"フレッシュスタート"ファーストインプレッション(その1)

5月から始まったマーベルの新リランチ、通称『フレッシュスタート』。以前も当ブログで紹介したのですが、実際に始まってみるとどれも楽しい作品ばかり。
本当ならば時間をとって一つ一つ紹介したいのですが、最近の更新スペースではそれもなかなか難しそうなので、この際序盤を読んでのファーストインプレッションをまとめて紹介したいと思います。

イモータル・ハルク#1
(作:アル・ユーイング、画:ジョー・ベネット)

20180624_03.jpg
マーベルの歴史上、何度も死亡しそのたびに何らかの理由をつけては甦ってきたブルース・バナーとハルクですが、週刊シリーズ『アベンジャーズ:ノーサレンダー』にて、"その不死性こそがハルクの真の特殊能力なのだ"と定義づけられて復活。
そうして始まった今回の新シリーズですが、これが抜群に面白い。

20180624_01.jpg
「内なる怪物を隠しながら全米を放浪するブルース・バナー」という原点回帰を志向し、ホラーコミックとしての側面を強く意識した本作。
そんな事情に合わせて、ハルクも人間の悪意を体現したような粗暴で狡猾な存在、いわゆるグレイ・ハルクのようなパーソナリティが与えられたのですが、これがジョー・ベネットのアートと相まって非常に効果的に作用していています。

ソー
(作:ジェイソン・アーロン、画:マイク・デル・ムンド)

神の存在意義に疑いを持ってしまったことでムジョルニアを持つ資格を失い、ハンマーと共に"ソー"の名をジェーン・フォスターに譲ったオーディンソン。
その後、自ら"アンワーシー(能わざる者)"と名乗り、多少いじけた態度をとっていた彼ですが、ジェーン・フォスターと"神殺しの魔獣"マンゴッグとの戦いを通してソーの必要性を再確認。
ジェーンの後を継ぎ再びソーを名乗ることとなりました。

20180624_06.jpg
とはいえ、けしてムジョルニアを持つ資格を取り戻したわけではなく、そもそもムジョルニア自体もマンゴッグ戦で破壊され、残されたのはその破片のみ。
そんな状況で世界中に散ったアスガルドの秘宝集めと、迫りくるマレキスとの戦いを控え、強力な武器を必要とするソーが最初に行ったこと。
それは、(ソーにとって)超重量のムジョルニアの欠片を用いて、ドワーフの鍛冶師に新たな武器を造らせる事であった。

ドワーフの親友スクリューベアードに造らせた新たなハンマーを手に、地球に落ちたアスガルドの秘宝を保持する魔神サイトラックの代理人ジャガーノートと対峙するソー。
20180624_04.jpg

ソー:我はハンマーを手に産まれたわけではない。しかし、母の身体から生まれ出しその時に、すでにこの胸には猛ける稲妻が渦巻いていた!
ハンマーなどなくとも、我は生ける嵐の王。だがしかし、貴公がそれを所望するなら、新たなハンマーを受けてみよ!

20180624_05.jpg
あぁスクリューベアードよ… すまんが全てのハンマーを送ってくれ。


といった感じで始まったソー誌。実際のところ2012年から続くアーロンによるソーの物語の新章といった側面の強い本誌ですが、最近は割といじけた態度をとっていたソーが、再び豪放磊落な好漢としての姿を取り戻したのは読んでいて爽快です。

ソーとロキの関係など映画の雰囲気をよく取り入れたシリーズですし、なおかつ来年にはアベンジャーズも巻き込んだ大型イベント『ウォー・オブ・レルムス』を行いユニバースの中心となっていくことがほぼ間違いのないタイトルですので、MCUなどで興味のある方はいきなりここから読み始めてしまうのもいいかもしれません。


ブラックパンサー#1
(作:タナハシ・コーツ、画:ダニエル・アクーニャ)

20180624_07.jpg
2000年前に宇宙へと旅立ったワカンダの分派。祖国から遠く離れた銀河の片隅に小さなコロニーを作り上げた彼らは、祖国の理念である自己防衛の概念を過激に拡大解釈し、多くの国々を併合。やがて、彼らは生粋のワカンダ人を筆頭に激しい階級社会を施く強大な宇宙帝国、ワカンダとして発展を遂げた。

そんなワカンダ帝国の辺境、彼らの経済を支えるヴィヴラニウムの採掘惑星で、1人の奴隷が目覚める。
20180624_08.jpg

生まれ故郷から引き離され、名前も記憶も、文化的アイデンティティすらも奪われた男はしかし、奴隷たちの中で1人不服従を貫き、脳裏に残る白髪の女性の下に帰るため抵抗を企てる。

反乱軍に加わり王となる宿命を背負った奴隷は、やがて人々から古の英雄の名を取りティチャラと呼ばれることとなる!
20180624_09.jpg

というわけで、ぶっ飛んだ設定で始まったブラックパンサー誌。
突然のSFとして始まった本作ですが、その舞台は完全な別世界とも、現在のメイン世界の未来ともとれる内容になっています。
しかしまぁそうなれば読者は当然、メイン世界が舞台で主人公の奴隷もティチャラ本人であることを期待するわけですが、脳裏に浮かぶストームの面影の件もありますし、おそらく主人公がティチャラであることは間違いないでしょう。

アメリカにおける黒人差別、欧米によるアフリカ諸国の経済的/文化的支配など、様々な問題を体現するヒーローとして描かれることが多いブラックパンサーが、それらが全て裏返ったワカンダ中心主義の世界で何を語るのかという点にも個人的には注目しています。


【宣伝】
マーベルからは、『デス・オブ・ウルヴァリン』の翻訳が決定。
現在本国で進行中の『ハント・フォー・ウルヴァリン』と、10月から開始する『リターン・オブ・ウリヴァリン』を合わせた3部作の第一弾となる作品です。
またマーベルではキャラクター紹介をメインとした事典『アベンジャーズ大全』の刊行が決定。
こちらの方は、ワスプ(ナディア・ピム)やシビルウォーⅡのあたりの比較的最近の展開まで反映した内容になっているとのことですので、こういう図鑑系が好きな方は是非!




またDCでの一押しはなんといっても『バットマン:アイ・アム・ベイン』と『バットマン/フラッシュ:ザ・ボタン』の2作品。
ただでさえトム・キングのライティングが冴える最高の作品なのですが、先日は発売されたバットマンの結婚記念号で、これらの2作品が非常に重要な意味をもっていたことが判明しました。
管理人も今後のバットマン誌の展開の予習のために、もう一度翻訳版で読んでおこうかと思っています。


スポンサーサイト

ジャスティスリーグ #1

ジャスティスリーグ #1
(作:スコット・スナイダー、画:ジム・チェウン)

【メタル後の世界】
DCを構成する全てのマルチバースの源であり、知性体に想像可能なあらゆる世界が存在しうる可能性のるつぼ"ダークマルチバース"。
20180617_03.jpg
『ダークナイツ:メタル』において描かれたダークマルチバースからの侵略者との戦いを、なんとか潜り抜けたジャスティスリーグであったが、その戦いの中で、既知マルチバースの果てに存在する壁"ソースウォール"に大きな風穴があいてしまう。

20180617_04.jpg
そして『ノージャスティス』の中でソースウォールの向こうからやってきた存在と戦ったヒーローたちは、彼らの知る52のマルチバースが大海に浮かぶ小さな金魚鉢に過ぎなかった事を痛感し、
ソースウォールの崩壊がもたらした世界の変質に備えるため、ヒーローコミュニティの強力と調和の象徴であるホール・オブ・ジャスティスの建造し、リーグの体制強化を図るのであった…


【ネアンデルタール人の襲来】
そんなある日、マーシャン・マンハンターを議長に置き新体制で再始動したリーグの前に、再び世界の危機が訪れる。
20180617_05.jpg

地下世界、北極、海、空、様々な極限環境に合せてそれぞれが独自の進化を遂げた新ネアンデルタール人の複数部族が、一斉に人類文明に総攻撃をかけたのだ。

人類史と同じだけの時間をかけて入念に準備された攻撃に対し、マーシャン・マンハンターのマインドリンクによって文字通り一丸となって立ち向かうジャスティスリーグ。
しかし、新ネアンデルタール人の真の狙いは、地球ではなくその頭上に浮かぶ月であった。
20180617_06.jpg

新ネアンデルタール人の計画により、いまや地球の地殻を引っ張り上げる巨大な磁石となった月を、作戦にいち早く気が付いたマーシャン・マンハンターは、すんでのところで爆破。
(爆破にはバットマンが密かに月に仕込んでいた、月破壊爆弾を役に立ったことを付記しておきます)

かくしてジャスティスリーグの日常業務は、今日もつつがなく終了した。
…かに見えた。

【飛来するもの】
ジャスティスリーグが、新ネアンデルタール人にかまけている中、銀河の果てソースウォールから何者かが地球に飛来しようとしていた。
時空を歪みを後に残しながら宇宙を進むその姿は、ユニバース誕生の瞬間からその終わりまでのありとあらゆる時間軸で観測された。
20180617_02.jpg
(上から『DCワンミリオン』のスーパーマン、モニター、カマンディ)
しかし、歴史上屈指の力を持つ様々な存在をもってしても、その進路を止めることはできず、ただそれが現代の地球に向かうのを呆然と眺めるのみ…


【ヴァンダルサベッジ登場】
ヴァンダルサベッジ:月が破壊されたか。それでは計画通り作戦を次のステップへ進める。
20180617_07.jpg
新ネアンデルタール人による襲撃を取り仕切っていたのは、地球最古の不死者ヴァンダルサベッジであった。
密かに建築した自らの秘密基地で更なる侵略計画を進めるヴァンダルサベッジと、彼の部下"インジャスティス・ギャング"たち。
しかし彼らの前に突如一人の男が現れる。

ルーサー:お前の計画は失敗だ。
ソースウォールが本当は何なのか、そしてそこから何がやってくるのか? それを知ったお前は、インジャスティス・ギャングという馬鹿げた軍勢を創った。

呆気にとられるヴァンダルサベッジたちを手早く無力化するルーサー。
そして、ルーサーは彼の仲間たち、"リージョンズ・オブ・ドゥーム"をヴァンダルサベッジに紹介する。
20180617_08.jpg

ジョーカー:言葉には気をつけてくれよ、レックス。どこかで子供が聞いてるかわからんからな。

ヴァンダルサベッジ:私の基地で何をしている!
ルーサー:この基地を造らせた時の発注契約書を見ればわかるが、ここは私の基地なのだよ。
私は、この基地に地下に怪物を幽閉し、屋根裏には未来の兵器を仕込んだ。

ヴァンダルサベッジ:地下や屋根裏など、ここにはないはず…
ルーサー:さて、お前の口から改めて聞かせてもらおうか。ソースウォールからやってくるのが何者なのかを…

**************
…というわけで始まった、新生『ジャスティスリーグ』。
『ダークナイツ:メタル』というすさまじいイベントをやり切ったライター、スコット・スナイダーがそのまま筆を執ると聞いて、堪らず読み始めたのですがこれが大正解。

#1の筈なのに、既にクライマックスのようなテンションで始まったかと思えば、いきなりそのクライマックスを突き抜けた先にある"向こう側"に読者を引きずり込む剛腕に、読んでいてクラクラしました。
今回の紹介からは敢えて外しましたが、精神の円卓で執り行われるリーグたちの議論のシーンなんて、大型イベントのラストに相応しい荘厳さがありました。
これがこれから隔週で読めるなんて…

最後に、アニメ版に強く影響を受けた今回のジャスティスリーグの、明るい雰囲気が伝わる一番好きなシーンを紹介。

【いじられキャラ】
新ネアンデルタール人の襲撃を受け、世界中に別れて戦うリーグ。
しかし、新メンバーであるマーシャン・マンハンターの力によって、彼らの精神は繋げられ、作戦中も雑談に余念がない様子。
20180617_09.jpg

フラッシュ:(バットマンの物まねで)"私の基地はケイヴだ。岩の事なら私に任せろ"だろ?
バットマン:私はそんな声をださない。
ワンダーウーマン:こちらには援軍は不要。なぜなら"私はワンダーウーマンだ(声真似)"。どうかしら?
ホークガール:こちらも敵と交戦中!(どうしよう、わたしにはバットマンの声真似なんて…)
サイボーグ:こっちもだ。
フラッシュ:おいおい、サイボーグ。声真似は無しなの?
サイボーグ:隣にスーパーマンがいるのに?勘弁してくれよ。
フラッシュ:確かに。クラークの声真似が上手すぎて、あれ聞いちゃうとな…
バットマン:・・・

…バットマン、意外にチームの弄られキャラなのね。

【宣伝】
注目の翻訳本ですが、まずは先日予約が始まったばかりの『デス・オブ・ウルヴァリン』から。
不死身の戦士ウルヴァリンの最後の戦いを描くという事で、発売当時ファンの話題をさらったイベントが遂に予約開始。
普段、あまりX-MEN系列は買わない管理人ですが、これだけは別!
続いては、All-New All-Different期のスパイダーマンの第二タイトル『スペクタキュラー・スパイダーマン:イントゥ・ザ・トワイライト』。
こちらはコメディ関連で定評のあるチップ・ズダースキーがライターということで、気軽に楽しめる作品に仕上がっていそうです。


またDCでは『バットマン:アイ・アム・ベイン』が7月に発売予定。その才能をマーベルとDCが取り合った新鋭トム・キングによるバットマン誌の最初のクライマックス!詳細は割愛しますが、トム・キングのバットマンは現在まさに"DC世界の中心"ともいえる展開をみせていますので、この機会に是非どうぞ。(もっとも"世界の中心"が3つくらいあるのが今のDCの凄いところではあるのですが…)
そして『スーパーサンズ』も遂に予約開始!「スーパーマンの子供とバットマンの子供がチームアップ」という言葉から感じる印象を裏切らない陽気で可愛らしい作品となっていますので、こちらもお勧め。

今週のアメコミ 2018/05/30




次の水曜日5/30は、第五水曜日。
通常、第五水曜日はオンゴーイングの発売がなくアニュアル誌が中心となるため、ちょっと手持ち無沙汰になることが多いのがアメコミ者の常なのですが、今週は何故だか盛りだくさん。

まずはなんといっても、気になるのがマーベルから電撃移籍を果たしたマーベルのトップライター、ブライアン・M・ベンディスによるスーパーマンの物語のプロローグ『マン・オブ・スティール』。
01.jpg

ベンディスは週刊タイトルである本誌を6話で完結させた後に、スーパーマン誌とアクションコミックス誌の両誌を担当することが決まっており、つまりはスーパーマンの物語は今後ベンディスに委ねられることになるのです。
通常、1人のヒーローに個人誌が複数ある場合でも、その担当を同じライターが務めることは珍しく、そういう意味でもベンディスがいかに大物で、彼の移籍をDCが重く受け止めているかが窺えます。

とはいえ、読者としては、そんなベンディスのライティングを楽しみにしている反面、担当キャラの基本設定や置かれた状況をダイナミックなまでに変えていく"壊し屋"としても有名な彼が、スーパーマンに何をさせるのか戦々恐々とした気持ちでいることもまた事実。
そんなわけで、遂にベンディスのスーパーマンがそのベールを脱ぐ今回の『マン・オブ・スティール』は、スーパーマン系列の今後を占う上でも外せない作品です。


始まる作品もあれば、終わる作品もあるという事で、次に取り上げたいのは『アメイジング・スパイダーマン』。
03.jpg
本作は、10年近く本作を手掛けていたダン・スロットの最終話となります。
『ゴー・ダウン・スインギング』と題された今回の物語では、ピーターの宿敵ノーマン・オズボーンが、同じく宿敵カーネージの力を手に入れ"レッド・ゴブリン"として復活。ピーターと最終決着をつけることとなります。
実は管理人はアメイジング・スパイダーマン誌を読んでいないのですが、10年物長期ランの完結編というお祭り騒ぎに参加すべく、今回の物語だけは追っています。

また嬉しいニュースとして、『ドゥームズデイクロック』の新刊発売というのがあります。
02.jpg
当初は月刊タイトルだったのですが、「作品のクオリティを保つため」という理由で、当面の間、隔月で刊行されることがアナウンスされた本作の久しぶりに新刊です。
前号は二代目ロールシャッハのオリジンがメインで、現代の物語があまり進んでいないので、今回はそこら辺に期待したいところ。
個人的には、そろそろバットマン以外のDCヒーローにも登場して欲しいですね。


【宣伝】
(今回はさらっと)

『バットマン:アイ・アム・ベイン』DCリバース期のバットマンの第1章ともいえる、「アイ・アム三部作」の完結編。
一部で話題の「バットマンバーガーでのロビンたちの雑談」もこの本に収録されるので、ロビンズファンも見逃すな!
またスパイダーマンの最新タイトルである『スペクタキュラー・スパイダーマン:イントゥ・ザ・トワイライト』の翻訳も決定。
こちらは、独自路線を行くアメスパ誌に対して"普通の"スパイダーマンを目指し、非常に評判のいいタイトルなので、翻訳去れるのも納得のセレクト。
徐々に翻訳にエンジンがかかってきたトランスフォーマー関連では、『トランスフォーマー:メガトロン・オリジン』が発売。管理人が子供の頃に持っていたサウンドウェーブの短編が収録されるという事で、ぐっと興味がわいてきました。
厳密には持っていたのは、カセット型の方ですが…

プロフィール

NOB-BON

Author:NOB-BON
X-men生まれSpawn育ちを地でいく、90年代アメコミバブルの残党。
しばらくの間、アメコミは翻訳本を買う程度だったのが、最近のデジタルコミックの手軽さにひかれ、本格的に復活しました。

基本的にMarvelメインですが、DCのリランチを機に自分の中でDCブームが来てるので、しばらくはDCの話題続くかも。
しばらくどころか完全にDC派に転びました。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋書
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター