』の後、嗤うジョーカーは『イモータルメン』や『ジャスティスリーグ』に登場し、その人気っぷりを見せつけたのですが、遂にというかやはりというか、待望の個人誌が開始。
20190224_08.jpg

しかも、DCの2019年下半期をけん引する大型イベント『イヤー・オブ・ザ・ヴィラン』でもその中核をなすということで、いまDCで最も勢いのある新キャラの1人ですね。

【宣伝】
現在、一番管理人が楽しみにしている作品がこちらの『アベンジャーズ:タイム・ランズ・アウト I』。
超大型イベント『シークレットウォーズ』に続く物語として、マーベルのオールスターたちが様々な陣営に分かれて入り乱れる作品で、とにかくいろんなキャラクターの活躍が読みたい方にはぴったりの作品。
そういう意味で、こちらは"DCのオールスターたち"が総登場するのが『ジャスティス・リーグ:ノー・ジャスティス』。
こちらは、現在も毎号がクライマックスかというようなテンションでDCの中心を爆走中のスナイダーのジャスティスリーグ誌につながっていく物語。

また同じくスナイダーの『オールスター・バットマン:ファースト・アライ』は5月に発売予定。
そのタイトルの通りバットマンの"最初の仲間"であるアルフレッドに焦点が当たる話…のはず(管理人未読)。



『X-MEN:ダークフェニックス・サーガ』も5月に発売。X-MENの…というよりはマーベルの歴史を語る上では外せない金字塔的作品。例の"下水道のウルヴァリン"のシーンを読みたいがためだけに買ってしまうかも。
『X-MEN VS. アベンジャーズ』こちらは管理人は名前しか知らないイベントですが、アメコミ翻訳の雄ヴィレッジブックスの新レーベル"プレミア・クラシック"の第一弾ということで期待。
すみません、この作品の出版元はアメコミ翻訳のもう一つの雄、小学館プロダクションの作品でした。
しかも"プレミア・クラシック"は、単に底本のタイトルとのこと。
(BBEGさんご指摘ありがとうございます)



ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー #1-2

ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー #1-2
(作:ドニー・ケイツ、画:ジェフ・ショウ)

【サノスの遺産】
ギャラクタスの先触れシルバーサーファー、宇宙海賊スペースジャマーズ、ソーの盟友ベータ・レイ・ビル、宇宙犬コスモ…
宇宙の片隅にある聖域には、銀河中から集まった強者たちが一堂に会していた。

20190324_01.jpg

???:我が兄、サノスは死んだ。彼が堕ちた地獄の住人たちに、まずは哀悼の意を。

舞台の上に立ち皆の視線を一身に集める痩身の男――銀河の長命種エターナルズの1人エロスはしめやかにそう切り出した。

エロス:そう。サノスは死んだ。しかし残念ながら彼の支配はまだ終わったわけではない。
そういうと、エロスはサノスの遺体の中に仕込まれていた装置を起動。一同がここに集まった理由である、サノスの遺言を公開する。

20190324_02.jpg

サノス:よくぞ来た。おそらくこの場には、私の最後の言葉を聞き、自らの仇敵の死を祝うために集まった者どもでひしめいているであろう。
…しかしながらその期待は過ちだ。

私の死はこのようなものであるはずがない。私が"彼女"の下に参じるとき、それは私自身がそう望んだ時でなくてはならないのだ。
このような時のために、私は私の精神を、この銀河の何者かの身体に移した。

20190324_10.jpg
思わぬ展開に思わず顔を見合わせる銀河の強者たち。

サノス:私の後悔はただ一つ。
私の新しい肉体を見つけるためにこれから諸君らが為す所業を…、私の復活を防ごうと互いに殺しあう様を、見ることが出来ないこと、ただそれだけだ。
それでは諸君らの検討を祈る。


メッセージの再生が終わり、静まり返るホール。
その静寂をエロスが破る。

エロス:さて、皆に集まってもらった理由がわかっていただけただろうか?
私が銀河中から集めた既知宇宙の強者に、"地球最強のヒーローたち"が含まれていない理由も、これで察していただけたと思う。

20190324_04.jpg
ここにいる皆は、自らの手が汚れることを厭わない者ばかりだと信じている。
…これから我々は多くの人々を殺さねばならないのだ。

事前に私がサノスである確率が高いものをリストアップしておいた。
しかし、まずは最も明白な容疑者から始めよう。
・・・ガモラだ。

エロスの言葉が意味するところを察した参加者は、サノスの遺言の真偽や、エロスの提案の倫理について、声高に議論を開始する。

しかし、その瞬間、大きな爆発がおこりホールの壁に風穴があく。

その穴から姿を見せたのはサノスの忠実なる私兵集団ブラックオーダー。
20190324_05.jpg
エロスが奪った主人の遺体を取り戻すべく、襲撃をかけたのだ。

果敢に応戦するヒーロー達であったが、不意打ちにより態勢が整わない中で一人また一人と、ブラックオーダーが造ったブラックホールへと引きずり込まれていく。
混乱に乗じて目論み道理サノスの遺体を手に入れ、飛び去るブラックオーダー。
20190324_06.jpg

残されたのは静寂のみ…


【ガーディアンズ】

20190324_03.jpg

スターロード:グルート! 次におがくずを飛ばしたら、ただじゃおかねぇぞ!
グルート:$%#* 喰らえ…
スターロード:お前こそ、"わたしはグルート"喰らえ。


一方そのころ、スターロードとグルートは、2人きりでやさぐれていた。

ドラックスは死亡し、ガモラは悪人となりスターロードを殺害(その後無事復活)した上に、ロケットとも仲違い…
ここ数か月、(インフィニティウォーズにおいて)散々な目にあった上に、根城であるノーウェアが突如消え去ったのだから、それも無理のない話である。

残った唯一の仲間であるグルートとも険悪な雰囲気になったところで、彼らの宇宙船は、銀河を漂う漂流者を発見する。
漂流者は、ベータ・レイ・ビル、コズミックゴーストライダー、ムーンドラゴン、フィラ=ヴェル。いずれもサノスの遺言を聞き、ブラックオーダーによって時空の裂け目に捕らわれた面々の生き残りである。

ブラックホールからの脱出の際に、宇宙警察であるノヴァ・コァに追われる身となった漂流者たちを、船内に迎え入れるスターロードは、返す刀で彼らの引き渡しを要請するノヴァ・コァを拒絶する。

スターロード:引き渡しの要求をするならば令状が必要だろ?
ノヴァ一般兵:宇宙船の自治権は、船の乗組員のみにしか適用されません。彼らは…
スターロード:じゃあこいつらは、俺の新しい乗組員ってことになるな。

20190324_07.jpg

【もう1つのガーディアンズ】
ブラックオーダーの襲撃を生き延びたのは、ベータ・レイ・ビルたちだけではなかった。
今回の件の発起人であるエロスもまた、顔面に大きな傷を負い、下半身に損傷を受けながらも、生き延びていたのだ。
20190324_08.jpg

エロスは、まるでブラックオーダーによる襲撃などなかったかのように、生存者たちに語り掛ける。

エロス:我々のミッションは何一つ変わらない。
サノスが復活する。我々はそれだけは止めなければならない。
我々が、"銀河を守護する"のだ。
…どんな手を使うことになろうともな。

20190324_09.jpg

****************
というわけで、新進気鋭…どころか最近のマーベルユニバースの影の支配者のような雰囲気すら漂う人気ライター、ドニー・ケイツを迎えて始まったガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーの紹介でした。

ひねくれ者のケイツらしく、映画のメンバーから距離を置きながらも、マーベルのコズミック系キャラクターを総登場させる意気込みを感じる本作ですが、
ドニー・ケイツは、『サノス』、『コズミック・ゴーストライダー』に続き、本作でブラックホークに消えたシルバーサーファーのその後の物語を描くことが決まっており、現在のマーベルの宇宙系タイトルはまさにケイツの遊び場状態。
本作はそんな"ケイツ・ユニバース"の中心となることが宿命づけられた作品となりそうで、目が離せないですね。

【宣伝】
更新の間を置くと、書くのが一番面倒なのがこのコーナー。
もう、どれを紹介したんだかしてないんだか分からないので、目についたものを片っ端から紹介。

最近一番驚いた翻訳本が『ユー・アー・デッドプール』。
いわゆるゲームブック形式(「〇〇するならばページnnに進め」みたいな奴ですね)で、読者はデッドプールとなってマーベルユニバースを走り回るのですが、なんせ相手はデッドプール。そうやすやすと読者の"駒"に徹してくれそうにはないので、メタいジョーク満載な展開を期待。

続いて嬉しいのが『ジャスティス・リーグ:ノー・ジャスティス』。現在のDC世界の大きな流れの中心であるスコット・スナイダーのジャスティスリーグの導入となった週刊タイトルです。
これが出るということは、つまりは今後スナイダーのジャスティスリーグが出る事を期待していいんですよね!?

『アベンジャーズ:ディスアセンブルド』の翻訳も嬉しいニュース。
2000年代のアベンジャーズ、ひいては2000年代のマーベルユニバース全体の大きな流れの起点となり、翻訳本の解説書で繰り返し引き合いに出されてきた作品が遂に翻訳です!



また、マイク・ミニョーラの人気作品が遂に『ヘルボーイ・イン・ヘル:誰が為に鐘は鳴る』で完結。
こちらは管理人が学生だった20年以上前から少しずつ翻訳本が刊行されてきたタイトルだけに、その完走は非常に感慨深いです。
完結するといえば、人気者グウェンプールも『グウェンプール:さよならするのはつらいけど』で遂に完結。
完結編には、アートを担当したグリヒル氏のインタビューも特別収録予定とのこと。これも楽しみ!



プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
4位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター