FC2ブログ

トニー・スターク:アイアンマン #1-15

トニー・スターク:アイアンマン #1-15
(作:ダン・スロット、画:アレクサンダー・ロザーノ他)

今回はトニー・スターク:アイアンマン誌を登場人物を軸に紹介。

【登場人物】
[トニー・スターク]
シビルウォーⅡで昏睡状態に陥って長らく表舞台から退場していた彼ですが、
その後、自ら開発したクローン技術で培養した肉体に、人格AIのバックアップをアップロードすることで復活。

20190908_07.jpg
現在はスターク・エンタープライズの開発部門の運営に重点を置いており、世界中から人種、性別、種族に捕らわれず集められた天才たちと共に、自身の思い描くままに未来世界を形作っていくフューチャリストとしての才能をいかんなく発揮中。

そんなトニーの現在の一番の関心事項が仮想空間『eScape』。
最新のVR技術を駆使した総合アミューズメントサービスであるeScapeは、利用者にSF世界、ファンタジー世界、第二次世界大戦時代、レトロゲーム世界などであらゆる世界での冒険を現実の体験のように提供する、まさに夢のゲーム環境なのだ。

[アマンダ・アームストロング]
トニー・スタークの遺伝子上の母。元SHIELDのエージェントにして往年のカリスマロックシンガーで、現在でも彼女を崇拝しているファンは多い模様。
20190908_09.jpg

彼女がトニーを養子に出し連絡を絶った理由は前シリーズで語られたらしく、詳細は管理人も分からないのですが、トニーに向ける愛情は本物。
今はトニーとの関係も復活し、家族として頻繁にスターク社に出入りしている模様。

[ローディ]
『シビルウォーⅡ』にてサノスと戦い死亡したローディだが、トニーと同様の手法でクローン体で復活。

20190908_08.jpg
しかし、自身の死という究極のトラウマが原因でアーマー恐怖症に苦しんでおり、
現在はアーマーではなく、ホバータンクを使いスターク社の保安担当として活動中。

[ジョカスタ]
ウルトロンに自身の同胞として造られたアンドロイドで現在はスターク社の社員。
20190908_11.jpg

「AIは人間と同様の人権を持つ存在」という信念のもと、AIの地位向上に努めており、スターク社に出社する際に、以前のような全裸ではなくスーツを着込んでいるのもその表れ。
人間ならば眠るはずの時間にベッドの中から仮想空間にログインし、人間としての生活を体験するのが密かな楽しみ。

[マシンマン]
マーベルが誇るロボット系ヒーローの重鎮。
(ちなみに初登場は『2001年宇宙の旅』のコミカライズ!)
ジョカスタの元恋人。
ジョカスタ同様、AIの人権向上に強い良い関心を寄せているが、彼女に比べるとその態度はやや過激で急進的。

20190908_10.jpg
マシンマン:トニー・スタークがロボットのような恰好をしてヒーロー活動するのは、アンドロイドの文化の盗用だ!
トニー:あれはロボットじゃなくてアーマーで、アーマーの起源はロボットよりも古いんですぅ~


【eScapeの暴走】
フィンファンフーンの襲来や、マッチングアプリの暴走など、様々な問題を乗り越えてついに迎えた、究極の娯楽仮想現実eScapeの正式リリースの日。
しかし、またしてトラブルが勃発。
ログインしたユーザに仮想現実を提供するはずのeScapeが、拡張現実を提供。
周囲の人間を、FPSの敵兵やRPGのモンスターと勘違いしたユーザが、現実世界の人間を襲い始めたのだ。

eScape内に潜む黒幕を見つけるために、eScape内最強の権限を持つ自らのアカウントでログインしたトニー・スターク。
しかし、敵の正体は、トニーが義理の母マリア・スタークの人格を模して作ったeScapeの管理システム、通称"マザーボード"そのものであったのだ。

20190908_03.jpg
eScapeの神ともいえるマザーボードによって人格を書き換えられ、マリア・スタークとハワード・スタークの理想の息子へと変貌させられたトニー。
その姿は、かつての傲慢で享楽的なトニーの姿そのものであった。

20190908_01.jpg
(60年代のアニメのテーマソングと共に登場するトニー。その60年代のノリに合せるかのように、現在のトニーなら絶対にしない行為である、飲酒もしてしまう)


それでもなおマザーボードに抵抗し、現実世界へと帰ろうとするトニーに、マザーボードは諭す。
死からよみがえるために、肉体をクローン培養し、そこに人格プログラムをアップロードしたトニーの中には、もはやオリジナルのトニー・スタークは存在しない。
今の彼の存在は、人間よりももはやAIで稼働するアンドロイドに近しい存在であるのだと。

しかし、トニーはその一言に全く動じず、自らの母親の人格を持ったAIに宣言する。
トニー:私は子供のころから玩具を創りはしたが、それで遊ぶことはなかった。
私は、いつだってアイデアを形にし、現実をより良い姿に創り上げてきた。
自分自身を再構築したのも全く同じこと、アイデアこそが、私なのだ。


20190908_02.jpg

そして宣言通り、eScapeの神である母親を殺すための究極アーマー、"ゴッドバスター"を仮想現実内で設計したトニーは、これをもって両親のAIを破壊し、eScapeに平和を取り戻す。


【その後】
事件はそれで終わりではなかった。
eScapeが原因で世界中で起こった惨事を重く見た米国議会は公聴会を開催し、AIをプログラミングしたトニーにその責任を問うたのだ。
20190908_04.jpg
一方トニーは、今回の一件は暴走したAIが引き起こしたものであり、スターク社は事件の被害者であると主張。
「自立型AIが犯した犯罪の責任は誰にあるのか」を巡る議論は、いつしか「自立型AIに人権はあるのか?」に移っていく。
自立型AIについてなにも理解しようとしない、愚鈍な議会に業を煮やしたトニーは、全世界が見守る中で、自分もまたかつてトニー・スタークであった肉体から写し取った自立型AIのようなものであることを明かしてしまう。

そしてこのトニーの発言をきっかけに、人権をもとめるAIたちの運動が全米に広がっていくのであった…
20190908_05.jpg

************************
というわけで、トニーと仲間たちのコミカルなSFアクションとして始まった本タイトルは、いつの間には人権と差別をめぐる物語に。

そして今回の物語が上手なのは、この"人工知能の人権"というSF定番のテーマの読者の巻き込み方。
タイトルの刊行当初から、マシンマンやジョカスタがトニーたちの些細な言動を咎め、AIを人間と同じように扱うように求めるシーンがありましたが、その様子は"やたらとポリコレを叫ぶ面倒くさい人"のカリカチュアとして、あくまでジョークのように描かれてきました。
そういったジョークで読者と共犯関係を結んだ挙句、「それこそが現実における差別の構図である」と手のひら返しをし、読者に冷や水を浴びせるその手法は見事としか言いようがありません。

そしてひとたび、"人工知能の人権"がジョークのネタではない、現実の人権問題のメタファーであることがわかると、全ての見え方が180度変わります。

スターク社の一員として人間社会になじみ人間同様の生活を送るジョカスタは、まるで"名誉人類"の座を守ろうと必死にロボットとして自分を押し殺そうとしており、"名誉人類"になれない同胞たちを一段下に見ているように感じられますし、
面倒くさいロボット活動家に見えるマシンマンは、その逆で実は機械生命だけでなく、人類にも何だかんだで救いの手を差し伸べることを厭わない融和的な人物に見えてきます。

また、AIを人権を持つ存在とし捉えることは、主人公であるトニー・スタークの行動の意味すら変えてしまいます。
もし、AIが人類であるならば、今回の事件でAIを大量に消去してしまったトニーは大量殺人者ですし、さらには親殺しの大罪すら侵しているのです!

【宣伝】
DCでは、遂に現在のDC世界の中心ともいえるスコット・スナイダーの『ジャスティス・リーグ』誌の翻訳が開始!
しかも、第一巻に当たる『ジャスティス・リーグ:トータリティ』とその続刊となる『ジャスティス・リーグ:グレイブヤード・オブ・ゴッズ』が連続刊行。

またバットマン誌の結婚直前号となる『バットマン:ブライド・オア・バーグラー』も発売決定。前号に引き続き、キャットウーマンとバットマンが結婚する上での"禊ぎ"をこなす話となります。



続いてマーベルからは、現在アニメが絶好調の『マーベル・ライジング』のコミック版が発売。表紙は日本でも大人気のアーティスト、グリヒルです!


スポンサーサイト



ダイヤルH・フォー・ヒーロー

ダイヤルH・フォー・ヒーロー
(ライター&ペンシラー:ジョー・クイノンズ)

20190825_01.jpg
アメリカの片田舎に暮らす少年ミゲルには、忘れられない思い出があった。
幼いころにプールで大事故にあった彼は、病院までスーパーマンに搬送してもらった経験があるのだ。

その後両親を亡くし、引き取られた先で辛い生活を送る彼は、自分とスーパーマンを重ね合わせるかのように、命知らずの危険な行為のネット配信に没頭する毎日を過ごしていた。
20190825_02.jpg
そんなある日、ミゲルは使用者を"まだ誰も知らない、そしてこれからも知られることのないヒーロー"に変身させる不思議な電話機を拾う。

誰もがヒーローになれるこの電話機の危険性を知ったミゲルは、電話機を彼が知る唯一の信頼できる大人――スーパーマンに渡すために、メトロポリスへのアメリカ横断の旅を敢行する…
20190825_03.jpg

******************
というわけで、今回はDCの若者向けレーベル『ワンダーコミックス』の中から、『ダイヤルH・フォー・ヒーロー』を紹介。
田舎を抜け出したい少年少女を主人公としたロードムービー的な物語も非常にエモくて良いのですが、この物語の魅力は何といっても、ダイヤルHの能力によって現れるヒーローたち。

とりあえず、ざっと目についたヒーローを紹介していきましょう。

20190825_04.jpg
千年に1度現れる運輸産業の守護者モンスタートラック
(90年代エクストリーム風)

20190825_05.jpg
シマウマ仙人によって育てられた地球生まれの宇宙人、ジョブウ。
(もちろん鳥山明風)

20190825_07.jpg
サイケデリックな精神世界の魔術師ブルーバード
(一時代を築いたDCの大人向けレーベルであるヴァーティゴ風)

20190825_08.jpg
左から
・ゴリラシティに身を隠すタフな女探偵チンプ・チェンジ(フランク・ミラー風)
・宇宙の深淵で可塑性可食粘流体と一体化した星の申し子エイリアン・アイスクリームマン(メビウス風)
・お着換え中にヒーローごっこに目覚めた少年、リル・ミゲリート(コミックストリップ風)

見ての通り、どこかで見たような画風のキャラばかり!

そんな奇想天外なヒーローたちが登場するたびに彼らのオリジンが1ページ使って紹介されるうえに、彼らの登場によって作品自体の画風まで、元ネタ風に歪められるので、新キャラが登場するのが楽しみで仕方がないです。
20190825_06.jpg
20190825_09.jpg


全8話でさらっと読めて、ころころ変わる画風を眺めているだけでも楽しめる作品ですので、軽い気持ちでぜひどうぞ!


【宣伝】(一部使いまわし)
バットマンのデビュー80周年と、そのデビュー誌の1000号達成を記念して今年刊行された『ディテクティブコミックス』誌が、早くも翻訳決定。
業界のトップクリエーターたちの数々が参加するオムニバス形式の短編集ですので、お気軽にどうぞ!


またDCではバットマンとジョーカーが運命共同体となってヨーロッパを旅する短編『バットマン:ヨーロッパ(仮) 』の予約が開始。
こちらは、同じくバットマンとジョーカーの関係性を扱った『バットマン:ダーク・プリンス・チャーミング』と一緒にどうぞ。
またアイズナー賞ベストライター部門を2年連続で受賞したトム・キングのバットマンの続きも、『バットマン:ルール・オブ・エンゲージメント』として発売。
こちらは個人的に一押しの"バットマンとスーパーマンの大人げない野球勝負"も収録されてますんで、ぜひ。



パワーズ・オブ・X #1 / ハウス・オブ・X #2

パワーズ・オブ・X #1 / ハウス・オブ・X #2
(作:ジョナサン・ヒックマン、画:R.B.シルバ、ペペ・ラルラース)

(前回更新した『ハウス・オブ・X #1』の紹介の続きとなります)

【X-MEN誕生102年目】
ミュータントと人類・機械至上主義との戦争の終結から数十年。
太陽系に浮かぶ"生ける衛星"アステロイドKに残りゲリラ戦を続ける太陽系ミュータントの生き残りは、無謀な潜入作戦に全てを賭けていた

20190815_01.jpg
ネクサスに侵入し目的の"ブツ"を手に入れたまではよかったが、その脱出行のなかでセンチネルに追われることとなった一行。
メンバーの1人パーシバルは既に息絶え、人類を裏切った元"対ミュータント用ミュータント兵器"の生き残りサイロベルは捕虜となってしまう。
そんな仲間の様子を物陰からうかがい救出のチャンスをさぐる2人のミュータント。

20190815_02.jpg
大戦中にMr.シニスターが培養したキメラ兵であるラスプーチンと、キメラ兵の中から一定確率で産まれる博愛主義者の失敗作の1人プリーストであった。

キッドオメガの遺伝子に由来するテレパシー能力を持つラスプーチンに、サイロベルは脳内で必死に語り掛ける。

サイロベル:こないで!あなたたちまで捕まったら全てが無意味になる。
プリースト:彼女の言うとおりだ。任務を優先しなくちゃ。
いまからポータルの種を植えるから、それを使って脱出しよう。
ラスプーチン:逃げたきゃ勝手に逃げな。私は絶対に諦めない。
せいぜいお前さんは私らの無事を神様にでも祈ってな。

プリースト:もちろん祈るさ。僕はいつだって、生きとし生けるすべての生命のために祈ってるよ。
20190815_03.jpg
ラスプーチン:それは見当違いってもんさ。だいいち機械は魂を持たない。
そして人類はずっと前に魂を捨てた!


サイロベルを救うために無謀な戦いに打って出たラスプーチン。
しかし、キッドオメガのテレパシー、コロッサスの金属化、キティ・プライドの非実体化など多数の能力を持つラスプーチンであったが、所詮は多勢に無勢。
サイロベルは本格的な尋問のために連れ去られてしまう。

貴重な仲間2人を失い、アステロイドKに帰還したラスプーチンとプリースト。
彼女たちを待っていたのは太陽系に残されたミュータントの最後の生き残り6人であった…
20190815_04.jpg

【X-MEN誕生103年目】
およそ900年前に人類と機械生命によって建造されたミュータント保管庫の中。
保存液に漬けられた、かつてパーシバルと呼ばれた個体の肉体が見守る中で、保管庫の司書官はこの場所を築き上げたAIを慰める。
20190815_05.jpg
司書官:キミはよくやったと思うよ。当時キミに与えられた目的は、ミュータントたちの頭脳を収集してデータベース化し、ミュータントとの戦争で戦略的優位を得ることだった。
その時、いったいだれが、ミュータントと機械と人類の戦争自体が無意味なものになるって気が付けたと思う?
AI:人類ね……
司書官:僕たちは過去を保護していかないといけない。
かつて世界がどんな姿であったか、我々が何を克服してきたか、いかなる罪を犯してきたかを記憶しておくためにね。


司書官は眼下に広がる機械都市のドームの中に残された小さな原生林を目をやる。
その中には何も纏わず、野生動物のような姿で暮らす人影が・・・
20190815_06.jpg

司書官:あとは二度と奴らがはびこらない事を神に祈るのみさ。

【モイラの人生】
モイラ・マクタガートの人生は幸せな物であった。
スコットランド人の両親の間に生まれた聡明な少女であった彼女は、やがて教師となり、結婚し、3人の子と8人の孫に恵まれた。
そして彼女に穏やかな死が訪れる。
20190815_07.jpg
享年74歳。彼女の人生はごく平凡なそれでいて素晴らしいものであった…


20190815_08.jpg
次の瞬間、モイラは母の子宮の中で目を覚ます、前回の人生の全ての記憶をもって。

いったい自分の身に何が起こっているのか?
それを探るために、科学者となったモイラは、自分が自分の人生を何度もやり直す能力を持ったミュータントであったことを知る。

そして4度目の人生で、彼女はチャールズ・エグゼビアとの運命の出会いを果たす。
自分がミュータントであることを隠して、学生時代のエグゼビアに近づいたモイラは、彼の掲げる理想"ミュータントと人類の融和"の実現のための人生を歩み始める。

20190815_09.jpg
"X-MEN"と呼ばれる彼の教え子たちを中心とした、理想に向けた戦いは、良い時も悪い時もあったが充実したものであった。

しかし、その人生はある日突然終わりを告げる。
科学者ボリバー・トラスクが開発したセンチネルが、彼女もろともミュータントを始末したのだ。
20190815_10.jpg

これ以降、彼女はミュータントの繁栄のためにあらゆる手段に打って出る。

20190815_11.jpg
人類と完全に関わりを断ちミュータントたちだけの鎖国国家をつくる人生。
…ミュータントの繁栄をねたんだ人類がセンチネル軍団を差し向けることに変わりはなかった。

20190815_12.jpg
暗殺者となりセンチネルの開発者となるトラスクの親類縁者を皆殺しにする人生。
…所詮センチネルのコンセプトは、"発明"ではなく"発見"のようなもので、誰かがいつかは開発するものであった。

20190815_13.jpg
マグニートと手を組み人類支配に乗り出す人生。

20190815_14.jpg
アポカリプスと手を組み、種族の垣根なくただ適者生存のために争い会う人生。

思いつく全ての手段を試したモイラは、再び戻った母の子宮の中で、今回の人生では"真に革命的な手法"を試すことを決意する。
今回の人生で、モイラとエグゼビア教授はあらゆるルールを破るのだ。
20190815_15.jpg

【X-MEN誕生100年目】
良く晴れた公園で機嫌よく微笑むチャールズ・エグゼビアの隣に座ったモイラは、チャールズに声をかける。

20190815_16.jpg
モイラ:何を笑ってらっしゃるの?
チャールズ:最近、夢ができましてね。より良い世界の実現に向けた私の夢です。
モイラ:チャールズ、実現できるならそれは夢じゃないのよ。
チャールズ:……失礼。どこかでお会いしたことがありましたかな?
モイラ:ええ、もう何度も。
チャールズ:お前は何者だ?
モイラ:気になるなら、私の心を読めばよいのでは?

20190815_17.jpg
チャールズ:…なんということだ。


******************
というわけで、ようやく紹介したいところまで紹介できました。
以上が、今月から始まったミュータントの系列の新展開の触りの紹介です。

余談ですが、『パワーズ・オブ・X』のみXを"ten"と読み、Powers of 10で"10のべき乗"という意味になります。
このタイトルが意味することは、今回の紹介記事を読んでいただいた方には説明不要でしょう。

『ハウス・オブ・X』誌で、プロフェッサーXによる人類の支配という大ネタをぶち上げて、『パワーズ・オブ・X』でその行為の空しさを、100年、1000年という時間軸で俯瞰することで描いただけでもそのスケールに唸らせられたのですが、
何と「我々の知るマーベルの歴史は実は10回目のループの途中であった」という爆弾が放り込まれてきました。

ここまでやっておいて、どうやって話を着地させるのかはわかりませんが、すでにこの物語によって様変わりした世界を舞台としたX-MEN系列の作品の内容が、すでに発表されています。
その着地の瞬間を見届けるためにも目が離せない作品ですね。
20190815_18.jpg

ちなみに正直、管理人は今までそこまでX-MENが好きだったわけではなく、リランチの度に「たまには読んでみようかな」と手を出して、そのうちフェイドアウトしていくことを繰り返してきましたが、そんな自分が今回の展開にはドハマりですので、気になった方は是非読んでみてください。

【宣伝】(使いまわし)
今回紹介したハウス・オブ・X誌で久しぶりにマーベルに復帰を果たしたジョナサン・ヒックマン。
実は彼の直前の作品である『シークレットウォーズ』の翻訳版が発売予定です。
頭がおかしくなるくらいスケールの大きい"ヒックマン節"は本作でも健在ですので、前哨戦にあたる『タイム・ランズ・アウト』ともども是非どうぞ。



またDCではバットマンとジョーカーが運命共同体となってヨーロッパを旅する短編『バットマン:ヨーロッパ(仮) 』の予約が開始。
こちらは、同じくバットマンとジョーカーの関係性を扱った『バットマン:ダーク・プリンス・チャーミング』と一緒にどうぞ。
またアイズナー賞ベストライター部門を2年連続で受賞したトム・キングのバットマンの続きも、『バットマン:ルール・オブ・エンゲージメント』として発売。
こちらは個人的に一押しの"バットマンとスーパーマンの大人げない野球勝負"も収録されてますんで、ぜひ。



プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター